0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|

2021-05-13 『「問題が発生する前に、その問題を提起できた者」のみが批判が許される』とは言いませんが ―― [長年日記]

新型コロナウイルス対策は、従来の常識が通用しない、未知の感染症です。

The new coronavirus is an unknown infectious disease for which conventional wisdom does not apply.

コレラ、赤痢、インフルエンザであれば、この1年間の対策で、簡単に封じ込めができました。

Cholera, dysentery, and influenza could be easily contained with the measures taken over the past year.

しかし、この新型コロナウイルスは、一体、どこの悪魔が製造したのかと聞きたくなるくらい、「想定外」の感染力と致死率を持つ、病原体です。

However, this new coronavirus is a pathogen with "unexpected" infectivity and lethality with a question of "What the hell kind of devil manufactured this?"

ですから、この件に関してだけ言えば、『政府の対応って、そんなに悪いかなぁ?』って思うんですよ。

So, if I were to talk only about this issue, I would say, "Is the government's response really that bad?

もし、私が、為政者だったとしても、これ以外の措置を取れるかと言われると、自信ないです。

If I were a politician, I'm not sure I could take any other measures.

少なくとも、我が国の首相は、

At least, our prime minister is,

(1)大統領選挙直前に感染するようなマヌケではありませんし、

(1)not the kind of moron who gets infected right before a presidential election,

(2)『我が国には感染者はいない』とか寝惚けたことを言って、世界中から嘲笑くらっている独裁者でもありませんし、

(2)not the dictator who is ridiculed by the world for saying things like, "There are no infected people in our country"

(3)『ちょっとした風邪のようなもの』だの『人間はいつか死ぬ』とか、中二病よりも低能な発言をする大統領を擁している訳でもありまんし、

(3)not the president who says things like "it's just a cold" and "we're all going to die", like a small-brain animal,

(4)『祈りによって打ち勝った』などといい、PCR検査をしないことで「我が国にコロナ感染者はいない」とか、ぶっとび理論を持ち出す大統領もいません

(4)not the president who has ever said, "We have conquered this through prayer," or come up with some crazy theory like, "We don't have coronary infections in our country" because they didn't do PCR testing.

うん、こうやってピックアップしてみると、「知能レベルに問題のある為政者」というのが、国民にとって、恐しい害悪になることが良く分かりますね。

Yeah, when I pick up on it like this, I can clearly see that "politicians with intelligence problems" can be a terrible menace to the people.

-----

Of course, it is true that these politicians and bureaucrats in our country are enraging me(us) and disappointing me (us).

しかし、彼等の所業と、政府の新型コロナウイルスの対応を、同一に論じるのも良くないとは思うのです。

However, I think it is not a good idea to equate their actions with the government's response to the new coronavirus.

なぜなら、この新型コロナウイルスは、「未知の地球外生命体による人類への総攻撃」と同じようなものだからです。

Because this new coronavirus is akin to an "all-out attack on humanity by unknown extraterrestrial life forms".

そんな未知の敵に対して、最初から「正しい戦略」が立てられるわけがない。

Against such an unknown enemy, there is no way to formulate the "right strategy" from the beginning.

As I wrote here, the vaccines for the new coronaviruses (especially the mRNA vaccine) were made by incredible luck.

-----

『「問題が発生する前に、その問題を提起できた者」のみが批判が許される』とは言いませんが ――

I'm not saying that only "'those who can raise the issue before it arises' are allowed to criticize"

今回の新型コロナウイスル対策に関してだけは、これまでの問題に対する批判と、同じような批判ができるかどうかは、少し考えてみた方がいいと思うのです。

Only with regard to this new coronavirus countermeasure, I think we should give some thought to whether or not we can make the same kind of criticism of the previous problems.

-----

ところで ――

By the way,

立憲民主党の枝野幸男代表が、「一番悪いのは大阪府知事だ」との発言をしたとのことです(内容はググって調べて下さい)。

The representative of the Rikken Democratic Party, Yukio Edano, made a statement that "the worst is the governor of Osaka" (please Google the content to find out).

