0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2024|01|02|03|

2024-03-03 という理由で、今朝の4時までかけて、この運行テーブルを作っていました。 [長年日記]

各バス停の時刻表はあります(各バス会社が開示しています)。

There are timetables for each bus stop (disclosed by each bus company).

各バス路線のルートもあります(国土交通省が開示しています)。

There are also routes for each bus line (disclosed by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism).

でも、それを運行表として開示している行政や会社はレアケースです。

However, it is rare for a government or company to disclose this as an operation chart.

作っているところもありますが、私が欲しいエリアにはありませんでした。

Some organizations are making them, but not in the area where I want them.

なれば、自分で作るしかないのです。

If that is the case, I have no choice but to create my own.

いや、本当に大変でしたよ。

Well, it was annoying work.

昨晩、キレそうになって、少しでもラクしたくて小さいプログラムを書いていました。

I almost lost my temper last night and was writing a small program to make it easier.

ただ、これも、完全自動化プログラムを作成しようとすると、面倒な上、必ずバグが発生します(表記方法が違うとか、文字列が入っているとかで、発生する)ので、部分自動化の方が、安心なのです。

However, this, too, is a hassle if you try to create a fully automated program, and bugs are sure to occur (such as different notations or strings in the program), so partial automation is more reliable.

日本全国のバスの運行表を一気に作るというのであれば、完全自動化のプログラムを書いても良いのですが、私のターゲットは6路線のみでしたので、そういうプログラムは、時間コストに見合わないのです。

If I wanted to make bus schedules for all the buses in Japan at once, I could write a fully automated program, but since my target was only six routes, such a program was not worth the time cost.

という理由で、今朝の4時までかけて、この運行テーブルを作っていました。

I spent until 4:00 this morning creating this bus operation table.

-----

で、それが終わった今の私は、以前作った、GISデータベースの一箇所だけを修正したくて苦労しています。

So now that that is done, I am struggling to fix one part of the GIS database I created before.

GISデータベースを、最初から作り直すと、今作っているプログラムのノード番号の不一致が発生して、プログラムの全部が作り直しになるからです。

If the GIS database were to be rebuilt from scratch, there would be a mismatch in node numbers in the current program, and the entire program would have to be rebuilt.

これを例えるのであれば、

If this is an analogy,

―― 脳を切開して、脳の毛細血管の一つを追加するような作業

"Work like making an incision in the brain and adding one of the brain's capillaries."

でしょうか(いや、それほど凄いことではない。人の命かかっていないし)

(No, it's not that great. Because no one's life is at stake.)

-----

そんなに時間がないのに、なぜ私が日記を書いているか?

Why am I keeping my diary when I don't have that much time?

もちろん、その脳手術を目前にして、現実逃避をしているのです。

Of course, they are escaping reality in the face of that brain surgery.


2024-03-02 ―― 辛い作業を、"他人"に押しつけてきたから [長年日記]

今、私は、「現実の街と同じ街を、コンピュータの中に作りこむ」をやっています。

I am currently working on "creating a city on the computer identical to an actual town.

詳しいことは割愛しますが、これを完成させて動かさないと、大学院を卒業できません。

I will spare you the details, but if I do not complete and move this, I will not graduate from college.

週末はこの作業で、全部の時間が溶けていきます。

This process melts away the entire weekend.

恐しく面倒くさい作業なのに、学術的には語るべき内容がない ―― 苦労談ならいくらでも語れるんですけどね。

It's a horrible and annoying process, but there's no academic content. Even if I could tell you all about the hard work.

面倒なのは、ゲームのように「自由に街を設計する」のではなく、「現実にある街を反映させる」ことです。

What is troublesome is not "freely designing a city" as in a game but "building in" a city that exists in reality.

言うまでもなく、"ワープ"とか"どこでもドア"のような架空の設定は許されません。

Fictitious settings such as "warps" or "doors to anywhere" are prohibited.

-----

会社の仕事でやっていた時は、もっと短期間で試作システムを作ることができたように思うのですが、今は、"亀"のような遅さです。

When I was working for the company, I thought I could create a prototype system in a much shorter time, but now it is as slow as a "turtle.

あらためて『なんで、こんなに時間がかかるんだろう』と考えてみて、当たり前の事実に気がつきました。

I thought again, 'Why is it taking so long?' and realized an obvious fact.

―― 辛い作業を、"他人"に押しつけてきたから

"I've been putting the hard work on "others"."

