0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|

2013-02-05 アイドルが狙うべき市場

HDDレコーダに録画していた、テレビ朝日の「ミュージックステーション」を見ています。

あまり、歌番組も好きでないのですが、「夕食を食べながらの『ドラマ』だけは勘弁してくれ」という私の切望の妥協です。

バレンタインデーに勇気を貰う歌、というテーマで構成されていました。

「バレンタインデーに女性から男性に告白ができる」ということは、勿論、義務的なものである訳でもなく、それに意味を求めるのは愚行です。

いわば、なぜ「1月1日を元旦にしなければならないか」というくらい、意味がありません。

2月14日にがんばりたい方は、是非がんばって下さい。

-----

アイドルグループや歌手は、「バレンタインデー」なんかの歌を歌っている場合ではない、と思うのですよ。

現在の日本の人口比率を考えれば、マーケティングのマスを考えれば、狙うべき世代は、若者ではなく、中年・高齢者でしょう。

江端:「数少ない若者が、数すくない若者向けにメッセージを出してどうするんだ。もっと、高齢者を狙わなければ」

嫁さん:「どんな?」

例えば、

■UZA → UZA to ホームペルパー

■Life is SHOW TIME → Life is SLOW TIME

■Go to the top → Go to the 要介護認定

くらいの曲で、元気づけて欲しいんだよね。


2014-02-05 私にシェイクスピアの戯曲を原文で読ませるより、無茶な話なのです。

先日も夜遅く帰宅したところ、いきなり娘から質問されました。

The other day, when I went back home, my first daughter asked me a question.

長女:「パパ。どう?」

"How goes it, Papa?”

私:「何が?」

"What?"

長女:「だから、パパ。どうよ?」

"So how goes it with you, Papa"

私:「だから、何がよ?」

"So, what are you telling me?"

長女:「分からないの?」

"Do you really understand?”

ここで「分からない」というのは簡単ですが、何か悔しいです。負けたような気がします。

Though it is easy to say "I don't know", it was shame and I felt losing a game.

―― 何だろう。何かなのだろうけど。

"What is that? I know something for what"

全く分からないので、「うん、まあまあだ」と適当なことを応えていました。

Ad hoc, I answered "It is so-so."

長女:「判っていないでしょう」

"You don't understand don't you?"

私:「・・・」

"...."

長女:「まつげのメイクしてみたんだよ。可愛いでしょう?」

"I am trying to fix lash make-up. Am I Cute?"

-----

ああ、嫁さんが、そんな話をしていたのを思い出しました。なんでもお年玉で、化粧品を買ったとか。

Umm... I remember that my wife told me the story that she bought some cosmetics at her New Year's monetary gift for the first time.

化粧というのは、自分を美しく装おうという目的がありますが、多くの女性の場合「化粧すること自体が、娯楽である」ということも知っています。

I know deeply that the purpose of makeup is not only to make them beauty but also to be an entertainment for them.

ですので、そのことについては、私には語るべきコメントが何もありません。

So I had no special comments for her makeup.

そもそも、化粧という行為に関する感想を私に求めることは、私にシェイクスピアの戯曲を原文で読ませるより、無茶な話なのです。

Above all, it should not be suitable for me to give her my impression about cosmetics. Reading Shakespearian drama is easier than that for me.

-----

私:「うむ。勿論判っている。可愛い。目も眩むほど可愛い。史上最高にして、空前絶後、比類なき可愛さである」

"I know. You are so cute and beautiful beyond description. Pretty all-time, first and probably the last. It is unparalleled."

長女:「・・・」

"....."

私:「さすがは、私の遺伝子!」

"My gene is great!"

-----

なんか怒っていたなぁ。

She seemed to be angry with me.

よく分からない年頃ですね。

In an unrealizable age, she is.


2015-02-05 ―― だから、4月入学なんぞ、とっとと止めてしまえ、と。

明日、2/6日は、関東地方でも大雪が予想されています。

Tomorrow, the 6th February, a heavy snow is going to hit the Kanto-area.

