0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|

2022-08-14 私の廃材利用の才能は結構役にたっていると思うのですが、あまり多くの人に評価されないのが、少し残念です。 [長年日記]

昨夜、実家の風呂に入っていたら、庭からモーターの異音が聞こえてきました。

Last night, when I took a bath, I heard a strange noise from the garden.

私の実家には井戸があって、これをモーターで汲み上げているのですが、このモーターが不調である、ということは、姉から連絡を受けて知っていました。

My parents country house has a well, which is pumped by a motor, and I knew this motor was not working properly from my sister.

騒音レベルと認定出来る音だったので、夜中に懐中電灯を照らして、モーターの電源を遮断してきました。

The noise was at a level that could be qualified as noise, so I went to switch off the motor in the middle of the night with a flashlight.

実家の中にあった廃材から、モーターを手動制御できるような、電気配線を作りました。

Using scrap material in the house, I made a hand-made electric circuit to control the motor.

電流量等、気にかかる点はあるのですが、通常の運用の範囲内であれば、大丈夫であろうと判断しました。

Though I was concerned about electric current, I was decided that the circuit was safe with normal operation.

私の廃材利用の才能は結構役にたっていると思うのですが、あまり多くの人に評価されないのが、少し残念です。

I think my talent for using waste materials is quite useful, but I am a little disappointed that not many people appreciate it.


2022-08-13 私の実家の庭とのバトルは、継続中です。 [長年日記]

実家の庭では、防草シートを敷設して、雑草対策をしていたのですが、3〜4年を経過して、防草シートを突き破って生えてくる雑草に苦慮しています。

At the garden in my country house, I had weed control by laying down weed prevention sheets,but after three or four years, I am struggling with weeds that are growing through the weed prevention sheets.

力づくで真上に伸びていく草や、隙間から伸びて防草シートの上で光を確保する草など、雑草達は、常に、非常にたくましい生存戦略を図って生きています。

Weeds are always trying to survive with very robust strategies, like growing straight yp by force or securing sunshine on the sheets growing through gaps.

そこで、今回は、庭の樹々を片っ端から切り倒して、庭を更地にして、広さ12畳の防水シート2枚で、中庭全体を覆うことにしました。

So this time, I cut all trees in the courtyard, cleared it, and covered it by two tarpaulins whose size are 12 tatami mats.

昨夜、雨がシートを叩く音で、何度か目が覚めました。

I woke up several times last night to the sound of rain hitting the sheets.

今朝確認したら、防水シートの窪みの部分に水が溜まっていました。

When I checked this morning, water left in the depression in the tarpaulin.

これで、雑草への水の供給は完全に断たれているとは思いますが、水溜りにボウフラなどが発生する可能性もあります。

Although this will have completely cut off the water supply to the weeds, there will be a possibility of bowers etc. in the puddles.

私の実家の庭とのバトルは、継続中です。

The battle with my parents' garden is ongoing.


2022-08-12 「なんで、みんな、『他人と上手くやっていける』と思えるんだろう?」 [長年日記]

Previously , I wrote that I was about to be down by hunger-knock when I did a field work of Utsunomiya-city.

で、この時にお世話になったのが、マクドナルドのビックマックです。

At that time, I was helped by BigMac at MacDonald.

それ以来、ビックマックには奇妙な恩を感じています。

Since then, I come to feel strange gratitude to BigMac.

今回も実家で庭作業をやっていたのですが、さすがに、夏の作業はキツので、13-17時は避けて、チェーンソーを振り回していました。低木も含めると、合計10本ほどの木を、切り刻んでいました。

This time, I was gardening at my country house, however it was too hard to work under summer sunshine, I took a rest from 13:00 to 17:00, and was swinging the chainsaw around. A total of about 10 trees, including shrubs, were chopped up.

ーー 切り倒すのではなく、切り刻むのです。

"Not cut down, but chop up"

草木は大したことはないのですが、伐採した樹木を袋詰めにするのが大変です。

Grass are not a big deal, but it is difficult to bag the trees that have been cut down.

以前は、伐採した樹木に、灯油やガソリンをぶっかけて、一気に焼却できたのですが、最近はこれもできなくなりました(条例とかで)。

Previously, I burned grass and tree with paraffin and petrol all at once, however now it comes to be impossible to do that (by laws).