そこで、僭越ながら、大阪府の吉村洋文知事に、一つ御提案をしてみたいと思います。

So, if I may be so bold, I would like to make a suggestion to the Governor of Osaka Prefecture, Hirofumi Yoshimura.

このようにコメントされてはいかがでしょうか?

Why don't you make a comment like the following?

"Yes, it is. Osaka may be in a kind of 'meltdown' right now"

『コロナも、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)のようなもので、予測ができるようなものなら良かったのですが』

"I wish the corona was something that could be predicted by something like the System for Prediction of Effects of Radiation Emergency (SPEEDI)"

『そういう国民の人命に関わることを、一秒でも早く国民に伝えないような、例えば、そんな為政者や官房長官は、"腹掻き切って自決するくらい"のことはすべきなのかもしれませんね』

"If a politician or chief cabinet secretary does not tell the people about such life-threatening matters as soon as possible, he or she should at least commit suicide by cutting his or her stomach"


2021-05-12 ―― 10年前の「るろうに剣心 追憶編」を見た時の衝撃が、もの凄すぎたから [長年日記]

In my diary the other day, I wrote that I could not give a very over-reactionary high evaluation to the movie "Rurouni Kenshin the final".

(例えば、この話に『薫の死体』が出てこないって、ありえる? とか・・・、うん、やめます)

(For example, is it possible that "Kaoru's corpse" doesn't appear in this story? Or..., yeah, I'll stop it)

本日、そのメインの理由が分かりましたので、ご報告しておきます。

Today, I found out the main reason for this and would like to report it to you.

"Because the shock I felt when I saw 'Rurouni Kenshin: Reminiscence version' 10 years ago was too much"

もう、私の中での、巴(ともえ)編は、この「追憶編」でロックされて、ここから1mmも逸脱することができない頭と体になっていたのです。

In my mind, the Tomoe version was already locked in this "Reminiscence" version, and my head and body could not deviate even a millimeter from this version.

-----

Incidentally, now, when I have to get into the "zone" to write a paper or patent, I start my dive with this music (link to YouTube).

家族は、この音楽が私の部屋から聞こえる時は、私に近づかないようです。

My family seems to stay away from me when this music is coming from my room.

私としては、映画でも、この曲を使って欲しいくらいです。

As for me, I hope this song will be used in the movie.

-----

いや、まだ、来月に「映画 るろうに剣心 the beginning」がある。

No,way. the movie "Rurouni Kenshin the beginning" is coming next month.

I am sure that the world of this "Reminiscence" will appear in the last movie of this series.


2021-05-11 私の「不慮の死」の後、嫁さんや娘が、この認証を突破して、ちゃんとお金を手に入れてくれるのか、凄く心配です。 [長年日記]

先日、Gmailのパスワードを聞かれてきて、その後、色々個人情報を聞き出すようなページが出てきたので、

The other day, I got asked for my Gmail password, and then a page popped up that asked for all sorts of personal information.

―― これ、変だぞ

"This is weird"

と思い、直ちに処理を打ち切ったのですが、すでにパスワードは入力済み。

I immediately terminated the process, but the password had already been entered.

パスワードを変更すれば良いのですが、私のGmailに紐付いているマシンは、今や1つや2つではありません。

I could change my password, but now more than one or two machines have tied to my Gmail.

今回の私のミスで、私のパスワードが盗まれた可能性は低いです。

I thought my password had been stolen by this my mistake.

といって、Googleアカウントが乗っ取られれば、私の被害はハンパではありません。

However, if my Google account is hijacked, I will be severely damaged.

-----

で、今回、急いでGoogleのログインに二段階認証を付け加えることにしました。

So, this time, I hurriedly decided to add two-step verification to my Google login.

二段階認証とは、仰々しいネーミングですが、要は、「新しいデバイス(PCやスマホ)から、私のアカウントにアクセスがあると、自宅の電話(スマホ)に、音声やメッセージで連絡がやってくる」というシステムです。

Two-step verification may sound like an ostentatious name, but in essence, it is a system that "Whenever my account is accessed from a new device (PC or smartphone), I can know the fact by voice or message of my home phone (smartphone).

