0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|

2013-05-01 レンタルビデオ屋の「秘められた領域」

先日、嫁さんが思い出したように話を始めたのですが、2年程前に、レンタルビデオ屋で、次女が行方不明になったのだそうです。

で、嫁さんと長女は、慌てて、レンタルビデオ屋の全部を探し始めたのですが、見つからず、大騒動になったそうです。

そこで、嫁さんと長女は、生まれて初めて、レンタルビデオ屋の「秘められた領域」に足を踏み込んでしまったそうです。

「アダルトコーナ」

まず、第一の感想。

なんて広い! こんなエリアをどこに隠していたの?

まず、第二の感想。

なんて凄い! 色々と。

体躯の小さい次女を探す為に、アダルトコーナーにいる男の人の前にまで回り込んで、調べたらしいのですが、なんとも気不味い雰囲気だったそうです(そりゃそうだろう)。

-----

で、この手の話は、当然にこういう話に帰納する訳です。

「パパも、あのエリアに入っていたの?」

もう、そろそろ、質問の内容に気つかって良い年頃だと思うぞ、パパは。


2014-05-01 学生実験の計算結果を、コンピュータで検証するという、課題にもなっていないことに対して、挑戦をした私は、―― 本当に、エラい奴でした。

私が生まれて初めてコンピュータというものにふれたのは、大学の大型計算機センタでした。

The first computer I had used in my life was in college computer center.

大学2年生の時だったと思います。

I think that I was second grade.

TSS(タイムシェアリングシステム)方式を採用していた、そのコンピュータは、当時貴重な資源でした。

The computer was composed of TSS (Time sharing system), and was enormous valuable resource in those days.

学生に与えられたコンピュータの実行時間は、数十分しかなく(それも年間で、です)、しかも一回の計算時間は70秒以内に限定されていました(あ、なんか腹立ってきた)。

The college student use the computer resource for several ten minutes in a year, and the sequence calculation time was in 70 seconds.

本当の話です。

It was a true story.

当時、コンピュータを真面目に使っている学生は、ほとんどいませんでした。私にしても、ある友人の影響がなければ、コンピュータなど使うことはなかったと思います。

In those days, few students had used the computer seriously. In my case, I would have use it if my friend had not advised me how to use it,

学生実験の計算結果を、コンピュータで検証するという、課題にもなっていないことに対して、挑戦をした私は、―― 本当に、エラい奴でした。

I was really great student, because I had tried to verify the experiment result with the computer calculation.

私が挑戦したのが、熱伝対の熱伝導特性の実験結果が、熱伝導モデルを使った大型計算機の計算結果と一致するか、否か(まあ、面倒くさい話なので、無視して貰って結構ですが)を、

What my trial was to check the difference between result of experiment of thermoelectric couple and the calculation (You don't ignore such a complicated story.)

70秒直前に、計算結果をプリントアウトして、さらに、それを手入力で、次の70秒の計算の為のパラメータとして入力する。

Just before 70 seconds was passed, I wrote down the output number and I enter the number to the computer again. I retried again and again.

そのような、泥沼のような作業と、何回かの失敗の後で、実験結果と、コンピュータの計算結果が、キレイに一致した時の感動は、もうなんといったらいいか、

After many miry burdens and failures, what should I say when I could find the perfect matching between two.

―― エクスタシー

ですね

It was an ecstasy.

-----

帰宅の電車の中で、スマホを使ってゲームに興じている人を見ると、

When I see a person who enjoy a game by Smartphone on my way home,

―― ああ、そのCPUパワー、もったいない

Oh, never waste that CPU power,

と、いらんこと考えてしまう訳ですよ。

I become thinking what I don't have to think.

『そのCPUパワーで、原発事故の汚染地区の経年シミュレーションをやってくれればいいのに』、と。

How would you use your CPU power for the time-scale simulation of contaminated areas of the nuclear accident?

ええ、本当に「いらんことを言っている」という自覚は、十分にあるのですが。

Yes, I do understand that I am saying something meaningless.


2015-05-01 実家に持ち込んだ4台のパソコンを使って、炊事、洗濯、通院、買い物の隙間の時間で、色々な仕事をやっています。

連休初日から、父と二人での実家での生活を続けています。

I continue living a life at the country house with father from the first day in this long holidays.

