0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-11-17 2020年の東京オリンピックで、変った視点から日本を紹介しようと思うのであれば、「オタク文化」ぐらいしかないんじゃないかな

2020年の東京オリンピックで、変った視点から日本を紹介しようと思うのであれば、「オタク文化」ぐらいしかないんじゃないかなー、と思っていました。

If we want to introduce foreign persons to Japan from the different views, I think there is nothing except for Otaku culture.

富士山、着物、テンプラ・・・というのも、もう古い感じしますしね。

Fuziyama, Kimono, Tenpura seems to be obsolete.

私自身は、「オタク」というのもが、あまり好きな方ではないのです。なにしろ、私は「オタク」という用語の定義がよく分からないからです。

In my opinion, I don't like the term of Otaku, because I can't understand the definition of the term at all.

「オタク(おたく、お宅)とは、自分の好きな事柄や興味のある分野に傾倒しすぎる人への呼称。ある物事へ一般人よりはるかに熱中している人・詳しい人のことである。」

According to one web site, Otaku means geek, who make a commitment to areas of interest and favorite things of their own, and/or familiar with or absorbed much from the general public to some things.

じゃあ、ソフトウェアGPSのプログラムのコードを読む私は、私はGPSのオタクか? 日本に100人もいないと思うけど。

Am I GPS Otaku ? Because I often read software GPS program code. There are less than one hundred people in Japan.

私の周りでは、エンジニアをやっていて、上記の定義に当て嵌らない人の方が珍しいです。 Most engineers around me, might be called "Otaku" based on the above definition.

まあ、それはさておき。

私が冒頭で使った「オタク」は、アニメ、コスプレ、ゲーム、アイドル、プラモ、映画関連で、(よく分からんけど)総括概念で纏めると、コミックマーケット(コミケ)で取り扱われるもの全般のことを言っています。

In this diary, I use "Otaku" as the meaning of something to be treated in the Comic Market(Comike) , for example, Douzinshi(little magazine), Anime, costume play(Cospl?)

_ -----

コミケの運営を担当している人に話をしてみたのですが、

When I talked to a management staff of Comike,

「私は、東京オリンピックとは関わりたくないです」

He said "we don't like to make relationship with Tokyo-Olympic"

と言われました。

「同人誌を各国に持ち込まれて、税関で取り押さえられたら、面倒だよね」というような話をしているそうです。

They discuss some problems, for example difficulties with customs in several countries.

確かに、東京オリンピックなどと連動すれば、官憲の介入も厳しくなるだろうし、コミケの主催者側としては、面倒が多くなるとは思います。

In face, it is easy for me that the policy should interfere with the event and many troubles will happen if Comike makes relationship with the Olympic,

-----

それにしても、組織というのは、常に大きく、強く、有名になりたいと思っているものと思っていましたが、この600億円市場を擁する「オタク」市場は、ちょっと普通のものさしでは計れない、見たこともない原理で動いているようです。

I always think that any organization wants to be big, strong and famous. But this Comike looks like to be exception to the above. They are working on unknown and excentric rules I have never seen.


2014-11-17 つまり「挨拶」というのは、上下関係が明確に規定できない世界においては、絶対不可避の儀式である

(昨日の続きです)

つまり「挨拶」というのは、

In conclusion, "salute" is

■使われ続けることで、権威化し、

- To continue being used, it become authority,

■権威化することで、使われ続け、

- To become authority, it continues being used,

■上下関係を明確にする為の指標であり、

- It is a key index to make top and bottom relations clear,

■上下関係が明確に規定できない世界においては、絶対不可避の儀式である

- In the world that cannot prescribe top and bottom relations definitely, it is an absolutely unavoidable ceremony.

と言えそうです。

-----

いずれにしても、リスク回避の為であると考えれば、「挨拶」は、驚くほどコストの安いメソッドです。

Anyway, "salute" seems to be an incredible cost-performance method in order to avoid the risk of the relationship.

