0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-23 若い研究員達に至っては、コンピュータプログラムにまで敬称を付けるくらいです

以前、「自分の名前をどのように呼ばれようが、気にしない」という話を書いた記憶があります。

Once, I wrote that I didn't care what you call me at all.

しかし、ツイッターや掲示板などに、「江端智一って奴が」と記載されているのを見ると、凄く不愉快な気持ちになります。

But when I read my name on some social medias as "A guy of "Tomoichi Ebata", I could not possible put up with the rudeness.

「見も知らぬテメーごときに呼び捨てにされるほど、私は安くないぞ」と言いたくなります。

I want the person to say "I am not cheaper than you as you call me "The guy"".

「敬称略」とか、勝手に決めてんじゃねーぞ。私は絶対に許諾しないからな ―― という気持ちになっています。

Don't determine "Omitting titles from names" by yourself. I never permit to use my name like that.

「江端智一さんが」とまでは言わないまでも、せめて「江端智一という名前のエンジニアの方が」というくらいには記載に配慮はして頂きたいのです。

You don't have to write "Mr.Tomoichi Ebata". But you are thoughtful of use my name as "A engineer, Tomoichi Ebata".

-----

自分が言われると不快と分かったので、最近は有名人の方でも、かならず敬称を付けるクセがつきました。

I noticed the unpleasantness, so I used to not omitting titles from names.

私のところで多いのは「西尾維新さんが」「中島みゆきさんが」「さだまさしさんが」というところでしょうか。

以前の東京都知事に関しては「石原東京都知事閣下」とまで書いています

For example. I wrote "Your Honor Governor of Tokyo” as the former Tokyo governor.

これを「慇懃無礼」といいます。勿論、狙ってやっています。

It is called "feigned politeness", and of course, I do them on purpose.

-----

私の回りの研究員も、その辺りの配慮は抜群です。

My colleagues are good at the attention out and away.

私も、「○○社さんの仕様では」という言い方も、その会社に所属している人の前では使いますが、そうでないときは、会社の名前に「さん」を付けたりはしません。

For example, [company name]-san ("San" means "Mr./Mrs." in Japanese).

でも、付ける人は付けるようです。

They often seem to use the way, though I don't like it.

若い研究員達に至っては、コンピュータプログラムにまで敬称を付けるくらいですから。

Especially, young researchers use "San" for a computer program like that following.

―― ミクさん

Miku-san

って。


2014-11-23 ―― この闘争が、総括がされていない

先日、

A few days ago, I wrote that I wanted to write about

"Security treaty struggle in 1970s"

という日記を書いました。

今なお言われていることなのですが、70年代安保は、最終的には、国家による弾圧ではなく、自壊したと言われています。

It is said now, that the "security treaty struggle in 1970s" was not destroyed by oppression but their disintegration.

そして、もう一つ言われていることが、

And the other was

―― この闘争が、総括がされていない

"This struggle has not been generalized yet"

ということです。

実は、私も、この見解は正しいと思っております。

I think that these opinions are right.

この闘争がどのように発生し、どのように推移、遷移し、そして、何故、自壊の道を歩んだのか。

I don't know at all that

How this struggle occurred, changed, and took a way to the disintegration,

そして、その意義はなんだったのか。

And what was the significance,

そして、どんなビジョンを描いて、活動をしてきたのか ―― 正直、さっぱり分からん。

Moreover, what kinds of their vision they had for their activities.

いや、全然分からん訳ではないのですが(「革命」という概念はあったのでしょう)、そのなんというか、「何をしたかったのか」が見えてこないのですよ。

To tell you the truth, I don't understand everything. (Of course there seemed to be the concept of "revolution").

How should I say...? I don't see "what they wanted to do".

それはもう、

What I was about to say,

I feel that there is a nonsense, like the boy, who put on a straw hat, and always cry "I will become the Pirate King"

(続く)

(To be continued)


2015-11-23 それに比べれば、アルコール発酵実験なんて、可愛いものです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

I have not changed my claim since this column had been released.

『自家醸造の完全合法化』

"To realize perfect legalisation of home-brewing"

『自家醸造の課税に反対しない。むしろ協力する』

"I don't offer opposition to the tax. If anything, I can support to make the system"

自家醸造は、化学への興味と、製造業に対する敬意を高めることになるはずです。

Home-brewing is going to boost up an interesting of chemical and a honour of manufacturing industry.

無論、青少年のアルコール摂取禁止は今のままで良いと思います。

Of course, we might keep alcohol prevention of juveniles.