ともあれ、滅多にやらない肉体労働の日々で、珍しく今日は、マクドナルドで食事をしました。

Anyway, I had a rare day of physical work, and unusually, today I had a lunch at McDonald's.

これで、ハンガーノックだけは回避できるような気がするのです。

I think that this is the only way to avoid hunger-knocks.


2022-08-11 ーーなるほど、映画の中の猟奇犯罪者は、こんな感じで、連続殺人していたのか [長年日記]

本日から、母の初盆で、実家に戻っています。

Starting today, I am returning home for my mother's first obon.

さっそく、庭の手入れを始めていますが、徹底的な合理化も図っています。

No sooner had I arrived at the house, I started gardening, and tried a thorough streamlining.

以前、電動のチェーンソーを購入したのですが、今回は草刈機も購入して、徹底的を手を抜いています。

I had bought a electric chainsaw, and this time I also bought a lawn mower. I am thoroughly cutting corners.

「熱中症で倒れるよりはマシ」と判断しました。

I decided, "That's better than collapsing from heat stroke."

腰に懐中蚊取り線香2つをを取り付けて、本日夕方から作業を開始していました。

Two pocket mosquito coils were attached to my waist and I began working on them this evening.

-----

ところが、意外なことに、役に立ったのは、草刈機よりもチェーンソーでした。

However unexpectedly, the chainsaw was more useful than the lawn mover.

もう、草だろうが樹木だろうが、徹底的に切りまくっていました。

I was thoroughly cutting everything, whether it was grass or trees.

向かうところ敵なし、という感じで、あまり、言いたくはないのですが、『結構な快感』です。

I don't want to say too much, but it is "quite a pleasant feeling.

ーーなるほど、映画の中の猟奇犯罪者は、こんな感じで、連続殺人していたのか

"Well, I can understand how the bizarre criminals in the movie were serial killers.

と、深い納得感が得られました。

I could realize it deeply.

ただ、実際のチェーンソーは、重いし、取り回しも悪いし、自立型(ケーブルがないガソリン式)なんぞを振り回している奴から逃げるのは、あまり難しくないと思いますよ。

On the other hand, a chainsaw is heavy, hard to use. If it is a stand alone type(no power cable), I think that it is not difficult to run away from a guy wielding a chainsaw.

------

で、調子に乗って、チェーンソーを振り回していたら、チェーンが外れてしまい、使えなくなってしまったので、今日の作業は、そこで中止になりました。

So I swung the chainsaw around so much that the chain came off and became unusable, so I had to stop work for the day.

2台目の購入も考えていたのですが、とりあえず修理を試みました。明日の作業で様子を見てみようとおもいます。

I was thinking of purchasing a second unit, but tried to repair it anyway. I will work on it tomorrow and see how it goes.

酷暑日の庭作業は、正気の沙汰ではありません。

Working in the garden on a very hot day is insane.

しかし、各種機材を投入して、徹底的に手を抜くことは、結構楽しいです。

However, it is quite fun to throw in all sorts of equipment and cut corners thoroughly.


2022-08-10 ―― 「なんで、みんな、『他人と上手くやっていける』と思えるんだろう?」 [長年日記]

私は、「団体競技 = 苦痛」「集団行動 = 苦痛」が刷り込まれている(あるいは、そういう経験しかない)ので、高校生までの人生は、辛く厳しいものでした。

I had lived in harsh reality since I was graduated from high school, because 'team sports = pain' and 'collective action = pain' are imprinted on me.

私にとって「運動会」と「修学旅行」は、はっきりいって拷問でした。

As for me, frankly speaking, the 'sports day' and 'school trip' were torture.

_ 修学旅行で、徹夜して騒いでいるやつらは ―― 控え目にいっても ―― "バカ"としか思えませんでした。

On school trips, people who stayed up all night making noise were - to put it mildly - considered "idiots".

『しっかり眠って、気分よく歩いて、史跡説明看板を読んで、歴史的な建築物を見たり、史跡を辿る方が、楽しくないか?』

"Is is more fun to get good sleep, walk around with light steps, read the board explaining historic story, see the historic architecture, and follow the historical site?"