これ、心理的に、かなり安心感があります。

This, psychologically, is quite reassuring.

他人のデバイスからログインがあれば、スマホに連絡がくるので、アカウントへの不正アクセスが発生したかどうか、直ちに分かるからです。

If there's a login from other's device, the information comes to my phone. So I can immediately know the unauthorized access has occurred.

現在のところ、不正アクセスされた、という経歴はないようです。

So far, there is no history of unauthorized access.

もっとも「二段階認証」にしても完璧ではありません(この認証の破り方は、イメージできます(古臭いアナログ的な方法ですが))。

Even if you use "two-step verification", it's not perfect (I can imagine how to break this verification (in an old-fashioned analog way)).

-----

もちろん、二段階認証には、上記以外にも、ログインの度に、スマホにインストールされた、あるいはカード型のトークンシステムで認証する方法もあります。

Of course, there are other methods of two-step verification besides the above, such as using a token system installed on your phone or a card-type token system to authenticate each time you log in.

金融関係(ビットコインと、ネットバンク)では、この方法がデフォルトになっています。

This is the default method for financial matters (Bitcoin and online banking).

私の「不慮の死」の後、嫁さんや娘が、この認証を突破して、ちゃんとお金を手に入れてくれるのか、凄く心配です。

After my "unexpected death," I'm terribly worried about whether my wife and daughter will be able to get through this certification and get my money in order.

一応、マニュアルは作ってあるのですが、「そのマニュアルを見つけてもらえない」公算が高いです。

I made a manual, but there is a high probability that they will not be able to find it.

-----

ちなみに、

Incidentally,

In Bitcoin, an estimated 4 to 6 million BTC are in storage due to the loss of private keys (digital sequences).

現時点の換金レートなら、24兆円~36兆円になる計算です。

The current conversion rate would be 24 trillion yen to 36 trillion yen.

ホットウォレットでは、クラウドの秘密鍵が盗まれたら、全財産を簡単に奪われますし、

With a hot wallet, if your private key in the cloud is stolen, you can easily lose all your money and

コールドウォレットでも、ローカルのハードディクがクラッシュしたら、全財産が取り出せなくなりますし、

Even with a cold wallet, if the local hard disk crashes, you won't be able to get all your money out.

そういう面でも、ビットコインって怖いな、と思います。

I think Bitcoin is scary in that aspect as well.


2021-05-10 ―― 新型コロナウイルスが猛威を奮っている最中、飲酒を共なう営業を続ける店と、飲酒を共なう営業を続ける店行く客、どっちが悪い? [長年日記]

「援助交際」という言葉が今もあるかどうかは不明ですが、要するに「売春」のことです。

I'm not sure if the term "aided dating" still exists, but in essence it means "prostitution".

売春は ―― これ、実は法律の内容が、ちょっと私たちの思っているものと違ったりするのですが ―― 基本的には違法行為ですが、それ以前に、現在においては「インモラル」である、とされています。

Many of us don't really understand what the laws are regarding prostitution, but that's beside the point. Prostitution is basically illegal, but before that, it is considered to be "immoral" nowadays.

売春が、合法で、かつ、インモラルでなかった時代があります ―― というか、人類史においては、その時代の方が圧倒的に長いですが ―― それはさておき。

But there was a time when prostitution was legal and not immoral. To tell you the truth, in the history of mankind, the era is longer.

―― 売春は、売る人間と、買う人間、どちらが悪い?

"In prostitution, which is worse, the person selling or the person buying?"

というのは、いつの世でも語られることですが、これは、議論の余地なく「買う人」と決まっています。

This theme will always be talked about, but this is decidedly a "buyer" without argument.

「需要と供給」は、常に「需要」が先行するからです。

This is because supply cannot exist without demand.

