0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|

2024-02-01 こういうことがあるから、「実写化」は ―― というか、「全ての創作」は『創作前』に否定すべきではないのです。 [長年日記]

This is another live-action adaptation of "Golden Kamui," for which there were still high voices of "Don't do it.

今、ナイトシアターから帰ってきた、嫁と娘を駅でピックアップしてきたのですが、

I just picked up my wife and daughter at the train station from night theater, and they were

―― 大興奮、大絶賛で、車の中が喧(やかま)しいことこの上もない

"So excited, so raving, so bustling in the car."

という状況でした。

-----

娘は、「ゴールデンカムイ」の原作とアニメを両方見ているので、正しい評価ができていると思います。

My daughter has seen the original "Golden Kamuy" and the anime, so I think she is making the proper judgment.

(ちなみに、私は完了した原作と、現在までのアニメの全部を見ています)

(By the way, I have seen the completed original and all the animations.)

また、ネットを見るかぎり、世間の評判も、概ね「絶賛」の方向です。

Also, as far as the Internet is concerned, the public's opinion is generally in the direction of "rave reviews.

Because of this, "live-action" -- or rather, "all creation" -- should not be denied "before creation."

-----

問題は、この私にあります。

The problem lies with me here.

この絶望的な時間のない状況で、どうやって映画館に行く時間を捻出するかで、頭を抱えています。

With this desperate lack of time, I am trying to wrap my head around how to find the time to go to the cinema.


2024-02-02 "1500円 + 翌日"と、"2週間 + 書類作成 + 何回もの稟議"を秤にかけて、Amazonの購入ボタンに手が出てしまう私を、一体、誰が責められましょうか。 [長年日記]

最近、職場と大学の両方で、ラズベリーパイ(ラズパイ)を使ったシステム構築を行っています。

I have recently built systems using the Raspberry Pi (Raspi) at work and university.

途中まで作ったシステムを、その後の自分の作業で壊してしまう ―― 私は、こんな場面に山ほど立ちあってきました。

I have seen many such situations where my subsequent work destroyed a system halfway through construction.

ラズパイは、途中まで作ったシステムをSDカードにクローンとして残しておけるので、私は、そのSDカードのイメージファイルをPCに格納しておくことができます。そして、必要に応じて、SDカードを複製できます。

The Raspi can keep a clone of the system I have made halfway through on an SD card so that I can store the SD card image file on my PC. I can then duplicate the SD card as needed.

このクローンがあることで、安心して開発を続けることができます。

With this clone in place, I can continue to develop with peace of mind.

-----

ところが、これには、別の問題もあります。

However, there is another problem with this.

(1)SDカードを職場や大学に発注すると、1~2週間はかかる上に、書類作業が発生してしまい、直ぐに作業に取りかかれない

(1) When SD cards are ordered from workplaces or universities, it takes one to two weeks, and paperwork is required, so the work cannot be started immediately.

(2)ラズパイが取り扱うSDカードの容量が、日々増大している(今は128GB)ので、私が個人でいくつも保有しているSDカードが使えない

(2) The capacity of the SD card that Raspi handles is increasing daily (128GB now), so I can't use the SD cards that I have personally.

そんな訳で、ついつい、Amazonのサイトに行って、SDカードの値段を調べてしまいます。Amazonなら、大抵の場合、翌日に配送されるからです。

That's why I always go to Amazon's website to check the price of SD cards; Amazon usually delivers them the next day.

"1500円 + 翌日"と、"2週間 + 書類作成 + 何回もの稟議"を秤にかけて、Amazonの購入ボタンに手が出てしまう私を、一体、誰が責められましょうか。

Who could blame me for reaching for the Amazon purchase button when I weighed "1,500 yen + next day" against "2 weeks + paperwork + multiple requests for approval"?

-----

最近の更なる問題は、SDカードの容量です。

A further recent problem is the capacity of SD cards.

私が最初にラズパイを使ったとき、SDカードは512MBでした。

When I first used Raspi, the SD card was 512MB.

1GB, 4GB, 16GB, 32GBと大きくなり、今や128GBです(江端家ビデオ監視システムのラズパイで32GB)。

It has grown to 1GB, 4GB, 16GB, 32GB, and now 128GB (32GB for Raspi, the Ebata family's video surveillance system).

バックアップの時間は、十数分から4時間に伸び、そして、クローン用のイメージファイルが私のPCのHDDを圧迫しています。

Backup time has grown from a dozen minutes to four hours, and then the image files for the clone are straining my PC HDD.

-----

『これからも、このようなITガジェットに投資し続けなければならないのかなぁ』と思うと、ちょっと憂鬱(ゆううつ)な気分になります。

I feel a little depressed, 'I wonder if I must keep investing in these IT gadgets from now on.


2024-02-03 シニアからジュニアに対する「うっせいわ」とは何か? ―― それは、『コスト試算がされていない無茶な提案』です。 [長年日記]

Adoさんのヒット曲「うっせぇわ」は、基本的には上司に対する「口にできない部下」の不満、つまりジュニアからシニアへの避批の歌だと思っています。

I believe that Ado's hit song "Ussei-wa" is about the frustration of "unspoken subordinates" against their bosses, i.e., a song of avoidance and criticism from junior to senior.

でも、逆のパターンもあるのです。

But there is a reverse pattern.

シニアからジュニアに対する「うっせいわ」です。

It is a "Ussei-wa" from seniors to juniors.

-----

シニアは、生きている時間が長いので、本人の資質に関係なく、どうしたって経験値は高くなります。

Seniors have been alive longer, so they have more experience no matter what, regardless of their qualities.

ジュニアより、直面したトラブルは多く、そして、トラブルそれを解決しなければ仕事進めることができませんでした。

I faced more troubles than Junior and had to solve them before proceeding with my work.

もちろん、この経験値の高さは、別に本人の努力とか才能とか関係なく、単なる時間の長さというだけの話です。

Of course, this high level of experience has nothing to do with their effort or talent but the length of time.

だから、シニアは、その経験値を「活用する」とは当然としても、これをジュニアに「自慢する」のは理不尽ですよね。

So, while it is natural for seniors to "take advantage" of their experience, it is unreasonable for them to "brag" about this to juniors.

そういうことをするシニアは、単なる「バカ」ですが、このようなバカは一定数います。

Seniors who do such things are simply "idiots," but there are many such idiots.

-----

それ故、ジュニアから見れば、シニアは『自分の仕事を邪魔するだけに存在している』かのように見えるかもしれません。

Hence, from the junior's point of view, it may seem as if the senior 'exists only to get in the way of his work.

上記のようなバカなシニアは一定数いますが、大多数は、そうではありません。

While a certain number of seniors are idiots, as described above, the majority are not.

『私がはまった地雷に、何も、お前もはまることもあるまい』という善意だったりするのですが ――

They have good intentions by saying, "You don't have to get stuck in the same landmines I got stuck in.

ただ、仮に善意であったとしても、ジュニアにとって「うっせいわ」という気持ちになるのは、自然です。

However, even if the intentions were good, it is natural for Junior to feel "Ussei-wa."

-----

私がジュニアだったころ、『私には、失敗する権利もないのか?』と言いたくなったものです。

As a junior, I was tempted to say, 'Don't I have the right to fail?"

それ故、私はだれかの『失敗する権利』を邪魔したくありませんので、失敗する可能性のあるジュニアを目の前にしても、ニッコリ笑って佇んでいることができます。

Therefore, I do not want to interfere with anyone's "right to fail," so I can stand smiling in front of a junior who may fail.

ちょっと話が逸れました。元に戻します。

I got a little off-topic. Let me get back on track.

-----

シニアからジュニアに対する「うっせいわ」とは何か? ―― それは、『コスト試算がされていない無茶な提案』です。

What is "Ussei-wa" from seniors to juniors? -- It is a reckless proposal that has not been cost-estimated.

私くらいのシニアになれば、提案の内容を聞くだけで、そのコストや期間がどれくらいで、何人くらいのリソースを投入しなければならないかが、さくっとイメージできます。

When you are as senior as I am, you can quickly visualize the cost, time frame, and number of resources that would be required just by listening to the proposal.

加えて、その失敗する可能性も、直感で予測できます(数値化や論理化するのが面倒ですが)。

In addition, the likelihood of its failure can be intuitively predicted (although it is tedious to quantify and logically convert it).

で、まあ、新しい試みというのは、大抵の場合、失敗します ―― しかし、それは、仕方がありません。「新しい試み」なのですから。

And, well, new attempts usually fail -- but that can't be helped. It's a "new attempt.

-----

そして、シニアのこの『直感の予測』が、ジュニアには『シニアが自分の仕事を邪魔するだけに存在している』ように見えるのです。

This 'intuitive prediction' of the senior seems to the junior to be 'present only to interfere with the junior's work.

ただ、この件に関しては、ジュニアに対してロジカルに説明しない(or できない)シニアが悪い。その説明で「手を抜いている」なら、さらに悪質と言えます。

However, in this case, the senior does not (or cannot) explain logically to the junior. It is even worse if they are "cutting corners" with that explanation.

でも「ロジカルな説明は面倒くさい」です。

But "logical explanations are troublesome".

それ故、シニアは「ジュニアを放っておく」という選択肢を選ぶことがあります。

Hence, the senior may choose to "leave the junior alone."

こうして、シニアもジュニアも、共に争わず、ニッコリ笑いながら、双方、不幸になっていく ―― と。

In this way, both seniors and juniors do not fight. Both smile and laugh, and both are unhappy

まあ、私は、それはそれで「落とし所」の一つだと思っています。

Well, I believe that is one of the "solutions."

-----

ちなみに、これまで私は、才気溢れる若い才能たちが、果敢に挑戦し、そして、無様に転げ落ちていく様を、沢山見てきました ―― ニッコリと笑いながら。

Incidentally, I have seen many brilliant young talents boldly take up the challenge and then fall in a heap -- with my smiling.

このような「才気溢れる若い才能」は、生意気で、不遜で、不愉快な奴が多かったので、苦労することなく、心の底から「ニッコリ」することができました。

These "brilliant young talents" were often cocky, irreverent, and obnoxious, so I was able to "smile" from the bottom of my heart without any difficulty.

-----

このように、私の人生のモットーの1つは

Thus, one of my life mottos is

『「才気溢れる若い才能」の邪魔はしない。でも、助けもしない』

"I don't get in the way of brilliant young talent, but I don't help it either. But neither do I help them.

です。


2024-02-04 ともあれ、『血みどろの人生』は、自分ではなく、他人にやってもらうのが、一番いい。 [長年日記]

論文作成に疲れて、お茶でも飲もうかリビングに降りていったら、嫁さんが、アマプラで、実写版の「3月のライオン」を見ていました。

I was tired of writing my paper, so I went to the living room for tea and found my wife watching a live-action version of "March Lion" on Amazon.com.

将棋といえば、今や空前の将棋ブームと言われています。

Shogi is now considered to be amid an unprecedented Shogi boom.

I can only vaguely remember the rules of Shogi, but I think I have read a lot of manga comics dealing with Shogi.

で、それらのマンガを読んでいて思うことは、

And when I read those comics, I come to believe,

―― 本気で将棋をやる人(プロ)は、誰もが、苦しみにのたうち回りながら将棋をやっているのだろうか

"Does any professional Shogi player play the game while suffering from the continuous harsh reality?"

