0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2022-04-01 ともあれ、午前0時を過ぎてから、NetFlixから「シュタインズ・ゲート"を"選択」するのは止めましょう。 [長年日記]

β世界線であれば第三次世界大戦が起こる未来に「収束」し、α世界戦であればディストピアに「収束」する。

If it is a beta world line, it "converges" to a future in which World War III occurs, and if it is an alpha world war, it "converges" to a dystopia.

岡部倫太郎が、その「収束」が一切ないシュタインズ・ゲート世界線に到達することで、第3次世界大戦という未来が、阻止されます。

The future of World War III is prevented when Rintaro Okabe reaches the Steins;Gate world line, where there is no such "convergence" at all.

それはさておき。

Aside from that.

-----

今や、現実世界では、本気の第3次世界大戦の危機にあります。

Now, in the real world, we are on the verge of a serious World War III.

これまで人類は世界大戦を2回やってきました。

So far, humanity has fought two world wars.

さらに3回目も「大国のエゴ」で開戦したりしたら、私たち人類は『バカ』の謗りを避けられません。

And if we start another war for the third time because of the "egos of the great powers," we human beings will inevitably be slandered as 'idiots'.

第3次世界大戦は、宇宙戦争すらも超越した、「時空をかけた闘い」の中で語られるべきなのです。

World War III should be told in the context of a "struggle through time and space" that transcends even space wars.

私には、シュタインズゲート・ゼロのオープニングと同じ風景を、現在進行形で地球上に作り出している「あいつ(ら)」を、許す理由はないです。

I have no reason to forgive "those people" who are currently creating the same scenery on earth as the opening of Steins;Gate Zero.

-----

ちなみに「論文が燃えたくらいで、研究がパーになる」てなことは、ないです。

By the way, there is no such thing as "research is not ruined just because a paper is burned".

研究員であれば、自分の論文(or 特許明細書)が、10回燃やされても、11回書き直すことができます。

If you are a researcher, you can rewrite your paper (OR patent specification) 11 times even if it is burned 10 times.

中鉢博士は、自分の娘(牧瀬紅莉栖)の論文の内容の理解はもちろん、剽窃(ひょうせつ)すらできなかった、ということです。

Dr. Nakabachi could not understand or even plagiarize the contents of his daughter's (Kurisu Makise's) paper.

-----

ともあれ、午前0時を過ぎてから、NetFlixから「シュタインズ・ゲート"を"選択」するのは止めましょう。

Anyway, don't "select" Steins;Gate from NetFlix after midnight.

# 「シュタインズ・ゲート"の"選択」ではありません

# It is not Steins;Gate's selection.

結構なディストピア ―― 平日のオールナイト上映会 ―― が待っています。

Quite a dystopia -- all-night weekday screenings -- awaits.


2022-04-02 今日も、私は『スタンディングオベーション』です。 [長年日記]

いわゆる、世界から注目される著名な人は、厳しい自己批判と反省を続けている ―― らしいです。

So-called prominent people who attract worldwide attention continue to engage in severe self-criticism and reflection -- apparently.

確かに、そのような日々の果てに、世界を動かし、世界を感動させる何かを興すことができるのだと思います。

Indeed, I believe that at the end of such days, they can rise something that moves the world and inspires the world.

しかし、そのような人々には、世界は見えていない ―― 彼らにとって、世界は観客ではありません。

But to such people, the world is invisible -- to them, the world is not a spectator.

彼らにとっての観客は、自分自身です。

For them, the audience is themselves.

-----

その観客(自分)は、自分のパフォーマンスに対して、賞賛の言葉はかけてくれません。

That audience (they) will not offer words of praise for their performance.

それどころか、いつでも、自分のパフォーマンスの欠点を捜し続けて、自分に対して、さらなる高みを要求します。

Instead, they continually search for flaws in their own performance and demand higher and higher from themselves.

そのパフォーマンスは、更に、大きく、高く、磨かれ、誰も追いつくこともできないものになっていきます。

The performance will be even greater, higher, and more polished, and no one will be able to catch up to them.

私たちは、彼らからは一顧だにされない、指を加えて眺めるているだけのモブです。

We are just a mob of people who are not given a second thought by them, just adding their fingers and watching.

-----

尊敬に値する行為だと思いますが ―― 私は、そんな生き方はゴメンです。

I think it's a respectful act, however I'm not going to live that way.

そもそも、そんな生き方して、楽しいか? と思います。

In the first place, do I enjoy living that way? I think.

私は、コラムを書き上げた時、自分の思った通りにプログラムが動いた時、発明が頭の中で図面に落ちた時、

When I finish a column, when a program works the way I want it to, when an invention falls into a detailed drawing in my head.

―― 自分の頭の中の発表会場で、たくさんの自分が一斉に満場総立ちになり、万雷の拍手と歓声の嵐が巻き起こります

In the presentation hall in my own head, all of me are standing at the hall with a storm of thunderous applause and cheers

セルフ・スタンディングオベーションです。

It is the self standing ovation.

私は、厳しい自己研鑽の上で、世界に比類なき何かを目指すよりも、自分の手の届く範囲の高みに手が届く度に、簡単に何度でも満足し続ける「安い」自分が好きです。

I like my "cheap" self to continue to be easily satisfied again and again with the heights within my reach, rather than to aim for something unparalleled in the world, based on rigorous self-improvement.

世界から注目される著名な人と私の共通している点があるとすれば、『世界がどう思おうが、知ったことか』という一点のみです。

If there's one thing that I have in common with the world's most notable personalities, I have only one point: 'I don't care what the world thinks.

-----

本日、私は、自力で、スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換し終えました。

Today, I finished changing the studless tires to normal tires on my own.

今日も、私は『スタンディングオベーション』です。

Today, too, I am in 'standing ovation'.


2022-04-03 嫁さんが、録画していた、地上波で放送された実写版の「約束のネバーランド」を見ようとしていたのを、すんでのところで止めました。 [長年日記]

嫁さんが、録画していた、地上波で放送された実写版の「約束のネバーランド」を見ようとしていたのを、すんでのところで止めました。

My wife was about to watch the recorded live-action version of "The Promised Neverland" that aired on terrestrial TV, however I stopped her just in time.

―― あぶなかった。危機一髪のところでした。

"It was a close call"

で、今、強制的にNetFlixで、アニメ版「約束のネバーランド(シーズン1)」を見せています。

So, now, compulsively, I show my wife the animated version of "The Promised Neverland (Season 1)" on NetFlix.

In fact, the reason for the series of PC repairs from yesterday to this morning is that I was trying to get my wife to watch the animated version of "The Promised Neverland" when the PC malfunctioned.

それ故、私には「修理を急ぐ」理由があったのです。

Hence, I had reason to "rush" the repair.

嫁さんは、「実写版を見てから、アニメも見る」と言ったのですが、「ネタバレした後では、ダメだ」と、私は、その順番(アニメ→実写)を讓りませんでした。

My wife said she would watch the live-action version and then the anime, but I did not allow her the order because of stop spoiling it.

私、シーズン1の最終回とその前の回を、10回以上も見なおしたと思います(ちなみに、シーズン2は未視聴です)

I think I rewatched the last episode and the one before of season 1 at least 10 times (by the way, I have not watched season 2 yet).

-----

ちなみに、次女は、コミック「約束のネバーランド」推しのようです。

Incidentally, my second daughter seems to be a "Neverland of Promises" comic book guesser.

江端家は、メディアダイバーシティに富んだ家族です。

The Ebata family is a media-diverse family.


2022-04-04 『江端という奴のコラムにそそのかされて、ワクチン接種なんぞをしたせいで、私は死ぬのだ』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

-----

今回のメインテーマであるところの、「ワクチン接種への恐怖」について、嫁さんと話をしました。

I talked with my wife about the main theme of this issue: fear of vaccination.

江端:「ワクチン接種を怖いとは思わなかった?」

Ebata: "You didn't find the vaccination scary?"

嫁さん:「持病もないし、副反応の話も聞いていたし、なんとなく『私は大丈夫かな』と」

Wife: "I don't have any pre-existing conditions, and I had heard about the side effects, so I kind of thought, 'I'll be fine.'"

江端:「もし、過去に、強いアレルギー反応とか、アナフィラキシーで、救急搬送とかされていたらどうかな?」

Ebata: "How do you think if you had had a strong allergic reaction or anaphylaxis in the past and you had had to go to the emergency room?"

嫁さん:「それなら、絶対に『怖い』と感じると思う。『何もして欲しくない』と思って当然だと思う」

Wife: "Then I would definitely feel 'scared. ' I think it's natural to feel like, 'I don't want me to do anything.'"

------

私の母は、一回目の接種直後に入院して、その後の接種はドクターストップがかかり、その後も入退院、転院を繰替えしていました。

My mother was hospitalized immediately after the first vaccination, and subsequent vaccinations were stopped by the doctor, and she was in and out of the hospital and transferred to other hospitals repeatedly.

そして、今年の1月に、心停止して死去しました。

Then, in January of this year, she died of cardiac arrest.

Perhaps the cause of my mother's death was the 'vaccination'.

もし、私が心筋炎で突然死するようなことがあれば、『コロナワクチン接種』が原因なのかもしれません。

If I were to die suddenly from myocarditis, it might be due to 'corona vaccination'.

あるいは、毎年受けている『インフルエンザワクチン接種』かもしれませんし、週一くらいで摂取している『精神安定剤』かもしれません。

Or it could be the "flu vaccination" that I receive every year, or the "tranquilizers" that I take once a week.

あるいは一月に一回くらい摂取している『睡眠薬』の可能性もあり、あるいは大穴で『北極ラーメン』が原因になるかもしれません。

Or it could be the "sleeping pills" that I take once a month or so, or it could be "Hokkyoku Ramen".

私は、ふざけた話をしようとしているのではないのです。

By the way, I am not trying to be a joke.

今回のコラムで、シバタ先生も論じていますが、

As Dr. Shivata discusses in this column.

(1)ワクチン接種で心筋炎で死亡している人もいれば、

(1) Some people have died of myocarditis because of vaccination

(2)コロナ感染で心筋炎で死亡している人もいれば、

(2) Some people have died of myocarditis due to COVID-19 .

(3)前記(1)(2)と無関係で心筋炎で死亡している人もいます

(3) Some people have died of myocarditis unrelated to the above (1) and (2)

(Please read the column "CQ Last Number" for more information on that ratio.)

ワクチン接種をすれば、その理由は上記(1)(2)(3)のいずれかを特定することができなくなりますが、ワクチン接種をしなければ、少なくとも(1)について考える必要はなくなります。

If you vaccinate, you will not be able to identify any of the reasons for (1), (2), or (3) above, but if you do not vaccinate, you will not have to consider at least (1).

それはそれで、納得できる死に方の一つだとと思います。

I think that is one of the most satisfying ways to die.

『江端という奴のコラムにそそのかされて、ワクチン接種なんぞをしたせいで、私は死ぬのだ』

"I'm going to die because I was seduced into getting vaccinated by a column by a guy named Ebata"

と思い込んで最期を迎える人生は、絶対に悔いの残る人生になるでしょう。

I am sure that the life that ends with the thought, will be a life of regret.

-----

私は、その逆パターンです。

I am the reverse pattern.

『mRNAワクチン接種の日を、遠足を待つような子どものような気持ちで待っていた』

"I waited for the day of the mRNA vaccination like a child waiting for a field trip"

という人間は ―― 国内に10人もいないだろうと思いますが ―― それでも、いるんです、ここに1人。

I doubt there are 10 such people in the country, but still, here is one.

I was excited just by the idea of vaccines by in silico (computer-aided design, etc.).

我が国はコロナワクチン後発組である上に、国内でも医療従事者の次の順番である、という幸運で『バグ出しは完璧』と思っていました。

I thought 'bug out was perfect' with the good fortune that our country is a latecomer to the corona vaccine and is also the next in line of medical professionals in the country.

私たちのフィールドで20年近くも言われてきたフレーズに『アナログとデジタルの融合』がありますが、まさか、こんな形で実現されるとは思いませんでした。

A phrase that has been used in our field for nearly 20 years is "the fusion of analog and digital," but I never thought it would be realized in this way.

