0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|

2021-01-10 次女:「私たちが、普段話題としているのは、『親に感染させない』『親を殺さない』―― これだけだよ」 [長年日記]

江端家でも、新型コロナウイルスの家庭内感染には注意するようにしていますが、それでもやはり限界を感じます。

In the Ebata family, we try to be careful about household infection with the new coronavirus, but I still feel that there is a limit to what we can do.

家族で会話をしない訳にはいかないし、家の中で始終マスクをしているというのも難しいです。

We can't avoid talking to each other as a family, and it's difficult to wear a mask all the time in the house.

という訳で、現在、政府が「飲食時の会話を集中的に注力する」という方針と同じように、江端家もメインの対策は「飲食時」になっています。

So, just like the government's current policy to focus intensively on conversations during eating and drinking, the Ebata family has also concentrate the time of "eating and drinking".

-----

『医療崩壊直前の今』と言われていますが、『医療崩壊後の今』とは、言われていません。

It's been called "the time just before the collapse of healthcare", but not "the time after the collapse of healthcare".

やっぱり、『医療崩壊』を最初に宣言するのは、誰であっても嫌なのだろうな、と思います。

After all, I guess anyone would not want to be the first to declare the 'collapse of healthcare'.

それは、ギリシャの経済危機に乱発された言葉『デフォルト』と同じ意味だから ―― と思っています。

I think that it is the same meaning as the word "default," which was wildly used during the Greek economic crisis.

『デフォルト』とは、「国家が借金の支払い放り投げる」ということで、つまるところ「国家が国債による支払いをしないと宣言する」ことです。

"Default" means "a nation throws away its debt payments". In other words, "a nation declares that it will not make payments on its bonds".

これに準ずるとすれば、『医療崩壊』とは、「医療による人命救助ができない」ということで ―― なるほど、こんな事実は誰も受け入れたくなく、そして宣言したくないでしょう。

If we were to conform to this (default), 'medical collapse' would mean 'medical inability to save lives'. Well, no one would want to accept and declare such a fact.

だから、いつまでも『医療崩壊直前』という言葉が発せられ続いているんだろうなぁ、と思っています。

I think that is why the phrase "just before the collapse of healthcare" is still being used.

-----

江端:「とにかく、今はしのげ! 家庭内感染は避けられないかもしれないが、『今』はなんとか逃れろ! 来月か再来月なら、余裕をもって治療して貰える可能性がある!!」

Ebata: "Anyway, just keep enduring for now! Household infections may be inevitable, but for now, we've got to get away! If it's next month or the month after that, there's a chance we'll have enough time to get medic!"

というと、次女に思わぬ事を言われました。

When I said that, my junior daughter told me something I didn't expect.

次女:「あのね、私たち(ティーンエイジャ)は、自分たちの感染なんて、ほとんど恐れていないよ」

Junior: "You know, we (teenagers) are hardly afraid of our own infection.

江端:「・・・え?」

Ebata: "...What?"

次女:「私たちは、感染しても、自覚症状がないか、あるいは普通の風邪程度の症状で収まることは、もう分かっているからね」

Junior: "We already know that even if we are infected, we will either have no symptoms or we will be symptoms of a common cold"

江端:「・・・」

Ebata: "..."

次女:「私たちが、普段の日常で話題としていることは、『親に感染させない』『親を殺さない』―― これだけだよ」

Junior: "What we usually talk about is 'not infecting our parents' and 'not killing our parents' - that's all"

-----

つまり、

In short,

―― お前たち(親、高齢者)は、人(子どもたち)の感染を心配している場合か?

"Do you (parents, elderly) have time to worry about infecting others (children)?"

―― 私たち(子ども)から感染を受けないように、お前たち(親、高齢者)が自力で防衛対策を執れ

"You (parents, elderly) should come up with your own defense measures so that you don't get infected from us (children)."

ということのようです。

-----

「被保護者」から「保護者」が心配されている、という奇妙な(人類史上にも稀な)社会現象が、今、進行中です。

There is a strange (and rare in the history of mankind) social phenomenon going on right now, where the "protected" are worried about the "guardians".

今、子どもたちから心配されているのは、私たち(中年と高齢者)なのです。

It is us (the middle-aged and elderly) who are worried about children, now.