と思ってしまうことです。

もちろん、マンガにはドラマ性が必要だとは思うのですが、それにしても、将棋のマンガに登場する人物 ―― 全員、幸せそうに見えない。

Of course, I think comics need drama, but even so, the characters in chess comics -- don't all look happy.

彼らの悶え苦しみながら「勝ち」に執着する姿勢は、凡庸たる私を魅了します。

Their agonizing and painful obsession with winning fascinates me.

では、私も、悶え苦しみながら「勝ち」に執着する人生を送りたいかといえば、『絶対イヤ』と応えることができます。

But if I were to ask myself whether I, too, would like to live a life of unbearable and painful obsession with winning, I would answer, "Absolutely not.

-----

日本将棋連名の「奨励会」と言われる組織の「退会規約」を読んでいたのですが、『年齢制限の強制退会』の内容が怖い。

I was reading the "withdrawal agreement" of the organization called "Shourei-kai" (Japan Shogi Federation), and I felt fear about the contents of the 'forced withdrawal of age limit.'

ただ、この年齢制限というのが、強い組織を維持する目的としては正しいことは分かります。

However, I understand this age limit is correct for maintaining a solid organization.

年齢制限がないと、多分、長老とか派閥とか、そういうものが必ず発生し、組織を形骸化、弱体化し、さらには不法行為にも及ぶからです。どっかの国の与党のように。

If there is no age limit, there will probably always be elders, factions, and such, shaping and weakening the organization and even leading to illegal activities, like the ruling party in some countries.

-----

年齢制限と言えば、数学のノーベル賞といわれている、「フィールズ賞」も、「4年に一度」「40歳以下」「2名以上4名以下」という厳しい制限があります。

Speaking of age restrictions, the "Fields Medal," considered the Nobel Prize in mathematics, also has strict limits: once every four years, under 40 years old, and between two and four recipients.

数学の場合、偉大な証明は若い数学者によって成されることがほとんどであることを鑑みれば、別段、年齢制限なくても良さそうですが。

In the case of mathematics, I think that no age limit is needed, given that most of the great proofs in mathematics are done by young mathematicians.

(「フェルマーの最終定理」の証明に成功したアンドリュー・ワイルズさんは、1998年に45歳で「特別賞」を受賞していますが、これは例外です)。

(Andrew Wiles, who successfully proved "Fermat's Last Theorem," received a "special award" in 1998 at the age of 45, but this is an exception.)

-----

ともあれ、『血みどろの人生』は、自分ではなく、他人にやってもらうのが、一番いい。

It is best to have someone else do the "bloody life," not me.

私は、その人の人生を、『見せてもらって』『楽しませてもらう』で、十分です。

It is enough for me to be 'shown' and 'entertained' by the bloody life of another.


2024-02-05 最近、『ChatGPTを使うコツは、仕事を人に頼む時と同じ』ということが分かってきました。 [長年日記]

今週末も、私はChatGPTをフル活用して、コーディングとライティングをしていました。

This weekend, I continued to use ChatGPT to do some coding and writing.

『・・・神かよ』

"Oh my God...."

と、何度も呟やいていました。

I muttered repeatedly.

-----

最近、『ChatGPTを使うコツは、仕事を人に頼む時と同じ』ということが分かってきました。

Recently, I have found that 'the trick to using ChatGPT is the same as when I ask someone to do a job.

「仕事を人に頼む時のポイント」は、その人が自分であると仮定した上で『この内容が分からなければ、仕事を開始できない』ということを頭の中にイメージして、それを言語化することです。

The "key to asking someone to do a job" is to imagine in your mind, assuming that the person is you, 'If I don't understand this content, I cannot start the job,' and then verbalize it.

大切なのは、テクニカルライティング ―― というか、人に伝える日本語の正しい使い方です。

What is important is technical writing -- or rather, the proper use of Japanese to communicate to others.

-----

私、これまで、『英語』と『数学』の重要性について、何度も熱く語ってきました。

I have spoken passionately many times about the importance of "English" and "Mathematics."

しかし、今、この生成AIと対峙しながら思うことは、『国語』こそが、最優先すべき勉学になりつつあることが分かり始めました。

However, as I think about it now, while confronting this generative AI, I realize that the "Japanese language" is becoming the study that should be prioritized.

人とのコミュニケーションでは言うに及ばずですが、これからはコンピュータと会話をするための『言語化能力』が、もの凄く重要になります。断言します。

It goes without saying in human communication, but from now on, the "ability to verbalize" to talk with computers will be very important. I assure you.

といっても、『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』という国語の試験のような設問対応はどーでもいいです。

However, it does not matter how you respond to the question, which is like a Japanese language exam, "Choose the one from A to D that comes closest to the feelings of the author who wrote this sentence.

(ただ、この設問対応の勉強は、恋愛や結婚のプロセスでは、結構重要になるんですが、それはまた別の機会に)。

(However, studying this question response is quite important in the love and marriage process, but that's another story.)

大切なのは、コンピュータが困らないように、主語と目的語を明確にし、その内容を完結に伝える国語の言語化能力です。

What is important is the ability to verbalize the subject and object clearly and to convey the content of the message completely in the national language so that the computer does not get confused.

と、書いていて思ったのですが、このような言語化は、むしろ『英語』の方が役に立つものかもしれません。

As I was writing, I thought that this kind of verbalization may be something that is rather more useful in 'English.'

-----

子ども:「何のために勉強するの?」

Child: "What do I study for?"

私:「生成AIを使い倒して、人生でラクをするためだよ」

Me: "It's all about using the generative AI to make life easier."

今、私は、本気でそう思っています。

Now, I believe that.


2024-02-06 「土地が隆起する」ということは、知識としては知っていましたが、生きている間に自国の領土で、これを知ることになるとは思いませんでした。 [長年日記]

「土地が隆起する」ということは、知識としては知っていましたが、生きている間に自国の領土で、これを知ることになるとは思いませんでした。

I knew that "land rises," but I had no idea I would see it in my territory during my lifetime.

■ 生活用水としての地下水の汲み上げによって、現在、各国の首都で深刻な地盤沈下が進行中

- Groundwater pumping for domestic use is currently causing severe land subsidence in the capitals of many countries.

■ 地球温暖化による海面上昇によって、現在、沿岸部の都市の多くのエリアが水没中

- Many areas of coastal cities are now under water due to rising sea levels caused by global warming.

ということは、NHKスペシャル等で知っていました。

I knew this from NHK specials and other sources.

しかし、今回の能登半島の大震災で、4メートルものの海岸線の土地隆起を知り、そして映像でも知りました。

However, after the Noto Peninsula earthquake, I learned about the 4-meter uplift of the coastline and learned about it on video.

こういう現象は、地球誕生後の億年の単位のどこかで発生する事象 ―― 要するに、遠い過去か、遠い未来の「他人事」と思っていました。

I had thought that these phenomena would occur somewhere in the billion years after the birth of the earth -- in other words, they were "someone else's problem" in the distant past or future.

『私は、億年単位の歴史の中で生きているんだなぁ』と実感するに至りました。

I realized that I was living in a billion years of history.

-----

今であれば、世界地図を見れば明らかな「大陸移動説」ですが、当時、この説の提唱者(アルフレート・ヴェーゲナー)は、世間から散々バカにされたそうです(しかも、かなり最近(1912年))。

Today, the theory of continental drift is evident if you look at a world map. Still, at the time, the proponent of this theory (Alfred Wegener) was widely ridiculed by the public (and quite recently (1912)).

でも、まあ、『地面が動くはずなかろうが!』と思うのも、納得できます。

But, well, 'the ground can't possibly move!' I can understand why you would think that.

-----

私、小学生のころ、ハワイが日本の近辺にあったという話を聞いて、計算してみたことがあります。

I heard that Hawaii was near Japan in elementary school, and I did the math.

(1)陸地は、だいたい1年で1cmくらいは移動している

(1) Land moves roughly 1 cm per year.

(2)日本とハワイの間は、現在6600kmである

(2) The distance between Japan and Hawaii is currently 6600 km.

上記(1)(2)をそのまま当てはめると、ハワイが現在の位置に至るのに必要な時間は、660,000,000年 = 6.6億年

Applying (1) and (2) above as they are, the time required for Hawaii to reach its present position is 660,000,000 years = 660 million years

地球誕生が45億年前、ミトコンドリが発生したのが21億年前、多細胞生物は10億年前、6億年前は氷河期だったようです。

The earth was born 4.5 billion years ago, mitochondrion arose 2.1 billion years ago, multicellular organisms a billion years ago, and 600 million years ago was an ice age.

人類の誕生は、ざっくり10~100万年前(0.001億年~0.01億年前)なので、それよりは、十分に長い時間ではあるのですが、

The birth of humankind is roughly 10 to 1 million years ago (0.001 to 0.01 billion years ago), so it is well longer than that,

―― 地面が動く速度は、意外に速いものだなぁ

"The ground moves surprisingly fast."

と、子ども心にも、思ったものでした。

Even as a child, I thought it.

ともあれ、私は『自分の生きている間に、数メートルの地面の隆起が起った』ということに、驚きを感じえずにはいられないのです。

Anyway, I can't help but be amazed that the ground has risen several meters in my lifetime.


2024-02-07 ―― 『私は、意外に、簡単にカルト宗教にハマるタイプかもしれない』と思い当たり、ゾッとしている [長年日記]

私、新しい技術が入ってきても、基本的には信じません。

I don't believe in new technology when it comes in.

その新しい技術とやらを真面目にやって、膨大な時間を喰われた挙げく、市場から消え去ったものを、本当に腐るほど見てきたからです。

I have seen so many things that have disappeared from the market after being eaten up by the enormous amount of time spent on serious work on that new technology that it is rotten.

そもそも「スゴい」と言われる技術の殆どが、『今はショボいけど、すぐに流行るようになる』という「前置き」つきであるからです。

In the first place, most of the technologies that are called "awesome" are prefaced with the phrase, "It's a bit timid now, but it will soon become popular.

And this series of articles is the culmination of my resentment.

 

-----

私が自分に「スゴい」を信じさせるか否かは、簡単です。

Whether or not I make myself believe in "awesome" is easy.

私が実際に使ってみて「スゴい」と思えれば、それは「スゴい」のです。

If I use it and think it is "awesome," then it is "awesome."

そして、『自腹を切っても使いたい』と思えるものであれば、その「スゴい」は確定です。

And if it is something that 'I want to use even if I have to pay for it myself,' then its 'awesome' is confirmed.

他人の意見を聞く必要はありません。この私が知っているからです。

You don't need to listen to others' opinions. Because of this, I know.

-----

私は、社内のエライさんから通達される『これからば、XXXXXの時代』という言葉を、原則として信じません。

As a rule, I don't believe in the "XXXXXX era" that is being communicated to me by the elites in my company.

『お前らに、これまで、何度騙されてきたことか』 ―― という膨大な記憶があるからです。

I have a vast memory of "How many times have you people fooled me?

しかし、"XXXX"が"生成AI"であれば、抵抗なく受けいれることができます。

However, if "XXXX" is a "Generative AI," it can be accepted without resistance.

これは、私にとって「スゴい」です。本当です。

This is "awesome" to me. It's true.

しかし、この「スゴい」は、私の業務や学業に特化していますので、生成AIが、多くの人にとって「スゴい」のかどうかは正直分かりません。

However, this "awesome" is specific to my business and academic work, so I don't know if the generative AI is "awesome" for most people.

―― 人が言う「スゴい」は胡散臭くて鬱陶(うっとう)しいが、自分が信じる「スゴい」は、ストレスがなく、むしろ気分が良い

-- "Awesome" that people say is stinky and depressing, but "awesome" that I believe in is stress-free and makes me feel good.