それ故、私にとって、『アナログとデジタルの融合は、時期尚早だったか』と思いながら最期を迎える人生は、納得できるものなのです。

Therefore, for me, it is satisfying to end my life thinking, "Was the fusion of analog and digital technology premature?"

-----

よく分かっています ―― 私が、規格外のパラダイムを持っている、ということは。

I am well aware -- that I have an abnormal paradigm.


2022-04-05 ―― まあ、そういうことが本当に実現できれば、子どもと文部科学省の両方に、心の底から『おめでとう』と言える [長年日記]

プログラムのバグというのは、本当にささいなものです。

A bug in a program is really a small thing.

カリフォルニアの1/3を大停電を発生させた原因のバグが、「たった3行のプログラム」であったことは有名ですが、私は驚きません。

I am not surprised that the bug responsible for causing a major blackout in 1/3 of California was famously "just three lines of programming".

というのは、私は3日間ぶっつづけで、3つのプログラムのトレースを100回以上チェックして、データの読み込みタイミングのズレを見つけて、

Because I spent three days straight checking the traces of three programs over a hundred times to find the timing discrepancies in reading the data, and

"I commented out one line of JavaScript and the program started working easily."

で、残っているものは、山のようにつけ加えた(全く関係のなかった)変数や、膨大なプリントアウトメッセージが書き込まれている、とても汚ない不様なプログラムリストです。

So, what is left is a very dirty, ugly program list with a mountain of added (and totally unrelated) variables and a huge number of printout messages written on it.

これから、これを、未来の私が読める程度に、キレイにしてサーバにアップするという、あまり楽しくない作業が残っています。

Now I have the not-so-fun task of cleaning it up and uploading it to the server so that future for me.

-----

文部科学省のプログラミング教育というのは、このような、プログラム開発の現状を無視しています。

Programming education by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) ignores this current state of program development.

そして、「プログラム的思考」なるものを教えることができる、と、思っているようです。

And they seem to think that they can teach something that is "programmatic thinking".

ただ、文部科学省としては、『それしか、やりようがない』というのは、私にも理解できます。

However, I understand that the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology says, 'That's the only way to do it'.

もし、プログラム開発のフロント現場のリアルを、子どもたちに強いたりしたら、全員が逃げだすことを、私は受けあいます。

I assure you that if the MEXT force children to experience the realities of the front lines of program development, they will all run away.

だから、

So, I think,

―― まあ、そういうこと(「プログラム的思考」)が本当に実現できれば、子どもと文部科学省の両方に、心の底から『おめでとう』と言える

"Well, if such a thing can really happen, I can say 'congratulations' from the bottom of my heart to both the child and the Ministry of Education"

と思っています。

10年後を楽しみに待つとしましょう。

Let's wait and see what happens in 10 years.


2022-04-06 (2)ビットコインは、決済手続の抜け道として、使えそう [長年日記]

先日、ヨーロッパにある店舗に発注手続をして、送金しようとクレジットカードを使おうとしたら、エラーで弾かれ続けて困りました。

The other day, when I tried to use my credit card to send money to a store in Europe after completing the order process, I was troubled by the fact that it kept getting rejected with errors.

店舗の居所は公開されていなかったのですが、もしかしたら、例の『世界中から金融制裁を受けているあの国』だっかもしれません。

The location of the store was not disclosed, but it might have been "that country that is under financial sanctions from all over the world".

「ビットコインでの支払いもできる」と書いてあったので、こちらで試みようとしました。

It said, "You can also pay in Bitcoin," so I attempted the method.

I still had some money left over from a previous purchase of about $5,000 for testing.

ところが、システムから『残金が足りない』と言われました。

However, the system told me, 'The balance is not enough.

変だなー、と思って調べてみたところ、『送金コストが、購入物の値段より高い』ということが分かり、ビックリしました。

I thought this was strange, so I looked into it and was surprised to find that "the cost of remittance was higher than the price of the purchased item.

『ビットコインは送金コストが安い』が、最大のウリだったと思っていたので。

I thought 'Bitcoin has low remittance costs' was the biggest selling point.

もっとも、これは、ビットコインが理由ではなく、取扱い店舗の手数料かもしれませんが、ともあれ、ビットコインの送金もあきらめて、この取引を取り止めました。

This may not have been because of the bitcoin, but because of the fees charged by the store. Anyway, I gave up on the bitcoin transfer and canceled this transaction.

-----

(1)クレジットカードの使用を停止されると、小売店舗なんぞは簡単に干上がりそう

(1) If retail stores are force to stop using credit cards, they are going to dry up easily.

(2)ビットコインは、決済手続の抜け道として、使えそう

(2) Bitcoin could be used as a loophole in payment procedures.

という、現在、ニュースで報道されていることを、実体験することができました。

This was a real experience of what is currently being reported in the news.

-----

先程、お世話になった方に、Amazonギフトを使って御礼を送付しました。

I just sent "a thank you" to the person who helped me with an Amazon gift.

手続30秒でした。

The procedure took 30 seconds.

『本当に、ラクだなぁ』

"It's really, really easy."

と実感しています。

I realize that.


2022-04-07 『清濁併せ呑むことのできる、老獪な新人』 [長年日記]

「野心的な目的をもつプロジェクトチームを統率してきたマネージャと」と「目の前のデータを、望むような形で計算することができるプログラマー」

"A manager who has led a project team with ambitious objectives" and "a programmer who can compute the data in front of him/her in any way they wants."

どちらに市場価値があり、どちらの市場規模が大きいのか?

Which has more market value and which has a larger market size?

私は、これまで、ずっと考え続けてきました。

I have been thinking about this for a long time.

-----

Makiko Uchidate's novel, "The Finished Man," is one of the greatest "horror novels" of my generation.

―― 日本最高学府の学歴や、一流会社のハイキャリアが、定年後の再就職の最大の障害になる

"Academic background from Japan's highest academic institution and a high career at a prestigious company become the biggest obstacles to re-entering the workforce after retirement"

という話が、登場します。

The story appears in the book.

この小説の主人公だって、『どんな仕事でもやります』と言っているのに、中小企業の会社の社長は、ことごとく採用を躊躇します。

Even the protagonist of this novel says, 'I'll do any job,' but the president of the small business firm hesitates to hire him at every turn.

その気持ち、とても理解できます。

I understand their feeling very well.

だって、社長としては、会社の経営に口を出されたら、嫌ですよね。

Even they would not like to be told how to run their companies.

しかし、再就職を希望するシニアは、会社の経営に口を出すつもりはなく、言われたことをやると思います。

However, I believe that seniors who want to be rehired will do what they are told, with no intention of meddling in the management of the company.

しかし、現場が忖度をしてしまうのです。

However, the people on the field make the conjecture.

これは『逆差別』―― ではなくて、『エリート差別』?

Is this "reverse discrimination" or "elite discrimination"?

-----

私が中小企業の社長であれば、どんなシニアが欲しいか? と考えると、

If I were the president of a small business, what kind of senior would I want?

■新人のように謙虚で、元気で、ちょっと弾けているところもあるけど、

- humble, energetic, and even a little bouncy in some ways, like a rookie.

■注意すれば直ぐに方向転換をし、あまり目立たずに、金に繋がる成果を上げても、それを吹聴しないで、淡々として、

- Change direction quickly if someone pay attention to them, and if achieve something that leads to money without being too obvious, don't blow it out of the water, just go about it nonchalantly, and don't even try to get you to pay attention.

■分からないことがあれば黙って勉強し、それでも分からなければ、若者に素直に頭を下げて教えを請うことができて、

- Study it quietly, and if don't understand, honestly bow down to the young man and ask him to help.

■メンタルでもフィジカルでも、ロバストな

- Robust, both mental and physical.

そんな「シニア」なら、欲しいと思います。

I would want such "seniors".

これからは、新人もシニアも『即戦力』で計られる時代であり、私たちシニアに求められているロールモデルは、

In the future, both newcomers and seniors will be measured by their "readiness to work," and we seniors are expected to be role models, like

『清濁併せ呑むことのできる、老獪な新人』

Newcomers who are required to be broadminded enough to associate with people of all sorts for the sake of working out a compromise.

だと思うのです。

I think.

-----

「野心的な目的をもつプロジェクトチームを統率してきたマネージャと」と「目の前のデータを、望むような形で計算することができるプログラマー」

"A manager who has led a project team with ambitious objectives" and "a programmer who can compute the data in front of him/her in any way they wants."

どちらに市場価値があり、どちらの市場規模が大きいのか?

Which has more market value and which has a larger market size?

市場価値については、私は分かりません。

I do not know about market value.

しかし、市場規模が大きいのは、『命じられた業務を、サクっとやりとげるシニア』だと思うのです。

However, I think the largest market is for "seniors who can quickly complete tasks that are assigned to them.


2022-04-08 「政府がいつもウソをつく」とは思っていませんが、戦争(国防)に関しては、どの政府も高い頻度でウソをつきます。 [長年日記]

(その1)

(Part 1)

米国を含めた多国籍軍は、1991年に、湾岸戦争を開戦しました。

Multinational forces, including the United States, launched the Gulf War in 1991.

1990年、イラクのフセイン政権は、石油を大量に保有しているクウェートに対して攻撃を仕掛け、国連決議によって多国籍軍が、イラクに攻撃を開始しました。

In 1990, the Hussein regime in Iraq launched an attack against Kuwait, which had large oil reserves. In response, a multinational force, under a United Nations resolution, launched an attack on Iraq.

当時、戦争に忌避的だった米国の世論は、「ナイラ証言」によって、一気に開戦へと機運が高まりました。

Public opinion in the U.S., which at the time was averse to war, was quickly galvanized by the "Nayirah testimony" to start the war.

「ナイラ証言」とは、イラクによるクウェート侵攻の後、「ナイラ」を名乗る少女が行った証言で、その内容は過激なものでした。

The "Nayirah testimony" was a radical testimony given by a young girl who identified herself as "Nayirah" after the Iraqi invasion of Kuwait.

『イラク軍兵士がクウェートの病院から保育器に入った新生児を取り出して放置し、死に至らしめた』と、その経緯を涙ながらに語っていました(何度もニュースで流れたので、よく覚えています)。

'Iraqi soldiers removed a newborn from a Kuwaiti hospital in an incubator and left it to die,' he said tearfully (I remember it well because it was on the news many times).

現在、これが『偽証』であったこと、さらに、そのナイラなる少女が、当時クウェート駐米大使であったサウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハの娘だった事実が明らかになっています。

It is now known that this was "perjury" and that the girl, Nayirah, was the daughter of Saud an-Nasser a-Sabah, then Kuwait's ambassador to the United States.

―― (米国民を含めて)世界は、その少女の偽証に見事に騙されて、戦争に突き進んでいったのです。

"The world (including the American people) was successfully deceived by the girl's perjury, and pushed forward to the war"

-----

(その2)

(Part 2)

米国と英国は、2003年に、イラク戦争を開戦しました。

In 2003, the United States and the United Kingdom launched a war in Iraq.

ブッシュ大統領は、開戦前後の演説で、戦争理由以下を挙げました。

President Bush cited the following reasons for the war, in his speeches before and after the war.

(1)生物・化学兵器等、大量破壊兵器を保有し続け、その事実を否定し、国連の武器査察団に全面的な協力を行わなかった

(1) Continued to possess weapons of mass destruction, including biological and chemical weapons, denied the existence of such weapons, and failed to cooperate fully with UN weapons inspectors

(2)イラクの一般市民をサッダーム・フセイン大統領の圧政から解放する

(2) Free Iraqi civilians from the oppressive regime of President Saddam Hussein.

ただし、国連安保理のなかでも、フランス、ドイツ、ロシア、中国らは軍事介入に反対しました。

However, even within the UN Security Council, France, Germany, Russia, and China opposed military intervention.

常任理事国の拒否権によって、国連軍は発動しませんでした。

Due to the veto power of the permanent members of the Council, the UN force was not activated.

