0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2022-01-08 ―― 高齢者にこそ、移動手段にバイクを [長年日記]

私、浪人生のころ、スーバーカブで新聞配達のバイトをやっており、学生になってから、姉からYAMAHAのDT-125(モトクロスバイク)を譲って貰いました。

I used to work part-time delivering newspapers on a Suber Cub while preparing the exam. When I became a college student, my sister gave me a YAMAHA DT-125 (motocross bike).

Now, our senior daughter is addicted to motorcycles and has obtained a medium-sized license.

嫁さんが事故を心配し、私がバイクの防寒性を心配した結果、長女は「ビックスクーター」型を購入して、日々、乗り回しているようです。

As a result of my wife's concern about accidents and my concern about the bike's thermal protection, my senior daughter has purchased a "big scooter" type and is riding it around on a daily basis.

-----

先日、長女が、我が家の自動車を使っていた時に、嫁さんから、次女を駅まで迎えに行くように言われました。

The other day, when my senior daughter was using our family's car, my wife asked me to pick up my junior daughter from the station.

江端:「いや、車がないよ」

Ebata: "No car here"

嫁さん:「(長女の)バイクに二人乗りで戻ってくれば、いいじゃん?」

Wife: "Why don't you two ride back on (senior daughter's) bike?"

と言いました。

バイク乗りでない人間は、これがいかに『無茶』なことでであるかが分かっていません。

People who don't ride motorcycles don't understand how 'reckless' this is.

まず、自分が日常的に乗っていないバイクは乗車自身が危険であり、さらに二人乗りは、その危険を二乗にするくらい危険です。

First of all, riding a motorcycle that we do not ride on a regular basis is dangerous in itself, and two ride back on is even more dangerous.

『4人家族を、一瞬で2人家族にしてもいい、という覚悟があるなら、やってもいいけど』

"If you're willing to turn a family of four into a family of two in an instant, I'm willing to do it"

と言ったら、諦めてくれたようです。

I told her, and she seemed to give up.

バイクは、ルールを守って正しい手順で使えば、それほど危険なものではありませんが、それでも、自動車に比べて、圧倒的に怪我や死亡率は高いです。

Motorcycles are not that dangerous if you follow the rules and use the correct procedures, but they still have a much higher injury and death rate than cars.

だから、街中で徒党を組んで爆音立てて珍走しているバカは ―― 『人類史上考えうる最低最悪のバカである』と断言できます。

That's why I can say that the idiots who are running around the streets in gangs and making noise are the worst idiots in the history of mankind.

それはさておき

That aside...

-----

TVアニメ「スーパーカブ」に影響された、ということもあるのですが、最近、私の中でバイク熱が高まってきました。

I was influenced by the TV anime "Super Cub", but lately, my enthusiasm for motorcycles has been growing.

もっとも、嫁さんからは、『次女が大学を卒業するまでは、止めてくれ』と言われていますので、もう暫くはガマンするつもりですが、

However, my wife has asked me to stop until my second daughter graduates from college, so I'm going to be patient for a while longer.

―― これからの老後のことを考えると、バイクというのは、良い選択肢ではないかな?

"Isn't a motorcycle a good option for my future retirement?

と思うことがあります。

Sometimes, I thought it.

いや、私も間違いなく、将来は移動困難者となり、かつ認知症も発病すると思います。

I definitely think I will have mobility problems in the future and also develop dementia.

一方、私は、父や母から移動手段(自動車)を奪ってから、彼等のQoL(Quality of Life)の劇的な劣化も、よく覚えています。

On the other hand, I also remember well the dramatic deterioration of their QoL (Quality of Life) after my father and mother were robbed of their means of transportation (cars).

高齢者の自動車運転が危険であることは、もはや、社会的合意に至っていると思います。

I believe that we have reached a social consensus that it is dangerous for the elderly to drive a car.

そこで、考えてみたのです。

So I thought about

―― ならば、高齢者のバイク運転はどうだろうか?

"Then how about elderly people driving motorcycles?"

と。

-----

『江端。お前、真正のバカなんじゃないのか?』という声が聞こえてきそうです。

"Ebata. Aren't you a real idiot?" I can almost hear you saying.

自動車が危険なら、バイクの危険性がさらに高いのは当然です。

If cars are dangerous, it stands to reason that motorcycles are even more dangerous.

私が、バイク事故で、私が死ぬのは ―― まあ、どうでもいいです。

It doesn't matter that I will die in a motorcycle accident.

しかし、『高齢者であれば、バイクによって、他人を死亡させるような事故の発生率は、低いのではないか』とも思います。

However, I also think that 'the incidence of accidents that cause death to others by motorcycle is low for elderly people.

まず、バイクであれば、アクセルとブレーキの踏み間違い、ということは、(構造的に)ないはずです。

First of all, if you are riding a motorcycle, there is no way (structurally speaking) that you can mistakenly step on the gas pedal and brake.

スロットルを誤動作するくらい認知症が進んでいるのであれば、まずバイクに乗ることができないと思います。

If your dementia is advanced enough to cause the throttle to malfunction, you will not be able to ride a motorcycle first.

しかし、バイクが建物や歩行者に突っ込んでいくリスクはあります。

However, there is a risk of motorcycles crashing into buildings and pedestrians.

ですので、バイクで人に怪我をさせる可能性はあります ―― が、バイクが加害者として殺傷するほどのケースは、そんなにない、と、思っています(珍走しているバカを除けば)。

So, it is possible for a motorcycle to injure a person -- but I don't think there are that many cases where the motorcycle is the aggressor and kills or injures (except for the idiots on the road).

で、ちょっと調べてみたのですが、バイク加害による事故データが見つかっていません(知っている方はURLを教えて下さい)

So, I did some research, but I haven't found any data on accidents caused by motorcycle assault (if you know of any, please let me know the URL).

-----

とは言え、認知機能を失ったライダーの運転するバイクは、かなり怖いとは思います。

Nevertheless, I do believe that a motorcycle driven by a rider who has lost cognitive function is quite scary.

それに、逆走したバイクを避けることなんかできません。確実に、そのライダーを跳ね飛すと思います。

Besides, there is no way to avoid a motorcycle that is going the wrong way. I would definitely hit the rider.

自分が、そんな事故の加害者にさせられら、たまったものではないでしょう。

It would be awful if I were made to be the perpetrator of such an accident.

これは、珍走するバカよりも、もっとたちの悪い『暴走老人』と認定されると思います。

I think this would qualify as a "runaway old man," which is even worse than a running idiot.

ですので、これは、社会的な(高齢者の移動手段の確保と、交通事故発生との)トレードオフの問題です。

So, this is a social trade-off (between the availability of transportation for the elderly and the occurrence of traffic accidents).

検討は必要ですが、

Further study is needed, however,

―― 高齢者にこそ、移動手段にバイクを

"Motorcycles as a means of transportation for the elderly"

というパラダイムは、もしかしたらありえる未来の一つかもしれない、と期待しています。

I am hopeful that this paradigm may be one of the possible futures.

-----

ここから本論に入ります。

The main argument comes in.

どなたか、あの"DT-125"と同じフィーリングを得られるバイクをご紹介頂けないでしょうか?

Can anyone recommend a bike that gives me the same feeling as the "DT-125"?

御礼は、私が、その購入したバイクを乗り回している写真でいかがでしょう?

Would you like to give you a picture of my riding on the bike I bought?

いらないか。

Who wants it?

うん、いらないだろうな。