「明日、どうかなぁ」と思って、私立中学の受験を調べてみたら、

I tried to check the web site, thinking "How about tomorrow's entrance exam for junior school children"

あるわ、あるわ、山のように出てきました。

The pile of school is coming on the web site.

今、受験生や保護者は、どんなに不安な思いだろうかと思うと、何もアシストできない自分がもどかしいです。

Thinking of student preparing for an exam and their guardians, and their uneasy feeling, irritate me.

―― だから、4月入学なんぞ、とっとと止めてしまえ、と。

"Why can't we stop the April school entrance system in Japan?"

雪で交通インフラはズタボロになるは、インフルエンザは流行るは、何一つ良いことがない、我が国慣例の「冬の受験」。

There is no merit of our traditional exam in winter season, because of traffic infrastructure accident by heavy snow, and influenza epidemics.

心底、アホじゃないかと思う。

I really think "How foolish we are!"

『冬を耐えて春の桜の満開の中での入学式』という幻想を実現する為の、損害コストをちゃんと算出してみればいい。

In order to realize the illusion of "After enduring cold winter, reaching the entrance ceremony under Cherry blossoms in full bloom”, we should calculate the cost of the damage.

―― いや、いい。これは私が「数字を回してやる」

"It is O.K. I will do it with the numbers"

と、雪の空を睨みながら、冬の受験の怨嗟の想い果てしなく、です。

I am staring at the sky, and my grudge feeling toward the winter’s entrance examination becomes endless.


2016-02-05 つまるところ、この文章は、―― 自己批判なのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「家事や育児に『参加』する」などと言う気持ちを持っているなら、結婚なんぞ、止めた方が良いです。

Even if you are a man and have a feeling of the "JOIN", I hope I put forward a suggestion of abandon of marriage.

「愛」で発動する(ことが多い)結婚は、その大部分は「家事」と「育児」という、(現時点では)あなたの会社やキャリアにおいては、1mmたりとも評価して貰えないタスクで構成されています。

I agree that marriage is likely to be started by love, however, most of the marriage is composed of many tasks that are not evaluated by your company and carrier at all (at the present).

しかも、家事や育児を「楽しい」と思えるか「苦しい」と感じるかは、結局のところ「運」です(本人の努力以外の部分が大きと思う)。

It is said that "Marriage is a lottery". Whether you can feel easy or difficult about "household chores" and "child care" depends on your own fortune.

So single is the best strategy for your life.

-----

とまあ、「受験生を連れてくる父親」を見て、ここまで深く考え込む必要はないとも思うのですが、

In face, I think I don't have to think of this issue deeply, only I watch the father who take their child at exam venue.

つまるところ、この文章は、

The purpose of this essay is my self-criticism about

「(無意識下であれ)家事や育児に『参加』の意識を持って来た」この私の、

I have had my will to "join" for "household chores" and "child care" unconsciously.

―― 自己批判なのです。


2017-02-05 この世界線を「シュタインズゲート」と名付けることができなかった

最近、仕事で(も)、シミュレータを作っています。

Nowaday, I also make a simulator for my work.

このシミュレータでは、現在から予想される未来に行き、

This simulator lets me go to a calculated future,

さらに、そこから再度、現在に戻って、再度、別の未来にいくという予測シミュレーションを3回繰り返します。

and go back to the present, and go to another calculated future again. Totally the simulator go over them three time.

私は、この3つの時間軸を、それぞれ、「アルファ世界線」「ベータ世界線」「ガンマ世界線」と、名付けました(本当)。

I have named these three time-axis, "alpha world line", "beta world line" and "gamma world line".

で、その3つの未来から、真に選択する世界を ―― 「実世界線」としました。

And I have named the real time-axis selected by these three world lines, "real world line".

この世界線を「シュタインズゲート」と名付けることができなかったあたり

I am afraid that I am a coward,

まだまだ、私は「未熟」なのでしょう。

because I could name the world line "Steins;Gate"

(*)ところで「世界線」というのは、某アニメによって使われ出したものではなく、素粒子の軌道を表現する概念で、量子物理学では普通に使われている用語です。


2018-02-05 今年のインフルB型は、『ちゃらい感じの好青年/ノリの良い可愛い美女』を装って、あなたを襲います。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、このインフルエンザの恐しさは、「酷い苦痛もなく、疲労を感じながらも、1週間くらい放置しておけば、自然と自己治癒してしまうこともある」ということです。

To tell you the truth, a real fear of the influenza is that "you can heal naturally about for a week, even if you feel pain and fatigue.