米国、英国などは有志連合を組み、3月20日、空爆という先制攻撃に踏み切りました。

The United States, the United Kingdom, and other countries formed a coalition of the willing and launched a pre-emptive strike on March 20, bombing the country.

で、

As a result,

―― 生物・化学兵器等、大量破壊兵器を保有していたという証拠は、一つも見つかりませんでした。

"Not a single piece of evidence was found that Iraq possessed weapons of mass destruction, including biological or chemical weapons"

それを理由として、英国は当時のブレア首相が退陣に追い込まれました(ブッシュ大統領は退陣していません)

Because of this, then British Prime Minister Blair was forced to step down (President Bush did not step down).

-----

(その他)

(Other)

―― 米国は、1945年に、非戦闘員である広島市民と長崎市民の頭上に、摂氏3000度(太陽の表面温度の半分)の核爆弾を炸裂させました。

-- In 1945, the United States detonated a nuclear bomb at 3,000 degrees Celsius (half the surface temperature of the sun) over the heads of non-combatant citizens of Hiroshima and Nagasaki.

これが、連合国軍の分裂(冷戦)の始まりであり、満州、北方領土に侵攻中のソ連に対する、核兵器保有国としてのデモンストレーションであったことは、(我が国では)定説です(米国政府の公式見解とは異なる)。

It is a common belief (in Japan) that this was the beginning of the division of the Allied Forces (Cold War) and a demonstration by the nuclear weapon states against the Soviet Union, which was invading Manchuria and the Northern Territories (contrary to the official view of the US government).

-----

私は、ロシアのウクライナ侵攻、特に、市民への虐殺を、絶対的な意味で許せません。

I cannot tolerate, in an absolute sense, Russia's invasion of Ukraine, especially its massacres of its own citizens.

また、戦争当事者でない国の国民として、現時点で日本国内の報道は、概ね事実だろう、と考えています。

Also, as a citizen of a country that is not a party to the war, I believe that the reports in Japan at this time are probably generally true.

しかし、私が、それを大声で叫び出さない(コラムの執筆、寄稿等)で、個人的な支援に徹している理由は、

But the reason I don't shout it out loud (writing columns, contributing, etc.) and stick to personal support is

―― 世界各国の政府発表(プロパガンダ)に騙され続けてきた

"I have been continuously deceived by government announcements (propaganda) from all over the world"

という、過去の苦い思い出があるからです。

I have bitter memories of the past like the above.

-----

「政府がいつもウソをつく」とは思っていませんが、戦争(国防)に関しては、どの政府も高い頻度でウソをつきます。

I don't believe that "governments lie all the time," but when it comes to war (national defense), every government lies with high frequency.

そして、私も、結構、チョロい感じで騙されてきました。

And I, too, have been cheated, quite easily.

ちなみに、「個人的な支援」については、今はお話できません。

By the way, I cannot talk about "personal support" at this time.


2022-04-09 自分のアイデアを、未完成のまま、不適当なタイミングで組織に開示すると『必ず潰されます』 ―― ロジカルに。 [長年日記]

「なんで、江端は、未だにコーディングなんかしているだ?」と思われている方は多いと思います。

"Why is Ebata still coding?" I think there are many people who think that.

ここ数年、私は、プログラムを外注の方に作って頂いています。

For the past few years, I have had the program created by an outsourcer.

ソースコードも含めて、全品納品して頂いているのですが、

I've had all the items delivered to me, including the source code, however, I came to realize

―― それらのソースコードを、全く再利用(改修)できない

"I have not been able to reuse (modify) their source code at all"

と、思い知ってきたからです。

-----

はっきりと言いますが、『他人の書いたプログラム』は、はっきり言って「呪文」です。

To be clear, "programs written by others" are, to put it bluntly, "spellbinding.

自分の知らないプログラム言語は言うに及ばず、自分が熟知しているプログラム言語であっても、

Not only programming languages that I am not familiar with, but also even programming languages that I am familiar with, are not

- ライブラリが違う

- Libraries are different,

- プログラムの開発環境が違う

- Program development environments are different,

- プログラム言語のバージョン(仕様)が違う

- Versions (specifications) of the programming language are differnt,

ことがあり、決定的なことは、

In, addition, the crucial thing is that

- コーディングのアプローチ(思想)が違う

- Coding approaches (philosophy) are different.

という点が、絶望的に「呪文」なのです。

This point is hopelessly "spellbinding".

以前、私の師匠(エルカン)が、

Once, my mentor, "Erukan" said,

―― 他人のプログラムを読むことは、他人の頭を覗き込むような行為で、不快で嘔吐すら覚える

"Reading someone else's program is like looking into someone else's head. it's offensive and even vomit-inducing"

と言っていましたが、これは、けだし名言と言えます。

I think that this is a great quote.

-----

苦痛を伴わないプログラミングとは、スクラッチから自分1人で行うプログラミングです。

Pain-free programming is programming done by myself alone from scratch.

ただ、これは、昨今のデジタルサービスのスピードを考えれば、このようなプログラミングは『贅沢』です。

However, this is a 'luxury' of such programming, given the speed of digital services these days.

また、『非生産的』であることも、認めざるを得ません。

I also have to admit that it is 'unproductive'.

そのようなプログラミングが、贅沢で非生産的なことをやっているのであれば、私は、どこからリソースを削ってくればいいか?

If the programming is "luxury" and "unproductive", where can I get resources from?

そりゃ、『週末』と『睡眠時間』しか、ないでしょう。

The only thing I can use is "weekends" and "sleeping time".

-----

昔は、『週末』と『睡眠時間』を削ってプログラミングしていることを、普通にしゃべることができました。

In the past, I could usually talk about the programming on the 'weekends' and on less sleep.

最近は、このようなことを職場等で公言することは、『コンプライアンス的に問題がある』ということになっているようです。

These days, it seems to be a 'compliance issue' to publicly state such a thing in the workplace, etc.

そして、私も、この意見には賛成です。

And I agree with this opinion.

この手の話は、つまるところ『パワハラ』ですし、こういう自慢話は、聞いている側もムカつきます。

This kind of talk is, after all, "power harassment," and this kind of bragging is infuriating to listen to.

だから、これからは、『自分がやりたい仕事(試したいプログラム等)は、アンダー・ザ・テーブルで仕込む』ことが、普通になっていくと思います。

So, from now on, I think it will become the norm that 'the work I want to do (programs I want to try, etc.) will be prepared "under the table".

-----

ところで、この「アンダー・ザ・テーブル」は、プログラミングに限定されません。これは仕事一般に通じる話です。

By the way, this "under the table" is not limited to programming. This goes for work in general.

私が常に言っていることですが

I've always said.

「あなたがやりたい仕事は、公にせずに1人でやること」

"The work you want to do, do it alone, without making it public"

「そして公にできるチャンスを、虎視眈々と狙い続けること」

"Keep my eyes open for any opportunity to make it public"

が肝要です。

These are important.

自分のアイデアを、未完成のまま、不適当なタイミングで組織に開示すると『必ず潰されます』 ―― ロジカルに。

If you disclose your ideas to the organization in an unfinished state and at an inappropriate time, 'your idea will surely be crushed' -- logistically.

これは「組織の公理」と言っても過言ではありません。

It is no exaggeration to say that this is an "axiom of organization".

例えば、私には、ある自分のアイデアを3年間隠し続け、2年間かけて目立たないように少しづつ開示し、ようやく組織内で認識して貰えるに至ったサービス/製品があります。

For example, I have a service/product that I kept my idea hidden for three years, and after two years of discreetly disclosing it little by little, I finally got it to be recognized within the organization.

閑話休題

Now let's return to the main subject

-----

「なんで、江端は、未だにコーディングなんかしているだ?」に関しては、色々なことが言えますが、一言で言えば、

Why is Ebata still coding?" A lot can be said about this, but in a nutshell

『ラクだから』

"Because, it is easy"

です。


2022-04-10 「『読食』のススメ」 [長年日記]

私、今ですら、こんな、ですが、若い頃は、「リア充」に努めていたようです。

I, even now, like this, but when I was younger, I was aiming to be "sociable" and seemed to strive to be a ""sociable".

with looking at my previous diary, I thought that. Directions aside.

ですが、それでも、中学生の頃から変わらないこともありました。

But still, some things had not changed since junior high school.

「孤食」 + 「読書」、すなわち『読食』です。

It is "solitary eating" + "reading," is equal to "lunch with reading".

-----

小学生時代の給食を終えて、中学生の弁当になってからは、『読書をしながらの食事』というのは、私にとっては最上の時間の一つでした。

After school lunches in elementary school ended and lunches for junior high school students began, 'lunch box with reading' was one of the finest times for me.

食事と読書を同時に楽しめる ―― なんと贅沢な時間なんだろう

Enjoy eating and reading at the same time -- what a luxury!

と思っていました。

I thought so.

学校に週休2日制度が導入される前は、土曜日は半日で授業が終わりました。

Before the school week was introduced, classes on Saturdays lasted half a day.

私は、人生通じて、ずっと「かぎっ子」(帰宅時に他の家族が自宅におらず、自ら家の鍵を持参している子供)でした。

I have always been a " latchkey kid" (a child who has no other family at home when he/she returns home and brings his/her own key to the house).

帰宅したら、自転車で近くの市場に、コロッケ2個と、鶏肉100グラムを購入しに行きました。

When I got home, I cycled to a nearby market to buy two croquettes and 100 grams of chicken.

And time to make "Miso Stewed Udon" for one person and read a book by Yasushi Inoue, was,

―― 至高のひとときでした。

"a supreme time".

『孤食が恥しい』という考え方は、当時はなかったような気がします ―― いや、あるいは私が気がつなかっただけかもしれません。

I don't think the idea of 'solitary eating is shameful' existed back then -- or maybe I just didn't realize it.

私が『男子生徒』であったことも関係しているのかもしれません。

Maybe it had something to do with the fact that I was a 'boy student'.

-----

現在も、学校現場では、新型コロナ対策として「黙食」が続けられいるそうですが、それは理に叶っていると思います。

Even today, I hear that "silent meals" are still being continued in schools as a countermeasure against the new coronas, which makes sense.

私のソース(情報源)からも『子どもが学校で感染を拾って、それを家族に広めている』という話を聞いております。

I have also heard from my sources that "children are picking up the infection at school and spreading it to their families"

子ども(小学生、中学生)のいる家族では、この現実が、諦観(ていかん)とともに、受け入れられているようです。

Families with children (elementary and junior high school students) seem to accept this reality with resignation.

それでも、「感染の確率」を下げるための「黙食」には、意味があります。

Still, a "silent meal" to reduce the "probability of infection" makes sense.

It is also significant not only for the family, but also to take into account the aftereffects of asymptomatic infection (brain fog, etc.) in the child.

-----

で、私が提案するのは、もちろん、

And I would suggest, of course, that

「『読食』のススメ」

"lunch with reading"

です。

is.

In the field of education, one tablet per student has already been introduced.

「孤食」ができて、「読書」もできて、「IT(Information Tech.) x OT(Operation Tech.)」が実践できて、その上「黙食」が実現されるという、素晴しい方法です。

It is a wonderful way to be able to eat alone, to read, to practice "IT (Information Tech.) x OT (Operation Tech.)," and on top of that, to realize "silent meal".

「iPadで、kindleを立ち上げて、太宰治や井上靖を読みながら、一人メシを食う」 ―― それはもう、至福の昼休み、"パラダイスランチ"じゃないですか。

Eating a meal alone while reading Osamu Dazai or Yasushi Inoue on your iPad with kindle app." - that is a blissful lunch break, a "paradise lunch".

―― って思うのは、私だけですか?

Am I the only one who thinks so?


2022-04-11 これまで、色々なメールを受けとりましたが、『神様の声が聞こえる』ような文面を送ってくる人のメールは、私でも怖いです。 [長年日記]

最近、コラムで公開したメールアドレスに、色々な親切なメールが届いています。

Recently, I have received various kind emails to the email address I published in my column.