"他人"とは、例えば、会社の同僚や、ソフト外注さんです。

Others" are, for example, colleagues in the company or software subcontractors.

そういう人たちの圧倒的な支えがあったら、今と比較して、"光の速度"のような構築ができていた。

I had the overwhelming support of such people, so I would have been able to build at the "speed of light" compared to today.

しかし、私が大学でやっている研究対象のシステムの作り手は、私ひとりだけです。

However, I am the sole creator of the system, which is the subject of my research at the university.

そりゃ、"亀"のような速度になるのは、当然です。

Naturally, the speed would be like that of a tortoise.

私、ちょくちょく「一人でがんばっている」ような記述をしていましたが ―― 当たり前ですが ―― 一人でできることなんて、高が知れているんですよね。

I have often described myself as "working hard on my own," but there is only so much one person can do.

-----

バーチャルの街とは言え、これを一人で作るのは、本当に大変です。

Even though it is a virtual city, it is a real challenge to create this all by oneself.

この街、本当に完成するのか ―― そう考えると、怖くて眠れない日があります。

This city, will it be completed -- there are days when I can't sleep because I'm so scared to think about it.

これは、「一人でがんばっている」と思い上がっていた私への「報い」なのかもしれません。

This may be a "retaliation" for my presumption that I was doing my best on my own.


2024-03-01 そして、私は『ティーンエージャの3年間の無事故』を素直に信じません。 [長年日記]

世の中には、最初から車の運転ができる人と、最初から車の運転ができない人がいるようです。

There seem to be two types of people in the world: those who can drive from the beginning and those who cannot drive from the start.

英語と一緒です。

It is the same with English.

"There are only two kinds of Japanese when it comes to learning English: those who love English and those who don't. There are only two types of Japanese people when it comes to learning English: those who are loved by the English language and those who are not."

-----

私は、「最初から車の運転ができる人」の部類に入ると思います。

I think I fall into the "someone who can drive from the start" category.

運転で苦労したという記憶がないからです。

This is because I don't recall having any difficulty driving.

一方、嫁さんは、「最初から車の運転ができない人」だったようです。

On the other hand, my wife seemed to be "someone who couldn't drive a car from the start.

嫁さんは、

(1)螺旋状の道路を、なぜハンドルの角度を固定したままで運転できるのか、理解できない

(1) She does not understand why she can drive on a spiral road with the steering wheel at a fixed angle.

(2)駐車における、ハンドルの切り替えで、混乱する

(2)She gets confused when she switches steering wheels when parking.

これは、よくある話です。私はミニカーを購入して、あるいは図面を描いてそれを説明しましたが、理解して貰えませんでした。

This is a familiar story. I purchased miniature cars or drawn drawings to explain it to them, but she did not understand.

ですが、これはそれほど深刻は話ではありません。

But this is not so serious.

運転し続けることで、それを体感できるようになりますし、その後、ロジカルにも理解できるようになります。

By continuing to drive, we can experience and understand it logistically.

-----

江端家では、『高校卒業直後に、自動車学校に入学させる』が慣例となっておりましたので、長女も次女も運転免許を、早々に取得しました。

In the Ebata family, it was customary to have students enroll in driving school immediately after high school graduation, so both our oldest and second daughters obtained their driver's licenses as soon as possible.

しかし、運転が解禁される日を、21歳の誕生日の当日としていました。

However, the date when the ban on driving was lifted was set as the day of his 21st birthday.

なぜか?―― 自動車保険の保険料が安くなるからです

Why -- because it will reduce your auto insurance premiums.

いや、本当に、18~21歳前日までの保険料は、本当にバカ高いんですよ。

The premiums from 18 to the day before age 21 are ridiculously high.

そして、私は『ティーンエージャの3年間の無事故』を素直に信じません。

And I don't honestly believe in 'three years of no accidents for teenagers.'

それは、年齢別統計値を見れば明らかですし、保険料は、当然、その統計値に反映されるからです。

This is obvious from the age-specific statistics, and premiums are naturally reflected in those statistics.

-----

で、先日、次女のフェーズに突入しました。

So, we recently entered the phase of our second daughter's development.

どうやら次女は、「最初から車の運転ができない人」のようです。

The second daughter is "the one who can't drive a car from the beginning."

当面の間、嫁さんの時にやったような、講義とか演習が必要になるかもしれません。

For now, I may need a lecture or exercise like I did with my wife.


