0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|

2013-10-19 原発の『ウンコ』の問題

かつて郵政改革を断行したとされている日本国の元首相が、「原発ゼロ目指すべき」という発言をして、政権与党に波紋が広がっているらしいです。

私もかつて

という内容で、コラム寄稿してきました。

-----

私は、以下の条件が満たされれば、明日にでも「原発推進」の側に「転ぶ」つもりです。そもそも、私はエンジニアですから、その属性として技術は発展させていきたい側の人間なのです。

(1)政府が「原発は絶対的な意味で危険である」ことを表明し、国民がその認識を共有すること。

(2)政府は、危険に対する避難等の施策を万全に準備し、国民はそれに協力すること。

そして、最後に、

(3)「原発の『ウンコ』」の問題を、解決する目処がつくこと。

で、(1)(2)は、長い時間をかけて、あるいは、いつもの通り、なし崩しでなんとかなるかもしれませんが、(3)だけは、そうはいきません。

「原発の『ウンコ』」―― 高レベル放射性廃棄物が、概ね無害化するのに、ざっくり10万年の期間が必要で、それをどっかに安全に保管しておかなければなりません。

-----

一言で、10万年といいますが、我々の祖先が、マンモスを追いかけていたのが、2万年前です。

その5倍もの期間を、安全に安定に「原発の『ウンコ』」を保存するというのは、無理というか嘘だと思うんですよね。

だから最近思うのですよ。

―― 「原発の『ウンコ』」は、コンクリート詰めにして、深さ1万メートルの日本海溝に捨てちまって、そのまま、皆で忘れちゃおう

でも、いいのではないか、と。

-----

もちろん、よかないですよ。

10万年あれば、絶対に「高レベル放射性廃棄物」は流出する。そして、それは、地球の生態に、壊滅的な打撃を与える ―― かもしれない。

でも、与えないかもしれない。

最近、私がこのような刹那的な考え方に至ってきたのは、人口予測の計算を続けているうちに、人類は、いいとこ、あと1万年続けば、「上がり」になるのではないか、と思うようになってきたからです。

10万年先まで、人類か、あるいはそれに相当するものの存在までを考えるのは、無駄だろうという気がしてきているのです。

また、時間のオーダが違いますが、太陽が赤色巨星になるより前に、太陽から放射される高熱量が高くなって地球の気温は海水が全部干上がるほど上昇して金星のような状況になると言われています。

-----

と書きながら、今、ふと思ったのですが、もしかして、原発を推進している人達って、もしかして、陽には言わなくても、そんなことは「おりこみ済み」で、10万年先には、我々の未来自体が存在しない、と考えているのでしょうか?

もしそうなら、私が色々寄稿してきたコラムの内容って、全然意味のなかったことになります。

そうなら、そうと、早く言って下さいよー。公に言えないのであれば、メールアドレスでもいいので教えて下さい。秘密は私の命に賭けて守ります。

もし「そうだ」と一言言って頂ければ、、私、これから「原発の『ウンコ』」のことは忘れて生きることにしますから。


2014-10-19 その写真を見た時、私は愕然としました。

(昨日の続きです)

先日、長女の誕生日祝いで、バイキングレストランで会食をしていた時、娘の持っているイヤリングに気がつきました。

The other days, I noticed her earring of my daughter, when we dine out for her birthday ceremony.

ねじ等で耳たぶを挟んで固定するタイプの、大きなサクランボ2つを模したイヤリングだったのですが、非常に重量は軽くて驚きました。

The earrings were type to fix across the earlobe with screws with fake cherries. I was very surprised that they were too light.

これを娘から貸して貰って、装着し、それを娘のスマホで撮影して貰いました。

I asked my daughter to lend me the earrings, and to shoot me by her smart phone.

その写真を見た時、私は愕然としました。

When I saw the picture, I was really shocked.

『似合わない』『気色が悪い』 ―― というのであれば、私は笑って流せたと思うのです。

I thought that I didn't care if I was not suitable or was looking bad. I could laugh my fears away.

そういう言動で傷つく時代は、すでに2周前に終っていましたので。

The time had already gone to hurt me against such phrases more than before twenty years.

