0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-18 『初めて自分の彼女/彼氏を、自分のアパートの部屋に連れてくる直前の部屋の状態』

先日、 安全衛生に関する仕事をやっているというお話をしました。

In past days, I told that I am working about "safety and health" in my office.

安全衛生の基本は、整理整頓にあります。

Needless to say, safe and health is based on neatness.

しかし、工具や工作器具ならともかく、机上整理などの整理整頓を「定量的」または「客観的」に説明するのは難しいです。

But it is very difficult to define and explain the "neatness" quantitatively or objectively.

実際に、安全衛生委員会に、「机上の整理整頓の判断基準」の伺いを立てたりもしました。

In fact I asked the safety and health committee in my company to show the judgmental standard of the neatness.

その結果、「3人中、2人が『汚い』と思えば、それは『汚い』」という定量判断を頂いたのですが、ならば、「その『3人』とは誰のことか」、という別の問題が出てきます。

They answered that "it should be dirty if two of three persons feel dirty", But on the other hand, the new question appeared that "who are the three ?"

しかたがないので、

It cannot be helped. I manage this task as follows.

「部長と私が『汚い』と判断すれば『汚い』んだ。黙って言うことを聞け」

"Shut up! When the division chief and I think it is dirty, it is dirty"

という運用をしています。

-----

私には「整理整頓」の的確な客観的判断基準があります。

To tell you the truth, I know how to judge "neatness" quantitatively and objectively.

それは、

It is,

『初めて自分の彼女/彼氏を、自分のアパートの部屋に連れてくる直前の部屋の状態』

"the your room condition at the day before you take your steady for the first time."

というものなのです。

でも、とてもこれを口に出して言うことはできませんでした。

But I could not say this message at all.

パワハラに加えて、セクハラまで付いて、会社で大問題になりそうだと思いましたので。

I believed that it became an overriding problem in my company by not only power harassment but also sexual harassment.


2014-11-18 「家族全員読了本(コミックを除く)」

西尾維新さんの、新シリーズ

New series book of Nishio Ishin-san

"Memorandum of Okitegami Kyouko"

を購入したら、次女→長女→嫁さんと、久々に「家族全員読了本(コミックの除く)」となりました。

become pretty popular among my family. The book is read by from junior daughter, senior daughter to my wife, and become "finishing reading book of my family (except for comics)".

あらためて、その他の「家族全員読了本」を思い出してみると、

When I remember the above book, there seems to be followings.

■有川浩さんの「図書館戦争」(全シリーズ)

- "Library way" by Arikawa Hiro-san

■有川浩さんの「キケン」

- "KIKEN" by Arikawa Hiro-san

があるようです。

私一人が脱落しているものとしては、

The books only I lose are

■重松清さんの著書全般 (「定年後の楽しみ」という位置付け)

- Shigematsu Kiyoshi-san's book (I am looking forward to reading his book after retirement)

があり、

子ども達が脱落しているものとしては、

The books my daughters lose are

■宮部みゆきさんの「火車」等 (「難しい」のだそうです)

- Miyabe Miyuki-san's book, for example "Kasha" (They said that it is difficult for them)

があります。

-----

「掟上今日子の備忘録」の評価が高かったので、娘たちが 「化物語」に興味を示し始めました。

My daughters become interested in "Bake-monogatari", because of good reputation of "Memorandum of Okitegami Kyouko"

速攻でAmazonで古書購入しました。

I got the used book from Amazon soon.

「物語シリーズ」で話題が共有できたら、私が嬉しい。

I am glad if we can share the topics of "Monogatari-series"

しかし、「化物語」は、当初から「嫁さんの脱落」が確定的なので、「家族全員読了本」になることは諦めています。

However, about the series, my wife's dropping is definitive, so I have already given up that the book becomes "finishing reading book of my family".


2015-11-18 (3)スピーチの時間を買う

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、人のスピーチを悪しげに罵しるだけでは、無責任にも程があるというものです。

But I think my I have no sense of responsibility just to speak insultingly.

このような「下手くそなスピーチ」に対して、幾つかの提案をしたいと思います。

So I want to show you the following proposals against the worst speeches.

(1)スピーチ原稿を、前もって印刷して配布する

(1)To distribute a paper of the speech before.