■mercari

- mercari

メルカリアカウントが第三者に悪用されたことが検出され,アカウントが制限されました。

We have detected that your Mercurial Account has been abused by a third party and your account has been restricted.

―― メルカリは、使ってない

"I don't use Mercury"

■AEON CARD

- AEON CARD

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

We regret to inform you that we have restricted the use of some of your cards due to a transaction for which we would like to confirm whether the transaction was made by you or not.

―― イオンカード持っていない

"I don't have an AEON card"

■jcbカード

- jcb card

いつもJCBカードをご利用いただきありがとうございます。

Thank you for using JCB Card.

―― JCBカード使っていない

"I don't use a JCB card"

■J:COM

- J:COM

お支払い期日を過ぎています。

The payment due date has passed.

―― 江端家の通信インフラは、JCOMじゃない

"The Ebata family's telecommunications infrastructure is not JCOM"

■モバイルSuica

- mobile Suica

与信失敗により、モバイルsuicaの更新手続きが完了できませんでした。

Due to credit failure, the Mobile Suica renewal process could not be completed.

―― 私は、モバイルSUICAを使っていない

"I am not using mobile SUICA"

-----

わざわざ、

Purposely,

■中国(.cnドメイン)から、

- From China (.cn domain)

■私が所持も使用もしていないサービスについて、

- For services that I neither possess nor use.

■丁寧にご警告を頂き

- for your courteous warning.

ありがたいこととは存じますが、

I thank your cooperation, however,

『大変、うっとうしい』

"They are very annoying"

ので、昨日、コラムで公開していたメールアドレスを、全削除しました。

So, yesterday, I deleted all the e-mail addresses that I had published in my column.

後で復活させるかもしれませんが、一月くらいは放って置こうと思います。

I may revive it later, but I will leave it alone for a month or so.

送信側にエラーメールが届けば、再送はしなくなるでしょう。

If the error mail is delivered to the sender, it will not be resent.

-----

個人でドメイン名(私の場合"kobore.net")を取得して、メールアドレスをいくつも追加、削除できる環境を持っていると、なかなか便利です。

It is quite convenient to have a personal domain name (in my case "kobore.net") and an environment where you can add and delete a number of email addresses.

私、個人のメールアドレスも、時々変更しています。

I also change my personal email address from time to time.

意味不明なメールを送ってくる送信者を、スマートに振り切る為です。

This is to smartly shake off senders who send meaningless e-mails.

私が返事をしなくても、mailer-daemonさんが、"User unknown"と返事してくれて、後腐れもありません。

Even if I don't respond, mailer-daemon responds with "User unknown" and there is no need for me to answer.

これまで、色々なメールを受けとりましたが、『神様の声が聞こえる』ような文面を送ってくる人のメールは、私でも怖いです。

I have received many different emails, but even I am afraid of emails from people who send me text messages that sound like 'I can hear God's voice'.

-----

そういえば、昔、『特定の人物に限って、"mailer-daemon"さんからの返事に見せかける、自動メール応答システム』を作ったことを、思い出しました。

I remember that I once created an automatic mail response system that made it look like a reply from "mailer-daemon" only to a specific person.


2022-04-12 『たった一人の読者に届けばいい』 [長年日記]

「できるはず」と「できた」の間には、雲泥の差がある ――

"There is a world of difference between 'can do' and 'done'"

これは、全ての物事に共通することかと思いますが、特に「モノ作り」においては、絶対的な事実です。

I think this is common to all things, but especially in "manufacturing," it is an absolute fact.

『プログラムの構成要素が揃ったから、あとは組み立てるだけ。これでシステムは完成したも同然』という気持ちに浸りたくなります。

The program's components are here. So all I have to do is assemble them. After that, It is tempting to feel as if the system has been completed.

しかし、実際はこれまでのパーツ設計・製造と同じ、あるいは、そのトータルコストを越えるコスト(苦労)が発生します。

In reality, however, the cost (hardship) becomes the same as or exceeds the total cost of conventional parts design and manufacturing.

システムは、動かなければ、ただのゴミです。

If the system does not work, it is just garbage.

―― さて、始めるか(ため息)

-- Well, let's get started (sigh)

-----

最近は、お風呂にタブレットを持ち来んで、二次創作小説を読んでいます。

Recently, I bring my tablet to the bath to read "side story".

それにしても、二次創作小説には、話を完成させずに、途中で放置しているものが、多数散乱しています。

However, there are numerous scattered items that have been left in the middle of the story without completing it.

広げてしまった話を、収集や回収できなくなって、放り投げてしまう、ということも理解できます。

I can understand how a story the writer spread around, and no longer be collected or recovered, and finally they throwed it out.

それに『完結させないで放置する自由がある』 ―― これがプロとアマの違いでもあるでしょう。

Besides, 'they have the freedom to leave it unfinished' -- this is probably the difference between professionals and amateurs.

と言いつつも、読ませて貰っている身分で、文句を言うのは傲慢ですが ―― どんな結果になろうとも、物語はキチンと完結させて欲しい、と思います。

It is arrogant of me to complain as a reader, but I would like to read the story completed properly, no matter what the outcome.

-----

ただ、感想(賞賛や批判)も全くやってこない中、文章を書き続けるというのは、かなりの苦行であることは、知っています。

However, I know that it is quite a struggle to keep writing when no feedback (praise or criticism) comes at all.

『お前の小説なんか、読みたくない。さっさと止めてしまえ』という暗黙の圧力を受けているような気持ちになります。

"I don't want to read your novels at all. Stop it". You might feel as if you were under unspoken pressure.

よく分かります。

I can understand it well.

これって、本当につらいですよね。

This is really hard.

私も、コラムをリリースする度に、そういう想いに至ることがあります。

I also come to that thought every time I release a column.

そういうあなたに、是非、私の想いを届けたいです。

I would like to share my thoughts with you.

'Reach just one reader'

-----

私は、こういう気持ちで、毎月コラムを寄稿させて頂いています。

I contribute my monthly column with the thought.


2022-04-13 ―― 江端(のコラム等)をディスる時に使える [長年日記]

私は使いませんでしたし、これからも使わないと思いますが ―― LINEのスタンプって、便利ですよね。

I didn't use it and I don't think I ever will -- LINE stamps are very useful.

これまで「言葉」でがんばってきた私の努力が、「無駄」だったとさえ思えます。

I even think that my efforts to date in "words" have been "in vain".

まあ、ここまで、「顔文字」も「絵文字」も使わずにがんばってきましたので、最後まで、この意地を ―― 根拠のない「意地」ですが ―― を通してみたいと思います。

Well, I have tried my best so far without using any "emoticons" or "emojis," and I would like to keep up my will until the end, even if it is an unfounded will.

-----

ところで、

By the way,

I (Tomoichi Ebata) am not the creator of the stamp on https://store.line.me/stickershop/product/4785055/ja.

ただ、「私の普段の振舞い」を知っている人であれば、『江端智一が作った』と勘違いする内容のコンテンツとは思います。

However, I think that if people know "my usual behavior", they would misunderstand the content to be "created by Tomoichi Ebata".

しかし、私ではありません。私には、画才はありません。

But not me. I have no artistic talent.

-----

むしろ、このスタンプは、

Rather, this stamp

―― 江端(のコラム等)をディスる時に使える

"Can be used to disrespect Ebata's columns, etc."

と、思いました。

I think so.


2022-04-14 『「優しさ」や「思いやり」を社会に期待するのは、無駄だよ』 [長年日記]

江端家では、午後7時のNHKニュースを見る時間に合わせて、夕食となります。

At the Ebata household, dinner is timed to coincide with the 7 p.m. NHK news.

そして、最近、私は『食欲が低下』しています。

And recently, I have been 'losing my appetite'.

----

今回の、ロシアによるウクライナ侵攻は、

The Russian invasion of Ukraine teaches me, that

- 国際連合も、

- The United Nations,

- 国際条約も、

- International treaties,

- 国際司法裁判所も、

- the International Court of Justice,

- 主権の独立という考えや

- the principle of sovereign independence

- 正義という概念や、

- the concept of justice,

- 平和への希求や、

- the hope for peace,

- 様々な信仰も、

- various faiths,

つまるところ、『役に立たないんだ』ということを、改めて実感させてくれるものになりました。

After all, it became a reminder that 'those things are not useful'.

----

もちろん、全てのケースで『役に立たない』という訳ではないのでしょうが、私益に直結する問題

Of course, it may not be 'useless' in all cases, however, according to the matter directly related to private interests,

―― "生存権"という言葉の前では

"in the face of the word 'right to life'"

これらが、ほぼ100%踏み躙(ふみにじ)られ、効果を発揮できないことを、今更ながら再確認しました。

I now reconfirm that these are almost 100% ignored and ineffective.

『生き残ることが正義』『その為なら自分以外の人間の犠牲など物の数ではない』と開き直られたら、(少なくとも私は)反論できません。

If they say, "Survival is justice," or "The sacrifices of people other than myself are nothing compared to that," I can't argue with them (at least I can't).

―― 奴には権力(暴力装置(*))があって、私にはない

"He has the power, I don't"

(*)主に軍隊や警察などを指し、広義には政府、国家など強制力を持つ公権力全般

(*) Mainly refers to the military, police, etc., and in a broader sense, all public authorities with coercive power, such as the government and the state.

私(江端)は「正義」でも「平和」でもなく、ただ「弱い」だけです。

I (Ebata) am neither "justice" nor "peaceful". I am just "weak".

----

という訳で、

Therefore,

『「優しさ」や「思いやり」を社会に期待するのは、無駄だよ』

"Expecting 'kindness' and 'compassion' from society is futile"

と、子どもたちに教える教育にシフトした方が、子どもたちにとっては、親切なのかもしれないなぁ、

Maybe it would be kinder to the children if we shifted our education to teach them that way...

などと考えていると、食欲も落ちてくるのです。

Thinking about it makes me lose my appetite.


2022-04-15 ―― 人の資格試験の合否を、メディアで公開していいのか? [長年日記]

―― 人の資格試験の合否を、メディアで公開していいのか?

"Is it no problem to publish a person's pass/fail on a qualifying exam in the media?"

と思うのですが、これを論理的に正当化できる理由を知っている人は教えて下さい。

I think it is a serious problem, however, if you know of a logical justification for this, please let me know.

そもそも、皇籍を離れた人は普通の民間人だと思うし、その配偶者は文句なしに一般人です。

To begin with, I believe that those who have left the imperial family are ordinary civilians, and their spouses are unquestionably civilians.

ならば、当然にプライバシーは守らなければなりません。

Then, of course, their privacy must be protected.

-----

以前、著名な政治家の子どもが起こした刑事事件の報道について、名誉毀損についての裁判が行われました。

There was a previous court case on defamation regarding the reporting of a criminal case involving the child of a prominent politician.

この時、司法は

At this time, I remember that the judiciary said

『著名な権力者の子どもは、その権力を継承する可能性があることから、公共性がある』

'Children of prominent authorities are public because they are likely to inherit their power.'

として、訴えを却下した、と覚えています。

and dismissed the suit.

私の知りたいのは、(その是非はともあれ)今回のケースにおける、上記の様なロジックです。

What I would like to know is the logic of the above in this case (regardless of the "pros" or "cons").

例えば、『皇籍離脱後に、皇籍復活の可能性がある』とか、そんな話です。

For example, 'there is a possibility of restoration of the imperial family after leaving the imperial family' or something like that.

-----

公共性を言うのであれば、

If you're talking about publicity.

"Seating two hours before the start of a regular or special session of the Diet and a TOEIC test taken by all members of the Diet."

の方が、はるかに公共性があると思います。

This is far more public.

■全ての国会議員のTOEICスコアの公開

- Publication of TOEIC scores for all members of Congress

■受験忌避者の議員資格の剥奪

- Disqualification of persons who avoid taking the examination

という条件付きで。

with the condition.

英語は事実上の国際言語であり、国会議員は、外交を担うフロントですから。

English is the de facto international language, and members of Congress are the front for diplomacy.