「買う人」が存在しない市場(マーケット)など、絶対に存在しません。

There is no market where there are no buyers.

-----

さて、新型コロナウイルス感染症、第3度目の緊急事態宣言下、様々な店舗が営業停止に追いやられています。

Now, under the third emergency declaration of the new coronavirus infection, various stores have been forced to shut down their operations.

これは、国家や行政の強権発動 ―― とも言えます。

This can be said to be a forceful act of the state or government.

しかし、そもそも、我々が外出自粛をすれば、このような強権発動をする必要もありません。

However, if we refrained from going out, there would be no need for such coercive measures.

それどころか、店舗は「絶対的な感染対策」をセールスポイントとして、積極的な営業を行う可能性すらあったのです。

On the contrary, stores could even use "absolute infection control" as a selling point to aggressively market their operation.

―― 新型コロナウイルスが猛威を奮っている最中、飲酒を共なう営業を続ける店と、飲酒を共なう営業を続ける店に行く客、どっちが悪い?

While the new coronavirus is raging, which is worse, a restaurant that continues to serve alcohol , or a customer who goes to a restaurant that continues to serve alcohol?

これも議論の余地はありません。

This is also not debatable.

悪いのは、100%「客」です。

It's 100% the customer's fault.

-----

私、全ての店舗は営業を続けてもいい、と、思っていますし、全ての客は、これらの店に行っても良いと思っています。

I believe that all stores may be allowed to stay open, and all customers may be allowed to go to these stores without restriction,

条件は、1つだけです。

with the following two conditions, only.

(1)常に一人で行動する

(1) Always act alone.

これだけのことです。

That's all.

しかし、人間は、社会的動物です。

However, humans are social animals.

「"群れ"となることで、生存を担保される」ことがDNAレベルで組込まれている動物です。

We are animals whose survival is guaranteed by being in a herd, which is built into their DNA.

そして、ウイルスは、この人間の"群れたい"という本能を使って、生存戦略を図っています。

Viruses use this human instinct to herd as a survival strategy.

-----

さて、今、私たちは、

Now, we are being threatened that

『私達が外出を自粛しないと、多くの人が医療を受けられないまま死ぬぞ』

"if we don't refrain from going out, many of us will die without access to medical care"

という脅し ―― 現在の状況は、もはや「脅し」ではなく「現実」ですが ―― に対して、

The current situation is no longer a "threat", but a "reality".

『それが、どうした?』

However, we come to take a "So What" attitude.

と、開き直り始めたのです。

私は、この1年間以上の私たち(もちろん、私自身を含む)の行動によって、

I believe that by our actions (including myself, of course) for over one years,

■「思いやり」やら「助けあい」やら「絆」なるものが、

"compassion," "mutual aid," and "bonds" are,

■『幻想』とまでは言わないまでも、

if not illusions,

■『限定的条件下でのみ発動するもの』であること

but, can only be activated under limited conditions.

の、ウラ(証拠)が取れた、と思っています。

I was able to get the proof of that.

-----

ですので、これから、「思いやり」やら「絆」やらを振りかざしてくる『正義野郎』が、私の前に現われたとしても、

So, from now on, even if a "righteous bastard" appears in front of me, wielding "compassion" and "bonds" and the like, I think that

「この話一発で、論破できるなぁ」

"I will break it down with this one story"

と考えています。


2021-05-09 「『偏差値25くらいの雑誌』という無知性への批判こそ、あなたの無知性の証拠よ」 [長年日記]

私は「池上彰のニュース そうだったのか!!」をよく見ます。

I often watch the TV program whose title is "Akira Ikegami's News, Oh I got it!".

この番組で出てくるテーマは、体感としては60~70%くらいは、私でも知っていることですので、見やすいです。

The themes in this program are easy to watch, as even I know about 60-70% of each themes

昨夜のテーマは、高校の教科書の内容についてでした。結構、真剣に見ていました。

Last night's theme was about the contents of recent high school textbooks. I was looking at it quite seriously.

(次の、私の連載のテーマと関係もあります)。

(This is also related to the theme of my next series).