そもそも、『青少年へのアルコール摂取のコントロールができなくなる』という心配は、概ね杞憂と断言して良いです。

Because I can tell you that "a worry of alcohol control for juveniles" is almost needles fear.

正しい化学の知識を有し、醸造製造技術に対する細やかな配慮ができる若者と、アルコールの鯨飲をカッコイイと勘違いする低能バカが、オーバーラップする可能性は絶無と言えるでしょう。

There is no possibility to overlap the intelligent youngsters who have chemical knowledge rightly and consider of manufacturing industry and the feeble-minded youngsters who feel cool of drinking alcohol

また、新しい酒税法は、こちらの方に役に立ちます。

A new Liquor Tax Law becomes useful for the case.

自家醸造に基づく酒税の脱税に対して、アホみたいに厳しい刑事罰を適用すれば良いのです。

As for the evasion of home-brewing, we can add new serious rules with criminal penalty.

------

First of all, the old day, one youngster tried to explore hydrogen that was made by salt solution.

それに比べれば、アルコール発酵実験なんて、可愛いものです。

Alcoholic fermentation experiment is nothing serious than his trial.


2016-11-23 それなら、最初から「悩みごとはなんぞ相談しないでくれ。煩わしいから」と言ってくれた方がマシというものです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私、時々、特許明細書の書き方について相談を受けることがありますが、

I am used be asked by colleague how to write a patent application, however I don't know the reason.

「一体、何を悩んでいるんだ?」

What is on earth the problem?

と、今一つ、その悩みを理解できないことがあります。

Sometimes I almost cannot understand the trouble.

特に、特許の管理者をやっていた時には、

Especially, when I was a manager of patent in the department, I got mad with the a member who didn't submit it before due date, shouting

「約束した期日に、特許明細書の提出ができないとは、どういうことだ!」

"What the hell's that supposed to mean?"

と激怒していたこともあります。

しかし、私に「死ぬほど苦手な分野」があるように、特許明細書の執筆が「死ぬほど辛い」という人もいるのです。

However, I know now that there is a person who feels bitter hardships of writing a patent application, in much the same way as something I am not good at.

-----

既婚者の中には「結婚」を簡単なものと考える人がいます。

Some married persons are likely to think that "marriage is a piece of cake"

そのような人は、不用な言動によって、未婚者から「憎悪」とか「殺意」を買っていることに全く気が付いていません。

The persons who act as the above, don't notice that they have been got stares from unmarried persons with murderous and hateful intent.

(By the way, I am a person who could understand "now we are going to hopeless time of marriage" by mathematical analysis.)

-----

話を戻します。

Going back to the subject.

上司という人は、基本的に有能だから上司なのです。

The reason of the existence of "Boss" is that "boss" is efficient basically.

そのような有能な人が「自分を基準」にされたら、「有能でない」私はたまったものではありません。

Even if such an efficient person tries to decide our ability based on his/her performance, I, who am inefficient, feel like "It shouldn't happen to a dog."

(続く)

(To be continued)


2017-11-23 しかし、「そこに動いていないデバイスがあれば、動かしてやりたい」と思うのが、エンジニアというものではないでしょうか.

私がラズパイを好きな理由の一つに、一回カーネルをSDカードに作ったら、それをコピーして別のラズパイに使える、という点にあります。

One reason why I like "Rasberry PI", is that once I make a kernel on an SD card, I can copy it and use it for another "Rasberry PI".

今回、実験の為に、色々な人からラズパイをしてお借りして、SDカードをコピーしまくっているのですが、ある一つのラズパイだけが、ウンともスンとも言わずに、昨日一日悩んでいました。

This time, for my experiment, I asked many people to borrow their "Rasberry PI", and making the SD cards. However, "Rasberry PI" could not work well, and it annoyed me for all day today.

初期のラズパイと、ラズパイ2、3の間には、深い谷がある(アーキテクチャが異なる)と知ったのは、つい先刻です。

Just now, I noticed that the deep valley between the primitive version of "Rasberry PI" and the after version has existed.

However, I make an effort not to think that

―― またしても、無駄な時間を・・・

"I have wasted time again"

とは思わないようにしています。

ITに関わる者は、だれもが、こんな感じの日常を過しています ―― と信じています。

Anyone who works for IT field, lives in daily experience and observation like that. I believe.

