0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-09-29 ―― 動かさないと、喰っていけないんだよ! [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、毎週末、追い立てられるかのように、「新しい技術」の勉強を強いられています。

I am forced to study "new technology" as if I were a horse urged forward.

今は、市販されているAWS(Amazon Web Service)の入門書に対して、

Now, I am reading an introductory book of AWS (Amazon Web Service) on the market,

―― 概念なんかどーでもいいんだ!! 私は、ショボいものでもいいから、動かしたいだけなんだ。

"I don't care what the concept is! I just want to move it, even if it is poor."

―― 動かさないと、喰っていけないんだよ!

"If I don't move it, you can't live!"

と、最大級の悪態をつきながら、そして、泣きながら、勉強しています。

with studying while crying and taking the greatest curse.

私は、どんな技術であれ、かならず自分で、(どんなにショボいものでも、どんなに時間がかかっても)最低一回は自分の手で作って、動かします。

I am supposed to make a technology move at least once, no matter how it poor or how long it takes.

そうしないと、『その技術を理解できた』と、自分で思うことができないからです。

I can't think that I understood the technology without the process.

-----

この世界には、「一回は自分の手で作って、動かしてみる」ということもせずに、その技術を語る奴が多いです。

In this world, there are many people who want to talk a technology, without "do it yourself (DIY) and move it yourself (MIY)"

特に、"AI"については、「一回は自分の手で作って、動かしてみる」ということを、ちゃんとやっているものは、我が国においては、1万人に1人よりも少ない(*)と思っています。

In particular, about "AI", I believe that there are fewer than 1 in 10,000 people in Japan that do DIY and MIY properly.

(*)By the way, I made trial calculations using grounded data and figures.

-----

『この技術さえ取得すれば、後の人生は安泰だぜ』

"If I acquire this technology, my life will be safe later".

といえる技術は何か ―― というテーゼに対する、私の結論は、

What is that "technology"? About this thesis, my conclusion is

「そんな技術はない」

"No such technology"

です。

エンジニアを続ける限り、エンジニアは、いつまでも、悪態をつきながら、そして、泣きながら、新しい技術の勉強をし続けるしかない ――

As long as you continue to be an engineer, you have no choice but to continue studying new technologies, with crying and taking the greatest curse.

これが、私の答えです。

This is my answer.