で、その、感想ですが

The impression of the program, was

―― 池上さん。数学、理系科目全般、プログラミング教育について、1mmも触れてくれなかったなぁ

"Ikegami-san. He didn't touch on math, science subjects in general, or programming education, at all"

です。

『これまでの池上さんの番組で、数理系に触れたテーマあったかな』と考えているのですが、思い出すことができません。

I've been trying to think of a topic in Mr. Ikegami's past programs that touched on math and science, however I can't remember.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

私の好きなアニメの主人公が、

The main character of my favorite novel/anime said,

『偏差値25くらいの雑誌』

"The Magazine of 25 Deviations"

と言って、その妹の読んでいるファッション雑誌を貶(けな)すシーンが登場します。

and, disrespected a fashion magazine that his sister was reading.

その主人公は、「数学嫌い」というキャラ設定がされていますが、このセリフだけでも、その傾向が顕著に読みとれます。

The protagonist of the story is set up as a character who "hates mathematics," and this line alone gives a clear indication of this tendency.

なぜなら、『偏差値25くらいの雑誌』は、商業的に成り立たないからです。

This is because a "magazine with a deviation 25" is not commercially viable.

「偏差値25」とは、「知的レベルの低さ」を示す表現であると同時に、「発生確率の低さ」も示すからです。

This is because "25 deviations" is not only an expression of "low intellectual level," but also an expression of "low probability of occurrence.

50 + 10 x Z = 25, Z = -2.5 σ です。

50 + 10 x Z = 25, Z = -2.5 σ.

If you read this value 0。00621 from the standard normal distribution. the number of buyers of the magazine is 6 out of 1000, at the most optimistic.

雑誌の好みもあるので、それらを考慮すると、おそらく 1000人に1人にもならないでしょう。

In addition, according to the magazine preferences, the radio is probably not even one in a thousand.

1学年が100万人。女生徒はその半数として50万人。その0.1% は、500部です。

A school year has one million students. Half of that is 500,000 female students. 0.1% of that is 500 copies.

中学生1~3年までを対象としても、全国で1500部。

Even for junior high school students in grades 1-3, there are 1,500 copies nationwide.

ちなみに、日本の中学校の数は、約10000校です。

By the way, the number of junior high schools in Japan is about 1,000.

It's clear that a magazine that can't handle an order of 10,000 is not commercially viable.

------

私のような、データ解析で食っているエンジニアだけでなく、どの分野の人間であっても、この程度の計算ができなければ、商売なんぞできない ――

If you can't calculate like that, you can't do any business, even if you are not an engineer like me.

ということを、池上さんには語って欲しいのです。

That's what I want Ikegami-san to talk about.

(ちなみに、こういうアプローチを、「フェルミ推定」といいます)

(By the way, this kind of approach is called "Fermi estimation")

-----

「『偏差値25くらいの雑誌』という無知性への批判こそ、あなたの無知性の証拠よ」

"Your criticism of the ignorance of 'a magazine with about 25 deviations' is a proof of your ignorance"

と、雪ノ下にディスられると思うぞ ―― 比企谷。

Hikigaya, you will be disrespected by Yukinoshita.


2021-05-08 2回の接種を、1億2600万人にするとして、521,640,000,000円 = 5216.4億円 ―― これは、大金ではありますが、国家予算全体から考えれば、驚くほどの大金ではありません。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところで ――

By the way--

今回の新型コロナワクチン接種って、一回分がいくらだと思いますか?

How much do you think this new corona vaccination costs per dose?

ちょっと調べてみたら、ワクチンの原価そのものであれば、200円、400円、1600円など、各種の値段が出てきました。

I did a little research and found various prices such as 200 yen, 400 yen, 1600 yen, etc. for the cost of the vaccine itself.

研究開発、製造コストを抜いて、本当の原材料だけを考えれば、多分「タダ同然」になってしまうでしょう。RNAは、ただの核酸ですから。

If you take out the R&D and manufacturing costs and just consider the real raw material, it would probably be "free" because RNA is just a nucleic acid.