実家に持ち込んだ4台のパソコンを使って、炊事、洗濯、通院、買い物の隙間の時間で、色々な仕事をやっています。

With four PCs which I brought into the country house, I work in various ways in the time of the gap of cooking, washing, going to hospital, and shopping.

粗大ゴミを捨てにリサイクルセンターに行く時は、YoutubeでNスペ(NHKスペシャル)の音声だけを録音して、PODで聞いています。

When I go to the recycling center to throw away large-size refuse, I record the sound of N Spes (NHK Specials) from Youtube and hear them in my POD.

昨日から、カンボジア大虐殺、文化大革命、シベリア抑留から、フリータ、少子化についてのNスペを聞きながら、家事と仕事を続けています。

I continue working with housework while hearing N Spc. of Holocaust in Cambodia, the Cultural Revolution, Siberia detention, Fleta, declining birthrate from yesterday.

―― なかなか良い

"Not bad"

音声だけでも良いです。英語のインタビューのところはヒアリングの練習にもなります。

Only the sound is all right. I can practice the English hearing at the time of English interview.

もっとも、クメール語、中国語、ロシア語でのインタビューでは、サブタイトルなしでは、手も足も出ませんが。

About the interview by Khmer, Chinese, Russian, I cannot do anything without the subtitle in fact.

-----

実家で、荷物の整理をしています。

Now I am cleaning up a stockroom of the country house.

昨日と今日の二日間、倉庫やキッチンにあるものないもの、何もかもをダンボール箱につっこんで、その箱を車につっこんで、ゴミ処理場に箱を放り投げてきました。

For both yesterday and today, I packed boxes with anything at the stockroom and kitchen, and other rooms, and I carried the boxes into my car and threw the boxes into a disposal center in the country.

パソコン(8bitのレトロパソコン)も、2式、送料無料で引き取ってくれるという、奇特な会社を見つけたので、そこに叩き送りました。

I found a beneficent company which accept old PC free of charge, so I sent two sets of PC to the company.

なんやかんやで、ダンボール30箱くらいにはなりました。

Finally, I used more than 30 boxes.

(続く)

(To be continued)


2016-05-01 不十分で未完成な技術と思っても、絶対にディスってはなりません。

技術って奴は、本当に、一晩で、のび太をジャイアンにするくらいのポテンシャルがあるから、怖いと思います。

I think a technology is really scary, because there is a potential of enough to change Nobita to Gian at one night.

電子メールしかり、ファジィ集合しかり、そして EtherCATしかり。

E-mail, fuzzy set, and EtherCAT too.

不十分で未完成な技術と思っても、絶対にディスってはなりません。

Even if you think it is insufficient unfinished technology, you should not disrespect it absolutely.

特に、記録に残るようなディスり方をしてはならない。

In particular, you should not take the way that someone can record your disrespect words.

後で、歴史改竄(かいざん)が難しくなるからです。

Because it will be difficult to change your history interpolation in the future.

-----

―― 私はね、あの技術は、絶対ブレイクすると思っていましたよ

"To tell you the truth, I thought that the technology became a smash hit in near future"

と、後付けで、言えなくなるからです。

You cannot use the afterthought like above.

-----

■個人用のパソコンなど売れる訳がない

- There is no reason to sell computers for personal.

■Windowsなどという鬱陶しいGUI付きのOSが流行る訳がない

- There is no reason to catch on OS with annoying GUI, like Windows OS.

■民間でGPSなんぞを必要とするユースケースなどない

- There is no use cases that GPS is required in the private sector.

と言っていた人の名前を、私は全て実名で列挙することができます。

I can be listed in all real name of person who had told above phrase.

もし、この人たちから不愉快な対応されたら、その事実で報復を行う予定です(→「江戸の仇をなんとやら」という理不尽な報復ですが)

If these person come to annoy me, I will carry out the retaliation by the fact( it is saying, "avenge oneself on a person in an unlikely place " absolutely)

-----

なにしろ、かく言う私も、

After all, It it me that the person had insisted on

―― スマホなんか絶対に流行るものか

"There is no way to catch on smart-phone something absolutely"

と、主張していた当事者です。


2017-05-01 ―― スピーチの時間の長い奴は「低能」

この度、町内会の役員(?)の順番が回ってきました。

For the first time, I have a turn an officer of my neighborhood association.