-----

ともあれ ――

Anyway--

犯罪者でもない限り、当人が『忘れて欲しい』と望むのであれば、私たちは『忘れる』ことに、協力的であっても良いと思います。

Unless the person is a criminal, we are willing to cooperate in "forgetting" if he or she wants us to forget.


2022-04-16 『何事も基礎が大切』という大人がいたら ―― その大人のことは、信じなくてもいいです。絶対に、です。 [長年日記]

ティーンエイジャの皆さん。

Dear my teenagers.

『何事も基礎が大切』という大人がいたら ―― その大人のことは、信じなくてもいいです。

If there is an adult who says, "The basics are important in everything" -- you don't have to believe that adult

絶対に、です。

ABSOLUTELY.

-----

私、今、ここ半年ばかりの時間を費やして作ってきた、プログラムの最終段階に入っています。

I am now in the final stages of a program that I have spent the last six months.

様々なプログラムをマージ(結合)させていくと、これまで出てこなかった問題が次々と出てきて、心を折られています。

As I merge (combine) the various programs, many problems appear with breaking my hearts.

その証拠として、今、私の体重は、『人間ドッグの当日に持ち込む体重』にまで、落ち込んでいます。

As proof, my weight is now down to 'the weight I bring on the day of my physical exam'.

-----

で、今思っていることは、

And now I'm thinking the following,

「もっと、排他処理の設計を緻密にすべきであった」

"The design of the exclusion process should have been more precise"

「もっと、Websocketの発行タイミングを慎重にコーディングすべきであった」

"The coded the timing of the Websocket issue should be more careful"

「当初から、今の設計方針が分かっていれば」

"If only this design policy had been in place from the beginning"

であり、

これは、一言で纏めると、

These can be summed up in one word.

『何事も基礎が大切』

"The basics are important in everything"

に帰着します。

-----

ところが、問題があります。

However, there is a problem.

『基礎が大切』であることの言葉の意味は、

The meanings of "The basics are important in everything" are,

(1)その『基礎』が何なのかが、スタート時には不明であること

(1) It is unclear at the start what that "basics" are.

(2)その『基礎』は、人によって、全くバラバラであること

(2) The "basics" are completely different from person to person.

です。

加えて、

in addition,

(3)そもそも、『基礎』は、これ以上もなく「退屈」で「苦痛」であること

(3) In the first place, "basics" are "boring" and "painful" without any more

(4)『基礎が大切』であるという言葉は、個々人の「後悔」から発せられていること

(4) The phrase "the basics are important" is emanating from the "regret" of each individual.

です。

-----

だから、

Therefore,

『私は、『基礎』を大切にしました。だから、何の問題もなく、今の私の成功があります』

"I took care of the 'basics'. That's why I am successful now, without any problems."

などと、語っている奴は、世の中に"一人もいない"のです(もしいたら、教えて下さい)。

There is "no one" in the world who says such a thing (if there is one, please let me know).

もし、本気でそれを言っているなら"単なるバカ"か、"低い目標を設定した低い志の人間"というだけの話です。

If they are really serious, they are either "simple idiots" or "people with low aspirations who set low goals.

いずれにしても、そのような人物は、ティーンエイジャの皆さんが、信用するに足る大人ではありません。

In any case, such a person is not an adult whom you teenagers can trust.

では、どのような大人なら信じていいか?

So what kind of adults can you trust?

―― 私は、このようにやって失敗して『基礎が大切』だと思ったけど、後の祭だったよ

"I failed at doing it this way and thought 'the basics are important', but it was just an 'It is no use crying over spilt milkl'"

とだけ、語って、その、自分だけの『基礎』を、あなたたちに押し付けることなく、話をストップできる勇気のある大人です。

An adult who has the courage to stop talking, and not impose his/her own personal "basics" on you

-----

という訳で、「基礎」なんて、ゴミです。

Therefore, "basics" are garbage.

それよりもっと大切なことは、「(1)始める勇気」であり、それを「(2)楽しむ工夫」と「(3)続ける工夫」だと思います。

What is more important is "(1) Courage to start" and "(2) Ingenuity to enjoy" and "(3) Ingenuity to continue".

この3つに関しては、誰もあなたに教えられません。

No one can tell you about these three.

自力で見つけていくしか、ありません。

You have to find it on your own.

-----

例えば、今読んで頂いている「英文を併記する日記」は、かなり覚悟がいりました。

For example, I was quite prepared for the "Diary with English text" that you are reading now.

特に、上記の「(1)始める勇気」は、本当に大変でしたよ。

Especially, the above "(1) Courage to start" was really hard.

おかげで、毎日「『基礎』は大切だったなぁ」を実感できています。

Thanks to this, I am able to realize every day that "the 'basics' WERE important.


2022-04-17 『娘を返せ! 妻を返せ! 家を返せ! 土地を返せ! 俺たちが、お前らに一体何をしたというんだ!! 答えろ! ○○(敵国の為政者)!!』 [長年日記]

国際法違反の非戦闘員への攻撃の被害者であるウクライナの人の多くが、英語のインタビューに普通に応じているのを見て、驚いています。

I am surprised to watch many Ukrainians, victims of attacks on non-combatants in violation of international law, being interviewed normally in English.

非戦闘員である民間人が、(通訳を介さずに)自分の言葉で世界に主張できるかどうかは、情報戦において、物凄いインパクトがあると思うからです。

I believe that the ability of non-combatant civilians to assert their inhumanity to the world in their own words (without an interpreter) will have a tremendous impact in the information war.

我が国も、ウクライナと同様に、他国から侵略される可能性があります。

Our country, like Ukraine, could be invaded by another country.

# もっとも、我が国は、すでに国内に他国の軍事基地の駐留を許しているので、『侵略済み』とも言えますが、それはさておき。

# However, it could be said that our country has already been 'invaded' since we already allow other countries' military bases to be stationed in our country, but that is beside the point.

「侵略者の非道」を語る時に、世界に対して、事実上の世界言語である「英語」を使って語れるかどうかは、国防上、重要な事項ではないか、と思います。

When talking about the "atrocities of the aggressor," I think it is an important matter of national security to be able to speak to the world in English, the de facto world language.

However, the percentage of people in Japan who are literate in English is "4%" according to Ebata's estimate.

少ない。

Overwhelmingly low

英語のインタビューに対応できる日本人は、(私を含めて)は『いない』として考える方が良さそうです。

It would be better to assume that there are no Japanese (including me) who can handle an interview in English.

-----

今回の戦争では『情報戦のやり方』が変ってきているなぁ、と実感しています。

I feel that "the way of information warfare" is changing in this war.

これまでの情報戦は、国家政府のインテリジェンス(諜報機関)にる、プロパガンダやエスピオナージ(諜報活動)が中心でした。

Until now, information warfare has centered on propaganda and espionage by the intelligence agencies of national governments.

しかし、今回は、市井(しせい)の市民による、リアルタイム(あるいはライブ)の情報発信が、大きなインパクトになっていると思います。

This time, however, real-time (or live) information dissemination by citizens of the city has made a big impact.

戦争中の国際世論は勿論、戦後の戦争裁判の証拠が満載となる、という状況は、為政者に対してプレッシャーになると思います―― まあ、為政者にもよると思いますが。

I think that a situation where the evidence of the war trials after the war, not to mention international public opinion during the war, will be full of evidence, will put pressure on the rulers - well, it depends on the rulers, I guess.

(技術者としては、ブロックチェーン等を使った『証拠の保全と真正保証技術』が重要になってくるな、と思っています)

(As an engineer, I think "evidence preservation and authenticity assurance technology" using blockchain, etc. will become important.)

-----

「将来の侵略戦争に備えた英語の勉強」を、文部科学省が、英語教育の指導要領に書けるか、というと、ちょっと厳しいかな、とは思います。

It is a bit tough to say whether the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) can write "studying English in preparation for future wars of aggression" into the guidelines for English education.

となると、現場の教師の裁量ってことになるかなぁ。

So I guess it would be the discretion of the teachers in the field.

『ヘイ、ナンシー。今日はどこに行くんだい』

'Hey, Nancy. Where are you going today?"'

『あら、ボブ。今日はトムとデートよ』

'Oh, my God, Bob. Tom and I have a date today'

という会話レッスンの代わりに、

Instead of these conversation lessons,

『娘を返せ! 妻を返せ! 家を返せ! 土地を返せ! 俺たちが、お前らに一体何をしたというんだ!! 答えろ! ○○(敵国の為政者)!!』

'Give me back my daughter! Give me back my wife! Give me back my house and our land! What the hell have we done to you people! Answer me! XXXXX(The Enemy statesmen)!'

というフレーズの丸暗記だけでも良いかと思います。

I think it would be good to just memorize these phrases.


2022-04-18 晴れて完成(動作確認後)の暁には、このプログラムの開発コードを『コロナ』と改名しようかと考えています。 [長年日記]

現在着手中のプログラムが、完成間近になって、深刻な(面倒くさい)バグでスタックしています。

A program I am currently working on is stuck with a serious (and troublesome) bug as it nears completion.

と、まあ、このことは、これまでも散々書いてきたので、ご存知かと思いますが。

And, well, I'm sure you know this, as I have written about it extensively.

ただ、一つ言えることは、

One thing is for sure,

―― 在宅勤務がなかったら、絶対に着手できなかっただろう

"I never would have embarked on it if I didn't have telecommuting"

と確信できることです。

As such, I can be sure.

『連続して10時間以上、早朝までコードと格闘する』という贅沢が許されたのは、コロナ禍の恩恵と言えます。

It is a blessing of the Corona disaster that I was allowed the luxury of 'wrestling with the cord for more than 10 hours in a row, until the wee hours of the morning'.

-----

現在、このプログラムは"1-9-4"とか、ディレクトリ名で呼んでいます。

I currently refer to this program by the directory name "1-9-4".

晴れて完成(動作確認後)の暁には、このプログラムの開発コードを『コロナ』と改名しようかと考えています。

I am thinking of renaming the development code of this program "Corona" when it is finally completed (after confirming that it works).

憎悪と恩恵と入り混ったこの期間を、後世の『私』に伝える、最適なコードネームと確信します。

I am convinced that this is the best code name to convey to future generations of "me" this period of mixed feelings of hatred and beneficence.


2022-04-19 『嫌いな奴から言われることは、その是非に関係なく、全ての内容に100%ムカつく』 [長年日記]

長女と話をしていて、常に一致する意見は、

When talking to my senior daughter, there is one opinion that we always agree on.

『好きな人が言うことは、それが厳しい意見であっても受けいれられる』

'I can accept what people I like say, even if it's a harsh opinion.'

が、

on the other hand,

『嫌いな奴から言われることは、その是非に関係なく、全ての内容に100%ムカつく』

'I am 100% pissed off by everything that is said by someone I don't like, regardless of the merits of it.'

ということです。

これは、社会人新人である長女と、社会人シニアである私の、共通見解です。

This is a view shared by my daughter, a working newcomer, and myself, a working senior.

-----

上司(学校の教師も含む)にとって『嫌われないこと』は、組織のマネージメントの観点から言えば、極めて重要なことです。

For supervisors (including school teachers), "not being disliked" is extremely important from the perspective of organizational management.

私、アドラーについては、ちょっと本を読んだくらいなのですが、正直、私には、あまり参考になりませんでした。

I have read a little bit about Adler, however, his arguments were not very helpful to me honestly.

「嫌われる勇気」という本の内容は存じませんが、ただ、題目通りの意味での「嫌われる勇気」を組織で実施したら、大問題です。

I do not know the contents of the book "The Courage to Be Disliked," but it would be a big problem if "the courage to be disliked" in the sense of the title were implemented in an organization.

それは、「組織におけるマネージメントの崩壊」と同義だからです。

That is because it is synonymous with "the collapse of management in an organization.

-----

私たちは、原則として『嫌いな奴を、好きになる努力』なんぞはしません。

We do not, as a rule, 'try to like someone we don't like'.

そんな膨大なコストを、嫌いな奴のためにかける余裕はありません。

We cannot afford such huge costs for someone we don't like.

そんな奴は、素直に嫌い続けた方がラクです。

It's easier to continue to dislike someone like that honestly.

