0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2020-10-07 ただ、それでも「無視」をする時でも ―― 『うしろめたさ』を感じながら「黙り」続けます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ただし「無視」にも2つあります。

However, there are two ways to "ignore" it.

「(1)黙っているか」か、「(2)痛みで苦しんでいる人を、さらに、痛めて苦しめる」か、です。

Either (1) keep quiet or (2) make the person who is suffering from the pain suffer even more, painfully.

私は、「無視」するなら、最低でも(1)である続けることが、自分なりの矜持だと思っています。

I'm proud to say that if I'm going to "ignore" it, I'm going to continue to be (1) at least.

例えば、高齢者の権力者に阿ねるなどという理由で、(2)を選択することはしないようにしています。

For example, I try not to choose (2) on the grounds that I am beholden to an elderly authority figure.

―― (性暴力事件で)女は平気で嘘をつく

"Women don't mind lying -- in sexual assault cases"

みたいなセリフは、(2)になる、と思っています。

Such a line would be (2), I believe.

まあ、こういうセリフを、"ノリ"で言ってしまうこともありでしょう。

Well, it's possible to say these lines in the "groove".

居酒屋とか、女子会とかでは"あり"なのかもしれません ―― しかし、

I think it's possible at an izakaya or a girls meeting. However, it's out of the question.

『政治集会やら勉強会やらの公の(我々の血税が投じられて開催された)場などのような、特別な場所』

"Special places, such as public, taxpayer-funded venues for political meetings and workshops"

では、論外です。

しかし、そんな人は滅多にいるものではないです ―― 絶望的に低能で非常識な人間でもない限りは。

But such people are rare. Unless they are hopelessly low and insane.

ましてや、『性暴力被害者』のスレッドで、そんなことをセリフを言う人間は ―― もはや、人間ではない。

Anyone who says lines like that in the "Victims of Sexual Assault" thread, is no longer a human being.

-----

まあ、私だって、結構な頻度で、自分のコラムの中で、エンジニア自虐とか、エンジニア自己批判とかやって来ています。

Well, in my columns, I've been doing a lot of self-deprecation and self-criticism of engineers.

読者に媚びるフレーズも平気で書きますし、権力サイドから目を付けられない程度には、表現にも配慮しています。

I don't care of writing phrases that flatter my readers, and I am careful to express myself in order to avoid pressure from the power side.

私は「社会正義」の為に書いているのではなく、「自分(の娯楽)」の為に書いていていて、そんでもって、これからも書き続けたいからです。

I don't write for "social justice", I write for "my (my) amusement", and I want to keep writing.

その為には、社会弱者を意図的に無視することもあります ―― だって、私の手に負えないこともあるし、私にとって都合の悪いことだってありますから。

To do that, I sometimes deliberately ignore the most vulnerable people in society. Because some things are out of my control, and some things are not good for me.

-----

ただ、それでも「無視」をする時でも ―― 『うしろめたさ』を感じながら「黙り」続けます。

But even when I still "ignore" them -- I continue to "shut up" with a sense of "guilt".

「痛みで苦しんでいる人を、さらに、痛めて苦しめること」がないように気を付けます。

I take care not to "make those who are in pain suffer more and more pain and suffering"

だから、私の無礼な友人たちや、遠慮のない家族たちが、私を見張ってくれていることを、感謝しています。

So I'm grateful that my rude friends and unassuming family members are keeping an eye on me.