0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2017-10-21 "他人の意見 - 自分の認識 = (自分の)不愉快" [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、「自分に対して、評価を言ってくれる他人がいない」というのは、不幸なことか、と言われれば、必ずしもそのようなことはない、とも思うのです。

However, even if I am asked whether it is unfortunate that "no other who tells the evaluation about myself". I don't think it is always bad.

なぜなら、大抵の場合、

Because, in most case, the following equation is established

"他人の意見 - 自分の認識 = (自分の)不愉快"

"Evaluation of others" - "Self-recognition" = "Unpleasant of myself"

が成立するからです。

だから、私は、自分に関する他人の意見を、わざわざ尋ねに行ったりしません。

So, I will not go asking others of "opinions about myself".

不愉快になるに決まっていますから。

They do make me unpleasant absolutely.

『本当にどうしても必要』という時だけ、やむなく「他人の意見」をお願いすることがありますが、恐しくレアケースです。

Only when it is "really absolutely necessary", I am going to ask for "opinion from others". However, it is a really rare case.

『自分に対する諫言を、ありがたく受けいれる』

"Gratefully I can accept criticisms against me"

などと言っている人は、心を病んでいるか、頭がどうかしているのではないかと思います。

I am afraid that such a people is suffering from heart, or just crazy.

まあ、私のこういうとことが「乱暴な表現」と言われているんだろうなーということも分かってはいるのですか。

Well, I have known well that my behaviors like the above are causes of "rough expression".

-----

私がその人に対して、人に評価を述べる時は、「その人が私に不利益を与える」と判断した場合に限ります。

Whenever I decided "this person gives me disadvantage", I will state the evaluation of them,

私は、私と関係のない世界で、その人が、何を考えて、どう行動して、人に好かれようが、嫌われようが、

In a world unrelated to me, what they think and how they act, whether they likes me or dislikes me,

―― 全く、本気で、これっぽちも、欠片も、興味がありません。

Indeed, I'm not interested in them seriously at all.

というか、なんで、そんなに他人のことに興味があるのか、私には本当に「分からない」。

I mean, I can not really understand why they are interested in other so much.

(続く)

(To be continued)