また、それだけのことで満足感を得られる人もいるなら、これは「敬老」の具体的な実施例の一つと言えます。

On the other hand, there are some persons who can have a sense of satisfaction, and "salute" is a kind of concrete practical example of reverence for old age.

だから、まあ、理屈は引っ込めて、面倒くさがらず挨拶回りをしましょう。

Therefore, hold back your logic and let's make a round of courtesy calls to say hello.

若いアイドルグループや若手サラリーマンの皆さん。

To: young idol group and young office workers.


2015-11-17 『なんで、披露宴まできてお前に説教されなきゃならん』と本気で腹が立ってきます

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

■まず「長い」というスピーチは最悪です。

First of all, "long speech" is the worst.

そもそも、芸人でもない私達一般人の話術が楽しかろう訳がない。

First of all, we are not professional performer, so our verbal skills will never splendid.

その程度の自己評価もできていない人間が、さらに長いスピーチをしたら、そこにあるのは「苦痛」という名の「地獄」です。

Even the person who cannot evaluate oneself, try a long speech, it is going "hell" that is called "pain".

■次に「ローカルネタだけ」というスピーチも最悪です。

Secondly, "local talk" is also the worst.

ローカルネタは、それを出席者全体が共有できるレベルにまで引っ張り込める技量を持っていることがが前提で、そんな技量を持っている人は、恐しく少ないです。

In order to speak the "local talk", a speaker should have a special technique to spread the talk to other attendances to share the joy. However, there is few person who has the technique.

■「格言や名言の引用」というスピーチも最悪です。

Finally, "apothegmatize" is the worst.

『なんで、披露宴まできて、お前に説教されなきゃならん』と本気で腹が立ってきます。だいたい、赤の他人からそんなもの聞かされて楽しいと思うか。馬鹿野郎めが。

I become to burn the anger with thinking "Why I have to hear your useless sermon this private party?" "Above all, If you were me, do you really think that your sermon is "God-given ?" Don't be silly.

そもそもスピーチの内容を真面目に聞いている人間など、全体の10%程度で、その内容を覚えているのは10%を切ります(実際は、もっと少ないだろうと思う)。

First of all, about 10% person in party hears a speech seriously, and less than 10% in the persons, is going to forget the contents of speech.( I think it might be smaller.)

とすると、「楽しい」スピーチの発生率は多く見積っても1%未満であり、あとの99%以上は「苦痛だけ」のスピーチである、という解釈も可能です。

This estimation can shows that the possibility of "amusing speech" is less than 1%, and the remaining more that 99% is "painful speech".

-----

下手くそなスピーチに共通することは、

I think all of these miserable speakers are missing the following.

『私の言葉など、1mmたりとも人の心に届かない』

"My words never arrive all right"

という客観性を、徹頭徹尾、欠いていることですね。

They lose the objectivity from start to finish.

客層を意識していない、空腹でイライラしている、などの配慮がないことも勿論、話題が脈絡なく続くスピーチが、論理性を欠き、出席者をどんどん不快にさせていくことに気がついていない。

They ignore layer of guest, unpleasure of hunger, and the topics of their speech are not consistency, concise and logical, and they never understand that they are annoying attendances.

―― 会社で偉い立場の人間だか何だか知らんが、その程度のプレゼンスキルで、その地位にいられるものだ

"I don't know your job title, though, I cannot understand your title because of your terrible speech."

と、ついには、その人の「下手くそなスピーチ」が、新郎や新婦の属する評価まで下げてしまいます(私の中では)。

In my mind, the terrible speech is downgrading assessment of bridal couple, at last.

これは、結婚披露宴の趣旨を、著しく損うことになっていないでしょうか。

This is a sort of destroyer of bridal ceremony isn't it?

(続く)

(To be continued)


2016-11-17 「合衆国大統領選挙、連続1万回シミュレーション」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、このシミュレータで、出てきた投票の結果を見て、私は愕然としていました。

However, I was very amazed at watching the result of voting by this simulator.