うん、これはいい。

It is one of the best idea I believe.

なにせ、最初からスピーチを評価できるし、時間だって分かる。おまけに、持ち帰って貰えるのであれば、人の記憶に残る(可能性もあります。99%ゴミ箱行きでしょうが)

Above all, everyone can valuate the speech for the first time, and estimate the end time. In addition we might remind the contents( the lowest possibility, I think).

(2)スピーチ時間を、最初に宣言する

(2)To declare the dead time before the speech.

これで、聴衆は、最初に苦痛がどれだけ続くのか知ることができます。QoT(Quality of Time)の観点からも優れています。

According to the QoT(Quality of time), it is good for the attendances who can know the total time of their pain before.

その時間を経過したら、マイクの電源が自動OFFになる、という装置を開発しても良いですね。

A new innovation of microphone is going to be expected, that make it turn power off automatically when the deadline comes.

(この段階で、この発明は公知となりました。もう特許出願してもムダです。誰も権利化はできませんので、各社、安心して、この「時限マイク」の開発に着手して下さい)

(In this time, this invention is a public knowledge. The patent application of this microphone is in vain. You can develop and sell this device safely.)

(3)スピーチの時間を買う

(3)To buy the speech time.

これは、長いスピーチをしてしまった人は、そのお金を新郎新婦に、御祝儀として渡すというものです。予定の2分を超えた段階で、1分1万円を出すというペナルティなら、私もガマンします。

A person who have spoken longer unexpectly, pays some money as gratuity to bridal couple. I can accept that one min. is equal to ten thousands.

(4)リアルタイムで得点を出す

(4)To mark the speech in real time.

携帯電話、スマホから「いいね」ボタンを押し、それが披露宴会場のプロジェクタに表示される、と。

The attendances put "Good" button from Smart-phone and Cell-phone, the total point is going to show a wall of the party place by projector, in real time.

間違いなく組織的な「ヤラセ」が横行するでしょうが ―― 私だけは逆らうぞ。

I am afraid that the organised vote becomes rampant absolutely, thought I am going to be the last person who goes against it.

(続く)

(To be continued)


2016-11-18 ―― アナログに限る

昨日、帰宅したら、長女から開口一番、

When I went back home last night, first thing my senior daughter(SD) said,

―― パパ、国土交通省と何かやっているの!?

"Papa, do you have any trouble with National Land and Transportation Ministry(MLIT) ?"

と言われました。

階段のところに、国土交通省からの書類が置いてありました。

I found a document from MLIT at the stairs,

-----

江端:「いや、国土交通省の広報課の方に、鉄道事故のデータの公開をお願いしていたのが、届いただけだろう」

Ebata:"Well, I was only asking the Public Relations Division of the MLIT to release data on railway accidents, I think it have just arrived"

長女:「パパは、官公庁から情報提供して貰えるような、凄いコネを持っているの!?」

SD:"Do you have strong connoisseurs that you can provide information from government agencies?"

江端:「いや、法律で規定されている制度を使っただけだよ(*)」

Ebata:"I just used the No, I just used the regulations system by the law"

(*)行政機関の保有する情報公開に関する法律第9条第1項の手続き。今は、インターネットで公開請求できます

(*)Procedure under Article 9, Paragraph 1 of the Act on Information Disclosure held by Administrative Organs. Now you can request publication on the Internet

江端:「『国民は国(行政府)に対して、情報の公開を請求することができる』って、学校で習っただろう?」

Ebata:"You learned at school" you can request the disclosure of information to the public (public administration) didn't you? "

長女:「そりゃ、知識としては知っているけど、その手続を実際に行う人が、こんな近くにいることに驚いたよ」

SD: "Well, I know it as knowledge, but I was surprised that the person who actually do the procedure is closer."

-----

正確に言うと、国土交通省さんから、データをサーバにアップロードして頂いたんですが、システムを使い熟せない私が、ダウンロードできないまま困っていた、というのが本当の話です。

To be accurate, the real story was The MLIT uploaded data to the server, however, I could not mature using the system and I was in trouble unable to download.