そういう人(私を含む)は、B型を撒き散らす「張本人」となる訳です。

Those people (including me) will be a distributor of the "influenza type B"

-----

嫁さんと次女に聞いた話なのですが、

I heard some stories from my wife and daughter.

●「無自覚なB型インフル」に罹患した教師によって、その教室の第1列目の生徒が全員病欠となった

- The students of the first line of desks in a class, came to be off sick, by a teacher who was a source of the disease.

●インフルによる授業の進行を心配して、毎日無理をしていた数人の教師によって、学校全体が休校に追い込まれた

- Teachers who were worry about the delay of program, tried to attend the class, and the school was pushed into "temporary closing of school".

そうです。

今年のインフル(B型)に関しては、十分に信用できる話だと思っています。

According to "influenza type B" of this year, I think that the above stories is believable.

-----

今年のインフルB型は、『ちゃらい感じの好青年/ノリの良い可愛い美女』を装って、あなたを襲います。

This "influenza type B" is approaching you, acting "playboys" or "playgirls".

ゆめゆめ騙されないようにして下さい。

You should be wary of deception.


2019-02-05 ―― 世の中の多くの人が共有できる観念を、私だけが理解できていない

先日、人気歌手のグループの解散が、ニュースになりました。

Last week, the news of disbandment of popular singer group was broadcasting.

国内のニュースのみならず、海外のメディアにまで登場し、内閣官房長官がコメントを発表する、という現象が発生しております。

The news has spred out from dometic medias to international ones. In addition, the Chief Cabinet Secretary of Japan reffered to this topic.

私は、この現象を理解できず困惑しています。

However, for me, I am in trouble that I could not understand this atmosphere at all.

これは、ささいなことのようにも思えますが、

You might think that this is just a trivia, but I think that this is an evidence that

―― 世の中の多くの人が共有できる観念を、私だけが理解できていない

I cannot understand a topic that many people can understand each other.

ということの証拠だと思っています。

-----

「そのグループの乗った飛行機が墜落した」とか、「メンバが逮捕された」とかなら、ニュースソースとして、意味があるだろうと思えます。

I could think that the news had some degree of positive significance, for example, "the plain the group member boared, crash into flames" or "one of the member was arrested".

あるいは、もう少し譲って「グループが、本日、突然、解散した」というのであれば、その「驚き」という観点で、ギリギリ理解できなくもないかもしれません。

Otherwise, I could be suprised to hear that "the group was unbanded at that day immidately"

しかし、そのグループの解散は1年以上も先のことのようで、内政、外交、経済、(多分、文化も)、いずれにも影響はなさそうです。

However, the disbandment will be in one year time, and there seemes to be no impact of domestic policy, diplomacy, economy (and culture, too).

-----

この問題は、私のポリシーである

I am afraid that this problem is absolutely different from my policy

"we should understand what we cannot understand each other"

とは、完全に一線を画していると思うのです。

上手く表現できないのですが、敢えていうのであれば、

Let me say, however it might be difficult for me to explain it,

『分かりあうべきことなのかどうかすら、分からない』

"I don't understand whether we should understand each other"

という感じなのです。

(続く)

(To be continued)


2020-02-05 ―― 歪(いびつ)に感じますし、正直「怖い」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

が、それでも、いわゆる「地下アイドル」という、経済則や市場原理を無視した、ビジネスモデルを理解するには、このコンテンツは秀逸(?)とは思います。

In order to understand the business model that ignores economic rules and market principles, the so-called "underground idol", I think this content is excellent (?).