-----

逆説的に、このような日々を送っていない奴は、少なくとも「ITエンジニア」の名に値する人物ではない、とも思っています。

Paradoxically speaking, I think that they are not real "IT Engineer", if they don't live the life,

とは言え、古いタイプのラズパイを起動させる為に、新しいSDカードを購入し、ネットをさまよい古いカーネルを探し回っている私は、正直「阿呆じゃないのか」とは思います。

On the other hand, It's unfortunate that I ,who try to purchase a new SD card, and search the old kernel in the Internet, in order to work the primitive version of "Rasberry PI", should be silly,

費用や時間を考えれば、最新のラズパイを買った方がペイすると思います。

Purchasing a latest version of "Rasberry PI", must pay, considering cost of time of mine.

しかし、「そこに動いていないデバイスがあれば、動かしてやりたい」と思うのが、エンジニアというものではないでしょうか.

However, "To find a broken device, to want to repair and work it" is, I think, a mind-set of engineers.

-----

But I don't come to think that "finding a falling person, we want to help him/her" in my case.


2018-11-23 ―― もうね、なんというか、気分は「ドナドナ」

毎年、思うのですが、「人間ドック」というのはネタの宝庫です。

Every year, I think, "annual general checkup" is a treasure trove of story.

そもそも、人間ドッグで、生活指導の先生に連行されたのが、この連載のきっかけになっています。

In the first place, "annual general checkup" was a trigger of this series that I was carried to a teacher of life guidance.

-----

毎年、誕生日あたりに、人間ドックを予約をしています。

Every year, I make a reservation for "annual general checkup" per birthday.

予約を忘れると、会社から、かなりしつこいフォローを受けます。

If I forget to make a reservation, I will receive a pretty persistent follow-up from the company.

毎年、同じ会社指定の病院にいっているので、今年もろくに書類に目を通さずに出かけて行きました。

Every year I went to the hospital designated by the same company, without looking through the papers this year.

驚いたことに、人間ドック専用の真新し新建物が立っていて、更に、予定より1時間半近くも到着することになりました(幸い、その時間で受けつけて貰えましたが)。

To my surprise, a brand-new building for "annual general checkup" has built, and in addition, I arrived at the building before an hour and a half. (Fortunately, I could have accepted in that time).

回診のシステムは、相当にシステマティックに運用されており、最終の問診を受ける前までに、1時間以内で終了しました。

The system of round-trip examination was considerably systematically operated, and completed within 1 hour before receiving the final interview.

『これなら、いつも通りの時間に出社もできるな(*)』

"If this is the case, I can also come to office at my regular time (*)"

(*)人間ドックの日は公休です。

(*) The day of "annual general checkup" is public off.

しかし、そこから問診まで1時間、さらに食事まで30分もかかり、結局、いつもと同じ時間まで、病院に拘束されることになりました。

However, it took 1 hour to interview and 30 minutes to eat. Eventually, I had to leave from the hospital every time.

-----

最後の問診の為、待合室の椅子で待っていた時のことです。

When I was waiting at the chair in the waiting room for the last interview, while observing the room,

人間ドックの対象者の殆どが、現役の会社の社員であることもあって、過度に太っている人も、痩せている人もいない中高年ばかり、という感じです。

Most of the subjects of "annual general checkup" are employees of my company, so there were only middle-aged and elderly people who are neither excessively fat nor lean.

しかし、それでも、「この人、ちょっと太めかな」と思う人もいました。

However, there were still some people, "he is a little thick".

で、私は、そういう人が、1人の例外もなく、看護師さんに声をかけられて、別室に拉致・・・もとい、先導されているのを見守っていました。

So, I was watching those people being kidnapped ... correction, induced in a separate room, being called by a nurse.

―― もうね、なんというか、気分は「ドナドナ」

"How I should tell the scene, for example, it is "Donadna".

ただ、売られていくのが「子牛」というよりは・・・いや、「子牛」でいいです。

However, it was not "calf" that is being sold ... Well, "calf" is good.

-----

健康指導というのが、なんとなく、「ゲシュタポによる、」・・・、いや、海外の事例で逃げるのは卑怯ですね。

"Health guidance" is somewhat "By Gestapo," ... No, it is cowardly to use the overseas cases.

「戦時中の特高(特別高等警察)による無政府主義者の摘発」、うん、これもほとんどの人には分からないでしょうが ――

"Detecting anarchist by extraordinary height during wartime (special high-level police)". Well, I am afraid that most people might not know this case either.

まあ、そんなことを考えながら、私は問診の順番を待っていた訳です。

Well, considering such a thing, I was waiting for the interview.


2019-11-23 ―― 私が、ロシア語が全く理解できなかったから、不快を感じられなかった

今、私は横浜市営地下鉄に乗って、実証実験場の事務所に向っています。

Now I am on the Yokohama Municipal Subway and head for the Proving Ground office.