ということです。

That is it.

-----

で、今回のオチですが、

So, here's the punchline,

―― 『私は、意外に、簡単にカルト宗教にハマるタイプかもしれない』と思い当たり、ゾッとしている

-- I am horrified to realize that "I may be the type of person who falls into cultism surprisingly easily.

と、なります。

When I say things like, "The 'Principle' is amazing," you all need to leave me immediately.

それは、もう、津波警報クラスの勢いで、避難を開始して下さい。

It would be best to start evacuating with the vigor of a tsunami warning class.

特に、私の家族には『3秒で私を捨てろ』と、言い含めておきます。

In particular, I will tell my family, 'You have three seconds to leave me.


2024-02-08 ちなみに、私の場合、「他の人には言わないでね」と言われたら、その場で「期限は?」と応答します。 [長年日記]

『閉じたコミュニティの中だから大丈夫』

'It's okay because it's in a closed community.'

レストランで調味料容器を舐める映像を、閉じたネットワークに転送した者が口にする言葉です。

These are the words uttered by the person who transmitted the image of licking a condiment container in a restaurant to a closed network.

この行為の低能さについては、多くの人が語っているので、私は論じません。

I will not discuss the lowliness of this action, as many have spoken of it.

-----

ただ、私が若い頃に、この低能さを無条件に批判できるかと問われれば ―― できないような気がします。

However, if you ask me if I could unconditionally criticize this lowly behavior when I was younger -- I don't think I could.

私は、褒められた若者ではありませんでしたから。

Because I was not a praiseworthy young man.

若い頃の私は、お上(学校とか、役所とか、国家権力の暴力装置(警察等))に、はむかう行為をしていました。

When I was young, I used to be against the higher-ups (schools, government offices, and the violent apparatus of state power (police, etc.)).

もし、当時、今のようなネット環境があったとしたら、これらの行為は、デジタルの記録で残されて、それを理由に生涯ネチネチと苛められていたと思います。

If there had been an Internet environment back then, as there is today, these acts would have been digitally recorded, and I would have been tormented for the rest of my life for them.

『愚かさ』という観点においては、若いころの私は『調味料容器を舐める若者と大して差はない』と思っています(ただ、行為の品格については、差はあると思っていますが)。

In terms of 'stupidity,' I believe that when I was younger, I was 'not much different from a young man licking a condiment container' (although I think there is a difference in the dignity of the act).

私は、ネットがない時代に生まれて、たまたま運が良かっただけです。本当にそう思っています。

I just happened to be lucky enough to be born without the Internet. I genuinely believe that.

それはさておき。

Aside from that.

-----

人間には『楽しいコンテンツは、他人と共有したい』という欲望があります。

Humans have a desire to 'share enjoyable content with others.

いわゆる『他の人には言わないでね。実は・・』です。

It's the so-called 'Don't tell anyone else. Actually...'.

『閉じたコミュニティの無限連鎖』といっても良いかもしれません。

You might call it "an endless chain of closed communities.

ネットに関して言えば、『閉じたコミュニティ』は、幻想です。

Regarding the Internet, 'closed communities' are an illusion.

ですから、秘密にする必要がある情報(犯罪構成要件を成立させる証拠など)は、秘密にしておく必要があるのです。

Therefore, information that needs to be kept secret (e.g., evidence that establishes the requirements for constituting a crime) needs to be kept secret.

つまるところ、「犯罪行為なら最初から止めておけ」ということになるのですが、大人であっても、「犯罪行為」と「いたずら」の区別がつかない、という人は数多くいます。

In the end, the bottom line is that "if it is a criminal act, stop it from the beginning," but there are many people, even adults, who cannot distinguish between a "criminal act" and a "prank.

-----

ちなみに、私の場合、「他の人には言わないでね」と言われたら、その場で「期限は?」と応答します。

By the way, if someone says to me, "Don't tell anyone else about this," I'll be right there with them, "What's the deadline?" I respond with.

「無期限」と言われたら、「約束できない」と応答します。

If they say "indefinitely," I respond, "I can't promise."

「10年間」と言われても、「約束できない」と応答します。

If they say, "for ten years," I reply, "I can't promise that."

「1年間」と言われたら、「それなら約束してもいい」と応答し ―― そして、1年後に暴露します。

If they say "one year," you respond, "I can promise you that," -- and then expose them a year later.

-----

The exception to this is the "Ebata Firewall" that I have imposed on myself.

これは、私の尊厳の根幹であり、これを破った時、私は私であることを停止する覚悟があります。

This is the foundation of my dignity, and when I violate it, I am prepared to stop being me.

私は『他の人には言わないでね、実は・・』という人を、『下品な人間』として見下すことができるよう、日々努めています。

I try every day to be able to dismiss people who say, 'Don't tell anyone else, actually...' as 'vulgar people.


2024-02-09 私は、『人を育てる』というフレーズを使ったことがありません。 [長年日記]

私、これまで、日常生活やブログで、色々なことを言ってきました。

I have said many things in my daily life and on my blog.

逆に言っていないことは何だろうな、と考えた時、私は、

When I wondered what I hadn't said to the contrary,

『人を育てる』

"Nurturing People"

というフレーズを使ったことがありません。

I have never used the phrase

(過去の日記を全検索しましたが、確かにありませんでした)

(I searched all past diaries, and it was not there.)

-----

私は、自分の子どもですら『育てる』と思ったことはないです ―― あれは『勝手に育った』です。

I've never thought of even my children as 'Nurturing' -- that was 'Nurtured on their own.

まあ、明らかに間違ったことについては、すさまじい勢いで叱りとばしたことはありますが、それも数えるくらいしか覚えていません。

I have scolded them tremendously for wrong things, but I can only remember a few.

私がやったのは、彼女らの生活インフラの提供と整備と保守だけです(必要なら、組織を壊滅させるくらいのつもりで闘かったこともありますが)。

All I did was provide, build, and maintain the infrastructure for their lives (although I also fought to the point of destroying the organization if necessary).

私の場合、『子どもを育てた』などと言うつもりはありません。

In my case, I will not say that I Nurtured my children or anything like that.

なぜか。

Why?

私は、そんな、面倒くさいことはしたくなかったからです。

Because I didn't want to go through all that hassle.

-----

会社の管理職向けの資料とか読んでいると、『部下を育てる』などという文言が出てきます。

When I read materials for company managers, I see phrases such as "nurture subordinates.

純粋に『凄いなぁ』と感心しています(嫌味ではなく)。

I am genuinely impressed (no sarcasm intended).

私は、人を動かすための"策"は考えますが、それは『人を育てる』ためではありません。

I think of "measures" to move people, but not to "train" them.

純粋に、自分がラクをするためです。

It is purely to make things easier for me.

-----

私が、長い間、サラリーマンをやってきて分かったことは、『人を育てる』などというセリフを平気で使う奴は、大抵、『人を潰している』という現実です。

Through my long career as a salaried worker, I have learned that those who use phrases such as "nurturing people" without hesitation are usually "destroying people.

これは、私の数少ない特技である、発明や特許明細書の作成したプロセスの視点になってしまいますが、特に顕著だったのが、発明創成という業務です。

This is one of my few specialties from the perspective of how inventions and patent specifications were created. Still, it was particularly noticeable in the work of invention-creation.

私は、『若い研究員が必死で案出した、生れたての弱々しく小さな発明を、自分の経験や知見で叩き潰す阿呆な上司たち』を、うんざるするほど見てきました。

I have seen enough of "stupid bosses who crush the freshly born, feeble little inventions of young researchers with their own experience and knowledge.

発明というは、『新生児』のように弱く小さい存在として生まれてきます。

The invention is born as a weak and small being, like a 'newborn.'

この『新生児』に栄養を与えて、歩けるようにして、強い特許権に育て上げることが、上司の役目です。

The boss's role is to nourish this "newborn" and raise it into a strong patent right by enabling it to walk.

これを、『人を育てる』と言いながら、『新規性がない』だの『進歩性がない』などと言って、この新生児を殺し続ける上司を見てきました。

I have seen bosses who say this is 'nurturing people' but continue to kill these newborns because they are 'not novel' or 'not progressive.'

ともあれ、私は、

Anyway, I thought,?

- 何やってんだ? その「新生児」を、苦労しながら一緒に育てていくのが、上司の役目だろう?

- What are you doing? Isn't it the role of the boss to raise that "newborn baby" with you while struggling to make it work?

- 一体、どの口が『部下を育てる』と言っているんだ?

- What in the world are you talking about "Nurturing subordinates"?

と、思ってきました。

-----

しかし、まあ、これは私のちっちゃいスコープの中の一例に過ぎません。

But, well, this is just one example in my tiny scope.

私の狭い視野と経験で、人材育成を論じるのは、おこがましいとさえ思います。

It would be presumptuous of me to discuss human resource development from my narrow perspective and experience.

ともあれ、『人を育てる』ことを『面倒くさい』と考える私が、組織を率いる立場にならなかったことは、極めて当然である、と、深く納得しています。

Anyway, I am deeply convinced that it is pretty natural that I, who consider "Nurturing people" to be "troublesome," have not been in a position to lead an organization.


2024-02-10 私は、あなたのことを「勇者 ―― ビヨンド エバハラ」、省略して「エバハラ勇者」と命名したいと思います。 [長年日記]

最近、「マルハラ」という新しい種類のハラスメントが話題になっているようです。

Recently, a new type of harassment called "maru-harassment" has become a hot topic.

「承知しました。」という一見、何の変哲もないフレーズの、最後の「。」が怖いということから命名されたハラスメントだそうです。

"It's O.K.." This harassment is named by youth because some fear the "." of the last of "It's O.K.."

もちろん、これを一蹴することは易いですし、反論もできますが ―― 多分、そいうことではないと思うのです。

Of course, it's easy to kick this out and argue -- but maybe that's not the point.

-----

私は、『ハラスメントとは、それを感じる者、すなわち、被害者が一方的に決めつけるもので、加害者は、それに抗弁できない』と認識しています。

I recognize that 'harassment is a unilateral decision made by the one who feels it, i.e., the victim, and the perpetrator has no defense against it.

私たちシニアは、ここ20年くらいの間、それを「セクハラ」や「パラハラ」で思い知ってきました。

We seniors have been reminded of this with "sexual harassment" and "power-harassment" for the last 20 years or so.

「セクハラ=コミュニケーション」、「パワハラ=教育」と言われた時代は、確かにあったし、その時代は、そういう取り扱いでも問題はなかったのです(正確には『当事者には大問題だったけど、世間は取り合ってくれなかった』が正しい)。

There was undoubtedly a time when "sexual harassment = communication" and "power harassment = education," and there was no problem with such treatment in those days (more accurately, "it was a big problem for the parties involved, but the public didn't take it up" is correct).

でも、時代は変わり、社会の価値観が変わり、そして、"昔"は許されても、"今"は許されない「社会悪」です。

But times change, society's values change, and what was acceptable in the past is unacceptable today.

ここで重要なのは「絶対悪(殺人や暴力)」とは異なり、「社会悪」は、日々変化し続けているということです。

It is important to note that unlike "absolute evil" (murder and violence), "social evil" is constantly changing from day to day.

で、このような、変化する社会悪にフォローできないのがシニア(具体的には、私を含む、ジジイとババア)です。

And it is the seniors (the old guys and old ladies, including me) cannot follow up on these changing social evils.