あまりの意外な結果に、現在、江端家のパソコンでは、

I was overcome with unexpected results, and I keep doing

―― 「合衆国大統領選挙、連続1万回シミュレーション」

the simulation of ten thousand consecutive terms of the U.S presidential election

を絶賛実施中です。

in my PC.

一回で5秒の計算でも、1万回なら50000万秒、つまり約14時間かかります。

Though one election needs five second, I need fourteen hours (fifty thousands second) for the elections of ten thousand times.

現在、シミュレーションのパラメータを少しずつ替えながら、1万回シミュレーションを繰り返しており、江端家のパソコンは、現在、24時間無休で稼働中です。

Now I am trying to repeat this simulations with different parameters again and again, so I keep activating my PC around-the-clock operation.

今月の江端家の電気代は、結構な金額になるだとうと思っています。

I am afraid that the electricity expense of this month, might be respectable amount of money.

_ -----

江端家の貴重な電気料金の代償として導き出されたこのシミュレーション結果は、今月の連載("Over the AI"の方)で、掲載予定です。

The result of this simulation is going to run at series of my column "Over the AI" in this month. Please don't forget that I will have to pay for goodly sum of electricity bill in return for this simulation.


2017-11-17 「至酔飲料水」風情が、自由主義経済の消費者様に対して、飲料時期を制限するとは、一体何様だ ―― と思ってしまうのです。

毎年、

Every year,

―― ボージョレヌーボの解禁

"Beaujolais Nouveau has been released."

という言葉を聞く度に、私は不快な気持になります。

Every time I hear this phrase, I feel uncomfortable.

「至酔飲料水」風情が、自由主義経済の消費者様に対して、飲料時期を制限するとは、一体何様だ ―― と思ってしまうのです。

I think that just "alcoholic drinking water" control to limit drinking time for consumers in the liberal economy ---- "Who do you think you are?"

-----

で、調べてみたのですが、ワイン法を制定している国は、フランス、イタリア、米国、そしてEU連合に存在しています。

So, I tried to research. Countries that have enacted the wine law exists in France, Italy, the United States, and the EU Union.

我が国も、国際条約(多分パリ条約やTrips)に基づき、商標法、不正競争防止法などで、「ワイン」だけが、他の飲食物とは違う、特権的な取り扱いが認められています。

In Japan, based on international treaties (Paris Convention and Trips, maybe), Only "wine" is different from other foods and drinks, and privileged handled by Trademark Act, Unfair Competition Prevention Law etc,

-----

私、知財の勉強をしていた頃から、

Since I was studying intellectual property,

―― 「ワイン」だけが、国際的に法的保護が厚いことに、面白くない気持ちを持っていました。

"Only "wine", has been protected well by international law, and I have had an unpleasant feeling."

まあ、ワインというのが、単なる「至酔飲料水」ではなく、地域ブランド価値を組み込んだ、無体財産権であり、

Well, wine is not just "alcoholic drinking water" but an intangible property right with regional brand values.

その地域ブランドを成立させるために、生産者や地域や国家が膨大なコストをかけてきた、というのは事実です。

It is a fact that producers, communities and nations have incurred enormous costs in order to establish that regional brand,

I still think that the wine is better than Disney (USA) which is trying to extend life, by punctuating copyright law,

しかし、それはそれ。

However, that's it, separately.

(続く)

(To be continued)


2018-11-17 ―― 何もすることがない

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

Windowsのオープニング画面が表示された後、『信号が認識できません』という真っ黒い画面が表示されるだけでした。

After the opening screen of Windows was displayed, it was only a black screen that "Signal is not recognized" was displayed.

これでは、旅行用スーツケースで、鉄の塊(自宅のデスクトップPC)を一日中持ち歩いた私が、可哀想過ぎます。

I was too saddened, who carried a mass of iron (a desktop PC at home) all day by a travel suitcase

フロントに電話して、テレビの交換を申し出たのですが、"VGA"、"HDMI"、"画像精度"という私の言葉が、フロントの女性の耳から拔け落ちている様子が、手に取るように分かりました。

I called the front desk, and offered to change the TV, however, I could know that my words of "VGA", "HDMI", "image accuracy"looked like falling down from the front woman's ear,

-----

仕方がないので、ノートパソコンで、文章作成だけでもしようかと思ったら、今度は、ノートパソコンの電源アダプタを、自宅に忘れてきたことに気がつきました。

Because there was no choice, I would use my note PC to create some documents, However I noticed that I forgot the power adapter of my laptop computer at home.