2024-02-29 「十分に発達した汎用技術は、発明創成の阻害要因である」 [長年日記]

I have been applying for inventions dealing with space-time and other matters for some time now.

私の特許発明は、かなり「SF小説/アニメ頼み」のところがあります。

My patented inventions are "science fiction novel/anime dependent."

(ちなみに、『シュタインズゲート』は、私の出願の"後"の放映です)。

(Incidentally, "Steins;Gate" aired "after" my application.)

-----

しかし、最近の、生成AIや、メタバースの出現で、「SF小説/アニメ頼み」も苦しくなってきました。

However, with the recent emergence of generative AI and the metaverse, "relying on science fiction novels/animations" has become difficult.

昨日も、一晩中、グループチャットで、特許ネタの案出で苦しんでおりました。

Yesterday, too, I spent all night in the group chat room struggling with a patent story idea.

「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」は、SF作家アーサー・C・クラークの定義ですが、

Though "Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.," as defined by science fiction author Arthur C. Clarke,

私に言わせれば、

In my opinion,

「十分に発達した汎用技術は、発明創成の阻害要因である」

"Well-developed general-purpose technology is a disincentive to invention.

です。

I believe this to be true.

今の私は、特許法特許法第29条第2項(進歩性)に関する、特許審査官との、頭脳内戦闘(論戦)シミュレーションで、疲れ果てております。

I am now exhausted from simulating an intra-brain battle (argument) with the patent examiner regarding Article 29(2) of the Patent Law (inventive step).


2024-02-28 つまるところ、私の"空振り"は、SDGsなんです ―― 世界は救いませんが。 [長年日記]

依頼された仕事というのは、基本的に、依頼を発注する側と、依頼を受注する側で、仕事の内容に認識ズレが発生します。

There is a gap in the perception of the requested work between the party that places the request and the party that receives the request.

私、社会人人生のほとんどの期間、研究の「依頼を受ける側(受注者)」でした。

I have been on the "receiving end" of research requests for most of my working life.

(たまに、ソフト外注を行う場合は、依頼側(発注者)になりましたが)

(Occasionally, when outsourcing software, I become the requesting party (client)).

ですので、これまで、私は依頼内容を誤解し続けてきました。

So, up to now, I have continued to misunderstand the request.

-----

例えば、発注者は『1ページのサマリが欲しかった』だけなのに、私は『20ページの大作を作ってしまった』とかです。

For example, the client only 'wanted a one-page summary,' but I 'made a big 20-page piece.

これ、発注者が、依頼段階で最初から『1ページのサマリが欲しい』と言えば、このよう過誤は発生せずにすんだ悲劇です。

This tragedy could have been avoided if the client had asked for a one-page summary at the request stage.

ところが、発注者が『1ページのサマリ』が、すでに認識済みであったと思い込めば、こういう事項は発生します。

However, these matters will occur if the client assumes that the "one-page summary" has already been recognized.

私の仕事はこういうことの連続です。

My works are a series of these things.

-----

で、私が取っている戦略は、

So, the strategy I am taking is,

―― 『100%の共通認識』などは、しょせん夢物語だから、『先に作ってしまえ』です。

-- "100% common understanding" is a pipe dream, so "let me make it first."

とは言え、『1ページ』に対して『20ページ』とは、随分な無駄なことをやったことになります。

Nevertheless, "20 pages" instead of "1 page" is much wasted work.

もの凄い損をしたようにも思えますし、実際、無駄な時間を使ってしまいました。

It seems like a tremendous loss and, in fact, a waste of time.

自分の社会人人生を見直してみると、「私の仕事の9割は空振り」のような気がします。

Reviewing my work life, I feel that "90% of my work is empty".

社会人として、私は失格かもしれません。

As a member of society, I may be disqualified.

でも、"モノ"が見えることで(形になることで)、仕事は動き出します。

However, the work begins to move when the "thing" becomes visible (or takes shape).

『お互いが分かっていない"こと"が、分かる』からです。

This is because "we can understand things that we don't understand each other."

-----

ただ、私がこういう無茶ができるのは、、私が、ドキュメントやソフトウェアに関する業務で、かつ、個人で請け負う業務であるからでもあります。

However, I can do this kind of reckless work because my work is related to documentation and software and because I am a private contractor.