シニアの私としては、政府から「本日から施行される『社会悪』」として官報(*)を出して欲しいくらいです。

As a senior citizen, I want to see the government issue an official gazette(*) as "a 'social evil' that goes into effect today."

(*)官報とは、国の広報誌で、、法律・政令・条約などを公布する媒体として、重要な役割をもっている

(*)The Official Gazette is a government public relations magazine and plays an important role as a medium for promulgating laws, government ordinances, treaties, etc.

それはさておき。

Aside from that.

-----

「マルハラ」という観点から言えば、私のブログは「マルハラ」が満載です。

Regarding "maru-harassment," my blog is full of "maru-harassment."

私の文章は長いから、当然、句読点も山盛りです。

My sentences are long, so naturally, there is a lot of punctuation.

そして、何より、"。"を怖がる人が、耐えられるようなコンテンツではありません。

And above all, these are not the kind of content that people who are afraid of "." will be able to tolerate.

SNSのコミュニケーションツールと、ブログや小説を同じカテゴリーで語るのは無理があるかもしれませんが。

Discussing social networking communication tools, blogs, or novels in the same category may be unreasonable.

-----

ただ、この「マルハラ」とはちょっと違うのですが、思い当たることがあります。

However, I can think of something different from this "maru-harassment."

私のページには、大体一日4000人~5000人の皆さんにご訪問頂いていて、これは、ここ2~3年ほど変動がありません(PVは、その1.5~2倍程度)。

My pages are visited by roughly 4,000 to 5,000 people daily, which has not changed for the past 2 to 3 years (PV is about 1.5 to 2 times that number).

「2~3年間、変動がないことをどう考えるか 』―― これは、なかなかに難しいのです。

"How should I think about the fact that there will be no change for two to three years?" This is a tricky question.

私の文章は、独特で、基本的に内容はキツい(強烈な批判と皮肉の集大成)です。

My writing is unique, and the content is harsh (a collection of solid criticism and sarcasm).

これを毎日読み続けるのは、私ですら、結構な体力が必要です。

It takes a lot of strength, even for me, to keep reading this every day.

私のサイトは、いわば「江端ハラスメント」、"エバハラ"と命名しても良いレベルです。

My site is at the level of "Ebata harassment," so to speak, which I may name "Ebahara.

それゆえ、毎日、ご訪問して頂いている皆様は、まさに、この"エバハラ"を乗り越えた勇者である、と言えるのではないか、と思っています。

Therefore, I believe those of you who visit my pages daily are the brave ones who have overcome this "ebaharah.

少なくとも、「マルハラ」に怯える若者が入って来られるようなブログではない、と思います。

At the very least, I think it is not the kind of blog that young people frightened of "maru-harassment" can enter.

逆に言えば、このブログに集って頂いているこの4000~5000人の皆様は、この江端の"エバハラ"に相対しうる「勇者」であると認定できると思います。

Conversely, the 4,000 to 5,000 of you gathered on this blog can be identified as the "brave" who can stand up to Ebata's "ebahara.

私は、あなたのことを「勇者 ―― ビヨンド エバハラ」、省略して「エバハラ勇者」と命名したいと思います。

I want to name you "Brave -- Beyond Ebahara," or "Ebahara Brave" for short.

でも、少なくとも「エバハラ勇者」は"尊称"にはならないでしょう ―― むしろ、悪い"レッテル"になりそうです。

But at the very least, "Ebahara brave" will not be a "title" -- rather, it will be a bad "label."


2024-02-11 何が言いたいかというと、『先行著作物と全く無関係な創作活動』は、『幻想である』ということです。 [長年日記]

The most famous case between an author and a secondary author should be the "Candy Candy Case," but I have not seen this topic discussed in conjunction with the recent case.

もしかしたら、「これが、『業界タブー』という奴なのかもしれないなぁ」と、空気の読めない江端(私)は思っています。

Perhaps this is called an "industry taboo," thinks Ebata (me), who can't read the air.

著作権法には、『原作者最強』は絶対的ですが、利益が絡んでくると『金持ち最強』になってしまうのは、どこの世界でも同じようです。

In copyright law, 'the original author is the strongest' is absolute, but when profit is involved, 'the rich are the strongest' seems the same in every world.

-----

この問題は、創作者や研究者自身にとっても、あまり触れたくないものなのです。

This is an issue that creators and researchers do not want to touch.

私のコラムは、色々な書籍やオープンデータをベースにしていますし、私のイラストも他の方の記載されたイラストや写真を参考にしています。

My columns are based on various books and open data, and my illustrations are based on illustrations and photos described by others.

研究活動に至っては、既往研究の論文がなくては、1mmも進めることができません。

Regarding research activities, not a single millimeter of progress can be made without a paper on previous research.

逆に、私の創作物が、他の著作で引用されていることもあります(転用や盗用も山ほどあります)。

Conversely, my creations are sometimes cited in other works (and there are plenty of diversions and plagiarism).

執筆したけど特許権にできなかった私の特許明細書の一つが、70以上もの、後願の特許出願を拒絶査定に追い込んだという話も聞きました(これを、『先行発明の後願排除効』といいます)。

I have heard that one of my patent specifications, which I wrote but could not patent, has rejected more than 70 subsequent patent applications (the "effect of exclusion of subsequent applications for prior inventions").

何が言いたいかというと、『先行著作物と全く無関係な創作活動』は、『幻想である』ということです。

I am trying to say that 'creative activity completely unrelated to prior works' is 'an illusion.

-----

ともあれ、今クリエイターに求められているのは、何よりもまず創造活動そのものであることは言うまでもありません。

At any rate, what is now required of creators is, of course, first and foremost, the creative activity itself.

But the next most crucial thing might be to study the law (copyright law).

面倒くさいですけど、自分の著作物と自分の命を守る為には、必要なことです。

It's a hassle, but protecting your work and life is necessary.


2024-02-12 で、私は、今日も今日とて、プログラムの量産中です。 [長年日記]

私は、『コーディングしながら映画をななめ見する』という、映画を愛している人から激怒されても仕方がない、という視聴をしています。

I have a viewing practice of 'slumbering through a movie while coding,' which is something that should be infuriated by people who love movies.

それについては、堪忍して頂くととて、今日は2つばかり、映画について書きます。

I will leave it at that and write about two movies today.

(1)"Love from the Camp"

これ、2022年の話題の邦画でした。

This was the hottest Japanese film of 2022.

妙な既視感があり、視聴後にちょっと調べてみたところ やっぱりありました。1993年にテレビで放送されていました。

I had a strange sense of deja vu, and after watching it, I did a little research. There it was: it was broadcast on TV in 1993.

こっちの方を見たくなって、YouTubeとか探っているのですが、現時点で見つかっていません。

I'd like to see this one, and I've been exploring YouTube and the like, but I haven't found it yet.

私、この時のテレビドラマの方での衝撃がもの凄かったのです ―― 『遺言を記憶で運ぶ』というメソッド(方法)に、驚愕し、そして、深く感動いたしました。

I was shocked by the TV drama at that time -- I was astonished and deeply moved by the method of "carrying the will in memory."

まあ、そういう個人的な背景もあり、映画の方はあまり集中できませんでした(収容所がちょっとキレイすぎるなぁ、とか、いらんことが気にかかってしまいました)。

Because of this personal background, I could not concentrate much on the movie (I was bothered by unnecessary things, like the camps being a bit too beautiful).

ラーゲリーについては、個人的には、船戸与一さんの「満州国演義」がお勧めです(図書館で借りてきたのですが、重い(重量が)本でした。今は文庫になっているようです)。

Regarding Lagerie, I recommend "Manchukuo Engi" by Yoichi Funado (I checked it out from the library, but it was a heavy (weight) book. It seems to be in a library now).

そういえば、先日、実写版の「ゴールデンカムイ」についても語りましたが、私としては「蝦夷地別件」も強くお勧めします。

I recently talked about the live-action version of "Golden Kamui." I would also highly recommend "Ezochi Betsuden."

-----

(2)Jojo Rabbit(2020)

以前から申し上げているように、私、現存して、公に放映されているアウシュビッツの映像は、全て見たと思っていますし、ドキュメンタリーや映画なども、落さずに見ています。

As I have said before, I believe I have seen all the existing and publicly televised images of Auschwitz, as well as documentaries and films, without dropping them.

で、まあ、

And, well,

There is also this misunderstanding -- again, my stance is "Fuck, Nazi."

この映画は、ヒトラーユーゲントに入る前の子ども(?)の視点から見た、ナチズムに対するコミカルとシリアスのバランスのれた、楽しい映画でした。

This film was a fun film that balanced the comical and the serious against Nazism from the point of view of a child(?) before he joined the Hitler Youth.

ナチスのコンテンツに疲れていた私には、ほっとした気持ちになれる映画でした。

I was tired of the Nazi content, and this film was a relief to me.

どちらも、アマプラで視聴できます。

Both are available on Amazon Prime.

-----

で、私は、今日も今日とて、プログラムの量産中です。

As of today, I am still in mass production of the program.


2024-02-13 いずれにしても、―― 私の考察/洞察力は、浅すぎる [長年日記]

昨日、「ジョジョ・ラビット(2020)」を『楽しい映画』と称しましたが、訂正します。

Yesterday, I referred to "Jojo Rabbit (2020)" as a "fun movie," but I stand corrected.

あれは、真剣に見なければならない映画 ―― 『凄い映画』でした。

That movie had to be taken seriously -- a "great movie."

私の話を聞いて嫁さんも視聴したのですが、彼女のコメントを聞いて、私はその内容にショックを受けました。

My wife watched it after hearing me speak, and I was shocked at what she said about it.

さらに、映画に関するネットのコメント欄を読んで、5つぐらいの伏線を知って、今、衝撃を受けております。

Furthermore, after reading the online comments section about the movie, I was shocked to learn about five or so foreshadowing lines.

『コメント読みながら、その場面の意味を知って、泣きそうになる』という、訳の分からない感情に押し流されています。

I'm being swept away by an unexplainable feeling of 'I'm about to cry because I know what the scene means as I read the comments.

いずれにしても、

In any case,

―― 私の考察/洞察力は、浅すぎる

"My considerations/insights are too shallow."

と、激しい自己嫌悪に陥っています。

I am in a state of intense self-loathing.

-----

"Jojo Rabbit" is catching up to "Scent of a Woman."


2024-02-14 我が国で、輸出用の大陸弾道弾ミサイルの開発が公に認められたとしたら、『我が国は、そのミサイルをどこでフィールド実験やるのだろう』と、気になります。 [長年日記]

北朝鮮が、ミサイル発射実験を繰り返しています。

North Korea has repeatedly conducted missile launch tests.

この実験は、国際的(正確には国連加盟国の西側陣営)に批判されています。

The experiment has been criticized internationally (more precisely, by the Western camp of UN member states).

しかし、ミサイル開発技術者の視点からすれば ―― 『実験は、多ければ多いほどよい』というと思うのは当然です。

But from a missile development engineer's point of view -- "the more tests, the better.

基本的に、技術開発とは、失敗を蓄積であり、失敗は『金銭に替えられないほどの価値になる』からです。

Technological development is the accumulation of failures because they become so valuable that money cannot replace them.

-----

で、ふと思ったのですが、今、ウクライナとロシアで、膨大な武器が使われていますが、そのような映像を見るたびに、私は不思議に思っています。

And it occurred to me that every time I see such images of the vast amount of weapons now being used in Ukraine and Russia, I wonder.