という子どもは、当時、圧倒的少数でした ―― というか、いなかったように思えます。

There were an overwhelming minority of children at the time. I mean there were no child like that

-----

話は変わりますが、最近、娘たちの話を聞くと、友人の多くが、メンタルをやられて、休業や退社をよぎなくされている若者が多いようです。

By the way, when I talk to my daughters, I hear their friends suffer from mental disorder, and enforce to leave of absence or office.

会社の人間関係に疲れ果てしまっている、というケースが多いようです。

In many cases, they are tired of their company relationships.

しかし、自分ではない他人と上手くやっていけたら、それ自体がレアケースで、ラッキーでしょう。

However, it is a rare and lucky case to get alone with others.

で、つくづく思うのですが、

And I think, really, that...

―― 「なんで、みんな、『他人と上手くやっていける』と思えるんだろう?」

"Why do you all seem to be able to 'get along with others'?"

と考えることがあります。

私は、もう、入社前の段階において「私は、チームワークはダメだ」という自己分析ができていました。

When I was a college student, I had already made a self-analysis that I was not a good team player.

ですので「チームワーク」よりも、「スタンドアローン」に近い働き方が良いだろう、と思っていました。

So I thought that my work style would be better "stand-alone" rather than "teamwork".

その結果、選んだ職種が「研究員」です。

As a result, I made me a "research engineer".

-----

なんか、みんな、『自分のコミュニケーション能力を、高く評価し過ぎている』ような気がするんですよね。

I think that many people believe that their communication ability is higher.

あるいは、社会に出れば『なんとかなる』と思っているのかもしれません。

Or they might think that once they start working, it is going well.

でも、はっきり言いますけど ―― こればかりは『なんとかなりません』。

However, clearly speaking, it cannot be helped about this issue.


2022-08-09 ―― お願いすれば、直ぐに片づけてしまう、江端家の便利な用務員 [長年日記]

これまで、Amazon Prime VideoやNetFlixを見るために、パソコンをテレビに繋いでいました。

I had connected a PC with a TV to watch Amazon Prime Video and NetFlix by now.

しかし、この度、新しいテレビを購入したので、Fire TV Stick を購入しました。

However, I bought a new TV, so I decided to get a Fire TV Stick from Amazon.com.

# 実は新しいテレビ、NetFlixはデフォルトのボタンはあるのに、Prime Videoのボタンがないことに、設定"後"に気がつき、たっぷり半日間は落ち込みました。

# In fact, after installing the TV, I confirmed there was the button of "NetFlix" the remote contoller, however I noticed that there was no "Prime Video". So I was depressed to know that for half a day.

Fire TV Stickは、国内の動画配信サービスのほとんどをサポートしているので、これを購入するなら、当初からテレビにネットサービスついて考えなくて良かったのです。

The "Fire TV Stick" has supported almost all of domestic net video servers in Japan. So I didn't have to think about them at all.

-----

本日、Amazonの宅配で、Fire TV Stickが到着したのですが、嫁さんが仕事から戻ってくるまでは、設定作業の開始ををガマンしていました。

Today's afternoon, the "Fire TV Stick" was deliverd from Amazon.com, however I put up with starting to install the device until my wife come back home.

―― 嫁さんに、私の働いているところを見せなければ

"I have to show my wife that I'm working"

という思いがありましたので。

I thought that.

-----

最近、私は、IT設定は勿論、家具の設置や移設、電気や水回りの修理工事など、

Recently, as for IT setting up, furniture installations, and electrical and plumbing repair works,

―― お願いすれば、直ぐに片づけてしまう、江端家の便利な用務員

"A handy janitor in the Ebata household who cleans up quickly when asked."

のように、扱われているような気がするのです。

I feel that they treat me like that.

これからは、ちゃんとアピールをして、私が、我が家に、不可欠で、便利な ・・・ もとい、貴重な人材であることを、家族に知らしめなければ、と、思い直しています。

From now on, I have to make a proper appeal and let my family know that I am an indispensable, useful, I mean valuable member of our family.