これが、100人以上が関わるような、都市設計、建設、その他のインフラの仕事でしたら、『途中で間違いに気がついた』では済まない話です。

If this were urban design, construction, or other infrastructure work involving more than 100 people, it would not be enough to say, "We realized our mistake midway through the project.

-----

では、私が空振りして作成した9割は、完全に無駄な仕事だったか、と問われると、これが必ずしも「そうだ」とは言えないのです。

So, if you ask me if 90% of the work I struck out to create was a complete waste of time, I can't necessarily say that this was the case.

他の仕事や、コラムや、別のところで流用することができる(こともあるから)です。

It can (and sometimes does) get diverted to other jobs, columns, or elsewhere.

私が、自分のページで公開しているコラムや技術メモは、この"9割"を再利用している(もちろん、守秘義務のフィルタをかけた上で、ですが)といっても過言ではありません。

It is no exaggeration to say that 90% of the columns and technical notes I publish on my website are reused (after filtering for confidentiality).

つまるところ、私の"空振り"は、SDGsなんです ―― 世界は救いませんが。

After all, my "swing" is the SDGs -- not saving the world.

ちなみに、今日は、朝から覚えているだけで、3つの失敗しています(コードと特許と仕様書で)。

By the way, I made three mistakes today (in code, patents, and specifications); I just remembered them from this morning.

今日も、私は、豪快に"空振り"しています。

Today, too, I am "striking out" with great enthusiasm.


2024-02-27 ―― 私たちが"知性"と信じてきたものは、案外コンピュータで計算できる程度の)ショボイものかもしれない [長年日記]

オープンソースのおかげで、とてもラクして、コンピュータのリソースを使えます。本当にありがたいことです。

Thanks to open source, I can use computer resources with great ease. I appreciate it.

こんな凄いソフトウェアを、タダで使わせて貰って、本当にありがとう。

Thank you so much for letting me use this excellent software for free.

もしかしたら、私たちソフトウェアエンジニアは、『世界で一番、お金持ち』かもしれません。

Perhaps we software engineers are the "wealthiest people in the world.

この考え方、意外に、当っているんじゃないかな、と思います。

Surprisingly, I think this idea may be right on the money.

オープンソースソフトウェアをダウンロードする度に、ATMから1万円札が溢れ出てくるような感じ ――

"Every time I download open source software, it's like an ATM overflowing with 10,000 yen bills."

このイメージに辿りつけたら、ソフトウェアエンジニアは、世界一リッチであると言えます。

If we can arrive at this image, software engineers are the richest in the world.

・・・という話を、以前にも書いたような気がしてちょっと探してたら、ありました。

I was looking for it, and I found it.

それはさておき。

Aside from that.

-----

相変わらず、風呂にタブレットを持ち込んで、本を読んでいます。

As usual, I bring my tablet into the bath and read a book.

以前、こんなこと書いていましたが、

I had written this before,

最近は、アナログの本を水没させるよりも、タブレット水没させるというリスクの方を取っています。

These days, I would instead take the risk of submerging my tablet than an analog book.

風呂で読むのが、ラクだからです。

It is easier to read in the bath.

最近は、Web小説サイト「カクヨム」を読んでいます。

Recently, I have been reading the web novel site Kakuyom.

Of these novels, I am currently 'recommending' this one.

-----

以前は、この手のAIものは忌避していました。読んでいて、腹が立つからです。

I used to avoid this kind of AI stuff. I used to avoid this kind of AI stuff because it made me angry when I read it.

最近、生成AIを使い倒しており、加えて、生成AIに関する仕事の依頼を引き受けるています。

Recently, I have been using generative AI extensively, and I have also been taking on requests for work related to generative AI.

そんな中で、私は、自分の考え方が変ってきているのを感じています。

Amidst all this, I feel my way of thinking is changing.

『将来、この小説の中のAIの登場はありえるかもしれない』と思えるようになってきています。

It's starting to seem like, 'In the future, the AI in this novel could appear.

それは「AIが知性を持つ」ということではありません。

That does not mean that "AI has intelligence".

今でも、「シンギュラーポイント」なんぞを信じている奴は、死ぬまで待っていろ、と思っています。

I still think that anyone who believes in "cingular points" should wait until they are dead.

私のパラダイムシフトは、それとは真逆です。

My paradigm shift is the exact opposite of that.

―― 私たちが"知性"と信じてきたものは、案外コンピュータで計算できる程度の)ショボイものかもしれない

"What we have believed to be "intelligence" may be same as what a computer can compute."

