0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|

2021-04-25 私は、今でも、この人の為なら『死んでもいい』と思っています。 [長年日記]

世の中には、無茶な命令をしてくる人間がいますよね。

There are people in the world who give you reckless orders.

絶対に不可能であると説明しても、難癖つけて、あるいは組織の都合で、それを押し通してくる奴です。

The guy who, will push it by using the convenience of the organization, even if you explain that it is absolutely impossibility or difficulty, using

―― そんなに大切なことなら、お前が、自分でやればいいだろう

"If it's so important, why don't you, uh, do it yourself?"

と思いますが、それが言えないのがサラリーマンの辛いところです。

But it's hard for a salaried worker to say that.

-----

ところが、私の長いエンジニア人生の中で、たった一人だけですが、

However, in my long career as an engineer, there has only been one boss, who said

『江端君。今、君が凄く忙しそうだったから、君の考えた発明、君を筆頭発明者として、私が特許明細書を書いておいたよ。特許出願してもいい?』

"Ebata-kun. Since you seemed to be very busy right now, I wrote a patent specification for your invention with you as the first inventor. Can I apply for a patent?"

と言ってくれた上司がいました。

私は、今でも、この人の為なら『死んでもいい』と思っています。

I still think that I would be 'willing to die' for him.

―― 0さん、お元気でいらっしゃいますか?

"Mr. 0, how are you doing?"