0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-09-20 ―― お前、殺してやろうか [長年日記]

「イタい」「キモい」そして、「ビッチ」とかいう言葉が、若者の間で普通に使われています。

The words of "Itai(painful)", "Kimoi(disgusting) and "bitch(son of a bitch)" are used for the youth conversation.

私は、いまだに、これらの単語に慣れませんし、正直、こんな言葉を聞くと、ビックリします。

I'm still not used to these words, and to be honest, I'm surprised to hear these words.

特に、「ビッチ」とか言う言葉は、その語源(調べて下さい)から考えると、

In particular, the word "bitch" is, which is considered from the etymology (please check it)

『人生で1回使うかどうか』

"Whether I can use it once in my life"

というレベルの言葉で、もし使ったら、

Even if I use the word for a woman,

『相手の恋人または両親から殺害されても文句を言えない』

"I can't complain even if her partner or lover kills me."

というくらいの破壊力のある言葉です ―― 私にとっては。

It's such a destructive word for me.

-----

言葉は常に変化していくものであるから、時代とともに変化していく言葉に『慣れろ』 ―― これが、正解なのは分かっています。

Words are always changing, and I have to get used to the words with changing the times. I know that.

しかし、頭で分かっていても、心では理解できない、ということもあります。

However, even if I know it, I may not understand it with my heart.

ですから、私は「キモい」とか「ビッチ」とか言う言葉を使う人間がいたら、

So if I meet a person who uses the word "Kimoi" or "bitch",

■次の瞬間から、直ちに交友関係を断絶し、

I immediately break the friendship at the moment, and,

■考えうる恣意的な理由を思い出して、最低の評価をするようになる

I am going to be the lowest rating with recalling the possible arbitrary reasons.

ということになります。

これが、不公平な取り扱いであるのは分かっていますが、「私の心」は、これを抑えることができないのです。

I know that this is an unfair treatment, but "my heart" cannot put up with it.

-----

「イタい」「キモい」そして、「ビッチ」とかいう言葉を使わなければ、自分の意図が正確に伝えられないコミュニケーションがある ―― のかもしれません。

I think I have to understand the background that there is communication that cannot convey their intentions accurately without using the word "bitch".

一方、若者には耐えられないほど、「イタい」ギャクを連発している上司に、引きつった笑いで対応しなければならない場合だってあるはずです。

On the other hand, there is a youth who should put up with his/her boss who has been making "painful" gambling unbearably.

-----

そこで、私がお勧めしたいのが、

So what I want to recommend is the concept of

―― ジェネレーションバイリンガル

"Generation Bilingual"

という発想です。

この考え方は、それぞれの世代には、それぞれの世代にしか通用しない言語(とその文化的、世代的背景)がある、ということをベースとします。

This idea is based on the fact that each generation has a language (and its cultural and generational background) that only works for that generation.

その上で、その場における言語の使い方を、その場に応じて「切り替える」のです。

Then, the words on the spot are "switched" according to the spot.

どちら側の言葉を使うのか、という点が問題なりそうですが、これは、普通に、「マジョリティ(多数派)」または「権力」を持っている方に合わせる、で良いと思います。

Which side you use may be a problem. I think that this should be adjusted to those who have "majority" or "power".

-----

というか ―― そもそも、異なるジェネレーション間で、無理して会話しなくてもいいんじゃないでしょうか?

In the first place, why do we have to speak something between different generations ?

シニアは若い人としゃべりたがるようですが、若い人はシニアと話すの、本心から「うっとうしい」と思っています。

In many cases, seniors want to talk to young people, but young people feel annoyed to talk to seniors from the bottom of their heart.

-----

私が20代の時、海外での学会の開催中、事務局業務で、2~3時間うたた寝するだけの激務の毎日を送っていた時のことです。

When I was in my twenties, I joined an overseas academic conference, and was working hard at the secretariat. In fact I could sleep only 2-3 hours everyday.

そんな中、会社のえらい人(取締役レベル)が、私を自室に呼び付けました。

Under such circumstances, a great company person (director level) called me to my room.

その理由が『若い人と会話がしたい』だったと聞かされた時、

When I was told that the reason was "I want to talk to young people",

―― お前、殺してやろうか

"I will kill you"

と思った ―― などという事実はありません。

I didn't think it at all.

私、サラリーマンですから。

Because I'm just an office worker.