私がショックを受けたのは、

What I was really shocked was that

―― サクランボが、完全に見えなくなっていた

"I could not find the big two cherries in the picture at all"

ということです。

それは、私の「おっさん力」が、サクランボの「可愛いらしさ」を、圧倒的に凌駕してしまい、

That means, that my power of "old man" has surpassed the power of "pretty cherries" overwhelmingly, and,

私が、そのイヤリングの存在に気がつくことができない程に、強力で圧倒的な「おっさん力」が全面に現われてしまった、ということです。

I have already brought up the power of "old man" without notices, as the degree to which something I could not find existence of the earring.

-----

『不可逆』

"Noninvertible"

偽りの装い(装飾品、化粧など)で、戻ることのできる領域を完全に超えてしまった、この「おっさん」の悲しさを、

A sorry of this old man, who have completely exceeded the domain that he could return by the fake accouterment (ornaments, makeup)

―― いずれ、誰もが知ることになる。

"Every one of them is going to know that."


2015-10-19 しかし、『自分と同じ価値観を、一生涯、共有できる友人』と考えていたティーンエイジャにとっては、天地がひっくり返ると思えるほどの大事件だったのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私がティーンエイジャの時、卒業式から3ヶ月後にあった友人が、自分の考えとズレを生じていることに愕然としたことを覚えています。

When I was a teenager, I was surprised that our views became different between my friend and me after graduation in three months.

もちろん、それは、今になって思えば、本当に些細な意見の相違だったと思います。

Of course, I think that it was a timid difference in outlook with high-sight.

しかし、『自分と同じ価値観を、一生涯、共有できる友人』と考えていたティーンエイジャにとっては、天地がひっくり返ると思えるほどの大事件だったのです。

But it was a unspeakable major incident for me, because I thought "he was an eternal friend in my life based on the same values".

しかし、ティーンエイジャの3ヶ月は、色々な人間、メディア、本に接しながら ―― 例えるのあれば、極左から極右へ、または、コミュニズムからイスラム原理主義へと ―― 自分の主義を変更するのに 十分な時間です。

The time of just three months is enough for teenagers to change their principle and opinions. For example from ideology of far-left activist to far-right, or from communism to Islamic extremism.

当然ながら、そのような変化は、自分にも起こっていることなのですが、「自分もまた変化し続けている」という概念をよく理解していないので、互いの距離を全て相手の責任にして、腹を立て、悲しむことになります。

Of course, this change will happen in ourselves at any time. But they cannot understand that all of us become changing. So they get angry or sorry for the distance with shifting the responsibility.

そして、そのような見解の相違に対して、寛容でいられないのも、また、ティーンエイジャの特徴でもあります。

According to the difference about their principles and opinions, the teenagers cannot treat their friends with tolerance.

「卒業後、3年で、友人はほぼゼロになる」

"The number of their friends becomes almost zero in three years after graduation."

というのは、当然の自然法則です。

This is obvious "laws of nature".

これは、「孤独になる」ということではなく、今の自分に適合した友人が、人生のフェーズで次々と切り替わっていくということであり、

This doesn't mean that "being a loneliness", but continues changing their friend based on the phase of their life.

Moreover I think

―― そうでなればならない

"It should be so"

と私には思えるのです。

(続く)

(To be continued)


2016-10-19 しかし、私は、パワーポイントで、コンセプトやら技術を語る人間を、「凄い」と思ったことはありません。

「凄い技術力を持つエンジニア」だなぁ、と私が思っている方から、

A person that I think "he/she has a really tremendous technical capabilities" gives a prelude

『江端さんであれば、ご理解頂けると思いますが・・・』

"I know well that Ebata-san can understand the technology"

という前置きで、技術の話をして頂ける時は、

and starts to discuss the issue.

本当に嬉しいです。

I feel really happy to hear the above scene.

一方、私は、パワーポイントで、コンセプトやら技術を語る人間を、「凄い」と思ったことはありません。

However, I have never thought that a person who tells technical concept by the powerpoint sheet is "tremendous".

技術のコンセプトは、「技術的思想の創作」(特許法1条)であり、もちろん貴重な知的財産です。

I know that the technical concept is a creation of technical idea(the article 1 of patent law), and it is an important intellectual property.

しかし、私は、その「技術的思想」よりも、それを具体的に具現化された技術を「凄い」と思ってしまいますし、その技術を持っている人も「凄い」と思ってしまうのです。

However, I am likely to prefer a person that can embody the technical concept, to a person who just explain the technical concept.