しかし、いわゆる「推し」という、アイドルグループの中の自分の気にいった一人を支える為に、何万円から何十万円も支払って、同じ内容のCDを、100枚も購入するというビジネスモデルは、

However, in order to support one's favorite in the idol group, so-called "push", the business model of paying from tens of thousands to hundreds of thousands of yen to purchase more than 100 CDs of the same content.

―― 歪(いびつ)に感じますし、正直「怖い」

―― I feel distorted and honestly "scary"

-----

しかし、これと同じことをやっている人、結構多いと思うのです。

But I think there are quite a few people doing the same thing.

例えば、今の時期だと、

For example, at this season,

「私立中学を受験する小学生と、その保護者」

"Elementary school students taking private junior high school and their parents"

です。

■「小学生の受験生」を「推し」、

"Examinees" of "elementary school students" and "pusher"

■「保護者」を「オタ(おたく)」、

"The parents" and "the otaku"

■「同じ内容のCDを100枚購入」を「学習塾への支払い」

"Purchase 100 CDs of the same content" and "Payment to study school"

■「武道館」を「入試合格」

"Budokan" and "Passing the entrance examination"

と置き換えれば、概ね同じ構造になっていると言えます。

These have almost the same structure.

「概ね」ですよ、「概ね」。

"It's almost. almost"

-----

『人生、狂った者の勝ち』をモットーとしている私としては、

As my motto, "the mad persons win in their life".

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の側の人間は、

A person of "I will die if the recommending member comes to Budokan" is a winner,

「狂うものを持たない」人間より、

than a person who has "nothing to go crazy"

「勝ち組」だ、と思っています。


2021-02-05 このコラムを読んで頂いた読者の方から、「尊厳死宣言公正証書」を実際に作成されたとのメールを頂きました。

以前、

Previously, I wrote a column whose title is

Let me see! Raspberry Pi - "Visualize" your parents in numerical form.

というコラムを記載しました。

このコラムを読んで頂いた読者の方から、「尊厳死宣言公正証書」を実際に作成されたとのメールを頂きました。

I received an email from a reader of this column who said that he had actually prepared a "Notarized Declaration of Death with Dignity.

-----

このメールは、多くの人にとって大変価値のあるメールであると考え、私は、全文公開をお願いして、ご許諾を頂けました。

I thought this email would be of great value to many people, so I asked for and received permission to publish it in full.

以下に、転載致します。

It is reprinted below.

===== ここから =====

===== from here =====

江端 智一 様

Mr. Tomoichi Ebata

リタイアした*****系の元研究者/エンジニアのChaosと申します。

I'm Chaos, a retired *****-based former researcher/engineer.

いつも、連載を楽しく拝読させていただいております。

I always enjoy reading your series of columns.

持病があって、尊厳死宣言をそろそろ作成しておこうかと思っていたら、COVID-19のパンデミックになって、慌てて公正証書を作りました。

I had a chronic illness and come to create a Death with Dignity Declaration, but then the COVID-19 pandemic hit us and I panicked and notarized the document.

ついでに、遺言、財産管理契約、任意後見人契約、遺言で規定できない死後の本人の希望(葬儀不要、海洋散骨)等も、公正証書にしました(これで準備万端)。

In addition, I notarized the will, property management contract, voluntary guardianship contract, and the person's wishes after death that cannot be stipulated in the will (no funeral, scattering of bones at sea).

江端様の連載が大変参考になりました。ありがとうございました。

I found Mr. Ebata's series of articles very helpful. Thank you very much.

-----

尊厳死宣言というよりはDNR(*)宣言寄りにしました。

Rather than a declaration of death with dignity, it was more like a DNR declaration.

(*)DNR:蘇生処置拒否

(*)DNR: Denial of resuscitation

最大の恐怖は、無駄に長く寝たきりになることと、認知症になることです。

My biggest fear is that I will be bedridden for an unnecessary length of time and that I will develop dementia.

私も調べたのですが、合法的に延命治療を拒否するには、公正証書を残すくらいしか手がありません。

I also did some research and the only way to legally refuse life-prolonging treatment is to leave a notarized letter.

原本は公証人役場に、一部は弁護士に、謄本は本人が保管しています。

The original is kept at the notary public's office, some are kept by the lawyer, and the certified copy is kept by the person himself.