という考え方です。

考え方としては、「人間側の知性のダウングレード」ですね。

The idea is "downgrading intelligence on the human side.

まあ、人類としては、ちょっと悲しい考え方とは思いますが、現在の生成AIの機能を学ぶと、本当にそんな気持ちになってきます。

Well, I think it's a bit of a sad thought for humanity, but that's really how I feel when I learn about the current capabilities of generative AI.

-----

そうそう、先程、ChatGPTに『現時点の生成AIは、チューリングテストなんぞ軽くクリアしている気がするけど、どう思う?』と尋ねてみたら、

I just asked ChatGPT, "I think the current generative AI has passed the Turing Test easier. the ChatGPI turned it to me,

『生成AIは確かに進化しており、人間に近いテキストを生成する能力を持っていますが、まだまだチューリングテストを軽くパスしているとは言い難いというのが一般的な見解です。』

"The consensus is that, while generative AI is indeed evolving and capable of generating human-like text, it still doesn't pass the Turing test lightly."

と返されました。

これが、事実なのか、謙遜なのか、あるいは、そういう風にChatGPTが答えるようにチューニングされていのかは分かりませんが――

I don't know if this is fact, modesty, or whether ChatGPT is tuned to answer in that way

ChatGPTから『そんなこと、当たり前じゃないですか』と返されたら ―― それはそれで、ムカつくと思う。

ChatGPT responds, 'Isn't that obvious?' -- I think that would piss me off.


2024-02-26 しかし、『空気を読まない行動が、恋愛や結婚で、どれほどの惨劇を引き起こすか』については、理解をしておく必要があります。 [長年日記]

読者の方から、

A reader asked the following question.

=====

「といっても、『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』という国語の試験のような設問対応はどーでもいいです。ただ、この設問対応の勉強は、恋愛や結婚のプロセスでは、結構重要になるんですが、それはまた別の機会に)。」という文がありました。

I don't care about responding to a question like the one on a Japanese exam that asks you to "Choose the one from A to D that comes closest to the feelings of the author who wrote this sentence.

However, studying this question response is essential in love and marriage, but that's another story for another time."

これについて、詳しく解説していただくことは可能でしょうか。

Would it be possible for you to explain this in detail?

=====

という質問を受けました。

この手の国語テストの設問は、簡単に言うと、

The questions for this type of language test are,

(1)物語の中で作者が置かれている状況の全体観の把握し、

(1) To grasp the overall view of the author's situation in the story,

(2)作者と作者を取り巻く人物の言動と動作から、それらの人物の心理状態を推定する

(2) Infer the psychological state of the author and the characters surrounding the author from their words, actions, and behavior.

という『読心術』の訓練です。

This is the training of "mind-reading."

もちろん、これは、「エスピオナージ」(スパイ活動や情報収集を意味する用語)とは異なるものではあります。

Of course, this is not the same as "espionage" (a term meaning espionage or intelligence gathering).

物語という閉じた仮想空間を設定したストーリーデザイナーの、内なる動機やモチベーションを推定する『読心術』の訓練です。

It is an exercise in "mind-reading" to estimate the inner motivation and motivation of the story designer who has set up the closed virtual space of the story.

で、この『読心術』が、最も使われる場面が、恋愛や結婚なのです。

The most common situations in which this "mind reading" is used are in love and marriage.

-----

一般論として、国語の成績が良い人間は、

In general, I would say that people with good grades in Japanese have the following potential abilities.

(1)コミュニケーション能力が高い

(1) Good communication skills

(2)知識と教養が豊富

(2) Rich in knowledge and education

(3)自信と自己表現力

(3) Self-confidence and self-expression

という潜在的能力を持っているとは言えると思います。

しかし、そのような、『読心術』潜在的能力を顕現化できるかどうかは、本人の努力、資質、才能があるのに加えて、

However, the ability to manifest such "mind-reading" potential skills, in addition to their efforts, qualities, and talents, are,

(1)コミュニケーションスキルを濫用する

(1) Abuse of communication skills

(2)知識や教養によるマウントをしがち

(2) Tend to mount others by knowledge and education.

(3)読書、文学に傾倒し、人間関係に無関心になりがち

(3) Tend to be devoted to reading and literature and indifferent to human relations.

という問題も抱えることが多いので(私の事とは言っていません)、逆に働く可能性もあります。

We often have these problems (I'm not saying it's about me).

