0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|

2019-01-26 『ここではない、どこかにいる私』が、いつでも、かっこよくて、聡明で、人気があって、未知の力を発揮でき、幸せである、という、ご都合主義の設定に、ムカつきます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、これまで一貫して「単一宇宙」を支持してきました。

I have consistently supported the "single cosmology" so far.

なぜなら「多元(並列)宇宙論」は、エネルギー総量の問題を無視することになるからです。

This is because "Multiple (Parallel) Cosmology" ignores the problem of total energy.

無限かつ並列に宇宙が存在するのであれば、宇宙の最初には、無限のエネルギーがあったことになります。

If infinite number of universe exist in parallel, there was infinite energy at the beginning of the universe.

もちろん、アニメが、宇宙の最初に「無限のエネルギー」を想定することが悪いわけではありません。

Of course, animations should not care of this "infinite energy" at the beginning of the universe.

アニメはフィクションですから。

Because any animations are fiction.

-----

しかし、私の中では、ここに「ビッグバン」という絶対の事実が立ち塞がるのです。

However, in my mind, the absolute fact "Big Bang" stands here.

「ビッグバン」は、フィクションでも仮説でもなく、数学(計算)と天文学(観測)と物理学(ロジック)の全部で、すでに検証済みの「事実」です(*)。

"Big Bang" is neither "fiction" nor "hypothesis", it is "fact" already verified in mathematics (calculation), astronomy (observation) and physics (logic) (*).

(*) Simon Singh :Big Bang: The Most Important Scientific Discovery of All Time and Why You Need to Know About It

それは、「論理上は原子爆弾が作れる」という世界(1945年より前)のフィクションでも仮説でもなく、「現実に原子爆弾を爆発させられる」という世界(1945年より後)の「事実」という意味での、「事実」です。

The "fact" is, for example, it is neither "fiction" nor "hypothesis" in the world of "Logically we could make an atomic bomb" (before 1945), "facts" of the world (after 1945) that "we can explode the atomic bomb in reality".

そして、「ビックバン」は、その初期において「有限のエネルギー」を前提としています。

And, "Big Bang" assumes "finite energy" at the beginning.

しかし、「多元宇宙」は、無限エネルギーを前提としなければならないので、私から見れば「多元宇宙論」は、「ご都合主義の極み」に見えてしまうのです、

However, since "multi-dimensional space" has to assume infinite energy. So from my point of view, "Multiple Universe" seems to be "extreme opportunism"

-----

―― とまあ、ここまでは、実際のところ、私のこじつけです。

Until now, in fact, it is just my quibble.

主観的に、私は、『ここではない、どこかにいる私』が『無限数人、存在する』いう考え方が、どうにも気に入りません。

Subjectively, I do not like the idea that "I am not only "here" but "somewhere" " and "infinite number of myself are everywhere".

『ここではない、どこかにいる私』が、いつでも、

I, who "am not only "here" but "somewhere", am

かっこよくて、聡明で、人気があって、未知の力を発揮でき、幸せである、

cool, intelligent, popular, having unknown super-power, and happy

という、ご都合主義の設定に、ムカつきます。

I feel uncomfortable about the above "extreme opportunism" configurations.

『ここではない、どこかにいる私』が、

I, who "am not only "here" but "somewhere" am

無様で、愚鈍で、嫌われ者で、何の強みもなく、ただ不幸の極にいる、

ugly, stupid, disliked, no strength, and just being at the pole of misfortune,

という設定も等しく配置してくれないと、私は「不公平だ」と感じてしまうのです。

If you do not arrange such configurations equally, I feel "unfair".

勿論、「異世界ファンタジー」は、フィクションとしては楽しいコンテンツです。

Of course, "paralell world fantasy" is fun content as fiction.

しかし、「シュタインズゲート/ゼロ」のような厳しい「タイムパラドックス」の縛りの中で、創作されたコンテンツと比較すれば、

However, compared with the content created in the tight bound of "time paradox" like "Steins;Gate / Zero", I come to think

―― 格が違う

"They are in a different class"

と感じてしまうのです。

(続く)

(To be continued)