公証人は有料ですが、自宅まで出張してくれます。

Notaries are available for a fee, but they will travel to your home.

原案をメールでやり取りして修正して、自宅で手続きしました。

I emailed the draft back and forth, revised it, and processed it at home.

ワープロで書類が作成できるので助かりました。

I was able to use a word processor to create documents, which was helpful.

-----

COVID-19を罹患すると、人工呼吸器もECMOも無駄なので、以下の方針で作成しました。

Since both ventilators and ECMO are useless if I have COVID-19, I made the following policy.

■無駄な延命治療はするな、医療リソースの無駄づかいはするな

- Don't use unnecessary life-prolonging treatment. Don't waste medical resources.

■楽に死なせろ。緩和ケアを優先

- Let me die comfortably. Prioritize palliative care.

■自由に動ける時間を最大化、入院してから死ぬまでの時間を最短化(トータルの寿命は縮んでもよい)

- Maximize the time I can move freely and minimize the time from hospitalization to death (even if my total life span may be shortened).

■担当医が医療過誤で訴追されないように、ブドウ糖点滴と酸素吸入程度は許可

- To prevent the doctor in charge from being prosecuted for medical malpractice, he was allowed to administer IV glucose and oxygen.

■癌が見つかっても手術禁止(手術で寝ている時間がもったいない)

- Prohibit surgery even if cancer is found (time spent sleeping in surgery is wasted)

■具体的に、拒否する治療法を明記(気管挿管/切開等、中心静脈栄養点滴、透析、胃瘻)

- Specify the treatment to be refused (e.g., tracheal intubation/incision, central venous drip feeding, dialysis, gastrostomy).

喫煙が原因のCOPD(*)なので、非可逆的に進行するのです。

I have COPD caused by smoking, and it progresses irreversibly.

(*)慢性閉塞性肺疾患

(*)Chronic Obstructive Pulmonary Disease

酸素濃縮器で在宅酸素療法を受けています。

I am receiving home oxygen therapy with an oxygen concentrator.

介護保険は、ヘルパーさんからの感染リスクがあるので、ぎりぎりまで使わないつもりです。

I'm not going to use the nursing care insurance until the very last minute because of the risk of infection from the helpers.

外出は危険なので、人間ドックも健診も受けるのをやめました。

It was dangerous to go out, so I stopped taking physical examinations and medical checkups.

-----

角川のラノベサイトkakuyomu.jpで、某匿名というペンネームで「感染症情報の探し方入門」というコラムを投稿連載しています。

I've been posting and serializing a column called "Introduction to Finding Information on Infectious Diseases" under the pseudonym of a certain Anonymous on Kadokawa's novel site, kakuyomu.jp.

お時間がありましたら、御笑覧ください。

If you have time, please have a look.

数理疫学モデルSIRを数値計算で解いてみました(Mapleと8コアのXeonマシン+64GbyteECCメモリを持っています)。8割おじさん(西浦先生)の主張は、正しかったと思います。

I solved the mathematical epidemiology model SIR numerically (I have Maple and an 8-core Xeon machine + 64 Gbyte ECC memory). I think that 80% of Uncle (Dr. Nishiura)'s claims were correct.

もし、PCR検査の強化は感染拡大を抑制できるかという問題の考察が連載で拝読できればと思います。

I hope to read about it in your series of column on the theme of "Can enhanced PCR testing control the spread of infection?"

私は、PCR検査強化、検出隔離推奨派です。

I recommend enhanced PCR testing and detection isolation.

SIRでは、無症状感染者を積極的に検出/隔離すればRt < 1 に向かうはず。

According to the SIR, active detection/isolation of asymptomatic infected patients should lead to Rt < 1.

-----

立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒さが続きます。

Although the first day of spring has passed, it is still very cold.

コロナ禍の中、くれぐれもご自愛のほど、お祈り申し上げます。

I pray that you will take care of yourself in the midst of the Corona disaster.

さらなる、ご活躍を楽しみにしています。

I am looking forward to your further works.