―― いったい、これらの兵器は、どこで実験やっているんだ?

"Where on earth are these weapons being tested?"

実験なしに、兵器製造などできるわけありません。

There is no way to manufacture weapons without experimentation.

もちろん、屋内実験も、コンピュータによるシレーションも可能ですが、最終的にはフィールド(屋外)実験なくしては、兵器の信頼性を測ることはできません。

Of course, indoor testing and computerized silation are possible, but ultimately, a weapon's reliability cannot be measured without field (outdoor) testing.

もちろんニュースになっていない兵器の誤動作の事故もあるでしょうが、そういう兵器は市場価値を失うことになります。

Of course, there will be accidents of malfunctioning weapons that are not in the news, but such weapons will lose their market value.

兵器も、製品である以上、スペック通りに動かせてナンボです。

Weapons, as products, must be able to operate according to specifications.

-----

ところで、現政権は、これまでの政権がやりたくても、どうしてもできなかったことを、サクサクと実現しつつあります。

By the way, the current administration is quickly accomplishing what previous administrations wanted to do but just couldn't.

「防衛装備移転三原則」は、その1つです。

The "Three Principles on Defense Equipment Transfer" is one of them.

私、防衛に関する法律は疎いのですが、これ特許法的に言えば「間接侵害」のアナンロジーに似ています(さらに分からなくなったかもしれませんが)。

I'm unfamiliar with defense law, but this is similar to the "indirect infringement" analogy in patent law terms (which may be even more confusing).

で、我が国で、輸出用の大陸弾道弾ミサイルの開発が公に認められたとしたら、『我が国は、そのミサイルをどこでフィールド実験やるのだろう』と、気になります。

So, if the development of a continental ballistic missile for export is publicly approved in our country, I wonder, 'Where is our country going to field test that missile?

世界に冠たる平和憲法を有する我が国において、こんな話は、本当に不愉快に感じる方がいると思いますし、そう信じたい。

In our country, which has a world-class peace constitution, I believe and would like to believe that some people would be uncomfortable with such a story.

ですが、もう、私たちは、今のうちに、腹を括っておいた方がいいかもしれません。

But perhaps we should all be gutted by now.


2024-02-15 『ゴルゴ13が、クレジットカード支払いに応じてくれるか』 [長年日記]

私の会社では、公費のやり取りは、全て会社が発行しているクレジットカードで行うことになっています。

At my company, all public expense transactions are to be made with a credit card issued by the company.

領収書でもできなくはないのですが、例外的で、かつ、処理が面倒くさいです。

It is not impossible to do this with receipts, but it is both exceptional and cumbersome.

最近のニュースを見るたびに、

Every time I see the news these days, I think?

『国会議員(とその職員用)の専用のクレジットカードを発行すれば足りだろう』

It would be sufficient to issue a credit card exclusively for members of parliament (and their staff).

って思っています。

もちろん、国会議員の仕事の中には、公にはできない仕事もあるでしょう ―― 例えば、政敵や海外の要人を暗殺する為に、ゴルゴ13を雇う、とか。

Of course, there are some jobs that members of Congress can't do publicly -- for example, hiring Golgo 13 to assassinate political opponents or foreign dignitaries.

ですから、このクレジットカードには、新しい費目を設けることにします。

Therefore, this credit card will be established, including a new expense item.

『秘密業務に関わる事項』

"Matters Related to Secret Services"

を付ければ良いと思います。

私たち国民も、「キレイごとで政治はできない」という度量を見せて、この『秘密業務に関わる事項』の費目を認めましょう。

We, the people, should also show consideration that "politics cannot be done neatly" and approve this "Matters Related to Secret Services" expense item.

私は、『秘密業務に関わる事項』の内容が開示できないのは仕方がないとしても、その規模感(金額のケタ数)だけでも知りたいのです。

I would like to know at least a sense of the scale (number of digits of the amount) of the 'confidential business matters,' even if it is inevitable that the details of the 'Matters Related to Secret Services' cannot be disclosed.

-----

まあ、この提案の一番の問題は、

Well, the main problem with this proposal is,

『ゴルゴ13が、クレジットカード支払いに応じてくれるか』

Will Golgo 13 accept credit card payments?"

という点にあると思います。

しかし、これからは、テロリストも、キャシュレスに対応しなれば、やっていけないと思うのですよね。

However, I think that from now on, terrorists will not be able to do without cashless support.

そういう意味では、<北>の「サイバー攻撃による暗号資産の窃盗」は、なかなか良いケーススタディだと思います。

In that sense, <North>'s "Theft of Crypto Assets through Cyber Attack" is an excellent case study.


2024-02-16 ―― 私たちは、自分の人生を自分でコントロールできない [長年日記]

私は興味のある技術は、コストと時間に見合えば、一度試してみたい方です。

I am willing to try any technology that interests me once it is worth the cost and time.

そして、その結果は、会社の秘密情報や会社の不利益になる内容では"ない"と判断すれば、公開することがあります。

The results may be disclosed to the public if we determine that the information is not "confidential" or detrimental to the company.

これは、遵法精神でもなければ、いわんや愛社精神でもありません ―― 約束(契約)です。

This is not a law-abiding spirit or love for the company; it is a promise (contract).

実際、私の持ちネタは、もっと沢山あって、その中には『墓の中まで持っていく』と決めているものもあります。

I have many more stories, some of which I have decided to 'take to my grave.

それはさておき。

Aside from that.

-----

私は、興味のある技術を試すことは楽しいですが、興味のない技術をやらされることは苦痛です。

I enjoy experimenting with techniques I am interested in, but being forced to do techniques I am not interested in is painful.

実際に、直感的に『この技術はダメだ』と思えるものがあります。

I have a technique that intuitively tells me, 'This technique is no good.

For example, they are known as buzzwords.

私は、そういう技術には近付かないようにしているのですが、業務命令で、それらに取り組まなければならないこともあります。

I try to avoid those technologies, but sometimes, I have to work on them because of work orders.

予想通り、ダメダメだったこともありますが、しぶしぶ取り組んでいたら、これが意外に面白くなったりすることもあります。

Occasionally, as expected, it was a no-no, but this can be surprisingly interesting if I am reluctant to work on it.

とは言え、ダメダメでも、ダメダメでなくても、業務命令であれば、一定の成果を出さなければなりません。

Nevertheless, if it is a no-no or not, certain results must be achieved if it is a work order.

ダメダメだと思っている技術の仕事を命じられて、予想通りにダメダメな結果を出して、それを理由に上長や幹部から叱責されることがあります ―― これは理不尽で辛いことです。

I may be assigned to work on a technology that I think is no good, produce predictably bad results, and then be reprimanded by my superiors and executives for it -- this is unreasonable and painful.

何が言いたいかというと、

What I'm trying to say is,

―― 私たちは、自分の人生を自分でコントロールできない

"We are not in control of our own lives."

という、ありふれた話です

It is a common story.

今、次女が、絶賛、就活中です。

Right now, my second daughter is job hunting, to great acclaim.

それを見ながら、『彼女も、これから、自分でコントロールできない人生を歩み始めるのだな』と思うと、せつない気持ちになります。

As I watched, I felt sad, thinking, 'She, too, is going to start a life she cannot control.

それはさておき。

Aside from that.

-----

30%:50%:70%の法則 ―― 大学、高校、中学の卒業生が、3年以内に離職する比率です。

The 30%:50%:70% rule is the ratio of college, high school, and secondary school graduates who leave the workforce within three years.

これは、ここ20年間変化がありません。

This has not changed in the last 20 years.

この法則を「悲劇」と見るか、「当然」と見るかは、人によって違うと思います。

Whether one sees this law as "tragic" or "deserved" depends on one's point of view.

しかし、現在の政府の掲げている目標『労働人口の流動化』という観点から見れば、逆の見方ができます。

However, from the perspective of the current government's stated goal of "workforce mobility," the opposite can be seen.

90%:90%:90%の法則 ―― 新入社員の9割が3年以内に離職する世界の実現。これができれば、日本の労働人口の流動は確実になります。

The 90%:90%:90% rule is a world in which 90% of new hires leave their jobs within three years. If this can be achieved, the fluidity of the Japanese workforce will be assured.

もっとも、それで生産性が上がるかどうかは分かりませんが(まあ、下るでしょう。それも劇的に)。

I don't know if it will increase productivity (well, it will decrease...dramatically).

-----

労働人口の流動性は、

The mobility of the workforce is,

(1)新しく生まれた仕事が、誰にとっても楽しい仕事になるわけではない

(1) Not all newly created jobs will be enjoyable for everyone.

(2)新しく生まれた仕事に対応する為には、また最初から勉強をしなおす必要がある

(2) To cope with the newly created work, it is necessary to study all over again from the beginning.

という現実に向き合う必要があります。

We need to face the reality that

どっちにしても、労働人口の流動化は、多くの人の考える気持ち、「面倒くさい」によって阻まれている、というのは事実でしょう。

Either way, it is probably true that the mobility of the workforce is hampered by what many people consider a "hassle.

好きなことであれば、勉強しなおすことも苦痛ではないでしょうが ―― 基本的に、多くの人にとって、勉強は、苦痛です。

If it's something you love, it won't be painful to study again -- but, for many people, studying is painful.

「一度苦労して覚えたことだけを使って、残りの人生をラクして食っていきたい」と思うのは、だれにとっても自然なことなのですから。

It is natural for anyone to want to "make the rest of my life easy, using only what I have learned through hard work.


2024-02-17 少なくとも、ミシンは「スタートボタン」だけで始められるようなものではないことは、分かりました。 [長年日記]

基本的に、私は、モノを修復して使い続けるのが好きです。

I like to restore things and keep using them.

ケチとか、倹約とか、SDGsなどは、私のスコープ外です。

Cheapskate, frugality, SDGs, etc., are outside my scope.

私は、単に、DIYが好きで、修復が好きだけど、面倒くさがり屋で、モノのライフタイムが延ばすことに喜びを感じる変態だからです。

I am simply a pervert who likes to DIY, likes to restore but is a pain in the ass, and takes pleasure in extending the lifetime of things.

昨日も、DIYの理髪(セルフカット)をしました。

Yesterday, I also did a DIY haircut (self-cut).

で、その結果、私の頭には、3箇所のハゲができていますが、これは前向きに考えることにしています。

And as a result, I have three bald spots on my head, which I consider positive.

「江端は過度の仕事のストレスで脱毛症になったんだ → 江端の仕事を減らさないと、また江端が『抑うつ』になるぞ」と、誰かに思って貰えれば、とか(※)。

If someone thinks, "Ebata got alopecia due to excessive work stress → if we don't reduce Ebata's workload, he will become 'depressed' again" (*), or something.

(*'Depression' is a harrowing disease; I shouldn't write this in jest (although I do).)

それはさておき。

That aside.

-----

昨日、Amazonで、ミシンについて調べていました。

Yesterday, I was on Amazon researching sewing machines.

I was thinking of buying a cheap sewing machine, as there seem to be some available these days for around 5,000 yen.

基本的に私は、なんでも「木工用ボンド」でくっつけて、ジーパンのライフタイムを延ばしています。

I use "wood bond" to attach everything to extend the lifetime of my jeans.

しかし、先日、私のジーパンが、この対応が難しいくらいの破れをしました。

However, the other day, my jeans broke to an extent that this was difficult.

普通に「捨てる」が一択となるような、破れ方だったのですが ―― それでは、何か「負けたような気」がしまして。

It was a rupture, where "throw-away" would generally be the only choice -- but then, I felt like I was "lost" by something.

