0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|

2018-12-30 『子どもが小さいので、もう2~3年は帰省できません。すみません、お義母さん』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、たった、これだけの「ポカ」でも学べることはありまして、

However, there are something that can only be learned even with this "mistake"

例えば、

For example,

■トイレのある連結車両に陣取ったのは失敗だった(人の出入りが激しくて、彼等の視線が痛い)

- It was a failure to catch up with a connected vehicle around a toilet, and there are many people coming and going and feeling their pain in their eyes

とか、

or

■特に帰省前後の日々は、子どもの出入りが激しい

- Especially the days before and after long vacation, children are getting in and out

とか、

or

■座り込んだ場所の頭の上が、ダストボックスの入口があれば、頭をゴミが通過することを許容しなければならない

- If there is an entrance to the dust box above the head of the sitting place, I must allow the garbage to pass through my head

とか、

色々学べます。

and so on.

-----

それにしても、子どもというのは、公共交通サービスの利用者としては、ふさわしくない生物であるなぁ、と実感します。

Even so, I realize that children are not suitable creatures as users of public transportation services.

騒がしいし、走り回るし、うっとうしいし・・・、もちろん、これは生物としての特性なので、仕方がないことですが。

They are noisy, crisp, and annoying. Of course, because it cannot be helped that this is a characteristic of a child.

しかし、この生物の性質って、逆に「使え」ないんですかねえ。

However, the nature of this creature, on the other hand, I think it must be "usable".

『子どもが小さいので、もう2~3年は帰省できません。すみません、お義母さん』

"Our child is too small, so we can not return home for a few years. We are sorry for you, Mom"

これって、帰省が「できない」ことの言い訳、としては最高じゃないですか。

This is the best excuse for being unable to return home, isn't it.

と思ったのですが、10秒後、もっと悪いシナリオを思いついてしまいました。

After ten seconds I have thought of a worse scenario.

-----

『じゃあ、今年は、私らが、そっちに行くわー』

"Well, this year, we will go to you"

・・・うん、駄目だな。

... Yeah, it is no way.

考えられる内で、最悪のシナリオだな、これは。

This is the worst scenario that they can be thought out.

"やつら"が、年末年始の日々を自宅に居座られるストレスに比べれば、子どもを実家に輸送するくらいの苦労は、どうってことはないでしょう。

Compared to the stress where "they" are staying at home during the year-end and New Year holidays, the hardships of transporting children to their parents will be nothing.

もちろん、私も、同意できます。

Of course, I can agree.

そう考えると、子どもが、騒がしいことや、走り回ることなど、大したことではありません。

If I think so, it is not a big deal, such as the children are noisy, crisp, and annoying.

このような、子どもを持つ夫婦のストレスは、私達の社会全体で解決すべき課題です。

The stress of a couple with children like this, is an issue to be solved in our entire society.

-----

てなことを書いているうちに、もう10分で駅に到着します。

I will arrive at the station just in ten minutes, while I write something.

私は、人類の発明「石器」「火」「車輪」に、「新幹線」を加えてもいい、というくらいの気持になってきております。

I have come to feel as if we can add "Shinkansen" to mankind's invention "stoneware" "fire" "wheel".