--

インターネット老人会会員 Chaos 拝

Sincerely yours

Chaos, as Internet Seniors Association Member

===== ここまで =====

===== to here =====


2022-02-05 ―― 『漢字はググればいい。計算は電卓使う。学校で勉強する必要がない』の仮説は棄却された("失敗した")

I was once researching lessons for my children.

家族にもインタビューをしていたのですが、家族が全員一致の意見は

I was also interviewing family members, and their unanimous opinion was

『最高の習い事は"そろばん"であった』

"The best lesson I ever learned was the 'abacus'"

ということでした。

As I wrote here, the purpose of an abacus class is to "create a calculator in your mind" -- and the only input is "visual".

数字を見ただけで、計算結果が思い浮かぶのですから、ラクできます。

Just by looking at the numbers, the results of the calculations come to mind, so it's easy.

つまり、「問題の解き方」だけに脳を使える、と。

In other words, you can use your brain only for "how to solve the problem".

と、書きながら、これって、

As I was writing, I realized,

"Isn't this the same thing that the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology is promoting, 'programming-free, programming-oriented education'?"

と気がつきました。

言うまでもないことですが、数学の目的は「計算」ではありませんし「公式の暗記」でもありません。

Needless to say, the purpose of mathematics is not to calculate, nor is it to memorize formulas.

『数学的/数理的思考』です(*)。

It is "mathematical/mathematical thinking"(*).

(*)その代表的なものが「フェルミ推定」です。

(*) A typical example of this is "Fermi Estimation".

その思考を行う場合、その前提となる「計算」プロセスの『手抜き』『チート』『ズル』を実現するものが「そろばん」なのですが ――

When you think about it, the abacus allows you to "slip through the cracks" and "cheat" in the "calculation" process

どうも、その辺りのことがよく知られててないようで、勿体ない気がします。

I think it's a shame that people don't know much about that.

-----

For a while, a boy claimed "I can use Google to know the meaning of kanji", "I'll use a calculator", and "There is no need to study at school". Then the boy's post/video went viral.

私、これについては、調べていませんので、コメントしません。

I have not researched this, so I will not comment on it.

ただ、これは、自らを被験者とした社会実験だと思いますので、その結果を静観したいと思います。

However, I think this is a social experiment with himself as the subject, so I would like to wait and see the results.

ただ、問題は、この仮説『漢字はググればいい。計算は電卓使う。学校で勉強する必要がない』に対する検証を、どのように評価するかです。

However, the problem is how to estimate this hypothesis: "I can use Google to know the meaning of kanji", "I'll use a calculator", and "There is no need to study at school".

-----

基本的には、

Basically.

(1)社会的に成功した(実業家、政治家?)

(1) Socially successful (businessman, politician?)

(2)金銭的に成功した(他の人よりも裕福な生活ができている)

(2) Financially successful (Wealthier than others)

(3)上記(1)には及ばないものの、いわゆる学校教育を受けた人間と変わらない社会生活を送れている(イーブンであった)

(3) Although not as good as (1) and (2) above, possibility to lead a social life similar to that of so-called school-educated people (even).

(4)上記(1)~(3)以外

(4) Other than (1) to (3) above

に分類できるかと思います。

I think they can be classified into these four categories.

------

上記(1)~(3)は、これからもメディアで報告され続けると思いますので、簡単に検証結果を知ることができると思います。

I believe that the above (1) to (3) will continue to be reported in the media so that we can know the results of the verification easily.

一方、上記(4)の場合は、仮説検証は棄却、すななわち『失敗』ということになりますが、失敗結果を、自ら報告する人間なんて、ほとんどいません。

On the other hand, in the case of (4) above, the hypothesis test would be rejected, or in other words, "failed," but I am afraid that there are very few people who would report the results of failure themselves.