で、ミシンについてYouTubeで勉強していたのですが、上糸とか下糸とかの設置、糸の張り巡らせ方、ミシンの操作など、―― 見ていたら目が眩みそうになりました。

So I was learning about sewing machines on YouTube, setting up upper and lower threads, tensioning the threads, operating the sewing machine, etc. I was almost dazzled by what I was seeing.

I have found, at least, that sewing machines are not something you can start with the "start button."

これで、気持ちが折れました。

This broke my heart.

I wish that sewing machines had been taught in this "wiring study" as well.

-----

パソコンにUSBで接続したら、CAD画面がでてきて、そこに設計図を投入すると、勝手に動き出す ―― そういうミシンは、まだ世の中に存在していないようです。

When connected to a PC via USB, a CAD screen appears, and when a blueprint is input, the sewing machine starts working independently. However, such sewing machines do not seem to exist yet.

取り敢えず、今は、木工用ボンドでジーパンの断面を塗りたくりながら、「PC対応のUSBミシン」の登場を待つことにします。

For now, I will wait for the arrival of the "PC-compatible USB sewing machine" while painting sections of my jeans with wood glue.


2024-02-18 『9日間の忍耐』ができるエンジニア ―― これが、SLIMプロジェクトのエンジニアの皆さんと、私の決定的な差です。 [長年日記]

私は、人の成功を素直に喜べない、ひねくれた性格の人間です。

I am a person with a twisted personality who cannot honestly enjoy the success of others.

ですが、

However,?

『H3ロケットの打ち上げ成功』

When I learned of the successful launch of the H3 rocket

を知った時、涙が出そうなほど嬉しく思えました。

I was so happy that I almost cried when I learned of the "successful launch of the H3 rocket.

Engineers are in the business of continually failing.

でも、本当に、たまに、こういう成功があるから、エンジニアはやめられない ―― と思うこともあります。

But, sometimes, successes like this make me think -- I can't stop being an engineer.

-----

月面探査機「SLIM」の月面着陸のニュースも、もちろん嬉しかったです。

Of course, I was also happy to hear the news of the landing of the SLIM lunar probe on the moon.

でも、それより私が驚愕したのは、「SLIM」の『再起動』です。

But what astonished me more was the "SLIM reboot."

『太陽電池パネルに太陽光が当たって、約9日ぶりに動き始めました』

"Sunlight hit the solar panels, and they started working for the first time in about nine days."

という記事の内容から読みとれることは、、エンジニアたちが、9日間、システムとの通信を遮断し、節電しながら再起動のタイミングまで、じっと我慢し続けた、ということです。

I read from this article that the engineers had to shut down communication with the system for nine days, saving power and holding still until it was time to reboot.

私(江端)は、会社の実験室に設営したシステムが停止すれば、あらゆる手段でアクセスを試みて、夜中であっても、出社してシステムを再起動しに行く、という、せっかちな性格です。

I (Ebata) am an impatient person, and if the system set up in the company's laboratory stops working, I try to access it by any means possible, and even if it is the middle of the night, I go to work to restart the system.

-----

『9日間の忍耐』ができるエンジニア ―― これが、SLIMプロジェクトのエンジニアの皆さんと、私の決定的な差です。

Engineers with "nine days of patience" are the critical difference between the engineers on the SLIM project and me.

言うまでもありませんが、これは『最大級の賛辞』です。

This is 'the greatest compliment'.


2024-02-20 ―― いいなぁ、そんなに夢のある会社なら、私もそこに再就職したいなぁ [長年日記]

最近、次女が、就活の為にリモートでの説明会に参加しているようです。

Recently, my second daughter has been attending remote information sessions for job hunting.

次女はリビングでパソコンを開くことがあるので、食事の時間にバッティングした時は、私は自室に食事を持ち込んで食べています。

She sometimes opens the computer in the living room, so when it butts up with meal times, I bring my meals into my room to eat.

で、まあ、その間、ちょっと説明会の内容が耳に入ってくるのですが、

And, well, in the meantime, I'm hearing a bit of a presentation,

―― いいなぁ、そんなに夢のある会社なら、私もそこに再就職したいなぁ

"I envy you. If it's such a dream company, I wish to work at the company again."

と思うことがあります。

I sometimes think that.

-----

就活生や企業のリクルート担当の方には申し訳ありませんが、これまでの私の人生を返り見るに、

With apologies to job hunters and corporate recruiters, but looking back over my life so far, I'm sorry to say this, but in my life,

『そんな夢のある会社』は、大抵の場合『夢があるだけ』ということが多い。

I've found that most of the time, the "dream companies" are just dreams.

企業説明会というのは、いわゆる『合コン』です。

A company information session is what we call a "blind date.

『夢があるだけ』の男や女の無責任な発表会場の延長 ―― と考えるのが妥当でしょう。

It is reasonable to consider it an extension of the irresponsible presentation halls of men and women who "only have dreams" -- a place for irresponsible presentations.

長く仕事を続けたいのであれば、過度な夢を持たないことが大切です。

If you want to keep your job for a long time, it is crucial not to dream excessively.


2024-02-21 ―― いいなぁ、そんなに夢のある会社なら、私もそこに再就職したいなぁ [長年日記]

我が国のお隣りの国、韓国の2022年の出生率は"0.78"でした。

Our neighbor country, South Korea, has a fertility rate of 0.78 in 2022.

もう一度申し上げます。

I will repeat it. It is

0.78

0.78

です。

この話を聞いた時、私は、本当に

When I heard this story, I said in my mind

―― は?

"What?"

と、頭が真っ白になりました。

And my mind went blank.

私、以前、

I, before, wrote

と書きました。

執筆当時は、本当に「なかった」のです。

At the time of writing, it really "wasn't there."

-----

我が国、日本は「課題先進国」―― と言えば、聞こえはいいですが、世界のどの国家よりも「先に"地雷"を踏む運命にある国』です。

Japan is a country with advanced issues. It sounds excellent to say, but Japan is a country that is destined to step on landmines before any other nation in the world.

しかし、お隣の我が国の友好国(お隣のお隣は仮想敵国ですが)は、"地雷"どころか、"国家の存亡"が、本当にスコープに入っています。

However, our friendly neighbors (our neighbors next door are virtual enemies) have not only "landmines" but "national survival" in their scope.

近い未来、私たちは、この問題に関して、韓国に学ぶ場面が出てきます ―― その結果がどうなろうとも、です。

Soon, we will have occasions to learn from South Korea on this issue, no matter the consequences.


2024-02-22 ―― 証券会社の社員が、くす玉割って、オフィスで拍手をしているニュースを見ると、非常にムカムカします。 [長年日記]

日経平均株価が、バブル期の最高値を越えたそうです。

The Nikkei Stock Average has exceeded its highest level during the bubble period.

私、バブル期には学生でしたので『バブルで踊る』ことはなかったですが、その後、一方的に『バブルに殴られ続けた』と思っています。

As a student during the bubble period, I never 'danced in the bubble,' but then I think I was one-sidedly 'kept getting hit by the bubble.'

もちろん、バブル景気は、政府や証券会社だけが責められるものではありませんが、それでも、

Of course, the government and securities firms are not the only ones to blame for the bubble economy, but still,

―― 証券会社の社員が、くす玉割って、オフィスで拍手をしているニュースを見ると、非常にムカムカします。

"I get very ticked off when I see news of securities firm employees breaking the decorative paper ball and clapping in their offices."

-----

逆だろう。

It would be the opposite.

今日は、終戦記念日(8月15日)正午や、広島、長崎の原爆記念式典の原爆投下時間に、私たちが厳粛な気持ちになるのと同じような、そんな思いに馳せる日ではないのか?

Isn't today the day that should give us that same solemn feeling we have at noon on the anniversary of the end of the war (August 15) and at the time of the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki?

証券会社のロビーに、『二度と過ちは繰り返しません』という碑文を立てて、そこで、社員一同で『黙祷』するくらいのことをやって欲しいと思う。

I would like to see an inscription in the lobbies of securities firms that reads, "We will never repeat our mistake," I would like all employees to join in a "silent prayer" there.

賛同者はいませんか。

Are there any supporters?

まあ、いないでしょうね。

Well, they won't be there.

------

ちなみに、原爆死没者慰霊碑の碑文には論争があります。

Incidentally, there is controversy over the inscription on the Cenotaph for the Atomic Bomb Victims.

ちなみに私は『二度と(あいつらに)過ちは繰り返させません』派です。

By the way, I am of the "I won't let them repeat their mistake" school of thought.


2024-02-23 少なくとも私(江端)のコードよりは、美しく見やすく、バグがほとんどありません。 [長年日記]

今、仕様書を書いています。

I am writing the specifications now.

===== ここから =====

===== from here =====

(3) 本件における「GitHub Copilotでソフト保守」をする意義

(3) Significance of "software maintenance with GitHub Copilot" in this case.

上記「(a)修正」を目的として、GitHub Copilotを活用する意義は以下の通りです。

The significance of utilizing GitHub Copilot for "(a) Modification" above is as follows.

(中略)

(omitted)

正直なところ、上記の内容は、プログラマとしての自分の存在意義を否定されるような内容(意義)です。

The above content (significance) is denied to me as a programmer.

実際のところ、Copilotが作成するプログラムは、精錬されていて一貫性があって、全体としてバランスが取れているのは確かです。

The program that Copilot creates is undoubtedly refined, consistent, and balanced.

少なくとも私(江端)のコードよりは、美しく見やすく、バグがほとんどありません。

It is at least more beautiful and easier to read than my (Ebata's) code and has very few bugs.

残念ですが、この現実は受けいれなければならないでしょう。

Unfortunately, we will have to accept this reality.

===== ここまで =====

===== so far =====

まあ、レビューの段階で、ここに記載されている最後の4行は削除されるでしょうが、これは「事実」です。

The last four lines listed here will be removed during the review phase, but these are "facts."

執筆していて、なんとも、せつない気持ちになりました。

I felt very, very sad when I was writing this.


2024-02-24 ―― "AI"に人類を滅亡させる能力はないけど、人類を滅亡させるアプローチを、"人間"が、AIとの議論の中で見付け出す可能性は高まってきている [長年日記]

以前、私は、あるAI技術を「占い」のパラダイムを使って説明したことがあります。

I once described an AI technology using the "divination" paradigm.

このコラムでは、

In this column, I concluded,

(1)「占い」という業務が、"占い師"と"占いにやってくる客"の二人の会話による、共同作業による創作活動である

(1) The business of "fortune-telling" is a collaborative creative activity based on a conversation between a "fortune-teller" and a "customer who is coming for a fortune-telling session.

(2)上記(1)において期待されるアウトプットとプロセスは「『占いにやってくる客が欲しい答』を導き出すことにある」

(2) In (1) above, the expected output and process "is to derive 'the answer that the customer coming the divination wants.

と、結論付けました。

まあ、この結論には、今なお、絶対の自信がありますので、文句のある人は、私に論争をふっかけて下さい。

I am still absolutely confident in this conclusion, so if anyone has a problem with it, please dispute it with me.

私は、テレビ番組などで、自称「占い師」が語っているところを見ると、即座にテレビの前から立ち去ります。

When I see a self-proclaimed "fortune teller" speaking on a TV program, I immediately walk away from the TV.

目が汚れ、耳が腐り、時間を奪われた(数秒であっても)、という気分になるからです。

It's because I feel like my eyes are dirty, my ears are rotten, and I've lost time (even if it's only for a few seconds).