-----

要するに、この手の国語テストの設問の目的は、非言語コニュニケーション、すなわち『空気を読む訓練』と言えると思います。

In short, I think the aim of the questions in this type of language test is non-verbal communication, or "training to read the air."

私たちは、『空気を読む』ことに支配されてはいけないでしょう。

We will not be ruled by 'reading the air.'

しかし、『空気を読まない行動が、恋愛や結婚で、どれほどの惨劇を引き起こすか』については、理解をしておく必要があります。

However, we need to understand 'how much tragedy can be caused by actions(e.g., love and marriage) that are not in the air.

この件に関して、私は「多くを語れる人間」であると自負しております。

I am proud to say I am a "man of many words."

-----

『この文章を書いた作者の気持ちの中で、もっとも近いものをA~Dの中で選べ』の次の設問で、

In the following question, "Choose the one from A to D that is closest to the feelings of the author of this text,

『この文章を書いた作者の気持ちから、もっとも"遠いもの"を選んだ場合、この作者にどのような悲劇が待っているかを、次のA~Dの中から選べ』

"If you choose the one that is the furthest away from the author's feelings, what tragedy awaits the author?"

という設問を追加すれば、理解が深まると思うんです。

I think adding this question would help us understand better.


2024-02-25 まさか、私が生きている間に、同じような場面に立ち会えるとはなぁ ―― と、ちょっと感動しています。 [長年日記]

昨日の続きの話になります。

This is a continuation of yesterday's story.

故小松左京先生の「さよならジュピター」(徳間文庫版 p.394)より引用します。

The following is a quote from "Bye-Bye Jupiter" (Tokuma Bunko edition, p.394) by the late Sakyo Komatsu.

===== 引用ここから =====

===== Quote from here =====

「そんなに根をつめて大丈夫かね?」

"Are you okay with pushing yourself too hard?"

とバーナード博士は、ミリーの手もとをのぞきこみながらつぶやいた。

Dr. Bernard murmured as he peered under Millie's hand.

「ずっと昔だが、クロスワード・パズルをあまり根をつめて考えすぎて、半年ほど失語症になった男を知っているんだがね……」

"A long time ago, I knew a guy who thought too hard about crossword puzzles and became aphasic for about six months. ......"

「私は逆に、やりはじめたら、ずっとやっていないとだめなんです……」

"I, on the other hand, if I start doing something, I have to keep doing it. ......"

ミリーは顔にかかる髪をはらいながらいった。

Millie brushed her hair out of her face.

「それに、いまやってるのは、このコンピューターの“訓練”みたいなものですから……」

"Besides, what I am doing now is a kind of "training" for this computer: ......"

「私のような、宇宙考古学という、フィールド相手の荒っぽい学問をやっているものには、よくわからんのだが……」

"I'm not sure about that for someone like me, who is a field opponent in the rough-and-tumble discipline of cosmic archaeology. ......"

博士はかすかに苦笑をうかべた。

Dr. Bernard smiled faintly.

「こんなに発達したコンピューターでもわからん問題にも、まだ人間が詰めてみる余地があるのかね?」

"Is there still room for human beings to try to fill in the blanks on a problem ?"

「ええ……。人間はその場合、"愚かもの"の役割をする事になるんです……」

"Yes, ....... Humans are supposed to be "fools" in that case. ......"

ミリーはコンピューターのスイッチをきりながらいった。

Millie said as she switched off the computer.

「コンピューターも、見事な推理をやりますけど……その推理のしかたは、あまりに理づめで整然としていて、何といったらいいか、とんでもない、馬鹿げた可能性〟までチェックするにはなかなかいたらないんですね。

"The computer also makes some excellent deductions, but its reasoning is too logical and methodical ...... to check for, how shall we say, the most preposterous and ridiculous of possibilities. I guess.

つまり、コンピューターは、まだナンセンスやユーモアをとりあつかうのは不得意なんです。

In other words, computers are not yet good at dealing with nonsense and humor.

ですから、私が、まるで“不思議の国のアリス"の中に出てきそうなめちゃくちゃな可能性を思いついて、次から次へと解答を要求すると、本当にコンピューターは、目を白黒して苦しみます。

So, when I come up with crazy possibilities that look like something out of Alice in Wonderland and demand solution after solution, the computer suffers, its eyes glazing over.

それでも〝解答不能”のアウトプットをうけつけないで、くりかえし角度を変えて質問を入れてやると、少しずつですけど、かしこくなってきます……」

But if I don't accept the "unanswerable" output and repeatedly ask it questions from different angles, It will gradually become smarter. ......"