ですから、もし、その彼のコンテンツが、世間に登場してこなくなって、十分な時間が経過した場合、私は、

So, if that content of his opinions is no longer in the public eye, and enough time has passed, I will result

―― 『漢字はググればいい。計算は電卓使う。学校で勉強する必要がない』の仮説は棄却された("失敗した")

"His hypothesis of "I can use Google to know the meaning of kanji", "I'll use a calculator", and "There is no need to study at school" was rejected ("failed")"

と判断します。

-----

私の上記の「そろばん最強説」に因れば、『計算は電卓使う』という彼の仮説は成立しないはずです。

Based on my above "Abacus is the strongest", his hypothesis that "you can use a calculator for calculation" should not be valid.

ですから、彼の仮説と私の仮説は相反していると言えます。

Therefore, his hypothesis and my hypothesis are in conflict.

しかし、私としては、どのような結果となっても構いません。

But as for me, I don't care what the outcome is.

『漢字はググればいい。計算は電卓使う。学校で勉強する必要がない』の仮説が成立すれば、これは、現行の学校教育の根幹を揺がる大事件になるはずです。

"His hypothesis of "I can use Google to know the meaning of kanji", "I'll use a calculator", and "There is no need to study at school" will be successful, this should be a major event that will shake the very foundations of the current school education system.

そして、この実験に参加する子どもが多ければ多いほど、データ数が多くなり、その客観性は高まります。

And the more children who participate in this experiment, the more data there will be and the more objective it will be.

是非とも、『学校不要論』を立証する為に、がんばって下さい。

By all means, please do your best to prove the "no school necessary" theory.

-----

ちなみに、江端家の2人の子どもは大学の入学(と卒業)を終えており、被験者としての参加予定はありません。

Incidentally, the two children of the Ebata family have already enrolled (and graduated) from college and are not scheduled to participate as test subjects.

つまり、この社会実験が成功しても失敗しても、私には不利益はありません。

In other words, whether this social experiment succeeds or fails, I will not be disadvantaged.

つまり、

In short, it is

『高みの見物』

"Watching from on high."

です。

ぶっちゃけ、この仮説がどっちに転ぼうとも、私にとっては、本当にどーでもいいんです。

To be honest, it really doesn't matter to me which way this hypothesis turns out.


2023-02-05 『上司がバカだから・・・』と同僚に愚痴を言いながら酒を飲む時間で、『アンダー・ザ・テーブル』は実施できます。

As noted above, it is very difficult to implement an idea if you have a different idea than your own boss.

なぜなら、会社という組織は、上意下達の命令形態を持っているからです。

This is because the company organization has a superordinate form of command.

まっとうなアプローチは『上司を説得する』ですが、これが成功するケースは稀で、成功したとしても、そのコスト(時間や労力)は、膨大です。

The proper approach is to "persuade the boss," but this rarely succeeds, and even if it does, the cost (time and effort) becomes enormous.

だから、私は『アンダー・ザ・テーブル(*)』を実施しています。

That is why I am implementing "Under the Table(*)".

(*)よく使われるのは「賄賂(わいろ)」ですが、ここでは「こっそりと」という意味になります。

(*) The most commonly used word is "bribe," but here it means "in secret".

いわゆる、「深夜研究員」または「週末研究員」です。

So-called "late-night researchers" or "weekend researchers.

私は組織に属する人間ですが、深夜や週末は、組織とは関係のない個人です(と、思っています)。

I am a member of an organization, but late at night and on weekends, I am an individual who has nothing to do with the organization (or so I think).

日常の私は、テレビで、映画や野球やサッカーやドラマなど見ませんし、週末はもちろん、長期休暇のほとんどは『アンダー・ザ・テーブル』に費しています。

In my daily life, I don't watch movies, baseball, soccer, or dramas on TV, and I spend most weekends and long vacations for "under the table".

『コラムと日記に費しているだろう』と言われると、ぐうの音も出ませんが。

If you say, "You're spending all your money on columns and diaries", I can't be helped.

-----

まあ、私の場合、「私個人で行える研究の範囲」のことなので、可能なだけかもしれません。

Well, in my case, it may only be possible because of the "scope of research I can personally perform".

これが、膨大な資金と人材を投入するプロジェクトなどのケースでは、難しいかもしれません。

This may be difficult to do in cases such as projects that involve huge amounts of money and human resources.