ですが、そういう「原価」の話には、あまり意味ありません。

However, there is not much point in talking about such "costs".

なぜなら、それは、プログラムの原材料は、0/1のビット列からなる無体物だから「タダ」である、と語るくらい、バカバカしい話だからです。

I did a little research and found various prices such as 200 yen, 400 yen, 1600 yen, etc. for the cost of the vaccine itself.

The price of vaccines in Japan is 2,070 yen per dose, which includes the cost of medical interview, vaccination site, labor cost of the medical personnel who administer the vaccine, transportation (at very low temperature), anaphylaxis, and insurance for adverse reactions.

インフルエンザより若干安いです。

It is slightly cheaper than the flu.

なお、新型コロナウイルスのワクチンの接種は、全額、国の負担です(私達の血税ですが)。

The vaccination for the new coronavirus is fully paid for by the government (with our blood tax).

2回の接種を、1億2600万人にするとして、521,640,000,000円 = 5216.4億円 ―― これは、大金ではありますが、国家予算全体から考えれば、驚くほどの大金ではありません。

If two vaccinations are given to 126 million people, that's 521,640,000,000 yen. A lot of money, but not a surprising amount of money when I consider the entire national budget.

(I still remember Dr. Shibata's calculation of the cost of PCR testing for the entire population -- "The cost of PCR testing for the entire population: 432 billion yen per test only (less than 2 trillion yen for four tests per year).

我が国は、ファイザー社からワクチンを売ってもらう方が、多分、コストパフォーマンスが良いのでしょう。

It would probably be more cost-effective for our country to have Pfizer sell us the vaccine.

-----

もちろん、リスクはあります ―― 巨大なリスクです。

Of course, there is a risk -- a huge risk.

これから現われる変異株などの対応に、サクっと対応できない国家は、正直、かなりヤバいです。

To be honest, a nation that is unable to respond quickly to the "mutant strains" that are about to emerge is in serious trouble.

そう考えると、特許権の使用許諾料を支払っても、日本国内でのワクチン製造体制を作っておかなければ、やはり「怖い」です。

When I think about it, it is still "scary" if we don't have a system for manufacturing vaccines in Japan, even if we have to pay a license fee for the patent rights.


2021-05-07 可能ですが ―― 製薬の製造工場や装置を持たない貧困国で、特許権が放棄されたところで、どうしようもありません。 [長年日記]

""What do you think, is there any possibility of a future where only COVID-19 related patent rights are opened on a special international basis, and a COVID-19 joint front is developed?"

のところで記載しました、

In the column, I thought that the possibility of

Trips 第31条の「強制実施権」、または、特許法93条の「公共の利益のための通常実施権の設定の裁定」

Trips Article 31, "Compulsory License" or Article 93 of the Patent Law, "Ruling on the Establishment of a Non-exclusive License in the Public Interest.

の可能性が、ついに出てきたか、と思いましたが ――

is coming finally.

最近のニュースの新型コロナウイルス特許の「一時放棄」は、上記の「実施権」の話とは違うようです。

However, the "temporary abandonment" of the new coronavirus patent in the recent news seems to be different from the "license" story above.

今日は、「特許権の放棄」について、少々お話を致します。

Today, I would like to talk a little bit about "abandonment of patent rights".

-----

多くの人には違和感がないのかもしれませんが、このニュースの中に出てくる文言「特許権の一時放棄」は、奇妙な言葉です。

It may not seem strange to many people, but the phrase in the news, "temporary abandonment of patent rights," is a strange term.

―― そもそも、特許権の「『一時』放棄」って何?

"What is a "'temporary' abandonment" of patent rights, anyway?"

特許権は、いったん放棄したら、その権利を取り戻すことはできませんので、この「一時放棄」は誤用だろうと思っています。

I believe that this "temporary abandonment" is a misnomer because once a patent right is abandoned, it cannot be regained.