故に、少なくとも私は、『嫌いな奴の業務命令には、その命令の範囲内の事項を実施して、それ以上を行わない』です。

Hence, at least for me, 'when I get a work order from someone I don't like, I carry out the matters within the scope of that order and no more'.

『嫌いな奴の期待以上のことをやると、嫌いな奴が喜ぶかもしれない』 ―― そう考えるだけで、不愉快です。

'If I do more than what someone I don't like, he/she might be pleased' -- just the thought makes me unpleased.

-----

もっとも、「嫌われる勇気」は、組織を離れたところで発揮する分には一向に構いません。

However, it is no problem that "the courage to be disliked" can be demonstrated somewhere away from the organization.

私も同意しますし、実践もしています ―― というか、それが私のデフォルトです。

I agree and practice it -- or rather, it is my default.

ただ、組織内で「嫌われる勇気」などとうそぶいている奴は、物凄く迷惑なんですよ。

However, those who are not afraid to brag things like "the courage to be disliked" within their organizations are extremely annoying.

I, 14 years ago, also wrote -- with the "food waste" metaphor.


2022-04-20 もちろん、電動自転車は偉大ですが、『私も結構イケてる』と思うことにしました。 [長年日記]

昨日、仕事で宇都宮市に行ってきました。

Yesterday, I went to Utsunomiya City on business.

そして、現地調査の為に、要所を走り回る必要があったのですが、

And I had to run around to some key locations to do some field work.

タクシーは現地を詳細に見れないし、バイクは危険なので、面倒な申請をしないと使用許可は降りないです。

Cabs cannot see the area in detail and motorcycles are dangerous, so permission to use them is not granted without a tedious application process.

とすると、「レンタルサイクル」が候補になります。

Then, "bike rental" is a candidate.

電動自転車でないと、私の足が壊れると確信しました。

I was convinced that my legs would break if I didn't use an electric bike.

宇都宮市のレンタルサイクルに電話で問い合わせをしたのですが、8:00開始から10分程度で、全ての電動自転車が出払ってしまうと聞きました。

I called Utsunomiya City Rental Cycle and was told that all electric bicycles would be out of service within 10 minutes of the 8:00 start time.

始発の電車と、新幹線を使って、宇都宮に7:30に到着して、列の先頭に並んでいました。

I arrived at Utsunomiya at 7:30 a.m. using the first train and the Shinkansen, and was at the front of the line.

それでも、無事、電動自転車を借りることができて、本当に良かったです。

Still, I was very happy to be able to rent an electric bicycle without incident.

-----

Still, while on the move, I had a pretty bad situation with my phone running out of power and a hunger knock at the same time.

目の前に、マクドナルドが見えた時は、『天の助け』と、本気で感謝しました。

When I found McDonald's in front of me, I really thanked God for the help.

これから、私は「マック最高」と言い続けます。

From now on, I will continue to say "Mac is the best".

-----

で、本日、視察報告書を作成する為に、ルート長を計算したのですが、ビックリしました。

So today, I calculated the route length in order to prepare the inspection report, and I was surprised.

合計距離、43.46km

Total distance, 43.46 km

もちろん、電動自転車は偉大ですが、『私も結構イケてる』と思うことにしました。

Of course, electric bicycles are great, but I decided to think, 'I'm pretty cool too.


2022-04-21 どこの世界に「小説が長い」と文句を言う人がいますか? [長年日記]

本日、80人からなるメンバのリモートミーティングの司会をやってきました。

Today, I moderated a remote meeting of 80 members.

日本人は、時間厳守と言われていますが、それは「開始時だけ」のように思えます。

Japanese are said to be punctual, but that seems to be "only at the start".

―― 日本人の多くは、プレゼン発表をやらせると、大抵時間内に終わらせることができない

"Many Japanese, when asked to give a presentation, usually fail to finish it in time"

自分の発表内容が、自分以外のほとんどの人にとって、『いかに、興味のない、つまらないことであるか』に対して、無自覚に過ぎます。

They are too unaware of how uninteresting and boring their presentations are to almost everyone else.

『持ち時間6分で』と、私は、少なくとも5回は警告したはずですが、最短でも8分、12分を越える発表もありました。

I must have warned them at least five times, 'You have six minutes,' but the shortest presentation was eight minutes, and some exceeded 12 minutes.

-----

私は、司会者として、

I, as the moderator of the meeting

(1)時間切れのセッションは、質疑応答を打ち切りを宣言、

(1) Declared skipping of question-and-answer session of a session whose time has expired.

(2)1分前に質問の受付、問答無用で中止を強行

(2) Forced to stop accepting questions one minute before,

(3)質問5秒のみ待ち、その後は、直接、出席者を指名、

(3) Waited for 5 seconds for questions only, then nominated attendees in a person directly

という方式の採用の宣言をして、ミーティングを強行しました。

The meeting was forced with a declaration of the adoption of a method called

―― 司会者の仕事は、時間内にイベントを完了すること

"The moderator's job is to complete the event on time"

だからです。

場と時間をコントロールできない司会者は、「いない」のと同じです。

A moderator who cannot control the occasion and time is as good as "not there".

-----

ところで、江端のコラムは、コメントの90%以上に『長い』と書かれていますが ―― 私は、悪くありません。

By the way, Ebata's column is described as 'long' in over 90% of the comments -- however, I am not

「長い」文章に、苦痛を感じる人は、読まなければ良いだけのことです。

If you feel painful for "long" sentences, you don't have to read them.

そもそも、私の書いているのはコラムです。

To begin with, what I am writing is a column.

コラムとは、文学の一態様であり、小説と同じジャンルです。

"Column" is a form of literature, the same genre as the novel.

私のコラムは、扱っている題材が、たまたま技術や数学や統計結果であるだけです。

The subjects my columns deal with just happen to be technology, mathematics and statistical results.

どこの世界に「小説が長い」と文句を言う人がいますか?

Where in the world does anyone complain that "a novel is too long"?

-----

比して、組織の会議からは「逃げられません」。

In contrast, no one can "escape" from the organization's meetings.

コントロールされていないダラダラの会議は、聴講者にとって、結構な地獄です。

An uncontrolled, lazy meeting is pretty much hell for the audience.

故に、場と時間をコントロールできない司会者は、「いない」以前に、「迷惑なほどの低能」と言い切っても良いでしょう。

Therefore, it is no problem to say that a moderator who cannot control the occasion and time is "annoyingly low".


2022-04-22 私は、『勝負に出ないことで、負けない』という生き方をしてきましたが、そのおかげで、本が読めて、コラムが書けて、プログラミングができて、御飯が食べれる生活を送れています。 [長年日記]

A reader of the column recommended the book, "Fooled by Randomness" -- which is interesting.

紹介文にある『人はどうして、投資で儲かると自分の実力だと思い込み、損をすると運が悪かったと思うのか?』の一文に集約されると思います。

I think the introduction's sentence, "Why do people think it's their own ability when they make a profit on an investment and think it's bad luck when they lose money?" in the introduction.

この本で頻出されている「モンテカルロ法」は、私も"利用"というか"濫用"しています。

I have "used" or rather "abused" the "Monte Carlo method" frequently mentioned in this book.

複雑な数式で確率を求めるよりも、簡単なプログラムで、サクっと確率値答えが出てくるので、本当にラクなのです。

It is really easy to get a quick probability value answer with a simple program rather than a complicated formula.

I used to use the Monte Carlo method all the time in my columns around here, and it was really useful.

(その後、読者の方が、定式化に成功されています)

(A reader has since successfully formulated it.)

それはさておき。

Aside from that.

-----

『勝負に出たら、その時点で負け』というのは、数理解析エンジニアである私にとっては、普通の常識です。

As a mathematical analysis engineer, it is common sense to me to say, 'If you start playing the game, you lose at that point.

『自分だけは勝てる』と信じるには、私は、これまで、色々な計算をやり過ぎたように思えます。

It seems to me that I have done too many calculations in the past to believe that I am the only one who can win.

私は、『勝負に出ないことで、負けない』という生き方をしてきましたが、そのおかげで、本が読めて、コラムが書けて、プログラミングができて、御飯が食べれる生活を送れています。

I have lived a life of "if you don't play the game, you won't lose" which has enabled me to read books, write columns, do programming, and eat rice.

これって、結構な『勝ち』だと思っています ―― あまり目立ちませんが。

I think this is quite a 'win' -- although not very noticeable.

-----

あ、この機会に、経過をご報告致します。

Oh, I would like to take this opportunity to report on the progress.

"Random Walkers on Wall Street" Barton Malkiel -> Unread

『すばらしき株式投資 Learn to Earn 』 ピーター・リンチ → 未読

"Learn to Earn" Peter Lynch, -> unread

Fast & Slow" Daniel Kahneman → read

『まぐれ』ニコラス・タレブ → 既読

"Fooled by Randomness" Nicholas Taleb -> read

"Black Swan" Nicholas Taleb → read

"Moneyball" Michael Lewis → read

"Flash Boys" Michael Lewis →read

です。

-----

特に、『フラッシュボーイズ』は、もう、何度読んだか分からないくらいの、江端の大絶賛本です。

In particular, "Flash Boys" is a highly praised book by Ebata that I can't tell you how many times I've read it.

# 映画化のストーリーの酷さには、目も眩むほどでしたが(本当に、あれは無駄な時間でした)

# I was dazzled by how bad the story of the film adaptation was (really, that was a waste of time).

ともあれ、『フラッシュボーイズ』を読んで、「一般人トレーディングは、喰いものにされるだけ」を、魂のレベルで理解しました。

Anyway, after reading "Flash Boys," I understood on a soul level that "ordinary people trading are just going to get eaten alive.

現在連載中の「お金に愛されないエンジニア」シリーズでは、私は『インデックス投資』しか選択肢がないんですよ。

In my current series, "The Engineer who is not loved by money", I have only 'index investing' as an option.

まあ、この話はいずれまた。

Well, I'll get back to this story at some point.


2022-04-23 シニアの『"昔の武勇伝"ハラスメント』を叩き壊すのに、十分な、脅威(恐怖)だっただろうと思います。 [長年日記]

私の娘たちは、原則、他人に対して愛想の良い人間です ―― 私と同様に。

My daughters are, as a rule, amiable to others -- just like me.

いや、マジで。

Well, seriously.

私、職場では、とても愛想良くしています。

I, at work, am very amiable.

I am convinced that I could write a whole column on the subject of "Amiability as a Strategy.

-----

以前、娘が努めていたバイト先で、初老のお客さんから、メールを送りつけられて困っていた時のことです。

It was at a part-time job where my daughter used to work that she had a problem with a senior customer who sent her an email.

どうも、「自分の過去の輝かしい経歴」を長々と書いたメールを送りつけられたようです。

Apparently, the man sent her a long email describing "my illustrious past".

彼女は対応に困って、私に相談が落ちてきたのです。

She was having trouble coping and the consultation fell to me.

娘は、そのお客さんに『業務』で愛想よくしていたのですが、お客さんは、娘が『好意』で愛想していた、と ―― まあ、これは、シニアだけでなく、どこにでもあるような話です。

My daughter was being sociable with the customer in her 'business', but the customer came to think that she was being sociable with him in her 'favor', and -- well, this is a story that seems to be everywhere, not just with seniors.

『今の自分ではなくて、"昔の武勇伝"を伝えたいシニア』 ―― これは、もう、飲み会における、若手に対するハラスメントNo1案件でしょう。

Senior who wants to tell his "old saga" instead of his "current self" - this is probably the No. 1 case of harassment against young people at a drinking party.

しかし、同時に、私にも、心当たりのある話です。

But at the same time, it is a familiar story to me.

-----

ご存知の通り、私は、毎日、かなり膨大な文章を書いて、公開しています。

As you know, I write and publish quite a huge amount of text every day.

で、私は、メールや資料の中で、この文章のリンク(引用)を濫用しています。

And I am abusing the link (quote) of this text in emails and documents.