-----

ところが、この「凄い」という人たちが、社会的、あるいは、金銭的に報われている感じがしません。

On the other hand, I am afraid that this "tremendous" person doesn't pay socially and financially.

私、これまで、週末研究員の立場で、色々なベンチャーの社長さんや、ソフトハウスの技術者の方とお話する機会を頂いてきました。

I have gotten the opportunity to speak with presidents or engineers of a variety of venture companies and software houses from the standpoint of the weekend researcher.

その中には、誇張でもなく「本当に腰が抜けるほどビックリするような技術」を有している方もいらっしゃいました。

Among them, the person has "really techniques, such as surprised as the exit is hip" without any exaggeration.

それらの方からは、会社を維持する為の金策に奔走していてたり、やっかいな仕事の受注で、その技術の向上に時間とコストを費せない、というリアルな現実も沢山語って頂きました。

However they gave me a lot of real stories that they have to get money to maintain their companies, or have to work of troublesome outsourcing, because they cannot spend time and money for their "tremendous" technologies.

-----

総じて、「凄い」人たちは、自分を「凄く」みせようとする能力に長けていないことが多い様なのです。

In fact, I think that the tremendous people are not good at showing themselves "the tremendous people".

(続く)

(To be continued)


2017-10-19 「あきらめなければ試合終了できませんよ」

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

"If you give up, the game is over"

という教師のセリフが名言とされているコミックがあるそうですが(すみません、よく知りません)

I heard that there is a comic book that includes the above phrase by a teacher(I am sorry. I don't know well)

私なら、

For me, I want to be a teacher who can say

「あきらめなければ試合終了できませんよ」

"If you don't give up, the game continues forever"

と言える教師になりたい。

-----

私、

I am confident in

reading "white paper of suicide measures" issued by the Ministry of Health, Labor and Welfare, deeply in Japan.

という、自負があります。

あきらめずに頑張っている人から、ボロボロ死んでいくデータを見ていると、心の底から本当にそう思うのです。

I really think that whenever I read the data that many people who can not give up, are easy to commit suicide.


2018-10-19 ―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

" "Calculation of devil" to understand nursing care market correctly

-----

私のコラムに関する感想をネットで見てみると、

Looking at the impression on my column on the net,

―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている

"Ebata is making a comical presentation with his sentences after knowing all the calculation results before starting writing"

という感じの書き込みが散見されます。

is found, like that.

この際、はっきり申し上げましょう。

In this case, let's clearly explain.

『私は、そんな演出ができるほどの"頭脳"はありません』

"I do not have such a respectable" brain "that can perform such a thing."

-----

今回、私が「悪魔の計算」を着想したのは、プロットも、図面も、ほぼ完成して、文章を記載している最中でした。

This time, when I reached to "Calculation of devil", I had already finished making plot and the drawing and I was writing a sentence.

"Oh, the god has come down", I sighed deeply.

この神、結構迷惑な奴なのです。

This god, quite annoying me.

なにしろ「神が降りてくる」と、ほとんどプロットから練り直すことになるからです。

For most reasons, If "God will come down", I almost have to be rebuilt from the plot.

図は、流用できるんですが、文章はほぼ全部書き直しです。

The figure can be reused, but almost all the sentences will be rewritten.

しかも、この神は、多くの場合、締切日当日の深夜(AM1時くらいが多い)に降りてくるんですよ。

Moreover, in many cases, this god comes down at midnight on the day of the deadline (often around 1 o'clock in the AM).

-----

神は言います。

God said,

『ほれほれ、この計算、お前のシミュレータに4行ほど、死亡率の上書きルーチンを加えれば、ほーら、完成だ』

"Come on, about this calculation, if you add 4 lines about mortality overwrite routine to your simulator, it will be complete."

『ん? やらないのか? ほ~う、やらないんだー。そうかー、お前、できないんだー』

"Hmm? Do not you do it? Well, you don't do it. or you can not do it"

と、不快な挑発をしてきます。

That God would make an unpleasant provocation.

「ちくしょう!」 と思いながら、プログラムの修正をし、死亡率のパラメータを変更しながらの、50回程度のコンパイルと再計算を繰り返し、データを一点一点の計算しました。

While thinking "Damn!", I calculated the data one by one, while modifying the program, changing the mortality parameter, and repeating compiling and recalculating about 50 times.