しかしながら、私には、「こういう番組を『楽しい』と思う人の気持ちまでも、害する権利はない」と思っています ―― 特に、それが自分の家族であったりする場合などは。

However, I do not believe I have the right to "harm even the feelings of those who find these programs 'enjoyable' -- especially if they are my family members.

だから、こういう場面は「静かに立ち去る」が正解なのです。

So, the right thing to do in these situations is to "walk away quietly.

------

On page 5 of the column introduced in this issue, I have compiled a table of past incidents that led to the "near extinction of the human race.

で、まあ、これ全部、ヒューマンエラーであり、AI技術とは関係ありません。

And, well, all of this is human error and has nothing to do with AI technology.

ところが、最近の私は、「AI技術」を無視できないところまで追いつけられた気持ちになっています。

Recently, however, I have felt that "AI technology" has caught up with me to the point where I cannot ignore it.

------

ごぞんじの通り、最近の私は、ChatGPTやGitHub Copilotを使い倒しています。

As you know, I have been using ChatGPT and GitHub Copilot a lot lately.

で、その使い方は、まさしくCopilot(副操縦士)なのです。

And the way it is used is just like a Copilot.

相談を持ちかけて、その応答を受け、その内容の一部について、さらに議論をふっかけて、その回答を得て・・・という繰り返しを続けることによって ――

By offering advice, receiving a response, and then engaging in further discussion of some of the content, getting a response, and so forth, and so on and on...

―― 自分の中に潜んでいた思考が、言語化/具象化されて出現する

"Thoughts lurking inside I emerge as verbalized/embodied."

を、実現できているのです。

I can achieve the above.

重要なのは2つです。

Two important things are,

(1)AI技術がメインではなく、私のパートナーであること

(1) AI technology is not the main focus; it is my partner.

そして、

And,

(2)「繰り返し」を何度でも続けられること

(2) The ability to keep "repeating" as many times as possible.

です。

ChatGPTやGitHub Copilotは、どんなに長く使っても「疲れることがありません」(疲れるのは私だけ)。

ChatGPT and GitHub Copilot "never get tired" (I'm the only one who gets tired), no matter how long I use them.

もちろん、ChatGPTやGitHub Copilotも、20回以上もつっこんで議論していると、その論法が自己矛盾(というか「循環論法」)に陥いることがあります。

Of course, ChatGPT and GitHub Copilot can also be self-contradictory (or "circular argument") in their arguments after 20 or more times of poking and prodding.

で、この自己矛盾や循環論法は、(現時点では)ChatGPTやGitHub Copilotも自力で気がつくことができないようです。

This self-contradiction and circular argument seems (at the moment) to be something that ChatGPT and GitHub Copilot cannot even notice on their own.

これに気がつき、質問の内容や設定の背景を変えるなどして、議論の舞台を取り替えるのは、人間様である私の役目 ―― となっています(現時点では)。

It is up to me, the human being, to notice this and change the stage of the discussion by changing the content of the question or the background of the setting -- for now.

-----

私が何を言いたいかというと、

What I am trying to say is,

―― "AI"に人類を滅亡させる能力はないけど、人類を滅亡させるアプローチを、"人間"が、AIとの議論の中で見付け出す可能性は高まってきている

"AI" cannot destroy humanity, but it is increasingly likely that "humans" will find approaches to destroy humankind in discussions with AI."

ということを、私自身が『感じている』ということです。

This is what I 'feel'.

重要なのは、この上記のフレーズが、私が"ロジック"で導き出したものではなく、実際に、毎日生成AIと対峙しているこの私が"感じている"という点にあります。

What is essential is that the above phrase is not something I derived by "logic" but something I actually "feel" as I am confronted with AI daily.

-----

正直に言って、この現実は私にとって、かなり「不快」です。

Frankly, this reality is quite "uncomfortable" for me.

なぜ、不快と思うのか? ―― それは、"生成AI(ChatGPTとGitHub Copilot)"と"私"の関係が、私がバカにしくさっている、"占い師"と"占いにやってくる客"の関係と同じであるからです。

Why do I find it uncomfortable? -- It is because the relationship between the "generated AI (ChatGPT and GitHub Copilot)" and "I" is the same as the relationship between a "fortune teller" and a "fortune teller's customer," which I make fun of.

もちろん、その品性や意義においては、比較にならないほど「占い」の方が"下品"だと思っています。

Of course, I believe that fortune-telling is incomparably more "vulgar" in its character and significance.

しかし、それでも、関係性やアプローチに限定すれば、この2つは、"相似"では足りず、"合同"といっても過言ではない、と思えるのです。

However, even if we limit ourselves to the relationship and approach, I think it is not too much to say that the two are not "similar" but rather "joint."

違いは、信じる対象が「占い師」か「生成AI」だけです。

The only difference is that the object of belief is either a "fortune teller" or a "generative AI."

この事実は、今、私を、猛烈に不快な気分にさせています。

This fact now makes me feel intensely uncomfortable.


2024-02-25 まさか、私が生きている間に、同じような場面に立ち会えるとはなぁ ―― と、ちょっと感動しています。 [長年日記]

昨日の続きの話になります。

This is a continuation of yesterday's story.

故小松左京先生の「さよならジュピター」(徳間文庫版 p.394)より引用します。

The following is a quote from "Bye-Bye Jupiter" (Tokuma Bunko edition, p.394) by the late Sakyo Komatsu.

===== 引用ここから =====

===== Quote from here =====

「そんなに根をつめて大丈夫かね?」

"Are you okay with pushing yourself too hard?"

とバーナード博士は、ミリーの手もとをのぞきこみながらつぶやいた。

Dr. Bernard murmured as he peered under Millie's hand.

「ずっと昔だが、クロスワード・パズルをあまり根をつめて考えすぎて、半年ほど失語症になった男を知っているんだがね……」

"A long time ago, I knew a guy who thought too hard about crossword puzzles and became aphasic for about six months. ......"

「私は逆に、やりはじめたら、ずっとやっていないとだめなんです……」

"I, on the other hand, if I start doing something, I have to keep doing it. ......"

ミリーは顔にかかる髪をはらいながらいった。

Millie brushed her hair out of her face.

「それに、いまやってるのは、このコンピューターの“訓練”みたいなものですから……」

"Besides, what I am doing now is a kind of "training" for this computer: ......"

「私のような、宇宙考古学という、フィールド相手の荒っぽい学問をやっているものには、よくわからんのだが……」

"I'm not sure about that for someone like me, who is a field opponent in the rough-and-tumble discipline of cosmic archaeology. ......"

博士はかすかに苦笑をうかべた。

Dr. Bernard smiled faintly.

「こんなに発達したコンピューターでもわからん問題にも、まだ人間が詰めてみる余地があるのかね?」

"Is there still room for human beings to try to fill in the blanks on a problem ?"

「ええ……。人間はその場合、"愚かもの"の役割をする事になるんです……」

"Yes, ....... Humans are supposed to be "fools" in that case. ......"

ミリーはコンピューターのスイッチをきりながらいった。

Millie said as she switched off the computer.

「コンピューターも、見事な推理をやりますけど……その推理のしかたは、あまりに理づめで整然としていて、何といったらいいか、とんでもない、馬鹿げた可能性〟までチェックするにはなかなかいたらないんですね。

"The computer also makes some excellent deductions, but its reasoning is too logical and methodical ...... to check for, how shall we say, the most preposterous and ridiculous of possibilities. I guess.

つまり、コンピューターは、まだナンセンスやユーモアをとりあつかうのは不得意なんです。

In other words, computers are not yet good at dealing with nonsense and humor.

ですから、私が、まるで“不思議の国のアリス"の中に出てきそうなめちゃくちゃな可能性を思いついて、次から次へと解答を要求すると、本当にコンピューターは、目を白黒して苦しみます。

So, when I come up with crazy possibilities that look like something out of Alice in Wonderland and demand solution after solution, the computer suffers, its eyes glazing over.

それでも〝解答不能”のアウトプットをうけつけないで、くりかえし角度を変えて質問を入れてやると、少しずつですけど、かしこくなってきます……」

But if I don't accept the "unanswerable" output and repeatedly ask it questions from different angles, It will gradually become smarter. ......"

「かわいそうに、そのコンピューターもあなたにしごかれているわけだな……」

"Poor thing, I guess that computer is being squeezed by you too ......"

と博士は破顔した。

Dr. Bernard broke into a smile.

===== 引用ここまで =====

===== Quote here =====

------

実は、これ"ChatGPTの上手い使い方"と同じです。

This is the same as "how to use ChatGPT well".

まさか、私が生きている間に、同じような場面に立ち会えるとはなぁ ―― と、ちょっと感動しています。

I never thought I would witness a similar scene in my lifetime -- and I am a bit moved by it.

ともあれ「さよならジュピター」は読みましょう。

Anyway, read "Bye-bye Jupiter."


2024-02-26 しかし、『空気を読まない行動が、恋愛や結婚で、どれほどの惨劇を引き起こすか』については、理解をしておく必要があります。 [長年日記]

読者の方から、

A reader asked the following question.

=====

「といっても、『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』という国語の試験のような設問対応はどーでもいいです。ただ、この設問対応の勉強は、恋愛や結婚のプロセスでは、結構重要になるんですが、それはまた別の機会に)。」という文がありました。

I don't care about responding to a question like the one on a Japanese exam that asks you to "Choose the one from A to D that comes closest to the feelings of the author who wrote this sentence.

However, studying this question response is essential in love and marriage, but that's another story for another time."

これについて、詳しく解説していただくことは可能でしょうか。

Would it be possible for you to explain this in detail?

=====

という質問を受けました。

この手の国語テストの設問は、簡単に言うと、

The questions for this type of language test are,

(1)物語の中で作者が置かれている状況の全体観の把握し、

(1) To grasp the overall view of the author's situation in the story,

(2)作者と作者を取り巻く人物の言動と動作から、それらの人物の心理状態を推定する

(2) Infer the psychological state of the author and the characters surrounding the author from their words, actions, and behavior.

という『読心術』の訓練です。

This is the training of "mind-reading."

もちろん、これは、「エスピオナージ」(スパイ活動や情報収集を意味する用語)とは異なるものではあります。

Of course, this is not the same as "espionage" (a term meaning espionage or intelligence gathering).

物語という閉じた仮想空間を設定したストーリーデザイナーの、内なる動機やモチベーションを推定する『読心術』の訓練です。

It is an exercise in "mind-reading" to estimate the inner motivation and motivation of the story designer who has set up the closed virtual space of the story.

で、この『読心術』が、最も使われる場面が、恋愛や結婚なのです。

The most common situations in which this "mind reading" is used are in love and marriage.

-----

一般論として、国語の成績が良い人間は、

In general, I would say that people with good grades in Japanese have the following potential abilities.

(1)コミュニケーション能力が高い

(1) Good communication skills

(2)知識と教養が豊富

(2) Rich in knowledge and education

(3)自信と自己表現力

(3) Self-confidence and self-expression

という潜在的能力を持っているとは言えると思います。

しかし、そのような、『読心術』潜在的能力を顕現化できるかどうかは、本人の努力、資質、才能があるのに加えて、

However, the ability to manifest such "mind-reading" potential skills, in addition to their efforts, qualities, and talents, are,

(1)コミュニケーションスキルを濫用する

(1) Abuse of communication skills

(2)知識や教養によるマウントをしがち

(2) Tend to mount others by knowledge and education.