これって、『過去の自分の考えを、説明を省いて、伝えたい』という想いからの行為ではあるものの、読み手に取っては十分なハラスメントになっていると思うのです。

Although this is an act of 'I want to convey my thoughts from the past, with no explanations,' I think it is harassment enough for the reader.

―― まあ、リンクはスキップできるから、まだ、上記のシニアの方よりは、罪が少ない

-- well, readers can skip the link, so still less culpable than the senior above.

と、開き直ってはいますが。

So I have ignored the fact.

それでも、『過去の自分を語りたい』という点においては、違いはありません。

Still, there is no difference in 'I want to talk about my past.

私も、『"昔の武勇伝"を伝えたいシニア』である、という事実を認めましょう。

Let's admit the fact that I, am also a "senior who wants to tell the 'saga of the past'".

シニアとは、可哀想な生き物なのです。

Seniors are poor creatures.

でも、「分ってくれ」とは言いません。

But I don't ask you to understand.

いずれあなたにも分かるようになるから。

Because eventually you will understand.

-----

さて、上記のトラブルシューティングですが、私は娘に、以下のような返事を書いて、これを送れと言いました。

Now, in troubleshooting the above, I instructed my daughter to send the following email.

====== メール文面 ここから ======

====== Email text from here ======

頂いたメールにつきまして、会社で知財部の業務を行っている父に相談しました。

Regarding your email, I discussed this with my father who is in charge of the IP department at his company.

『その情報を知り、または知りえる状況にあることは、個人情報保護法違反の当事者(正犯)となり、罰則の対象になり得る』と警告されました。

He warned me that "Known or just in a situation where I could know, will make me involve in violation of the Personal Data Protection Law (rightful offender), and Possible penalties"

申し訳ありませんが、頂いたメールは、先程、全文消去させて頂きました。

I apologize to you, however I have just erased all your emails I have received.

今後、このようなメールは、一切御遠慮させて頂きたく、何卒よろしくお願いします。

I would appreciate it if you would refrain from sending us any such e-mails in the future.

江端

Ebata

====== メール文面 ここまで ======

====== Email text to here ======

この一件、その後、無事? 完了したようです(報告は聞いていません)

This one seems to have been completed successfully since then (I have not heard a report).

まあ、バックエンドに、知財部(との知り合いと一緒に仕事をしたことのある)父がいて、そこに「仁王立ち」で立っているという絵柄は ――

Well, on the back end, the picture of her father, who has worked with an acquaintance in the IP department (with whom I have worked), standing proudly behind her -----

シニアの『"昔の武勇伝"ハラスメント』を叩き壊すのに、十分な、脅威(恐怖)だっただろうと思います。

I think the this was a great threat (fear), that would have been enough to destroy the "old saga" harassment.


2022-04-24 『米国と中国が、量子コンピュータの開発から手を引いたら(諦めたら)、政府が、即断で予算を打ち切る』 [長年日記]

PCが登場するまえのコンピュータと言えば、メインフレームでした。

Before the advent of the PC, computers were mainframes.

いわゆる、広大なフロアに鎮座する、巨大な計算機の群れです。

It is what is called a cluster of giant calculators that sit on a vast floor.

設置の態様としては、今のデータセンタに似ているのですが、内容は全く違います。

Although the installation is similar to today's data centers, the content is completely different.

スーパーコンピュータ(スパコン)とも外観は似ていますが、スパコンは、汎用計算機(汎用OS、汎用言語を搭載)ではない点が異なります。

It is similar in appearance to a supercomputer, but differs in that a supercomputer is not a general-purpose computer (equipped with a general-purpose OS and general-purpose language).

-----

日本は、かつて、世界に冠たるメインフレーム大国でした。

Japan was once the world's leading mainframe powerhouse.

これは、当時の通産省(今の経済産業省)の働きが大きかったのです。

This was largely due to the work of the then Ministry of International Trade and Industry (MITI) (now the Ministry of Economy, Trade and Industry).

当時、世界中は、IBMのメインフレームを欲しがりました。

At the time, the world wanted IBM mainframes.

日本の産業界や、大学も同様でした。

The same was true of Japanese industry and universities.

ところが、通産省が、これを徹底的に『邪魔』したのです。

However, MITI thoroughly "interfered" with this.

『同じ性能なんだろう。それなら、日本製のメインフレームを買え』と。

'It must have the same performance. Then buy a Japanese mainframe.

まあ、こうして日本のメインフレーム産業は保護され続け、IBMと肩を並べるほどの市場を獲得するに至ったです。

Well, in this way, the Japanese mainframe industry continued to be protected, and the market has grown to the point where it rivals that of IBM.

-----

さて、最近、我が国は、「国産量子コンピュータ」の保護政策に乗り出したようです。

Now, it seems that our country has recently embarked on a policy of protecting "homegrown quantum computers".

この動きを、私は興味深く見ております。

I am watching this move with great interest.

I used to do a series of articles on quantum computers for about six months.

その時の私の見解は

My view at the time was,

『量子コンピュータは、まだ研究段階の域を出ていない』

"Quantum computers are still in the research phase"

でした。

連載の最終回から、1年半が経過していますが、実用段階に入るような、新しい技術開発があったのでしょうか?

A year and a half has passed since the last issue of the series. Have there been any new technological developments that have entered the practical stage?

-----

ニュースによれば、

According to news reports,

『東北大学など4カ所に新たに研究や人材育成の拠点を設けることにしていて、2030年には量子技術の利用者を1000万人にする目標も掲げている』など、とても具体的です。

"The government is planning to establish four new research and human resource development centers, including at Tohoku University, and has set a goal of 10 million users of quantum technology by 2030."

They are very specific.

もちろん、研究段階であろうと、実用段階であろうと、私に「国産量子コンピュータ」の保護政策に反対する理由はありません。

Of course, I have no reason to oppose a policy of protection for "homegrown quantum computers," whether in the research or practical stage.

-----

私が心配しているのは、研究者ではなく、政府の方です。

My concern is not with the researchers, but with the government.

「国産量子コンピュータ」は、20年~50年単位での、長期間の膨大な予算が必要となります。

A "homegrown quantum computer" would require a huge, long-term budget, on the order of 20 to 50 years.

これに耐えうるだけの、我慢強い予算を付け続けられるのかが、心配です。

I am concerned about whether they can continue to budget patiently enough to withstand this.

一番ありそうなシナリオは、、

The most likely scenario is that,

『米国と中国が、量子コンピュータの開発から手を引いたら(諦めたら)、政府が、即断で予算を打ち切る』

"If the U.S. and China back out (or give up) on the development of quantum computers, the government will immediately terminate the budget."

です。

過去には、実績もあります。

In the past, they have had a proven track record.

ドラマ『家政婦は見た』の言い方をすれば、

Like the drama "The Housekeeper Watches",

奥様、わたしみちゃったんです ―― シグマプロジェクト、エキスパートシステム、最近では国産半導体プロジェクトなどを、政府が放り投げて、逃げちゃったとこ。

I saw it, ma'am -- the government threw away the Sigma project, the Expert System, and more recently, the domestic semiconductor project, and ran away.

-----

もし上記のプロジェクトが継続できていたら、インターネットや、現在のAIは、日本がオリジンになっていた可能性が ・・・ あったかなぁ? ちょっと自信ないなぁ。

If the above project had continued, the Internet and the current AI could have originated in Japan..... No, that's not possible.

ただ、正直、日本の研究員には『狂気が足りない』とは思うんですよね。

But, honestly, I think that Japanese researchers are not 'crazy' enough.

そういう私も、未知の研究に対しては、熱意の持続時間が短い方だと思います ―― 日本政府と同様に。

As such, I think I also have a short duration of enthusiasm for unknown research -- just like the Japanese government.


2022-04-25 筋トレには興味ないのですが、『視野に入るところに「鉄棒」があれば、なんとなくぶら下がってみたくなる』というのは、新しい発見でした。 [長年日記]

私は、1993年から続けているhtmlによるサイトと、2年前から新しく始めたWordPressによる、2つのサイトを運営しています。

I run two websites, one in html, which I have been doing since 1993, and the other in WordPress, which I newly started two years ago.

WordPressの管理者画面では、読まれた記事のランキングが表示されます。

The WordPress admin screen shows the ranking of read posts.

And now, the No. 1 article of the month is this one.

-----

結構、これが、気持ち良くて、毎日3回はぶら下がっています。

I feel pretty using this trial, and hang out three times daily.

ぶら下がりより、懸垂の方、思いの外好調でして、現在、頭を天井ぶつけて、5cmだけ離し、しかも、足をジタバタさせて勢いをつける、という「インチキ懸垂」が、連続10回ほどできるようになりました。

I am doing better at pull-ups than hanging, and I can now do about 10 pull-ups in a row by hitting my head against the ceiling, pulling 5 cm away from it, and flailing my legs to gain momentum.

で、懸垂後に、ぶら下がりに移行するのですが、正直こっちの方が辛くて、20秒以上ぶら下がっていることができません。

And after the pull-ups, I move on to hanging, which is honestly more painful, and I can't hang for more than 20 seconds.

工事作業用のゴム手袋をして、ぶら下がっているのですが、20秒を越えると、握力が耐えられなって落ちてしまう、という状態です。

I wear rubber gloves for construction work and hang on, but after 20 seconds, my grip becomes unbearable and I fall off.

-----

この握力問題ですが、筋肉トレーニングしている人にとっては、よくある問題ということを知りました。

I have learned that this grip strength problem is a common problem for people who are doing muscle training.

So today, I went to Amazon and bought something called "Power Grip".

-----

筋トレには興味ないのですが、『視野に入るところに「鉄棒」があれば、なんとなくぶら下がってみたくなる』というのは、新しい発見でした。

I am not interested in muscle training, but I discovered something new: 'If there is an "iron bar" in my field of vision, I kind of want to hang on to it.


2022-04-26 ―― テントの居住性って、最悪です [長年日記]

最近、ソロキャン(一人キャンプ)が流行っています。

Solo camping (camping alone) has recently become popular.

私も、若い頃、バイクにキャンプ一式を掲載して、ツーリングに出かけていました。

When I was a young man, I used to post a set of camps on my motorcycle and go touring.

で、キャンプをやったことが「ない」人は、ときどきは「ある」人も忘れてしまいがちですが、

And people who have "never been" camping, or sometimes even people who have "been", tend to forget the following.

―― テントの居住性って、最悪です

"Tent habitability is the worst"

大抵、サウナのように暑いか、野ざらしのように寒いかの、いずれかです。

It is usually either as hot as a sauna or as cold as the open air.

当然、ろくな睡眠ができません。

Naturally, we cannot get a good night's sleep.

翌日、鉛のような体を引き摺って、移動しなければなりません。

The next day, dragging my lead-like body, we have to move on.

私、一度、GWに北陸にツーリングにでかけたことがあるのですが、2日目で体力の限界に達して、3日目はビジネスホテルに宿泊せざるを得ませんでした。

I once went on a touring trip to Hokuriku in GW, but I reached my physical limit on the second day and had to stay at a business hotel on the third day.

このままバイクの旅を付けたら、『事故を起こす』と確信できるレベルで、疲労困憊していました。

I was exhausted and convinced that if I continued on my motorcycle trip, I would 'cause an accident'.

-----

そもそも私たち人類は、自然の中で生きることを捨てて、家を作り、街をつくり、移動手段を作って、進化してきた種族です。

In the first place, we humans are a species that has evolved by abandoning the idea of living in nature, building houses, cities, and means of transportation.

予備訓練もしない、無茶な自然への回帰願望は、命にかかわります。

A reckless desire to return to nature, without preliminary training, can be deadly.

ソロキャンのデビューは、経験者とともに、十分な回数を積んでから ―― を、強くお勧めします。

I strongly recommend that you make your solo camping debut only after you have done the camp enough times with an experienced person.

下手すると、生涯『お家が一番』と決めつける『引きこもり』になる可能性があります。

To the worst case, you may become a "hermit" who decides that "home is best" for the rest of your life.

-----

Wandering around the world (mainly in Asia) with a backpack on my back - that was "me on another world line".