多くの人にとって、「町内会の役員」というのは、「PTAの役員」の次くらいに、憂鬱ものであることは、よく知られています。

As you know, an office of neighborhood association is likely to more depressing than that of PTA.

勿論、私も憂鬱なのですが、これは「どこかに住居を構える以上、避けることのできない『懲役刑』みたいなものだ」と、腹を括ることにしました。

Of course, I also feel depression, however, it is a kind of "prison time", when I live anywhere.

ただ、「広報担当」にさせて頂いたので、ちょっと安心しています。

But I feel easy, because I become a "press officer" in the neighborhood association.

私、駄文作成能力においては、日本で1万本の指くらいには入る能力を有していると自負していますし、

I flatter myself that I am a top mass-producer of dummy texts in Japan,

また、町内会のWebページのメンテナンスなどを任せられても、多分問題ありません。

In addition, no problem happens even if I ask someone to make Web site maintenance.

なにしろ、私は自分のページのhtmlのソースコードを、直接編集しているくらいですから(Web作成ツールの利用経験ゼロ)

To begin with, I can edit my web site by native html language (No experiment of Web make tool)

-----

先日、町内会の総会があって、始めて参加してきたのですが(これまでは委任状を提出していた)、

The other day, I went to a kick-off meeting of the neighborhood association for the first time. (I had submitted a commission since now.)

―― この町内会、けっこうイケているかもしれないぞ

I come to think

"This association might be good for me"

と思い出しています。

というのは、

Because,

「総会で発言する人のほぼ全てが、その発言時間と内容が完結であったから」

"All persons who say something, can explain their comment shortly and compactly

です。

私は、これまでの人生の経験上

I have known in my life,

―― スピーチの時間の長い奴は「低能」

"A person who speak longer, is poor"

―― 完結にしゃべれない奴は「無能」

"A person who cannot speak concise, is dummy"

ということを知っています。

そして、これは年寄りになるほど顕著になることも、経験的に知っています。

And I also know that the older they are, the more terrible their speech becomes.

しかし、今回の総会で発言された方は、短時間、完結で発表されており、正直、

On the other hand, the persons who said in the meeting, speak their comment shortly and compactly, so I come to think that

「『従来の町内会』の認識を変更する必要があるかな」

"I have to change the recognition of neighborhood association"

と思い始めています。

-----

正直、小学校や中学校(あるいは高校)の校長たちに、上記のような「低能」「無能」が、固まっているような気がします。

To tell you the truth, I think that many of head of junior, junior high ,and high school are "poor" and "dummy".

教職の、特に管理職レベルの奴らの、プレゼンテーション能力の欠如は、絶望的なほどです。

The presentation of teachers, especially ,management class of them, are depressing

入学式と卒業式という最大級のプレゼンテーション会場において、あの話の「つまらなさ」は、壊滅的に救いようがありません。

In the place of entrance ceremony and graduation ceremony,which are big stages for them, their tired speeches are beyond saving.

私は、このような「つまらなさ」は、老齢が導くものと思っていた ―― だから、自分も気をつけなればならない ―― と思っていたのですが、

I think that the tired speeches are for their age, and I also have to be cautious about my speech.

どうやら、それは大きな誤解だったようです。

It would seem that that is my big misunderstanding.

-----

これからは、この日記でも、町内会の話を、ぼちぼち入れていくと思いますが、最終的に

From now on, I will tell you some stories of this association, and finally I confirm that I will show you one of two conclusions, as follows.

「町内会で活躍した私」

"I had been a great help"

か、

or

「町内会を壊滅した私」

"I had destroyed the association"

のどちらかになるだろうことは、これまでの、私の他のアクティビティから見て、ほぼ間違いないと思います。

because of past disasters of mine.


2018-05-01 ―― 自分で、自分の能力を見切っていない

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「大型連休」という、あなたの中のフォルダーの中身を、

The contents of your folder inside of "Golden Week holidays"

「ごみ箱」に入れて、

you put it in the "Recycle Bin".