2022-08-08 75kg超えのテレビを、普通の夫婦二人で、2階に運び、さらにタンスの上に上げる方法(後編) [長年日記]

I restarted the operation which were stopped on last Saturday, to avoid the risk of my slipped back.

その前に、このテレビの正確な重量を計測しておこうと思い、テレビの下に体重計を捩じ込みました。

Before that, I wanted to know the aaccurate weight of the TV, so I pushed the scale under the TV.

なるほど、これは、素人が運べる類いのものではない、と認識しました。

I realized that this operation is beyond my imagination for me, as an amature.

ただ、十数年前に、このテレビを設営したは、私のはずです。

However, it was me to install this TV more that a decade ago.

しかも当時もネットで購入しましたので、アシスタントはいなかったはずです。

In addition,at that time, I bought it from a net site, so there should not have any assistant.

どうやって、このテレビを自力で設置できたのか、今となっては全く思い出せません。

I don't remember how I could have install this TV by myself.

もし、『月日とともに、テレビの重量が増していく』という(オカルトのような)話を知っている方、御一報下さい。

If you know of any (occult-like) stories about 'TVs gaining weight over the months', please let us know.

それはさておき。

That asaide.

-----

課題は、この目の前にある、途方もなく高い山の頂きに、どうやって、このテレビを登頂させるか、です。

The problem is how to make the TV climb up a tremendously high mountain in front of me.

私の案出した方法は、極めて原始的な方法です ―― 『コンクリートブロックを詰み上げながら、テレビをリフトアップする』です。

My idea was very primitive. 'Lifting the TV while packing up the concrete blocks'.

しかし、この方法の場合、コンクリートブロックは合計28個必要となります。コスト的には大したことはありません(1個100円くらい)が、用途のないコンクリート28個の処分方法の方が問題でした。

However, this method requires a total of 28 concrete blocks. the prices were no problem (about 100 yen per unit), but another problem was more about how to use about 28 concrete pieces.

倉庫の中を見たら、脚立が2台あることに気がつきました。これを使って、半分の高さまで上げることができそうでした。

I looked inside the warehouse and noticed that there were two stepladders. Using these, I can lift the TV up to half height of the chests.

高い位置でテレビを支えられるよう、ロープで両端を縛って、脚立の上に、片方づつ引っ掛けて上げていきました。

To support the TV in a high position, the two ends were tied together with rope and raised on a stepladder, hooking one end to the other.

嫁さんには、私が片端を上げるタイミングで、脚立を動かして貰いました。

I asked my wife to move the stepladder at the same time I raised one edge of the TV.

そして、脚立の最上段に来た後は、嫁さんにコンクリートブロックを差し込んで貰って、同じように作業を続行しました。

Then, after coming to the top of the stepladder, I asked my wife to insert the concrete block and continued the same way.

コンクリートブロックを7つ積み上げたところで、あと数センチが足りないことが分かりました。

After stacking seven concrete blocks, I found that a few more centimetres were missing.

しかし、用意したコンクリートは使い果しました。

However, I ran out of the concrete blocks I had prepared.

不安定な脚立の上に立って、残り数センチ分持ち上げて、テレビ台を箪笥のへりに引っ掛けて、あとは夫婦二人で力付くで押しこみました。

I stood on the unstable stepladder, lifted the remaining few centimetres, hooked the TV stand to the edge of the chest, and the rest was pushed in by us with great effort.

こうして、重量75kg超えのテレビを、140cmの箪笥の上に持ち上げることに成功しました。

We thus succeeded in lifting a TV weighing over 75 kg onto a 140 cm.

-----

とは言え、相当危険な作業であったことは否めません。

However, this was quite dangerous.

ブロックの山が崩れる可能性がありましたし、脚立が、耐過重量を超えて、自壊する可能性もありました。

There was a possibility that the pile of blocks could collapse, and the stepladder could overstrength and self-destruct.

これで、大怪我したら、多分、誰からも同情して貰えないことは、確実です。

It is absolutely sure nobody give me sympathy even if I am seriously injured.

ただ、私としては「なんでも業者に頼む」という姿勢は、なんか『負けたような気がする』のです。

However, for me, the attitude of 'ask the contractor for everything' is something of a 'lose-lose' situation.