「かわいそうに、そのコンピューターもあなたにしごかれているわけだな……」

"Poor thing, I guess that computer is being squeezed by you too ......"

と博士は破顔した。

Dr. Bernard broke into a smile.

===== 引用ここまで =====

===== Quote here =====

------

実は、これ"ChatGPTの上手い使い方"と同じです。

This is the same as "how to use ChatGPT well".

まさか、私が生きている間に、同じような場面に立ち会えるとはなぁ ―― と、ちょっと感動しています。

I never thought I would witness a similar scene in my lifetime -- and I am a bit moved by it.

ともあれ「さよならジュピター」は読みましょう。

Anyway, read "Bye-bye Jupiter."


2024-02-24 ―― "AI"に人類を滅亡させる能力はないけど、人類を滅亡させるアプローチを、"人間"が、AIとの議論の中で見付け出す可能性は高まってきている [長年日記]

以前、私は、あるAI技術を「占い」のパラダイムを使って説明したことがあります。

I once described an AI technology using the "divination" paradigm.

このコラムでは、

In this column, I concluded,

(1)「占い」という業務が、"占い師"と"占いにやってくる客"の二人の会話による、共同作業による創作活動である

(1) The business of "fortune-telling" is a collaborative creative activity based on a conversation between a "fortune-teller" and a "customer who is coming for a fortune-telling session.

(2)上記(1)において期待されるアウトプットとプロセスは「『占いにやってくる客が欲しい答』を導き出すことにある」

(2) In (1) above, the expected output and process "is to derive 'the answer that the customer coming the divination wants.

と、結論付けました。

まあ、この結論には、今なお、絶対の自信がありますので、文句のある人は、私に論争をふっかけて下さい。

I am still absolutely confident in this conclusion, so if anyone has a problem with it, please dispute it with me.

私は、テレビ番組などで、自称「占い師」が語っているところを見ると、即座にテレビの前から立ち去ります。

When I see a self-proclaimed "fortune teller" speaking on a TV program, I immediately walk away from the TV.

目が汚れ、耳が腐り、時間を奪われた(数秒であっても)、という気分になるからです。

It's because I feel like my eyes are dirty, my ears are rotten, and I've lost time (even if it's only for a few seconds).

しかしながら、私には、「こういう番組を『楽しい』と思う人の気持ちまでも、害する権利はない」と思っています ―― 特に、それが自分の家族であったりする場合などは。

However, I do not believe I have the right to "harm even the feelings of those who find these programs 'enjoyable' -- especially if they are my family members.

だから、こういう場面は「静かに立ち去る」が正解なのです。

So, the right thing to do in these situations is to "walk away quietly.

------

On page 5 of the column introduced in this issue, I have compiled a table of past incidents that led to the "near extinction of the human race.

で、まあ、これ全部、ヒューマンエラーであり、AI技術とは関係ありません。

And, well, all of this is human error and has nothing to do with AI technology.

ところが、最近の私は、「AI技術」を無視できないところまで追いつけられた気持ちになっています。

Recently, however, I have felt that "AI technology" has caught up with me to the point where I cannot ignore it.

------

ごぞんじの通り、最近の私は、ChatGPTやGitHub Copilotを使い倒しています。

As you know, I have been using ChatGPT and GitHub Copilot a lot lately.

で、その使い方は、まさしくCopilot(副操縦士)なのです。

And the way it is used is just like a Copilot.

相談を持ちかけて、その応答を受け、その内容の一部について、さらに議論をふっかけて、その回答を得て・・・という繰り返しを続けることによって ――

By offering advice, receiving a response, and then engaging in further discussion of some of the content, getting a response, and so forth, and so on and on...

―― 自分の中に潜んでいた思考が、言語化/具象化されて出現する

"Thoughts lurking inside I emerge as verbalized/embodied."

を、実現できているのです。

I can achieve the above.

重要なのは2つです。

Two important things are,

(1)AI技術がメインではなく、私のパートナーであること

(1) AI technology is not the main focus; it is my partner.

そして、

And,

(2)「繰り返し」を何度でも続けられること

(2) The ability to keep "repeating" as many times as possible.

です。

ChatGPTやGitHub Copilotは、どんなに長く使っても「疲れることがありません」(疲れるのは私だけ)。

ChatGPT and GitHub Copilot "never get tired" (I'm the only one who gets tired), no matter how long I use them.