先日、国土交通省さんから電話を頂いて、事情をお話したら、「だったらCD-ROMで送付しますよ」とおっしゃって下さったのが、今回の経緯となります。

The other day, I got a call from the MLIT and I talked about the above circumstances, the person in charge said, "it is O.K., I'll send it on CD-ROM."

-----

ともあれ、この私の不手際によって、

Anyway, thanks to this my misfortune,

―― パパって凄いんだねー

"My father is amazing"

と、変な方向から長女に尊敬されるに至りました。

I could get my daughter's respect from the strange direction.

国家とか政府とか、そういうところとやりとりする書類は、家族に見えるような形にておく方が良いです。

I think that documents that interact with nations and governments is likely to open for your family.

つまり、

In conclusion,

―― アナログに限る

"Analog is the best"


2017-11-18 あんなものを、イベント風に仕立てて、ありがたがって飲まなくても、日本の中ですすら、美味しいワインは山ほどあるというのに ――

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ボージョレヌーボの解禁日というのは、フランスのワイン法に基づく規定です。

"The release day of Beaujolais Nouveau" is based on the French wine law.

立法趣旨は、「早売りや投げ売りによる商品価値の低下防止」です。

The legislative purpose is "prevention of decline in the value of merchandise due to fast selling and selling."

この法律は、理に適っていると言えます。

This law is reasonable.

しかし、日本国内で、フランスの法律が適用される訳がありません(属地主義)。

However, there is no reason to apply French law in Japan (territorialism).

「ボージョレヌーボの解禁日」なるフレーズは、日本国内で使うには不適切なのです。

The phrase of "the release day of Beaujolais Nouveau" is inappropriate for use in Japan.

しかし、日本において、現実に「ボージョレヌーボの解禁日」は、法律とは関係なく、きちんと運用されているのです。

However, "the release day of Beaujolais Nouveau" is actually operated properly regardless of the law in Japan.

何故だと思いますか?

Why do you think?

それは、フランスのワイン製造業者と日本のワイン販売業者が、日本国内において、ボージョレヌーボの販売日について、契約を取り交わしてているからです(たぶん、そういう契約を結ぶことも、法律で規定されているのしょう)

That is because French wine producers and Japanese wine distributors are contracting for the sale date of Beaujolais Nouveau in Japan((Perhaps, the wine law enforces the rule, too)

-----

実際のところ、私が、法律まで持ち出して、ごたくを並べているのは、別の理由があります。

As a matter of fact, there are other reasons why I talk big with legal logics.

―― ボージョレヌーボ? あんなワイン、一体、何が美味いのか?

"Beaujolais Nouveau? what on earth is such wine delicious?"

という、ベクトル違いの「やっかみ」から来ています。

It is coming from the difference vector of "jealous".

解禁日の12時に空港の搭乗口で飲ませて貰うほどのものか? ―― と。

"Is it enough to make us drink at midnight of the release day at the boarding gate of the airport ?"

I think

they don't have to make an such event, because there are plenty of delicious wines in Japan.

と思うんですよ。


2018-11-18 ただ、「現時点の高齢者が、今の若者に対して、説教できるだけの資格があるか」とは思ってしまうのですよ。

最近、映画「探偵はBarにいる」の原作者である東直己さんの著書を、立て続けに読んでいます。

Recently I've read books of Mr. Azuma Naomi who is the original author of the movie "The detective is in Bar".

セリフの多い、読みやすい娯楽小説で、楽しめます。

I can enjoy them because they are easy-to-read entertainment novels with many lines.

久しく小説は読んでいなかったのですが、スマホを使ってコミックを読むことにくらべて、随分楽に楽しめることに、今更ながら気がつき、スマホのコミック雑誌の購読を止めてしまいました。

Although I have not read a novel for a long time, I realized that I could enjoy reading novels comfortably, compared to reading comics with smartphones. So I have stopped subscribing to comic magazines of smartphone.

-----

楽しい探偵小説なのですが、ただ『若い人間をバカにしている』という場面が多いのが、ちょっと、ひっかかります。

It's a fun detective story, but it's just a bit of a scene that there are many "stupid young people"

もちろん、小説の構成・演出上、あるいは読者層を意識して、そういう設定にされているんだろうことは、判っているのですが。

Of course, I understand the reasons might be for structure and direction of novel or reader layer.