ただ、特許権も属地主義(その国の領域・領海内でのみ効力を発揮するということ)に基づき、各国で効力が発生します。

However, patent rights are also effective in each country based on the territorial principle (meaning that they are effective only within the territory and territorial waters of the country).

ですので、「特許権の放棄」は、国単位で行うことができます。

Therefore, "abandonment of patent rights" can be done on a country-by-country basis.

例えば、『貧困国に対してのみ、特許権を放棄する』ということは可能です。

For example, it is possible to " abandon patent rights only to poor countries."

可能ですが ―― 製薬の製造工場や装置を持たない貧困国で、特許権が放棄されたところで、どうしようもありません。

It is possible -- but there is nothing that can be done when patent rights are abandoned in poor countries that do not have pharmaceutical manufacturing plants or equipment.

その国には、ワクチンを作る手段がないからです。

This is because the country does not have the means to produce the vaccine.

-----

ともあれ、私、この「コロナワクチンの特許権の放棄」については、よく理解できていません。

Anyway, I don't really understand this "abandonment of patent rights for the Corona vaccine".

もう一度、調べて出直してくることにします。

I'll have to look it up again and come back.

(続く)

(To be continued)


2021-05-06 「江端家ファクトチェックシステム」 [長年日記]

This season's anime, "ODD TAXI," is a tremendously educational content.

(1)「SNSでバズるメッセージを作れる」という価値観

(1) The value of "being able to create messages that get buzz on social networking sites"

(2)「ネットゲームで、レアアイテムを手に入れるために、無限に課金(数百万円オーダ)を続ける」という仕組み

(2) The system of "paying endlessly (in the order of millions of yen) to obtain rare items in online games"

-----

特に、上記(2)の「無限課金」については、今回のコラムで私が執筆した

In particular, "infinite billing" in (2) above is the subject of my writing in this column.

"To purchase virtual real estate (land) in the net game for 150,000 yen"

という価値観が作られていくプロセスを、ようやく理解することができました。

I was finally able to understand the process of creating the value.

正直『背筋が凍る』ような気持ちでしたが。

To be honest, I felt a chill run down my spine.

-----

上記(1)の「バズる価値」については、それが、単なる自己承認欲求だけでなく、就活や婚活までに影響する、社会が認めるパラメタになっていることを知って、私は、かなり驚いています。

As for (1) above, "buzz value," I was quite surprised to learn that it has become a parameter recognized by society, affecting not only the desire for self-approval, but also job hunting and marriage activities.

その話を次女にしてみたところ、

When I told that story to my junior daughter. she said

『確かに、"パラメタ"となっているモノもあるけど、全てではない』

"Well, some things are parameters, but not all"

と言われました。

-----

このように、私が知らないことを、メディア(アニメ等)で仕入れて、それを家族(次女等)の意見で補正する ――

In this way, I get what I don't know from the media (anime, etc.) and then correct it with the opinions of my family (my second daughter, etc.), which is so called,

「江端家ファクトチェックシステム」

"Ebata Family Fact Checking System"

で、私のコラムは支えられています。

is supporting the quality of my columns


2021-05-05 ―― 私か? 私のなのか? 彼を、こんな風にしてしまった"きっかけ"を作ったのは [長年日記]

私には沢山の怖い思い出がありますが、その中の一つのストーリーです。

I have many scary memories, and this is one of those stories.

-----

私が、大学入学当時くらいの話だったと思います。

I think it was around the time I started college.

友人:「江端に言われたように、今、社会問題について色々考えるようにしているんだ」

Friend: "Like you said, I'm trying to think a lot about social issues right now.

江端:「ほう。どんな?」

Ebata: "Oh. What kind?

友人:「いや、街を歩いていたら、勧誘を受けてさぁ。なんていうか、そういう問題についての集会に参加しているんだ」

Friend: "No, I was walking around town and I got solicited. What can I say, I'm attending a meeting about those issues"

江端:「え・・・?」

Ebata: "What...?"