さらに、

In addition, I will strongly recommend

復活できないように完全に抹消することを、

to completely erase it so that you can not be revived

強く提言致します。

------

ちなみに、今、私の「連休中」フォルダの中には、

By the way, now, in my "consecutive holidays" folder,

●町内会報の完全リストア

- completing restoration of the town interiors

●町内会ホームページのリフォーム

- Neighborhood Association Website Reform

●町内会メーリングリストサーバの構築

- construction of a neighborhood association mailing list server

●実家見守りシステムの構築(SORACOMデバイスを使った、新システム)

- building a family home watching system (New system using SORACOM device)

●某学会から依頼された寄稿原稿の執筆

- contribution of contributions requested from a certain academic society

●5月の連載の原稿(少くとも図面まで)

- manuscript of the May series (at least to the drawing)

●実家の家事、通院支援、来客対応、補修、メンテナンス

- domestic housework, outpatient support, visitor response, repair, maintenance

が入っています ―― しかも、この連休中に仕上げないと、その後の予定がガラガラと崩れる、と。

Moreover, unless it finishes during this consecutive holidays, the schedule after that will collapse with rattle.

仕方がないこととは言え、

Although it can not be helped,

―― 自分で、自分の能力を見切っていない

"I have not estimated my own performance by myself"

としか思えません。

I think only.


2019-05-01 「東京ディズニーランドの横に、日本最大のDIYショップを併設し、相互出入り可能な状態にする」

私は、これまで、中部→関西(学生時代)→関東と居所を移動してきました。

So far, I have moved from Chubu → Kansai (student age) → Kanto.

この中でも、中部地域に、DIYショップが多いような気がしています。

Among these, I feel that there are many DIY shops in the central area.

ちょっと調べてみたら、やっぱり予想通りでした。

After a little research, it was as expected.

私の出身地(の県)は、 ぶっちぎりで日本一のDIY出店数を誇っています。

My (prefecture) of hometown is proud of the number of DIY stores in Japan.

-----

子どものころから、ちょっとした配線工事、水回りの修理、庭の手入れは勿論、棚、机くらいは、自分で作ってしまいました。

Since I was a child, I made some wiring work, water repair and garden maintenance, as well as making shelves and desks by myself.

私の回りも、そんな感じだったような気がします。

I felt that my surroundings were similar.

中学生の頃には、屋根に登ってアンテナの設営もやっていました(以前、自宅での設置を自分でやろうとしたら、嫁さんに止められましたが)

When I was in junior high school, I climbed the roof and set up the antenna.(When I tried to set it up at home recently, I was stopped by my wife.)

「テレビの配線の為だけに、電気屋さんを呼ぶ」などというイベントは ―― 『大きなお屋敷に住んでいる、お金持ちだけの話だろう』と、信じていました。

I believed that "It would be a story of a rich man living in a big house" about "calling an electrician just for television wiring”

嫁さんの実家での話を聞いて、そうでもないことを知るに至りましたが。

I heard the story of my wife's parents, and I knew that I misunderstood.

-----

DIYショップに近づくとワクワクします。

I am excited when I approach a DIY shop.

巨大なDIYショップになると、そのワクワク感はさらにアップします。

When it becomes a huge DIY shop, the excitement is further increased.

基本的に、私は、何か問題が発生した時に、その問題を解決する為にDIYショップに行きます。

Basically, I go to the DIY shop to solve the problem when something goes wrong.

しかし、DIYショップの物品を眺めていると、別の解決方が思いついて、それが、また、なんとも言えないほど楽しいのです。

However, when looking at the goods of the DIY shop, another solution comes to mind, and it is also so much fun.

-----

DIYショップに陳列されている工具も、私を楽しませてくれます。

The tools displayed in the DIY shop also entertain me.

以前記載しましたが ――

I have mentioned it before-

- The "electric chain saw" has turned a huge garden tree into a piece of wood in less than an hour,

- "Hydraulic jack" lifts the car of my family lightly, and the replacement of the snow tire will be completed within 30 minutes.

業者に頼むことを考えれば、コストパフォーマンスは圧倒的ですし、それ以上に、これらの作業は、それ自身が楽しいです。

The cost performance is overwhelming when I ask the contractor, and moreover, these tasks are fun for myself.

-----

ただ、まあ、これらが「万人にとって『楽しい』」というものではないことも分かってはいます。

However, I also know that these are not "fun" for everyone.