私の目の前には、ベビーカーを持ち込んだ、外国人の祖母、母、子供の3人が座っています。

In front of me, there are three foreign grandmothers, mothers, and children who brought a baby stroller.

喋っている言葉から、「ロシア人」かなと思っています。

I think they are "Russian" because of the words they are talking about.

その母と子どもが、いきなり、スマホのSkypeを使って会話を始めました。

The mother and child suddenly started a conversation using their smartphone Skype.

相手は彼らの父親のようでした。

The conversation partner was like their father.

-----

我が国では、電車やバスの中での電話の使用は、マナー違反として定着しつつありますが(?)、なぜマナー違反か、については、説明可能な明確な理由がありません。

In Japan, the use of telephones on trains and buses is a violation of manners (?), however, there is no clear reason to explain why it is a violation of manners.

そもそも、マナーというのは、基本的にロジックとは別次元にあるものですので、説明が必要という訳ではありません。

After all, manners are basically in a different dimension from logic, so explanation is not necessary.

例えば、「美術館で大声を上てはいけない」というのは、多くの人が『静かに美術を楽しむ』ということを前提としているマナーです。

For example, "Do not speak loudly in art museums" is a manner based on the premise that many people enjoy art quietly.

「パスタをすすってはいけない」「電車の中で化粧をしてはいけない」のも同様の理由が付けられますが、基本的には『不快感』が前提にあるようです。

The same reason can be given for "Do not rub pasta" and "Do not make up on the train", but basically it seems that "discomfort" is a prerequisite.

For example, I don't feel uncomfortable just about "make up on the train", however, I know that an overwhelming number of people feel discomfort.

それはさておき。

Aside from that.

-----

これも良く言われていることなのですが、「会話の一方」しか聞こえていない会話に、人間は不快を感じるそうです。

This is also often said that it seems that humans feel uncomfortable with conversations that only hear "one of the conversations".

今日は、Skypeで相手の声が聞こえていました。

Today, I was able to hear the other party's voice on Skype.

私も電車の中での会話は「不快」と感じるのですが、電話の相手型の声が聞こえると不快感がずっと減る、ということを実感することができました。

I also feel that the conversation on the train is "uncomfortable", but I realized that the discomfort is much reduced when I hear the voice of the other party on the phone.

ならば、一度、「期限限定付きで、ハンズフリーモード限定でのスマホの電話解禁」という社会実験をしてみるというのはいがでしょうか。

So why don't you try a social experiment called "Unlocking smartphones with hands-free mode only for a limited time"?

例えば、「ハンズフリーモード会話フリー」の実験車両を、1台分作るだけで足ります。

For example, we only need to create one "hands-free mode conversation-free" experimental vehicle.

私も、その車両に乗り込んでみたいと思います。

I would also like to get into that vehicle.

「女性専用車両」の次は、「スマホ会話フリー車両」というものを作るのは、結構良い試みだと思うのです。

Next to "Women Only Vehicle", I think that making "Smartphone Conversation Free Vehicle" is a pretty good attempt.

-----

ともあれ、今回の一件、

Anyway, about this talk, I want to believe that

―― 私が、ロシア語が全く理解できなかったから、不快を感じられなかった

"I couldn't feel uncomfortable because I didn't understand Russian at all"

ということではない、と信じたいです。


2020-11-23 『電話会議システムのセッテイングを完了した時、その確認作業に付き合って貰える「相手」がいるか否か』

「友だち」とは何か ―― ということに、モンモンと悩み続けるティーンエイジャの主人公が登場するコンテンツ(小説、アニメ)が沢山あります。

What is a "friend"? There is a lot of content (novels, animations) featuring a teenage protagonist who continues to worry about it.

私、ティーンエイジャのことは知りませんが、大人であれば直ぐに判別できる「友だち」の定義を見つけました。

I don't know about teenagers, but I found a definition of "friend" that can be easily discerned as an adult.

『電話会議システムのセッテイングを完了した時、その確認作業に付き合って貰える「相手」がいるか否か』

"Whether or not you have a "partner" to go along with the confirmation process, when you complete the setting of the conference call system"

です。

-----

私、今、電話会議システムのセッテイングを完了しました。

I have just completed setting up the conference call system.

しかし、システムテストができなくて、とても困っています。

However, I am having trouble because I cannot do the system test.


2021-11-23 嫁さん:「じゃあ、私が終日ブルマを履いて、家事をしていてもいいの?」

コロナ禍の在宅勤務で、働き手が、終日自宅にいることが多くなりました。

With telecommuting during the Corona disaster, workers are now often at home all day.