―― 私が知る限り、私より若い人は、基本的に私より礼儀正しく優秀

"As far as I know, younger people than me are basically more polite and cool"

です。

まあ、これは、私の生活圏内で確認できる範囲となるので、定量的に「優秀」だの「劣っている」だのと判定することはできないことも、判っています。

Well, this is based on the range where I can confirm within my time and area. I also know that I can not be judged quantitatively as "excellent" or "inferior".

ただ、「現時点の高齢者が、今の若者に対して、説教できるだけの資格があるか」とは思ってしまうのですよ。

However, I think that "do the current elder people has qualifications to preach young people now?"

-----

ですので、若い人が、高齢者に、自分の振舞いを注意されたら、『このように反論できるよ』と教えておいてあげたいと思います。

So, if you are a young person who warns the elderly about your behavior, I would like to tell you that "You can argue like this".

■70歳代の高齢者への反論

- Rebuttal against elder people in their 70s

『あんただって、街の中で火炎瓶投げていたんだろ』と言い返せばいいです。

You can say "You had thrown the flame bottle in town"

もし、「そんなことはしていない」と言われたら、『じゃあ、火炎瓶投げていた奴を止めもせずに、見ていただけなんだ』と言い返してやればいい。

If they say "I have not done such a thing", you also say "Well then, you just looked at people who was throwing the flame bottle, without stopping it"

■60歳代の高齢者への反論

- Rebuttal against elder people in their 60s

『あんた、会社の犬になって、今のパワハラ企業の基礎を作ったんだろう』と言い返せばいいです。

You can say "you made you a company dog and you have built the foundation of the current power harassment company."

もし、「そんなことはしていない」と言われたら、『じゃあパワハラの被害者を助けることもなく、沈黙し続けたまままだったんだ』と言い返してやればいい。

If they say "I have not done such a thing", you also say "Well, you did not help power victims, and kept silent"

■50歳代の高齢者への反論

- Rebuttal against elder people in their 50s

『あんた、校内暴力で、学校の窓ガラス割っていたんだろう』と言い返せばいいです。

You can say "You broke your school window glass with school violence"

もし、「そんなことはしていない」と言われたら、『じゃあ、そういうアホが壊しているのを見逃していたんだ』と言い返してやればいい。

If they say "I have not done such a thing", you also say "Well then, you missed that such an idiot was broke"

-----

そして、とどめに

And finally,

『俺/私のやっていることは、あんたたちのやってきたことより、インモラル(不道徳)か?』

"What I am doing is more immoral than you ?"

と、キメ顔で言ってやればいいんです。

You say it with your good face.


2019-11-18 そりゃ ―― 当然、「飛び込み」でしょう。

私は、以前、連載の執筆中に、電車で人身事故を発生させる人の心理状態について調べました。

I previously investigated the psychological state of people who caused personal injury (diving) on a train in my series columns.

私なりの調査結果は、やはり、この結論となりました。

After all, the following was my conclusion.

―― 面倒くさいから

"Because it is troublesome"

-----

例えば、あくまで、例えば、ですよ、

For example, this is for example,again,

- ラズパイのLinuxがカーネルパニックを発生させ、システムが全停止状態となり、

- The Raspberry Pi Linux caused a kernel panic, the system was completely stopped,

- 多くの人間と、そこそこの費用と時間が投入された実証実験の開始まで、あと4時間しかない(今、午前3時)

- There are only 4 hours left (3 am now) until the start of the demonstration experiment with many people and huge costs and time.

という状況が、発生したとします(あくまで例え話です)。

Suppose that the situation exists (it is just an example).

すでにサービス運用開始がマスコミに公開されており、4時間後に、沢山のシステムの開発者、運用者、そして実験のコスト投資者が、数十人も集ってくる状態であって、

The service operation start has already been released to the media, and there are dozens of system developers, operators, and experimental investors gathering, four hours later,

(0)これらの人々の怒号の中で、

(0) In the anger of these people,

(1)システムが動かない理由を、「技術用語」を使わずに説明しつつ、

(1) Explaining why the system does not work without using "technical words"

(2)損害コストや、今後の対策を議論しつつ、

(2) While discussing damage costs and future measures,

(3)必要な機材を再発注しつつ、

(3) While reordering necessary equipment,

(4)数ヶ月かけて作ったシステムを作り直す

(4) starting to reform the system, which had been installed for several months

という状況になることが確実な場合、

If the situation will be confirmed,

これらの面倒を全て回避して、一番てっとり早く関係者を納得させる方法があるとすれば、それは何か?