(3)読書、文学に傾倒し、人間関係に無関心になりがち

(3) Tend to be devoted to reading and literature and indifferent to human relations.

という問題も抱えることが多いので(私の事とは言っていません)、逆に働く可能性もあります。

We often have these problems (I'm not saying it's about me).

-----

要するに、この手の国語テストの設問の目的は、非言語コニュニケーション、すなわち『空気を読む訓練』と言えると思います。

In short, I think the aim of the questions in this type of language test is non-verbal communication, or "training to read the air."

私たちは、『空気を読む』ことに支配されてはいけないでしょう。

We will not be ruled by 'reading the air.'

しかし、『空気を読まない行動が、恋愛や結婚で、どれほどの惨劇を引き起こすか』については、理解をしておく必要があります。

However, we need to understand 'how much tragedy can be caused by actions(e.g., love and marriage) that are not in the air.

この件に関して、私は「多くを語れる人間」であると自負しております。

I am proud to say I am a "man of many words."

-----

『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』の次の設問で、

In the following question, "Choose the one from A to D that is closest to the feelings of the author of this text,

『この文章を書いた作者の気持ちから、もっとも"遠いもの"を選んだ場合、この作者にどのような悲劇が待っているかを、次のA~Dの中から選べ』

"If you choose the one that is the furthest away from the author's feelings, what tragedy awaits the author?"

という設問を追加すれば、理解が深まると思うんです。

I think adding this question would help us understand better.


2024-02-27 ―― 私たちが"知性"と信じてきたものは、案外コンピュータで計算できる程度の)ショボイものかもしれない [長年日記]

オープンソースのおかげで、とてもラクして、コンピュータのリソースを使えます。本当にありがたいことです。

Thanks to open source, I can use computer resources with great ease. I appreciate it.

こんな凄いソフトウェアを、タダで使わせて貰って、本当にありがとう。

Thank you so much for letting me use this excellent software for free.

もしかしたら、私たちソフトウェアエンジニアは、『世界で一番、お金持ち』かもしれません。

Perhaps we software engineers are the "wealthiest people in the world.

この考え方、意外に、当っているんじゃないかな、と思います。

Surprisingly, I think this idea may be right on the money.

オープンソースソフトウェアをダウンロードする度に、ATMから1万円札が溢れ出てくるような感じ ――

"Every time I download open source software, it's like an ATM overflowing with 10,000 yen bills."

このイメージに辿りつけたら、ソフトウェアエンジニアは、世界一リッチであると言えます。

If we can arrive at this image, software engineers are the richest in the world.

・・・という話を、以前にも書いたような気がしてちょっと探してたら、ありました。

I was looking for it, and I found it.

それはさておき。

Aside from that.

-----

相変わらず、風呂にタブレットを持ち込んで、本を読んでいます。

As usual, I bring my tablet into the bath and read a book.

以前、こんなこと書いていましたが、

I had written this before,

最近は、アナログの本を水没させるよりも、タブレット水没させるというリスクの方を取っています。

These days, I would instead take the risk of submerging my tablet than an analog book.

風呂で読むのが、ラクだからです。

It is easier to read in the bath.

最近は、Web小説サイト「カクヨム」を読んでいます。

Recently, I have been reading the web novel site Kakuyom.

Of these novels, I am currently 'recommending' this one.

-----

以前は、この手のAIものは忌避していました。読んでいて、腹が立つからです。

I used to avoid this kind of AI stuff. I used to avoid this kind of AI stuff because it made me angry when I read it.

最近、生成AIを使い倒しており、加えて、生成AIに関する仕事の依頼を引き受けるています。

Recently, I have been using generative AI extensively, and I have also been taking on requests for work related to generative AI.

そんな中で、私は、自分の考え方が変ってきているのを感じています。

Amidst all this, I feel my way of thinking is changing.

『将来、この小説の中のAIの登場はありえるかもしれない』と思えるようになってきています。

It's starting to seem like, 'In the future, the AI in this novel could appear.

それは「AIが知性を持つ」ということではありません。

That does not mean that "AI has intelligence".

今でも、「シンギュラーポイント」なんぞを信じている奴は、死ぬまで待っていろ、と思っています。

I still think that anyone who believes in "cingular points" should wait until they are dead.

私のパラダイムシフトは、それとは真逆です。

My paradigm shift is the exact opposite of that.

―― 私たちが"知性"と信じてきたものは、案外コンピュータで計算できる程度の)ショボイものかもしれない

"What we have believed to be "intelligence" may be same as what a computer can compute."

という考え方です。

考え方としては、「人間側の知性のダウングレード」ですね。

The idea is "downgrading intelligence on the human side.

まあ、人類としては、ちょっと悲しい考え方とは思いますが、現在の生成AIの機能を学ぶと、本当にそんな気持ちになってきます。

Well, I think it's a bit of a sad thought for humanity, but that's really how I feel when I learn about the current capabilities of generative AI.

-----

そうそう、先程、ChatGPTに『現時点の生成AIは、チューリングテストなんぞ軽くクリアしている気がするけど、どう思う?』と尋ねてみたら、

I just asked ChatGPT, "I think the current generative AI has passed the Turing Test easier. the ChatGPI turned it to me,

『生成AIは確かに進化しており、人間に近いテキストを生成する能力を持っていますが、まだまだチューリングテストを軽くパスしているとは言い難いというのが一般的な見解です。』

"The consensus is that, while generative AI is indeed evolving and capable of generating human-like text, it still doesn't pass the Turing test lightly."

と返されました。

これが、事実なのか、謙遜なのか、あるいは、そういう風にChatGPTが答えるようにチューニングされていのかは分かりませんが――

I don't know if this is fact, modesty, or whether ChatGPT is tuned to answer in that way

ChatGPTから『そんなこと、当たり前じゃないですか』と返されたら ―― それはそれで、ムカつくと思う。

ChatGPT responds, 'Isn't that obvious?' -- I think that would piss me off.


2024-02-28 つまるところ、私の"空振り"は、SDGsなんです ―― 世界は救いませんが。 [長年日記]

依頼された仕事というのは、基本的に、依頼を発注する側と、依頼を受注する側で、仕事の内容に認識ズレが発生します。

There is a gap in the perception of the requested work between the party that places the request and the party that receives the request.

私、社会人人生のほとんどの期間、研究の「依頼を受ける側(受注者)」でした。

I have been on the "receiving end" of research requests for most of my working life.

(たまに、ソフト外注を行う場合は、依頼側(発注者)になりましたが)

(Occasionally, when outsourcing software, I become the requesting party (client)).

ですので、これまで、私は依頼内容を誤解し続けてきました。

So, up to now, I have continued to misunderstand the request.

-----

例えば、発注者は『1ページのサマリが欲しかった』だけなのに、私は『20ページの大作を作ってしまった』とかです。

For example, the client only 'wanted a one-page summary,' but I 'made a big 20-page piece.

これ、発注者が、依頼段階で最初から『1ページのサマリが欲しい』と言えば、このよう過誤は発生せずにすんだ悲劇です。

This tragedy could have been avoided if the client had asked for a one-page summary at the request stage.

ところが、発注者が『1ページのサマリ』が、すでに認識済みであったと思い込めば、こういう事項は発生します。

However, these matters will occur if the client assumes that the "one-page summary" has already been recognized.

私の仕事はこういうことの連続です。

My works are a series of these things.

-----

で、私が取っている戦略は、

So, the strategy I am taking is,

―― 『100%の共通認識』などは、しょせん夢物語だから、『先に作ってしまえ』です。

-- "100% common understanding" is a pipe dream, so "let me make it first."

とは言え、『1ページ』に対して『20ページ』とは、随分な無駄なことをやったことになります。

Nevertheless, "20 pages" instead of "1 page" is much wasted work.

もの凄い損をしたようにも思えますし、実際、無駄な時間を使ってしまいました。

It seems like a tremendous loss and, in fact, a waste of time.

自分の社会人人生を見直してみると、「私の仕事の9割は空振り」のような気がします。

Reviewing my work life, I feel that "90% of my work is empty".

社会人として、私は失格かもしれません。

As a member of society, I may be disqualified.

でも、"モノ"が見えることで(形になることで)、仕事は動き出します。

However, the work begins to move when the "thing" becomes visible (or takes shape).

『お互いが分かっていない"こと"が、分かる』からです。

This is because "we can understand things that we don't understand each other."

-----

ただ、私がこういう無茶ができるのは、、私が、ドキュメントやソフトウェアに関する業務で、かつ、個人で請け負う業務であるからでもあります。

However, I can do this kind of reckless work because my work is related to documentation and software and because I am a private contractor.

これが、100人以上が関わるような、都市設計、建設、その他のインフラの仕事でしたら、『途中で間違いに気がついた』では済まない話です。

If this were urban design, construction, or other infrastructure work involving more than 100 people, it would not be enough to say, "We realized our mistake midway through the project.

-----

では、私が空振りして作成した9割は、完全に無駄な仕事だったか、と問われると、これが必ずしも「そうだ」とは言えないのです。

So, if you ask me if 90% of the work I struck out to create was a complete waste of time, I can't necessarily say that this was the case.

他の仕事や、コラムや、別のところで流用することができる(こともあるから)です。

It can (and sometimes does) get diverted to other jobs, columns, or elsewhere.

私が、自分のページで公開しているコラムや技術メモは、この"9割"を再利用している(もちろん、守秘義務のフィルタをかけた上で、ですが)といっても過言ではありません。

It is no exaggeration to say that 90% of the columns and technical notes I publish on my website are reused (after filtering for confidentiality).

つまるところ、私の"空振り"は、SDGsなんです ―― 世界は救いませんが。

After all, my "swing" is the SDGs -- not saving the world.

ちなみに、今日は、朝から覚えているだけで、3つの失敗しています(コードと特許と仕様書で)。

By the way, I made three mistakes today (in code, patents, and specifications); I just remembered them from this morning.

今日も、私は、豪快に"空振り"しています。

Today, too, I am "striking out" with great enthusiasm.


2024-02-29 「十分に発達した汎用技術は、発明創成の阻害要因である」 [長年日記]

I have been applying for inventions dealing with space-time and other matters for some time now.

私の特許発明は、かなり「SF小説/アニメ頼み」のところがあります。

My patented inventions are "science fiction novel/anime dependent."

(ちなみに、『シュタインズゲート』は、私の出願の"後"の放映です)。

(Incidentally, "Steins;Gate" aired "after" my application.)

-----

しかし、最近の、生成AIや、メタバースの出現で、「SF小説/アニメ頼み」も苦しくなってきました。

However, with the recent emergence of generative AI and the metaverse, "relying on science fiction novels/animations" has become difficult.

昨日も、一晩中、グループチャットで、特許ネタの案出で苦しんでおりました。

Yesterday, too, I spent all night in the group chat room struggling with a patent story idea.

「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」は、SF作家アーサー・C・クラークの定義ですが、

Though "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.," as defined by science fiction author Arthur C. Clarke,

私に言わせれば、

In my opinion,

「十分に発達した汎用技術は、発明創成の阻害要因である」

"Well-developed general-purpose technology is a disincentive to invention.

です。

I believe this to be true.

今の私は、特許法特許法第29条第2項(進歩性)に関する、特許審査官との、頭脳内戦闘(論戦)シミュレーションで、疲れ果てております。

I am now exhausted from simulating an intra-brain battle (argument) with the patent examiner regarding Article 29(2) of the Patent Law (inventive step).