それでも、机上検討(シミュレーション)を行い、それを表に出すチャンスを雌伏して待つことはできると思います。

Still, I think you can do a desk study (simulation) and wait with bated breath for the chance to bring it to the surface.

-----

『上司がバカだから・・・』と同僚に愚痴を言いながら酒を飲む時間で、『アンダー・ザ・テーブル』は実施できます。

"Under the Table" can be implemented in the time it takes to have a drink while complaining to your colleagues, "My boss is an idiot..."

ただ、これを本気やると、組織における、人脈はボロボロ、上司のウケは最低、出世は絶望的です。

However, if you seriously try this, your network of contacts in the organization will be in tatters, your boss's value of yours will be to the bottom, and your career will be doomed.

また、家庭でこれを過度に強行すれば、家庭崩壊、離婚にも至ります。

Excessive doing of this at home can also lead to family breakdown and divorce.

結婚を希望されている方は、婚期が遠ざかるかもしれません。

If you are hoping to get married, your marriage may be far away.

そう考えると ―― 「状況に応じた『アンダー・ザ・テーブル』の発動」くらいが、ちょうど良いのかもしれません。

When you think about it -- "activating 'under the table' depending on the situation" might be about right.


2024-02-05 最近、『ChatGPTを使うコツは、仕事を人に頼む時と同じ』ということが分かってきました。

今週末も、私はChatGPTをフル活用して、コーディングとライティングをしていました。

This weekend, I continued to use ChatGPT to do some coding and writing.

『・・・神かよ』

"Oh my God...."

と、何度も呟やいていました。

I muttered repeatedly.

-----

最近、『ChatGPTを使うコツは、仕事を人に頼む時と同じ』ということが分かってきました。

Recently, I have found that 'the trick to using ChatGPT is the same as when I ask someone to do a job.

「仕事を人に頼む時のポイント」は、その人が自分であると仮定した上で『この内容が分からなければ、仕事を開始できない』ということを頭の中にイメージして、それを言語化することです。

The "key to asking someone to do a job" is to imagine in your mind, assuming that the person is you, 'If I don't understand this content, I cannot start the job,' and then verbalize it.

大切なのは、テクニカルライティング ―― というか、人に伝える日本語の正しい使い方です。

What is important is technical writing -- or rather, the proper use of Japanese to communicate to others.

-----

私、これまで、『英語』と『数学』の重要性について、何度も熱く語ってきました。

I have spoken passionately many times about the importance of "English" and "Mathematics."

しかし、今、この生成AIと対峙しながら思うことは、『国語』こそが、最優先すべき勉学になりつつあることが分かり始めました。

However, as I think about it now, while confronting this generative AI, I realize that the "Japanese language" is becoming the study that should be prioritized.

人とのコミュニケーションでは言うに及ばずですが、これからはコンピュータと会話をするための『言語化能力』が、もの凄く重要になります。断言します。

It goes without saying in human communication, but from now on, the "ability to verbalize" to talk with computers will be very important. I assure you.

といっても、『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』という国語の試験のような設問対応はどーでもいいです。

However, it does not matter how you respond to the question, which is like a Japanese language exam, "Choose the one from A to D that comes closest to the feelings of the author who wrote this sentence.

(ただ、この設問対応の勉強は、恋愛や結婚のプロセスでは、結構重要になるんですが、それはまた別の機会に)。

(However, studying this question response is quite important in the love and marriage process, but that's another story.)

大切なのは、コンピュータが困らないように、主語と目的語を明確にし、その内容を完結に伝える国語の言語化能力です。

What is important is the ability to verbalize the subject and object clearly and to convey the content of the message completely in the national language so that the computer does not get confused.

と、書いていて思ったのですが、このような言語化は、むしろ『英語』の方が役に立つものかもしれません。

As I was writing, I thought that this kind of verbalization may be something that is rather more useful in 'English.'

-----

子ども:「何のために勉強するの?」

Child: "What do I study for?"

私:「生成AIを使い倒して、人生でラクをするためだよ」

Me: "It's all about using the generative AI to make life easier."

今、私は、本気でそう思っています。

Now, I believe that.