友人:「神さま?、っていうか、そういうことを信じるところから、始めることが必要・・・? って感じのビデオを見てさ、少し分かってきたような気がするんだ」

Friend: "God? I saw a video that said, "I need to start believing in God, or something like that. I think I come to understand what you said"

-----

『血の気が引く』って言葉あるじゃないですか。

There is a saying "I was turning white"

あの時、その言葉を、生れて初めて体感しました。

At that moment, I experienced those words for the first time in my life.

―― 私か? 私のなのか? 彼を、こんな風にしてしまった"きっかけ"を作ったのは

Is that me? Who made him what he is ? It is me ?

-----

その後、

After that,

『そういうことじゃなくて、新聞を読んで、本を読んで、賛成や反対の人の意見を色々聞いて、そんで、最後は自分で考えるということであって・・・』

"What I want to say is not that, but that you should read newspapers, read books, listen to the opinions of people who agree and disagree with you, and finally think for yourself..."

と、色々、説得を続けて、

I kept trying to persuade him.

「とにかく、今、俺が何言っているのか分からないかもしれないけど、もう二度と、その集会に行くのは止めてくれないかな」

Anyway, in case you don't know what I'm talking about right now, but, can you please stop going to those meetings again?

「もし、その集会に行くというのであれば、もう、俺は二度とお前に会わない」

If you're going to that meeting, I'll never see you again.

「今、この場で、どちらかを選んでくれ」

"Right here, right now, you can accept me or not"

と迫りました。

I pressed him to be prepared.

彼は『江端がとても真剣に、深刻なことを語っている』ということだけ理解してくれたようでした。

He seemed to understand only that 'Ebata was talking about something very honest and serious.

それと、彼が、まだ集会にあまり参加していなかったことも幸いして、その後、その話が出てくることはありませんでした。

It was also fortunate that he hadn't been attending many meetings yet, so the subject never came up with us again.

-----

『世の中の問題を、一足飛びに解決しようとする手段や考え方は、全て、どこか間違っている』という考え方は、『間違っていない』と私は信じています。

I believe that the idea that "all means and ideas that try to solve the world's problems at once are somehow wrong" is "not wrong".

先日、EE Times Japanに寄稿したエッセイをカウントしたら、少なくとも、ここ8年間で、139あることが分かりました。

The other day, I counted the essays I have contributed to EE Times Japan and found out that I have contributed at least 139 essays in the last 8 years.

もし、たった1つで解決できる手段や考え方があれば、私の139のコラムは不要だったことになります。

If there was only one way or idea that could solve the problem, then my 139 columns would have been unnecessary.


2021-05-04 ―― 今の私は、いわゆる「原作厨」という醜悪な存在になりかけている [長年日記]

"るろうに剣心 the final"を見に行ってきました。

I went to see "Rurouni Kenshin the final".

大変、楽しい映画でした。

It was a very enjoyable movie.

ただ、映画視聴後の長女とのディスカッションにおいて、

However, in a discussion with my senior daughter after watching the movie,

―― 今の私は、いわゆる「原作厨」という醜悪な存在になりかけている

I am now on the verge of becoming what is called an "original kitchen", an abomination.

ようですので、感想は差し控えたいと思います。

I'd like to refrain from giving my impressions.

-----

1年ぶりの久々の映画視聴において、もっとも感銘を受けたのは、

It's been a while since I've watched a movie, but what impressed me the most was

映画 『地獄の花園』の予告編でした。

This was the trailer for the movie "Hell's Garden".

私、好きなんですよ ―― 「下妻物語」のノリが。

I like the "Shimotsuma Monogatari" style.

-----

ちなみに、「実写版 るろうに剣心」を見たのが、ロンドンからの帰国のフライトで、「下妻物語」を見たのが、シンガポールからの帰国のフライトでした。

Incidentally, I saw "Live-action Rurouni Kenshin" on the flight back from London and "Shimotsuma Monogatari" on the flight back from Singapore.

私のブームのスタートのきっかけは、飛行機が多いようです。

It seems that the start of my boom often begins with airplanes.