私にとって、ショッピングモールとは、書店とレストラン以外は、単なる店舗ですし、アミューズメントパークは、待ち時間0分でない限り、単なるストレス発生装置です。

For me, shopping malls are just stores, except bookstores and restaurants, and amusement park is just a stress generator, unless it is waiting for 0 minutes.

という訳で、今回も、

So, this time,

「東京ディズニーランドの横に、日本最大のDIYショップを併設し、相互出入り可能な状態にする」

"Next to Tokyo Disneyland, a Japan's largest DIY shop will be added and making it possible for mutual access."

という、約100回目の提案を、試みたいと思います。

I would like to try about the 100th proposal.

一定のニーズは、あるようにも思うんですが、どうでしょうか?

I think there are certain needs, but how about that?


2020-05-01 『夏休みの最後の3日間で、それらしい自由研究レポートを作成する為のEXCEL入門』

昨日の日記を読んで頂いた、私のプログラミングの師匠であられるところのSさんからメールを頂きました。

I received an e-mail from Mr. S, who is my programming mentor and has read the diary yesterday.

メールの要旨を抜粋させて頂きます(本人無許諾だけど、多分許して頂けると思っています)

The following is a summary of the email ((I have not given permission Mr.S , but I think that he will give it to me)

■『"Excel "で十分じゃん?(by 江端)』 まさに「これ」、かと思いました。

- "Isn't" Excel "enough? (by Ebata) ”I thought it was exactly this.

■私も、ティーンエージャー(大学生未満)はプログラムを書かないほうがよい、と考えています。

- I also think teenagers (under college) should not write programs.

-----

加えて、

In addition,

■うちの子供達には、行列と微分積分だけはどの世界に行っても必要なので手を抜かせないようにしています。

- I try to make my children study only matrices and calculus because they need to be in any world.

この最後の一文が、私の胸を貫きました。

I was impressed with this last sentence.

―― 行列と微分積分なくして、世界を理解する手段なし

"Without matrix and calculus, there is no way to understand the world"

これは、世界中のどんな優れた哲学や宗教のドグマも敵わない、絶対的真理です。

This is an absolute truth that overwhelms any great philosophical or religious dogma in the world.

-----

話を戻しますが、本当にエクセルだけで、コンピュータで行う計算のかなりの部分を網羅できるんです。

Let's get back to it. only Excel can cover a great deal of computer calculations.

"Operate with Excel! Scientific calculation that can be done up to here"

"First artificial intelligence, AI to learn while experiencing with Excel"

には、コラム執筆の際には、大変お世話になりましたし、

These two books are very helpful to me when I wrote the column,

Sさんから紹介頂いた、

Mr. S introduceded me, the following two book.

"Understanding machine learning, super introduction, AI models and algorithms understood in Excel"

"Deep Learning Super Intro to Excel [RNN / DQN Edition]"

などもあります。

これらの本の凄いところは、数式なんぞ理解できなくても、エクセルの動きを見ているだけで、計算の動きが「目で見える」ということなのです。

The great thing about these books is that even if I can't understand mathematical formulas, I can "see" the motion of calculation just by looking at the motion of Excel.

その後に数式を読むと『あ! そういうことか!!』と理解できるようになる、という点が良いのです。

After that, when I read the formula, "Ah! That kind of thing! !! It is good that I can understand.

つまり、子どもであれ、大人であれ、数式の理解の心理的な壁の高さを、限りなくゼロまで下げるのです。

In other words, whether you are a child or an adult, the height of psychological barriers to understanding mathematical formulas is lowered to zero.

-----

うん、なんか使命感に燃えてきました。

Yeah, I was burning with a sense of mission.

我が国を、世界に冠たる

In order to make Japan a world-class

「スプレッドシート(Excel)リテラシー国(×プログラミングリテラシー国)」

"spreadsheet (Excel) literacy country (not programming literacy country),"

にする為にも、

I have to write a book whose title is

『夏休みの最後の3日間で、それらしい自由研究レポートを作成する為のEXCEL入門』

"Introduction to EXCEL to create such a free research report in the last three days of summer vacation"

の執筆が急がれると、思っています ―― 勝手に。

urgently and selfishly

ネタはあります。

I have several stories.

出版業界の皆様の、お声がけをお待ちしております。

I look forward to inviting me from everyone in the publishing industry.