嫁さんによると、『家の中で、旦那が一日中ジャージを着ていることに我慢ができない』という奥さんが多いのだそうです。

According to my wife, many wives say, 'I can't stand the fact that my husband wears their jersey all day long in the house'.

江端:「ジャージは、機能性に高い優れた衣服であると思うが?」

Ebata: "I think jerseys are excellent, highly functional garments"

嫁さん:「じゃあ、一日中、ジャージを着れと言われたら、抵抗はない?」

Wife: "So, if I asked you to wear a jersey all day, would you resist?"

私は即答しました。

I gave her an immediate answer.

江端:「1mmもないな。むしろ歓迎といってもいいだろう。それを嫌悪する心理が分からない」

Ebata: "Not even a millimeter. It's more like a welcome. I don't understand the psychology behind your dislike of it."

嫁さん:「じゃあ、私が終日ブルマを履いて、家事をしていてもいいの?」

Wife: "Then Can I wear my bloomer all day during housework"

江端:「それは絶対に嫌だ。勘弁して欲しい。しかし、ジャージとブルマは、等価交換できる概念か?」

Ebata: "I absolutely hate that. I want you to give me a break. But are jerseys and bloomers concepts that can be exchanged equivalently?"

嫁さん:「両方とも、日常的な着衣ではないと意味では同じだと思う」

Wife: "I think they're both the same in the sense that they're not everyday garments."

嫁さんは、「等価交換」と言うのであれば、ジャージとブルマを、部屋着として着衣する夫婦は「相互に認容するか」「相互の拒否するか」のどちらかしかない、と、言っているのです。

My wife said that if we are talking about "equivalent exchange," then a couple who wears jerseys and bloomers as loungewear can only have "mutual acceptance" or "mutual rejection.

江端:「いや、『ブルマの日常的着衣』と『ジャージの日常的着衣』は、その非日常感において、比較にならないほどの差があると思うが」

Ebata: "No, I think there's an incomparable difference in the sense of the extraordinary between 'the daily wear of bloomers' and 'the daily wear of jerseys.

嫁さん:「私には、『同程度に忌避される非日常』だと思う」

Wife: "For me, it's 'equally repellent extraordinary'"

-----

この議論が、ロジックでは解決できないことは、嫁さんも私も分かっています。

Both My wife and I know that this discussion cannot be solved by logic.

これは感性の問題だからです。

This is because it is a matter of sensitivity.

ただ、感性の違いであっても、その違いを相対的に認識することはできます。

However, even differences in sensitivity can be recognized relative to each other.

私は「ブルマは圧倒的に非日常」であると感じているのに対して、嫁さんは「ブルマもジャージも同程度に非日常、かつ、忌避的」である、と感じている訳です。

I feel that bloomers are overwhelmingly unusual, while my wife feels that bloomers and jerseys are equally unusual and repellent.

『日常と非日常を決定する主体は、自分ではなく他人である』

"The subject who determines the ordinary and the extraordinary is not myself, but others"

その一点において、私たち夫婦は合意ができていますので、お互いの受忍範囲を越えるような着衣や装飾はしないことにしています。

On that one point, we come to an agreement, so we do not wear clothes or decorations that are beyond our mutual acceptance.

というか、私は、嫁さんの着衣(『ブルマの日常的着衣」というような超非日常的事項を除けば)には興味がありません。

I mean, I'm not interested in my wife's clothes (except for very unusual matters such as "daily wearing of bloomers").

結果として、嫁さんが、私の着衣に、一方的にクレーム(要求)をしてくるだけです。

As a result, my wife just makes a one-sided complaint (demand) about my clothes.

-----

嫁さん:「私は、"ステテコ"も、だめだな」

Wife:"I cannot stand 'long men's underpants'"

江端:「うちのじいちゃん(父)は、ステテコを部屋着として着衣していたぞ」

Ebata: "My grandpa (father) used to wear 'long men's underpants' as his loungewear.

嫁さん:「おじいちゃんはいいんだよ」

Wife: "Grandpa is O.K."

江端:「おい! 『非日常』に、対象別の基準が入ってきているぞ」

Ebata: "Hey! There's a subject-specific standard coming in for "unusual."

嫁さん:「だから、『非日常』は、言語化できないんだってば」

Wife: "That's why 'extraordinary' can't be verbalized."

江端:「それは、分かってはいるけど、言語化を試みて、なんとか1mmでも歩みよれる努力はしよう」

Ebata: "I know that, but we are going to try to verbalize it and make an effort to get closer, even if it's only by 1mm.