多くの犠牲を払って、「お家が一番」という「今の世界線」に、私は辿りついたのです。

With many sacrifices, I have arrived at the "current world line" where "home is best".


2022-04-27 さか上がり ―― それは、私が『愚劣教育の極み』と断定した、体育ハラスメントである、鉄棒運動の技の一つです。 [長年日記]

I used to think that the best invention I had seen in my lifetime was the peeler.

However, the year before last, it lost the top spot to "mRNA vaccines".

現在、この首位は不変なのですが、次点の「ピーラー」に対抗する"もの"が登場しました。

The top spot remains unchanged, but a new competitor to the runner-up, the peeler, has appeared on the scene.

It is "Power Grid"

-----

これ凄いです。

This is amazing.

私のぶら下がり限界時間が、20秒→60秒にアップしました。

My hanging limit time has increased from 20 seconds to 60 seconds.

使ってみた分かったのですが、「パワーグリッド」は、自分の体重を、握力だけで支えるのではなくて、腕に巻かれたバンドでも支えることができるため、弱い握力でも十分にぶら下がっていられるのです。

I found that the "Power Grid" can support my weight not only by my grip strength, but also by a band wrapped around my arm, so that I can hang on even with a weak grip.

ただ、私の部屋の鉄棒は、天井と鉄棒までの間隔が狭いので、掌に巻き込む弾性体(ゴム)が巻き付きにくくて、かなり手間がかかります。

However, the bars in my room are very narrow between the ceiling and the bars, so the elastic (rubber) that wraps around the palm is difficult to wrap around and takes a lot of work.

体を十分な高さに持ち上げないと、弾性体を掌に巻き付きを得られないので、現在、脚立を使って、天井に近付いています。

The body must be lifted high enough to get the elastic to wrap around the palm, so we are now using a stepladder to get closer to the ceiling.

-----

で、思ったのですが、これは、小学生たちを救済する、最終兵器になるのではないか、と思うのです。

And I thought this could be the ultimate weapon to save elementary school students.

"kick over" ---- It is one of the techniques of bar exercises, which I have determined to be 'the ultimate in foolish education' and physical education harassment.

パワーグリッドが、逆上がりに上手く適用できるかは不明ですが、もし上手く使えるのであれば、「逆上がり」に悩む子どもたち(かつての、私を含む)を、一気に救済するのではないか、と期待しています。

I am not sure if the Power Grid can be successfully applied to "kick over", but if it can be used successfully, I am hopeful that it will provide relief to children (including myself, once upon a time) who are struggling with "kick over" in one fell swoop.

「逆上がり」なんぞは、しょせん補助器具を使えば、誰でもできるものであるという事実は、「逆上がり」の価値を下落させ、教育現場から、「逆上がり」の意義を、消し去るに足ると思います。

The fact that anyone can do "kick over" with the use of aids is enough to diminish the value of "kick over" and erase the significance of "kick over" from the educational field.

まったく、

Anyway,

"There seem to be many adults in the world who want to insist at all costs that "children who don't play outside get bad grades"

でも、書きましたが、まったく、『「屋外で遊ぶ子ども」礼賛主義』には、本当にうんざりです。

But, as I wrote, I am really sick and tired of the "children playing outdoors" cultures.

どの口が『多様性の尊重』『個性重視』などと言ってやがる、と、思います。

I wonder what kind of people are talking about "respect for diversity" and "emphasis on individuality".

「とじこもり続け」「コミュニケーションを忌避する」 ―― そういう子どもを、そのままに認めることを、"ダイバーシティ"って言うのです。

A "shut-in" or "communicative disorder" - to accept such a child as he or she is is called "diversity.


2022-04-28 "ネガティブの感情" ―― フォースのダークサイド ―― の活用方法に関して、私の右に出るものは ―― 少ないと思います。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

-----

最近の私の仕事は「孤独」です。

My work these days is "solitary".

いや、『仕事が孤独』という意味ではありません。

No, I don't mean 'work is lonely'.

実験室に閉じ込もる生活は、ここ10年ずっと続いていたし、そのままコロナ禍から、在宅勤務に突入したので、「とじこもり」自体は問題ではありません。

The "shut-in" itself is not a problem, since I have been confined to the laboratory for the last 10 years and went straight from the Corona Disaster to working from home.

それどころか、私は、コロナ禍で、パフォーマンスを発揮することできた部類の人間です。

On the contrary, I am of the category that was able to perform with the Corona Disaster.

が、まあ、それはさておき。

Well, that's beside the point.

-----

本年度の私の研究のターゲット(の一つ)は「孤独」です。

The target (one of the targets) of my research this year is "loneliness".

孤独は、もちろんそれ自体が問題ですが、近年の研究によって、孤独によって発生する社会へのネガティブインパクトがハンパではないことが分かってきています。

Loneliness is, of course, a problem in itself, but recent studies have shown that the negative impact on society caused by loneliness is going to be serious.

まあ、仕事の内容については、詳しくお話できませんが ―― やはり、驚くべきことは、

Well, I can't tell you more about the job description -- however, the amazing thing is that,

―― その研究の担当者(の一人)が、この私(江端)である

"It is me that one of the people in charge of this research

という事実です。

-----

我が家では、私は『孤独の逆ベクトル』という取り扱われ方です。

In my family, I seem to be treated like the 'opposite vector of loneliness'.

自分でも、「一人に耐えられる」というよりは、「一人が好き」だと思います。

I think I "like being alone" more than I "can stand being alone".

『飲み会よりは、一人飯』『グループでの案出しよりは、マインドマップを使った一人検討』『野球やサッカーよりも、テニスかスキー』

"Eat alone than go out for a drink"," "Study alone with mind map rather than brainstorm in a group," "Tennis or skiing rather than baseball or soccer"

一体、会社は、何を考えているんだ、と疑うレベルです ―― 「全く何も考えていない」かもしれませんが、案外「考え抜かれた人事」かもしれない、と思うこともあります。

I'm at the point where I wonder what on earth the company is thinking -- it may be "thinking nothing at all," but I sometimes wonder if it might be "thoughtful HR".

私のような奴は、定年後や、親しい人との死別などで、あっという間に『孤独の闇の中で、狼狽(うろた)え、彷徨(さまよ)うようなる』からです

Because a man like me, after retirement or the bereavement of a loved one, will soon be "wandering around in the darkness of loneliness,"

『ドタバタ』が人生のデフォルトの奴が、体や脳の障がいによって、今のパフォーマンスが発揮できなくなったら ―― 本当に、それは、あっという間にやってくると思います。

If a guy whose life default is "slapstick" is unable to perform as well as he does now due to a physical or brain disability -- I really think it will come very, very quickly.

『「孤独」の毒が全身に回った時には、もう手遅れ』 ―― これが、私の想定される未来です。

By the time the poison of "loneliness" has reached my entire body, it will be too late" -- this is my envisioned future.

-----

多分、今年、私は「孤独」を課題とした特許明細書を書くことになると思います。

Perhaps this year I will write a patent specification with "loneliness" as the "problem to be solved".

なにしろ、私は「怒り」「不満」を活用したシステムで、特許明細書を書き、学会発表をして、論文を投稿してきたくらいです。

After all, I have even written patent specifications, presented at conferences, and submitted papers using a system that utilizes "anger" and "frustration".

I don't think anyone is more knowledgeable than I am about how to utilize "negative emotions" -- the dark side of the Force.

-----

この連載は、私の定年後の「フォースのダークサイド」を、上手く「金(現金)」に転換させる方法の検討作業です。

This series of articles is a study work on how to successfully convert the "dark side of the Force" to "money (cash)" in my retirement.

重要なことは、私が『「孤独」の毒が回る』前にやらなければ、完全な手遅れになる、ということです。

The important thing is that if I don't do it before the 'loneliness' poison turns, it will be completely too late.

結構、私、焦っています。

I am quite impatient.

本当です。

It is true.


2022-04-29 ―― どうして、私(たち)は、連休に、こんなに過大な要求を自分に課せるのか? [長年日記]

この連休でやっておきたいことをメモに書き出してみたら、とんでもない数になりました。

I wrote down in my notes what I wanted to do during this holiday weekend, then, there were a tremendous number of things to do.

―― どうして、私(たち)は、連休に、こんなに過大な要求を自分に課せるのか?

"Why do I (we) put such excessive demands on myself(ourselves) during the holidays?"

言わば『連休幻想』とでも言うものでしょうか。

Is it a "holiday illusion," so to speak?

私たちに与えられた時間と、私たちの持っている能力が、連休の期間に跳ね上がる訳でもありません。

The time we are given and the abilities we have, do not jump during the holidays.

メリットは、『メールと電話がやってこない』くらいなんですけどね。

The only advantage is that 'emails and phone calls don't come to us'.

-----

私は、GW初日から、ドップリとコーディングをしています。

I have been coding deeply since the first day of GW.

私の人工知能(技術)を搭載した3台のバスたちは、移動・連携しながら、相互に一秒間に数百回のルート計算を繰返し、街(先月視察してきた)の、住人のピックアップとドロップオフを続けています。

Three buses equipped with my artificial intelligence (technology) are moving and working together, mutually calculating their routes hundreds of times per second and continuing to pick up and drop off residents of the city (which I inspected last month).

もちろん、Webの地図上で、ですが。

On a web map, of course.

―― 可愛いやつらめ

"Cute little guys"

と、目を細めています。

I am looking at them with smile.

嫁さんも、動いているアイコンを見て「可愛いね」と言っていますが ―― 多分、その見方は、全然違うんだろうなぁ、と思っています。

My wife also looks at the moving icons and says they are cute, however I think that her viewpoint is different from mine.


2022-04-30 『飛び込むなら、私の載った電車の次の電車にしてくれ』 [長年日記]

昔、倒れている人を助けようとして『余計なことするな!』と怒鳴られたことがあります。

I once tried to help a man who had fallen and was yelled at, 'Don't do anything unnecessary!

結構ショックだったので、覚えています。

It was quite a shock, so I remember it.

However, I too am of the nature that I can't honestly ask for help from others, so I can understand the mind a little bit.

-----

数年前、駅で倒れている人がいました。

A few years ago, I saw a man lying in a train station.

皆、心配そうにはするのですが、具体的に手を差し延べることはしないようでした。

Everyone seemed concerned, but did not seem to reach out specifically for help.

私も、原則、そちらの側ですが、それでも倒れた人の近くにしゃがんで、一言言いました。

As a rule, I am on their side, but I still crouched down near the fallen man and said a few words.

『もし、ご希望があれば、お助けします。どうしますか?』

"If you wish, we can help you. Which is better for you?"

私は、ここで遠慮した人を「見捨てる」と決めています。

I have decided to "ditch" anyone who refrains here.

セカンドチャンスは提供しません。

I do not offer second chances.

これが、『江端ファースト&ファイナルコールプロトコル』です。

This is the "Ebata First & Final Call Protocol".

ちなみに、その時は、その人が『駅員を呼んでくれ』と頼んだので、駅員を呼んで、そのまま立ち去りました。

Incidentally, at that time, the man asked me to 'call the station staff,' so I called the station staff and just walked away.

-----

私は、

I always ask, at least once, the following questions.

「席をおゆずりしましょうか」

"Shall I give you a seat?"

「救急車を呼びましょうか」

"Shall I call an ambulance?"

「飲料水、買ってきましょうか」

"Shall I get you some drinking water?"

"If you need help, I will give it to you."

"If you need help, I will give it to you."

と、最低一回は必ず尋ねます。

しかし、自分の言葉でご辞退されれば、私は立ち去ります。

However, if they 'decline' on their own terms, I will walk away.

(応答がない場合は、状況の判断に因ります)

(If no response is received, the decision will be based on the situation)

-----

ただし、「駅で飛び込み自殺をしようとしている人」に関しては、このプロトコルの例外です。

However, an exception to this protocol is made with regard to "a person attempting to commit suicide by jumping into a train station".

従わない場合は、力づくでも止めます。

If she/he does not comply, I will stop them, even by force.

"If you're going to jump in, make sure it's the next train after the one I'm on."