ノートパソコンのバッテリーは、すでに、往路の電車の中の作業で使い切ってしまい、完全に沈黙していました。

The battery of the note PC was already run out in the outbound train and was completely silenced.

会社用のノートPCだけが使える状態にあったのですが、基本的にはメールとオフィスしか使えません。

Although the note PC of company worked however I could only use mail and office.

-----

―― 何もすることがない

"I have nothing to do".

この感覚、もの凄く久し振りでした。

This feeling was after a long time.

私は、いつでも何かやることがあり、そして、それらの幾どは、パソコンを使って片っぱしからやっつけいました。

I have something to do at any time, and, some of them were cleaned up using a personal computer.

私は、ここ何年も「暇」を感じる暇が全くなかったのです。

I have not had time to feel "free" for years.

珍しく本当に困っていました ―― が、暫くして、素晴しい名案を思いつきました。

It was rare, really troubling - but after a while I came up with a great idea.

なぜ、直ぐにこの考えに至らなかったのか、自分でも不思議なくらいです。

I wonder why I did not come up with this idea soon.

-----

その日の夜、私は強めの睡眠導入剤を飲んで、普段よりも3時間も早く就寝しました。

On that night, I drank a strong sleep inducer, I went to bed three hours earlier than usual.


2019-11-17 ―― 私は、全身全霊でお前の事が嫌いなのに、どうして分かってくれないの?

私は才能がある人が好きですが、インターフェースの悪い人(傲慢、無礼、言葉使いが下品)な人とは、一緒に仕事をしたくありません。

I like person of talent, but I don't want to work with a person of defective interface(arrogance, rudeness, vulgarity.

例えば、以前、私の研究内容について『(成果を)おおげさに語り過ぎる』といった奴がいました。

For example, a person said to me that "Ebata exaggerated about his fruits".

私は一生、奴を許しません(例え、それが事実であったとしても)。しかし、奴はそれに気がついてもいないようです。

I will have never forgiven him forever (Even if it is true). However he doesn't notice that.

私も、社会人ですので、そういう人であっても、一緒に仕事をしなければならないことがあります。

However, I am one of business persons, so I cannot avoid working with the person.

そのような場合は、インターフェースの利用を最小限に抑えるか、仕事が済んだら、完全に関係を断ち切ることにしています。

In the case, I am supposed to keep to a minimum to use the interface, or break ties with him/her.

-----

私は、私の方から『私は、お前と一緒にいるのは嫌なんだよ』の電波を発信しているのですが、インターフェースの悪い人は、

From me, I always emit electric waves whose message is "I don't want to meet you", however the person with broken interface, has

―― その電波を受信する能力が、絶望的にない

"no ability to get the electric wave despairingly"

のです。

こちらからは、できるだけ関わらないように接しているのに、あちらから、コンタクトされると大変困ります。

From me, I am in contact with the person as much as possible, but it will be very troublesome when the person tries to contact me.

- 「あいつだけは来て欲しくない」と、色々苦労して根回ししたイベントに、イベント参加者のルートから勝手に参加してくる奴

- A person who participates freely from the route of the event participant, even I try to exclude the person, because I think "I don't want him/her".

- 私に面と向かって「私も参加したい」と対して言ってくる奴

- A person who tells me, "I want to participate"

―― 私は、全身全霊でお前の事が嫌いなのに、どうして分かってくれないの?

"Why don't you understand that I hate you from the bottom of my heart ?"

と、悲しくなります。

I feel sad.

よく恋愛の相談で、

About a romance talk, there is a phrase

「私は、全身全霊であなたの事が大好きなのに、どうしてそのことに気がついてくれないのか?」

"Why don't you understand that I love you from the bottom of my heart ?"

