0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|

2022-07-27 太宰や芥川でなくてもいいけど、私の大好きな井上靖先生のご著書であれば、私は、今日一日、ご機嫌でいられるんだけどなー [長年日記]

私は常々、「ライトノベル」というカテゴリーは、無用だと思っています。

I don't think that the category of "Light-Novel" is needed.

もっとぶちゃければ、純文学と、漫画コミックの区別の必要すらない、とも思っています。

To tell you the truth, I also think that there is no need to distinguish between Pure Literature and Manga Comics.

自分にとって楽しい書物は、全て「正解」です。

Any book that makes me happy is a correct answer.

同時に、『自分にとって楽しいものは、他人にとっても楽しいものであってほしい』という願望もあります。

At the same time, I hope that "what I make me happy is also what many people make them happy".

-----

先日、電車の中で、座席に座りながら、食い入るように小説に没頭する若者を見ました。

The other day, in the train, I saw a young man devouring a book sitting the seat.

こう、なんというか、「のめりこむような読み方」というのが、いい。

What to say, "soaking up the reading" is good.

本というのは、そういうもんだよねー

I hope that books is like that.

どんな本を読んでいるのかなー

"What kind of book is he reading ?"

太宰や芥川でなくてもいいけど、私の大好きな井上靖先生のご著書であれば、私は、今日一日、ご機嫌でいられるんだけどなー

It doesn't have to be a book by Dazai or Akutagawa, however, if the book is by my favorite Unoue Yasushi-sensei, I will have been comfortable for the rest of today.

とか考えながら、その若者を見ていました。

I watched him with thinking like that.

私が乗り換えをする駅の前で、彼も下車の準備を始めました。

When I changed trains, he also began preparing to get off the train.

その時、彼の本の表紙が見えました。

That's when I saw the cover of his book.

そこには、『剣を奮っている勇者』の絵が見えました。

There I saw a picture of a 'brave man wielding a sword'.

太宰や芥川や井上靖先生の本でないことだけは、確実だったようです。

The only thing that seemed to be certain was the book was not that by Dazai, Akutagawa, or Yasushi Inoue.