0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2020-11-18 面接では、「言葉に詰って沈黙を3秒作ったら負けだ」、と思っています。 [長年日記]

先月、次女の面接対策で、プレゼンテーションと質疑応答の練習につきあわされていました。

Last month, I was busy practicing a presentation and question and answer session in preparation for my junior daughter's interview.

私、プレゼンテーションに関しては、

In my opinion, when it comes to presentation, I think

「脳がまっしろになった状態でも、勝手に口がしゃべっている状態にまで、セリフを体に叩き込め」

"Even if your brain is straight, you can hit the lines into your body until your mouth is talking."

というのが方針です。

プレゼンテーションの時間が不明のままだったので、1分、2分、3分のバージョンを、それぞれ10~20回、ぶっつづけ、直前の2日間、3時間くらい、徹底的に繰り返しさせました。

The presentation time remained unknown, so I had her give her 1-minute, 2-minute, and 3-minute presentations 10 to 20 times each, and repeated them thoroughly for the last two days, about three hours.

また質疑応答についても、考え得る限り「悪意のある」「解答がしにくい」あるいは「解答の出せない」質問を、何度も繰り返し、浴びせ続けました。

As for the question and answer session, I asked as many times as I could think of "malicious," "difficult to answer," or "cannot answer."

面接では、「言葉に詰って沈黙を3秒作ったら負けだ」、と思っています。

At the interview, I think, "If you get stuck in words and make silence for 3 seconds, you lose."

しかし、素直に「分かりません」というのも、望ましくないと思っています。

However, I don't think it is desirable to simply say "I don't understand."

-----

質問に対しての応答については、

For answers to questions,

『現時点で私ではお答えできませんが、今後、XXXXの分野を勉強することで、明らかにできるかと思います』

"I can't answer at this point, but I think I can clarify it by studying the field of XXXX in the future."

『今のご質問に関しては、例えば、XXXXという条件を付ければ、現存のXXXXXという方法を使えるのではないかと思います』

"For the current question, for example, if I could add the condition XXXX, I think we can use the existing method called XXXX."

という風に、「分からない」を、前向きな方向で、あるいは一定の仮説を置いた上で、「言い換える」方法があります。

In this way, you don't say "I don't know" but you can change the phrase in a positive direction or with a certain hypothesis

-----

これらの「大人」の技を、二日間で、次女に徹底的に叩き込みました。

In two days, I thoroughly taught these "adult" skills to my junior daughter.

これは、他の受験者等と比較して、チートではないかとも思うのですが ――

I think this is unfair compared to other examinees.

保護者(父親)の技能を利用するのは、被保護者(子ども)の特権です。

It is the privilege of the protected person (child) to utilize the skills of the guardian (father).