0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2009-11-02 斜め台 [長年日記]

斜度のついた台座が必要となりました。

コストは数百円レベルで、実用的、製造時間10分程度、という制約条件を課したのですが、3日間くらいずっと考えていました。

で、ようやく写真の形態に至ったのですが、この程度の物を発案するのに、3日かかった事実に唖然としています。

「王禅寺の特許製造マシン」も、そろそろリタイアの時期かもしれません。

http://www.kobore.net/boubi/HI3A0159.JPG


2009-11-21 るろうに剣心 追憶編 [長年日記]

素晴しい作品なので、一度ご覧になることをお勧め致します。

全米でDVD売上第7位なったという(本当か、これ?)脅威のコンテンツだそうです。

感想も他の方が沢山記載されているので、これも割愛します。今なお、音楽を聞くだけで涙が出てきそうです。

----

しかし。

私を激怒させたのは、英語のサブタイトル(字幕)です。

普通、英語のサブタイトル出さないかもしれないのですが、どういう風に訳しているのか気になりました。

「滅茶苦茶じゃないか!」

酷い。酷すぎる。

これでは、全く別の話になってしまう。

-----

■幕府御庭番の長の言葉

「判らぬなあ。おなごと言うものを」

→"The weakness of heart. Our most formidable enemy"

(恐るべき敵は、我等の弱き心だ)

--

■巴が死んだ後の、桂小五郎と緋村剣心の会話の部分

「巴もそれが判っていたから、俺を守っていてくたのだと思います」

→"Tomoe was destroyed by Shogunate.They used her emotions to control her"

(巴は、幕府に殺されたのです。彼等は、彼女を使う為に、彼女の心を利用したのです)

--

「新時代がきたら、刀を捨てるか」

「判りません」

→"yes" (刀を捨てます)

--

「もう二度と人を殺めない」

→"I cannot honor her life if I die as a swordsman"

(人斬りとして死んだら、彼女の人生を侮辱することになる)

-----

英語のサブタイトルを繋げると、確かに一つの話になっているんですよ。でも、これは別のストーリーです。

勿論、翻訳の限界もあるでしょうし、判りやすい(いわゆるハリウッド的な)「敵と味方」という二元論的視点なら、これでも良いとは思います。

しかし、この「追憶編」が語りたいことは「善悪の彼岸にある何か」ではないのでしょうか。

この凄いコンテンツは、この「何か」を全米や全世界に伝える希少的チャンスであったはずです。

私は、本当に、本当に、握った拳から血が出てきそうなほどに、残念なのです。