0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|

2021-04-30 ただ、以前も申し上げた通り、私は、こんな状況になっても、なお「東京モデル」を見たい、と思っています。 [長年日記]

丁度、一年前の、2020年の4月26日に、

Exactly one year ago, on April 26th, 2020,

If the "overshoot" really occurs in the real world, major cities in Japan will be paralyzed in one month, and corpses will be left on the street within two months.

てなことを書いていました。

I wrote that.

この一年、なんとか「これ」を凌いでこれたのは、政府の緊急事態宣言や、様々な施策の成果です。

The fact that we have managed to survive "this" for the past year is the result of the government's declaration of a state of emergency and various other measures.

なぜ、私が、そう言い切れるかというと『何の手も打たなかったらどうなるか』を、パソコンで計算したからです。

The reason why I can say that is because I calculated on my computer what would happen if we did not take any action.

-----

首相が『3回目の緊急事態宣言を発令して申し訳ない』とか謝罪していますが、この謝罪の意味を、私は理解できていません。

The Prime Minister has apologized for declaring a state of emergency for the third time, but I don't understand the meaning of this apology.

私、首相の責任などと、1mmも考えたことありません。

I have never thought of the prime minister as responsible for anything, not even for a moment.

責任の所在を問われれば、それは、間違いなく、私達国民の責任です ―― その是非はどうあれ。

When it comes to the question of responsibility, it is up to us whether one likes it or not

なぜなら、この感染対策の対応は、もうこれ以上もなく、単純、明快なのですから。

Because the response to this infection control is simple and clear.

ただ、その、単純、明快なことが「できない理由」があります。

However, there is a reason why that simple, obvious thing cannot be done.

その「できない理由」を包含するプラットフォームの上で、私たちは生きているのです。

We are living on a platform that includes the "reasons why we can't".

プラットフォームの構成要素である私達自身を責めたてても、仕方ありません。

We can't blame ourselves for being the building blocks of the platform.

(この時期に、飲み会やら宴会をやっている奴らは、無条件に責めたてていいと思いますが)

(I think we should unconditionally condemn those who are drinking and partying at this time.)

だから、『是非はどうあれ、この事態の責任は、私達国民が負うもの』。

So, 'Whatever the pros and cons, the responsibility for this situation is on us'

それだけで、良いと思います。

That's all I need to know.

-----

ここ一週間の間で、我が国でも「路上に死体」が、一気に現実味を増してきました。

In the past week, "dead bodies on the street" has become a reality in our country.

大阪と東京が、かなりヤバい。

Osaka and Tokyo are in pretty bad shape.

インドでは、現実になっています。病院の列に並んでいる間に患者が死に、「酸素ボンベ」の奪い合いが起っています。

In India, this is a reality. Patients are dying while waiting in hospital queues, and there are fights for "oxygen cylinders".

ニュースになっていませんが、アフリカの小国では、すでにその状態を越えているという話も聞いています。

Although it is not in the news, I have heard that small countries in Africa have already surpassed that state.

-----

この状況下での東京オリンピック ―― これ以上もないくらい、最悪の組み合わせと言えます。

Under these circumstances, the Tokyo Olympics could not be a worse combination.

However, as I said before, I still want to see the "Tokyo Model" even in this situation.

-----

「東京モデル」によって、「路上に死体」が現実になるかもしれません。

With the "Tokyo Model", "dead bodies on the street" may become a reality.

その死体は、私自身(なら、どうでもいいが)、嫁さん、または娘たち、かもしれません ―― そして、私は、多分、死ぬほど後悔することになるだろう、と、分かっています。

The corpse could be myself (I don't really care), my wife, or my daughters -- and I know I'll probably regret it to death.

私は、どうかしているのかもしれません。

Maybe I'm out of my mind.

いや、絶対にどうかしている。

Absolutely.

------

それゆえ ―― 東京オリンピックの「東京モデル」の強行によって、殺される人がいたら、私は、死ぬまでの人生を『人殺し』と呼ばれ続ける覚悟があります。

Therefore -- if anyone is killed by the forced implementation of the "Tokyo model" of the Tokyo Olympics, I am prepared to be called a "murderer" for the rest of my life until I die.