If there is a way to avoid all of this hassle and to convince the parties the fastest, what is it?

そりゃ ―― 当然、「飛び込み」でしょう。

That's right. Of course, it's a "dive".

-----

『死ぬ気になれば、なんでもできる』てなことを、文末に安易に記載する三流雑誌の低能ライター(*)は、

A small-brain writer (*) of a third-class magazine that easily states at the end of the sentence, "If they feel like dying, they can do anything."

この、追い込まれて適性な判断ができない心理状況や、未来への道筋が全く見えな絶望的心境を ―― まるで理解していない。

This small-brain writer could not understand that psychological situations where they can't make the right decision, and desperate feelings with a completely clear path to the future.

このライターは、犯罪的なまでに低能といっても良いでしょう。

This writer is criminally incompetent.

(*)今度、こんなクソ記事を書きやがったら、「奴の名前」を、強調36ptのポップ体で世間に公開してやる、と思っています。

(*) Next time, he write a fucking article like this again, I'm going to open the name of his no-brain guy in a pop-up with an emphasis on 36pt.

(続く)

(To be continued)


2020-11-18 面接では、「言葉に詰って沈黙を3秒作ったら負けだ」、と思っています。

先月、次女の面接対策で、プレゼンテーションと質疑応答の練習につきあわされていました。

Last month, I was busy practicing a presentation and question and answer session in preparation for my junior daughter's interview.

私、プレゼンテーションに関しては、

In my opinion, when it comes to presentation, I think

「脳がまっしろになった状態でも、勝手に口がしゃべっている状態にまで、セリフを体に叩き込め」

"Even if your brain is straight, you can hit the lines into your body until your mouth is talking."

というのが方針です。

プレゼンテーションの時間が不明のままだったので、1分、2分、3分のバージョンを、それぞれ10~20回、ぶっつづけ、直前の2日間、3時間くらい、徹底的に繰り返しさせました。

The presentation time remained unknown, so I had her give her 1-minute, 2-minute, and 3-minute presentations 10 to 20 times each, and repeated them thoroughly for the last two days, about three hours.

また質疑応答についても、考え得る限り「悪意のある」「解答がしにくい」あるいは「解答の出せない」質問を、何度も繰り返し、浴びせ続けました。

As for the question and answer session, I asked as many times as I could think of "malicious," "difficult to answer," or "cannot answer."

面接では、「言葉に詰って沈黙を3秒作ったら負けだ」、と思っています。

At the interview, I think, "If you get stuck in words and make silence for 3 seconds, you lose."

しかし、素直に「分かりません」というのも、望ましくないと思っています。

However, I don't think it is desirable to simply say "I don't understand."

-----

質問に対しての応答については、

For answers to questions,

『現時点で私ではお答えできませんが、今後、XXXXの分野を勉強することで、明らかにできるかと思います』

"I can't answer at this point, but I think I can clarify it by studying the field of XXXX in the future."

『今のご質問に関しては、例えば、XXXXという条件を付ければ、現存のXXXXXという方法を使えるのではないかと思います』

"For the current question, for example, if I could add the condition XXXX, I think we can use the existing method called XXXX."

という風に、「分からない」を、前向きな方向で、あるいは一定の仮説を置いた上で、「言い換える」方法があります。

In this way, you don't say "I don't know" but you can change the phrase in a positive direction or with a certain hypothesis

-----

これらの「大人」の技を、二日間で、次女に徹底的に叩き込みました。

In two days, I thoroughly taught these "adult" skills to my junior daughter.

これは、他の受験者等と比較して、チートではないかとも思うのですが ――

I think this is unfair compared to other examinees.

保護者(父親)の技能を利用するのは、被保護者(子ども)の特権です。

It is the privilege of the protected person (child) to utilize the skills of the guardian (father).