まあ、これは、私の性分です。

Well, this is my nature.

-----

Today's diary meminded me that the column I wrote before.

結局のところ、私は、若いころから、全く進歩していないようです。

After all, I don't seem to have progressed at all since my youth.


2022-08-07 75kg超えのテレビを、普通の夫婦二人で、2階に運び、さらにタンスの上に上げる方法(中編) [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そもそも、夫婦で持ち上げるだけでも大変なテレビを、どうやって2階まで持ち上げるかが問題でした。

To begin with, the problem was how to lift the TV upstairs, which is a difficult task just to lift for us.

普通に持ち上げで運ぶのは、最初の階段の2段目で「不可能」と判断しました。

We judged that the normal way to carry it by lifting was impossible at the second step of the first staircase.

2段目でテレビの片方を階段にひっかけて、もう一方を椅子に置いたところで、私は、長考に入りました。

On the second step, with one end of the TV hooked to the stairs and the other on the chair, I start thinking for a long time.

-----

「抱えて運ぶのは無理」、となれば、「上から引っ張り上げ、かつ、下から押し上げるかしかない」ということになります。

If it's impossible to carry it, then the only way is to pull it up from above and push it up from below".

階段1段づつ上げては、その度にロープで固定しなおして、休憩をして、かつロープで引き上げる、という、『超牛歩戦略』を案出しました。

I devised a 'super-snail's pace strategy', where we would go up the stairs one step at a time, re-fasten the rope each time, take a break, and then pull it up with the rope again.

私は、ロープを購入しに、ホームセンタに走りました。

I ran to a DIY-shop to buy a rope.

しかしロープを手に入れたところで、問題がありました。そのロープの括り先が『ない』ということです。

But once I had the rope, there was a problem. The rope had 'no' place to bind it.

我が家は、2x4工法で建てられているので、そもそも「柱」というものがありません。

Our house is built using the 2x4 construction method, so there are no 'pillars' to begin with.

I then decided to pull a 20-metre rope up to my room and tie it to the iron bar.

毛布で敷き詰めた階段の上にテレビを置いて、嫁さんが上からロープでひっぱり上げ、私が下から押し上げながら、1時間弱の時間をかけて、ようやくテレビを二階の踊り場に持ち上げたところで、その日(土曜日)の処理を終了しました。

We finished the day's (Saturday's) process when we finally lifted the TV onto the upstairs landing after less than an hour of placing it on the blanket-lined stairs, with my wife pulling it up with a rope from above and me pushing it up from below.

しかし、まだ、この段階では、このテレビをタンスの上に持ち上げる手段がありませんでした。

However, there was still no means of lifting this TV onto the wardrobe at this time.

私は、再び、長考に入りました。

I again began to think for a long time.

(続く)

(To be continued)


2022-08-06 75kg超えのテレビを、普通の夫婦二人で、2階に運び、さらにタンスの上に上げる方法(前編) [長年日記]

かねてより、嫁さんが、新しいテレビを欲しがっていました。

My wife has wanted a new TV for a long time.

今のテレビは、本体の地デジのチューナーが故障しているのですが、BSは見れるし、HDDレコーダのチューナを使えば地デジの視聴にも問題はなかったので、私は難色を示していました。

Our current TV has broken terrestrial digital tuner on the unit, however, we can watch BS channels and can use terrestrial digital tuner of the HDD recorder. Therefore I had difficulty with it.

とは言え、近年の画面の大型化と高機能化、テレビの値段の定価なども鑑みて、新しい液晶テレビを購入することになりました。

Nevertheless, in light of the recent trend toward larger screens and higher functionality, as well as the fixed price of TVs, we decided to purchase a new LCD TV.

そして、古いプラズマディスプレイ(当時27万円)は、2階の寝室に置くことにしました。

And the old plasma display (270,000 yen at the time) was to be placed upstairs in the bedroom.

まだ十分に使えるからです。

Because it still works well.

この時の私は、テレビの移設など、1~2時間程度の作業で終わると思っていました。

At that time I thought the work would only take an hour or two, such as relocating the TV.

-----

嫁さんと二人でテレビを持ち上げたその瞬間、腰に稲妻のような痛みが走りました。

At the moment my wife and I lifted the TV, I felt a lightning bolt of pain in my lower back.