計算が終ったころには、外が明るくなっていました。

By the end of calculation, the outside became bright.

「今から文章の再構成かぁ」と、ウンザリしました。

I thought that "I will reconstruct the sentences from now", and I got fed up.

-----

―― 江端は、執筆を開始する前に計算結果を全部知った上で、文章でコミカルな演出をしている

"Ebata is making a comical presentation with his sentences after knowing all the calculation results before starting writing"

ええ、そうですとも。

"Well, well",

できるものなら、そういうライターに、私はなりたいのです。

I want to become such a writer, if possible.


2019-10-19 ―― 主人公のキャラクターの言動が、あまりにも不愉快すぎて

京アニといえば、私、その評判の高さから、数年前に「涼宮ハルヒ」シリーズというものを見たのですが、

Speaking of Kyoto Animation Co.. I saw the “Suzumiya Haruhi” series several years ago because of its high reputation, however,

―― 主人公のキャラクターの言動が、あまりにも不愉快すぎて

"The character of the heroine's character was too unpleasant"

で、最初の5分くらいで視聴を止めました。

So I stopped watching it in the first 5 minutes.

が、徐々に、その「世界観」の方に負けて、実に2年間という時間をかけて、一通り見終わりました。

However, gradually I was fascinated by the fun of "view of the world", and I finished watching over two years.

-----

最近は、あれは「涼宮ハルヒの消失」という映画作品を見る為だけの、「膨大な予習期間」であった、と理解しています。

Recently, I understand that it was an "enormous preparatory period" just to watch the movie of "The Disappearance of Haruhi Suzumiya".

世界中の多くの人が魅了されてきた理由も、今なら分かります。

It is now clear why many people around the world have been fascinated.

正直、こんなことを言うのは本意ではないのですが ――

To be honest, it's not my intention to say this.

この作品の主人公は不愉快ですが、「名作」です。

The heroin character in this series is unpleasant, but the works are "masterpiece".


2020-10-19 長女:「パパは、そういうことが『嬉しい』んだ」

I've talked before about buying a measuring cup as a mug.

この計量カップ、絶好調です。

This measuring cup is really great.

例えば、カフェオレを作る場合、計量カップに、インスタントコーヒーを投入した後、100ccの牛乳を入れ、300ccの水を加え、電子レンジに放り込むだけで、

For example, to make a cafe au lait, simply pour the instant coffee into a measuring cup, add 100cc of milk, 300cc of water, and toss it into the microwave.

―― いつでも、一定品質のカフェオレが飲める

"constant quality cafe au lait at all times."

ということは、とても素晴しいことです。

So that's wonderful.

-----

嫁さん:「それが『素晴しい』と思える感性が理解できない」

Wife: "I don't understand the sensitivity of thinking that's 'wonderful'"

江端:「家族全員分、購入しようかと思っているくらいだが・・・」

Ebata: "I'm even thinking of buying one for the whole family..."

嫁さん:「絶対やめてね」

Wife: "Absolutely not"

長女:「そんなものより、お洒落な食器を購入してよ」

Senior daughter: "Don't worry about that, buy me some fancy dishes"

江端:「いいよ。私も食器は好きだ」

Ebata: "Okay. I like the dishes too"

私は観光に行くと、その地方の特産の陶器を、自分用のお土産として購入しています。

Whenever I go sightseeing, I buy local pottery for myself as a souvenir.

-----

江端:「しかし、陶器の内側に、目盛が付いているものが、見あたらなくてな」

Ebata: "But I can't find anything with a scale on the inside of the pottery"

嫁さん:「なんで、そんなもの・・・」

Wife: "Why is that...?"

江端:「いや、これを使えば、『どれくらいのシチューを皿に投入したか』、そして『現在、どれくらいの速度でシチューを食べているか』が、一目瞭然だろう?」

Ebata: "Well, it will tell me at a glance 'how much stew I've thrown into your plate' and 'how fast I're currently eating the stew', won't it?"

嫁さん:「・・・」

Wife: "...

長女:「パパは、そういうことが『嬉しい』んだ」

Senior daughter: "Daddy, that's what makes you 'happy'"

江端:「嬉しい」

Ebata: "It makes me happy"

長女:「そうか・・・。パパが『嬉しい』なら、私も『嬉しい』よ」

Senior daughter: "Well... If Daddy's 'happy', then I'm 'happy' too"