というフレーズがありますが、そのベクトルの逆バージョンです。

This is an opposite.

------

私は、仕事でなければ「お前が嫌いだ」と言うことに、躊躇がありません。

I don't hesitate to say "I hate you", even if I don't work with the person.

しかし、私は仕事でお金を貰っているので、そういうことが言えません。

But I can't say that because I earn money at work.

このような経験をしている人は、多いと思います。

I think there are many people who have experience like this.

-----

そう言う私も、インターフェースの悪い人間の一人である、という自覚があります。

I also say that I am one of those people with defective interface.

客観的に見ても、これは事実だと思います。

I think this is true even objectively.

実際、私は、各種のイベント(結婚式、送別会、飲み会、その他)で、お誘いを受けることはありません。

In fact, I have not called for various events (wedding, farewell party, drinking party, etc.).

これは、当然だと思っています。

I think this is natural.

もちろん、私は自分から「私も参加したい」などとは言いません。

Of course, I do not say "I want to participate" from myself.

-----

So I am trying to "put myself" in a plastic bag.


2020-11-17 ―― 本にアンダーラインを山ほど引き、私以外の人間には解読できない文字を書き込み、本を風呂の中に水没させるため

最近は電子書籍の購入が多くなったとは言え、まだまだ紙の本も購入しています。

Although I buy more and more e-books these days, we still buy paper books as well.

仮に図書館で同じ本を読むことができる場合でも、紙の本も購入することがあります。

Even if I can read the same book in the library, I may also buy a paper book.

なぜか?

Why?

理由は簡単です。

The reason is simple.

―― 本にアンダーラインを山ほど引き、私以外の人間には解読できない文字を書き込み、本を風呂の中に水没させるため

"To draw a pile of underlines in the book, to write characters that cannot be deciphered by anyone other than me, and to submerge the book in the bath"

です。

私は、この本に対する虐待の限りを尽す権利を、「それが3000円の本なら、3000円で購入している」と認識しています。

I recognize that the right to the full extent of abuse for this book, "if it's a 3,000-yen book, I buy it for 3,000-yen".

本の機能の一つに「共有」があると思うのですが、そんなものには目もくれていません。

I think one of the features of the book is "sharing," but I don't care about that.

本に対する私の敬意は、有体物に対するものではなく、その本に含まれれる知識だけです。

My respect for the book is not for tangible objects, but only for the knowledge contained in that book.

特に、私の場合「理解する」では足りなくて、「自分で理解した上で、自分の言葉で他人に語る」という業務が入ることが多いので、通常の本の読み込みでは、全然足りないのです。

In particular, in my case, "understanding" is not enough, but the task of "understanding and then telling others in your own words" is needed. Hence, normal book reading is not enough for me at all.

「本の中から沸き上がってくる、新しいコンセプト」―― これを獲得する為には、通常の本の取り扱いでは全然足りないのです。

To get "a new concept coming out of the book", in order to get this, it is not enough to handle a normal book.

もちろん、この本の取り扱い方を、他人に押しつけるつもりはありません。

Of course, I do not mean to impose on you, how to handle this book.

むしろ、このような本の取り扱いは止めた方が良い、とすら思っています。

In fact, I even think it's better to stop handling such books.

それはさておき。

Aside from that.

-----

Recently, I also purchased a book stand to facilitate reading in the bath.

風呂の中で、ノンアルコールビールを飲み、キムチを食しながら、このブックスタンドで本を読んでいます。

In the bath, while drinking non-alcoholic beer and eating kimchi, I am reading a book on this bookstand.

「プチ極楽」といったとこです ―― 安い極楽ですが。

It's like "petit paradise" -- a cheap paradise.

但し、家族の中で、一番最後に風呂に入ることが義務付けられています(長女から、風呂の中に充満するキムチ臭で、クレームを受けました)。

However, I am required to take a bath last in the family (my senior daughter complained about the smell of kimchi filling the bath).