―― これはダメだ

"This is no good."

と直感しました。

I had the feeling.

私、これまで何度も腰をやってきたので、十分な注意をして運搬に着手したのですが、もう、なんというか『絶対的に無理』という重さであると直感しました。

I have had many hiccups in my life, so I set out to transport it with sufficient caution, but I already had a gut feeling that it was kind of an 'absolutely impossible' weight.

私、昔、山岳系のサークルに入っていたので(半年でやめましたが)、20~30kgまでの重さは、感覚的に分かります。

When I was a college student, I joined a climbing club(I retired in half year) , so I can feel to estimate the weight which ranges from 20 to 30kg.

しかし、"このテレビ、その重さのレベルではない"、ということが、一瞬で分かりました。

However, I could understand "The weight of this TV is our of scope" in a flash

こうして、「夫婦二人で、このテレビを二階に上げ、さらに、それをタンスの上に上げるという」過酷な週末が始まったのです。

Thus, the harsh weekend had started "How a ordinary couples can carry a TV weighing over 75 kg upstairs and then up to the top of a wardrobe"

(続く)

(To be continued)


2022-08-05 ―― ここだけの話、日本人は、男性すらもブルカを実施する、敬虔な『隠れムスリム』なんです [長年日記]

最近、「マスクを手放すのが嫌だ」という人がいるようです ―― 特に女性の方々。

Recently, some people have been saying that they don't like to give up their masks -- especially women.

「メイクの手が抜ける」というのが主要因のようです。

The main reason seems to be "I can cut corners of making up."

以前、私、『「ブルカ」は、女性の役に立っていることがあるかもしれない(ラクな方向に)』という仮説を提唱したことがありますが、検証はしておりません。

Previously, I proposed the hypothesis that "burqa" may be helpful for women (in easy direction), however I have not tested it.

-----

幸いなことに、わが国は、イスラム原理主義者の中でも、特に『コーランの文意を読み取れない』低能なテロリストによる事件は、『まだ』発生していないようです。

Fortunately, our country does not seem to have "yet" had any incidents by Islamic fundamentalists, especially low-level terrorists who 'cannot read the letter of the Koran'.

とは言え、やつらがわが国に入りこんでくるのは、時間の問題かもしれないなぁ、とは思っています。

However, I think that no sooner they will land our region.

その一方、永遠の入ってこないかもしれない、とも思っています。

On the other hand, I also think they might not come eternally.

Before I wrote the following in my column.

=======

もし私が、イスラム原理主義者のテロリストに銃を突き付けられて、「イスラムに改宗しろ!」と言われたら、1秒もたたずに「いいよ」と言いますし、1分後にはコーランの暗記を始めることもできます。

If I were held up at gunpoint by a fundamentalist Islamic terrorist and told, "Convert to Islam!" I would say, "Okay," in less than a second, and I could start memorizing the Koran a minute later.

というか、銃を突きつけられてまで「改宗に同意しない」って感じが理解できない。

I mean, I don't understand the feeling of "I don't agree to convert" even if I put a gun to my head.

ぶっちゃけ、言うだけならタダじゃん、て思っています。

To be frank, I think "just saying it is free.

このように、宗教的観念が空気のように希薄なわれわれ日本人の在り方は、宗教を根拠とした戦争や虐殺や殺りくの無意味さを、世界に対して雄弁に語るはずなのです。

Thus, we Japanese, whose religious views are as weak as air, can speak eloquently to the world about the meaninglessness of wars, massacres, and killings on the basis of religion.

=======

とは言え、イスラム原理主義テロリストに対する施策は、しておくに越したことはありません。

Nevertheless, any measure against Islamic fundamentalist terrorists is better than nothing.

そこで、

So,

―― ここだけの話、日本人は、男性すらもブルカを実施する、敬虔な『隠れムスリム』なんです

"Between you and me, the Japanese are devout "hidden Muslims," and even men wear the burqa"

という自作自演のデマを、わが国から発信する、というのはいかがでしょうか。

How about this self-created hoax from our country ?

できれば、政府主導で。

If possible, government initiative.