0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|

2016-06-01 これも「死は存在しない」と同義であると言えると思えたのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

今回の胃カメラの麻酔だけでなく、全身麻酔なども含めて、

Using not only gastric camera at this time, but also general anesthetic,

「ゼロ時間での、意識から無意識への移行」というのは、

"Exchanging consciousness by unconsciousness during zero time"

もう一度、意識を取り戻せるか、ということを不問にすれば、

Even if we can sat aside "getting consciousness again"

(『そこを不問にして、どうする』 という意見もあるでしょうが)

(I know that some people blame me for escaping from the condition)

これも「死は存在しない」と同義であると言えると思えたのです。

I come to think that this is also almost "non-existing death".

-----

さて、この論を展開する前に、昨日の、絶滅収容所の所長の「死の哲学」を、軽く一蹴しておこうと思います。

Before arguing this my logic. I want to refuse flatly the "mortuary philosophy" of general manager of extermination camp that I had already talked the other day.

(1)主観的に「死」という概念をどんなに隠蔽したところで、そこに客観的な「死」が存在しているのは明快であり、

(1)Even if he try to cover a concept of death in whitewash subjectively, it makes clear that an objective death exists there.

(2)自己の「明日も生きるという権利」を、第三者が無許諾に強制的に停止・終了させられる行為に、いかなる正当性も主張できない。

(2)Nobody can invade "right to live one's life tomorrow" without reasons enforcedly.

実は、この(2)の議論は、死刑是非論に展開するので、今回はここには踏み込まないこととさせて下さい

To tell you the truth, the above (2) is going to right and wrong of death penalty,

この議論からは、逃げさせて下さい。

I want to run away from this argument.

-----

もし逃げないと、――

Without running, I have to start the followings.

例えば、

For example,

絶滅収容所の虐殺は、

According to extermination camp,

Eichmann's apologies were

■「当時のドイツにおける『国内上の行政手続』であった」

"The genocide was done on the domestic law of German at that time."

■「私は職務を遂行しただけ」

"What I did is to keep my affairs in order"

―― という、アドルフ・アイヒマンの主張に対して、今の私には、明確なロジックでこれを否定できるだけの力量がないし、

I have no clear logic to prove his arguments wrong now.

例えば、

For example,

■行政手続や法が、「明日を生きる権利」の下位に存在するのであれば、如何なる死刑も否定されなければならない、

"If any administrative procedure and laws are under the right to live tomorrow, we should reject any death penalty."

―― という死刑廃止論の根拠の一つに対して、今の私には、明確なロジックでこれを否定できるだけの力量がないし、

I have no clear logic to reject the argue of death-penalty opponent.

例えば、

For example,

上記に死刑廃止論の根拠に対する有効な反論の一つとしては、

I know there is an effective counter-argument against the above.

■「私的な報復権の国家による代行」

"Any nation is a agent to avenge a grievance"

があるとしても、

However,

■これを認めると、法治国家の根幹が否定される(法は、私闘や報復を認めていない)、

If this logic is permitted, the foundation of the rule of law is going to be denied (laws do not allow any dual and retaliation),

―― というパラドックスに対して、今の私には、明確なロジックでこれを論理付ける力量がないし、

I have no power to make the reasoning about the paradox.

つまり、『じゃけんワシにはよう分からん』 ―― といって、この論から逃げます。

In conclusion, I want to run away from this issue with saying "I don't know what is what".

(続く)

(To be continued)