0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|

2021-01-15 それでも、私の「エンジニアリングアプローチ」の視点から見れば ―― 私は、自分がとても「不公平な人間である」と感じてしまうのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それはさておき。

Aside from that.

私(たち?)は、今回の『愚か者として描かれた米国大統領』のおかげで、米国の政治システムを深く知ることができました。

I (we?) thanks to "The U.S. President Portrayed as a stupid", I was able to learn more about the U.S. political system.

特に、米国の二大政党である民主党と共和党について、その違いだけでなく、その政党の支持者の「生々しい顔」を見ることもできました。

In particular, I was able to see not only the differences between the two major political parties in the U.S., the Democratic Party and the Republican Party, but also the "real faces" of the supporters of those parties.

同時に、私は、「自分自身にいい聞かせておかなければならないことがある」とも思いました。

At the same time, I thought to myself, "There are things I need to tell myself.

それは、例えば、

For examples,

- Do not confuse Islamic extremism with Islam.

あるいは、

or

- Do not confuse His Majesty the Emperor with the emperor system.

と同様に、

- Do not confuse the personality of the current president with the U.S. presidential system.

であり、なにより、

and above all,

■米国共和党の党員と、連邦議会議事堂を襲撃したデモ参加者を、混同してはならないこと

- Do not confuse members of the U.S. Republican Party with the protesters who attacked the U.S. Capitol.

です。

この混同によって、私も含めた多くの人が、政治やマスコミの情宣に「つけこまれやすい」ことを知っているからです。

I know that this confusion makes it easy for many people, including myself, to be "taken advantage of" by political and media sentiments.

私、経験者です。

I'm experienced.

「混同する側」としてだけでなく、「混同される側」としても、です。

not only as a "confuser" but also as a "confused".

-----

ところで ―― 我が国でも「国会襲撃事件」があったのをご存知ですか?

By the way -- did you know that there was an attack on the Diet building in Japan?

日米安全保障条約調印阻止闘争、いわゆる、安保闘争です。

It was the struggle to prevent the signing of the Japan-U.S. Security Treaty, the so-called Security Treaty Struggle.

1959年11月27日、全国で200万人がデモや集会に参加し、全学連主流派を中心とした国会襲撃事件が起こりました。

On November 27, 1959, two million people participated in demonstrations and rallies across the country, and the attacj on the Diet took place, led by the mainstream faction of the All-Japan Federation of Student Self-Government Associations.

ここで私が問題としているのは、

The problem I have here is that my feeling of

―― 「国会襲撃」ではなく、「国会突入」という言葉を使いたい

"I want not to use the term "attack on the Diet" but "rush on the Diet."

という、私の気持ちです。

もちろん、当時は、政府与党は勿論、日本共産党すらも、彼らを『左翼暴力集団』とテッレルを貼って、非難(蔑視)していました。

Of course, at that time, not only the ruling party but even the Japanese Communist Party condemned (scorned) them, labeling them as a "leftist violent group.

つまり、私は、当時の全共闘(学生を中心とした反安保運動)について比較的良く知っていて(まだ、生まれていませんが)、国会突入した当時の学生達に「共感」できるのです。

That is to say, I know relatively well (though I was not born yet) about the Zenkyoto (student-centered anti-Apartheid movement) of that time, and I can sympathize with the students of that time who rushed into the Diet.

-----

つまり、私は、「全共闘の国会突入」には共感して、「連邦議会議事堂を襲撃したデモ参加者」を非難しているのです。

In other words, I sympathize with the "students who rushed into the parliament" and condemn the "protesters who attacked the U.S. Capitol".

この両者に違いはあるのでしょうか?

Is there a difference between the two?

もちろん、あるでしょう。

Of course there is.

それでも、私の「エンジニアリングアプローチ」の視点から見れば ―― 私は、自分がとても「不公平な人間である」と感じてしまうのです。

Still, from the perspective of my "engineering approach" -- I feel that I am being very "unfair".