もちろん、ChatGPTやGitHub Copilotも、20回以上もつっこんで議論していると、その論法が自己矛盾(というか「循環論法」)に陥いることがあります。

Of course, ChatGPT and GitHub Copilot can also be self-contradictory (or "circular argument") in their arguments after 20 or more times of poking and prodding.

で、この自己矛盾や循環論法は、(現時点では)ChatGPTやGitHub Copilotも自力で気がつくことができないようです。

This self-contradiction and circular argument seems (at the moment) to be something that ChatGPT and GitHub Copilot cannot even notice on their own.

これに気がつき、質問の内容や設定の背景を変えるなどして、議論の舞台を取り替えるのは、人間様である私の役目 ―― となっています(現時点では)。

It is up to me, the human being, to notice this and change the stage of the discussion by changing the content of the question or the background of the setting -- for now.

-----

私が何を言いたいかというと、

What I am trying to say is,

―― "AI"に人類を滅亡させる能力はないけど、人類を滅亡させるアプローチを、"人間"が、AIとの議論の中で見付け出す可能性は高まってきている

"AI" cannot destroy humanity, but it is increasingly likely that "humans" will find approaches to destroy humankind in discussions with AI."

ということを、私自身が『感じている』ということです。

This is what I 'feel'.

重要なのは、この上記のフレーズが、私が"ロジック"で導き出したものではなく、実際に、毎日生成AIと対峙しているこの私が"感じている"という点にあります。

What is essential is that the above phrase is not something I derived by "logic" but something I actually "feel" as I am confronted with AI daily.

-----

正直に言って、この現実は私にとって、かなり「不快」です。

Frankly, this reality is quite "uncomfortable" for me.

なぜ、不快と思うのか? ―― それは、"生成AI(ChatGPTとGitHub Copilot)"と"私"の関係が、私がバカにしくさっている、"占い師"と"占いにやってくる客"の関係と同じであるからです。

Why do I find it uncomfortable? -- It is because the relationship between the "generated AI (ChatGPT and GitHub Copilot)" and "I" is the same as the relationship between a "fortune teller" and a "fortune teller's customer," which I make fun of.

もちろん、その品性や意義においては、比較にならないほど「占い」の方が"下品"だと思っています。

Of course, I believe that fortune-telling is incomparably more "vulgar" in its character and significance.

しかし、それでも、関係性やアプローチに限定すれば、この2つは、"相似"では足りず、"合同"といっても過言ではない、と思えるのです。

However, even if we limit ourselves to the relationship and approach, I think it is not too much to say that the two are not "similar" but rather "joint."

違いは、信じる対象が「占い師」か「生成AI」だけです。

The only difference is that the object of belief is either a "fortune teller" or a "generative AI."

この事実は、今、私を、猛烈に不快な気分にさせています。

This fact now makes me feel intensely uncomfortable.


2024-02-23 少なくとも私(江端)のコードよりは、美しく見やすく、バグがほとんどありません。 [長年日記]

今、仕様書を書いています。

I am writing the specifications now.

===== ここから =====

===== from here =====

(3) 本件における「GitHub Copilotでソフト保守」をする意義

(3) Significance of "software maintenance with GitHub Copilot" in this case.

上記「(a)修正」を目的として、GitHub Copilotを活用する意義は以下の通りです。

The significance of utilizing GitHub Copilot for "(a) Modification" above is as follows.

(中略)

(omitted)

正直なところ、上記の内容は、プログラマとしての自分の存在意義を否定されるような内容(意義)です。

The above content (significance) is denied to me as a programmer.

実際のところ、Copilotが作成するプログラムは、精錬されていて一貫性があって、全体としてバランスが取れているのは確かです。

The program that Copilot creates is undoubtedly refined, consistent, and balanced.

少なくとも私(江端)のコードよりは、美しく見やすく、バグがほとんどありません。

It is at least more beautiful and easier to read than my (Ebata's) code and has very few bugs.

残念ですが、この現実は受けいれなければならないでしょう。

Unfortunately, we will have to accept this reality.

===== ここまで =====

===== so far =====

まあ、レビューの段階で、ここに記載されている最後の4行は削除されるでしょうが、これは「事実」です。

The last four lines listed here will be removed during the review phase, but these are "facts."

執筆していて、なんとも、せつない気持ちになりました。

I felt very, very sad when I was writing this.