2011|08|
2013|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-06-17 Akt3による偏差値の求め方 [長年日記]

  
============================
  
〔手順-1〕標準偏差計算処理(平均・分散算出)
  
①旧テーブルに項目:"キー"(文字列)を追加 ・・・項目:得点の項目名上で右
クリック→項目を追加→項目名"キー"を入力、データタイプ(文字列でいいか
な?)選択→設定
  
②旧テーブルを集計(次元:キー、測度:得点〈平均〉) ・・・集計テーブル
名:XTBL_旧テーブル、項目名:AVG<得点>←平均
 
④XTBL_旧テーブルを旧テーブルにJoin(キー:キーとキー)
  
⑤項目:AVR<得点>を転送
  
⑥Joinテーブルを削除
  
⑦項目:二乗(浮動小数)を追加
  
⑧項目:二乗に計算で(得点-AVR<得点>)×(得点-AVR<得点>)をセット …
(得点-平均)の二乗→集計(平均)すると分散
  
 〔計算式〕 *(-(@得点,@AVG<得点>),-(@得点,@AVG<得点>))
  
⑨集計(次元:キー、測度:二乗〈件数、平均〉) … 集計テーブル名:XTBL_
旧テーブル_#1、項目名:キー、N<二乗>、AVG<二乗>
  
============================
  
〔手順-2〕  標準偏差計算処理(標準偏差算出:分散の平方根)
  
①XTBL_旧テーブル_#1に項目:標準偏差(浮動小数)を追加
  
②項目:標準偏差に計算でAVG<二乗>÷Nをセット … 初期値(AVG<二乗>をそ
のままセットしても可)
  
 〔計算式〕 /(@AVG<二乗>,@N<二乗>)
  
③項目:標準偏差に計算で標準偏差÷2+AVG<二乗>÷(2×標準偏差)をセット
 … この計算を10回繰り返す(平方根計算:7回位で良い?)
  
 〔計算式〕 +(/(@標準偏差,2),/(@AVG<二乗>,*(2,@標準偏差)))
  
============================
  
〔手順-3〕偏差値計算処理
  
②XTBL_旧テーブル_#1を旧テーブルにJoin(キー:キーとキー)
  
③項目:標準偏差を転送
  
④Joinテーブルを削除
  
⑤旧テーブルに項目:偏差値(浮動小数)を追加
  
⑥項目:偏差値に計算で((10×(得点-AVG<得点>)÷標準偏差+50)×10+
0.00001《四捨五入》)÷10をセット
  
 〔計算式〕 /(ROUND(+(*(+(50,/(*(10,-(@得点,@AVG<得点>)),@標準偏差)),10),0.0001)),10)
  
⑦項目:キー、AVG<得点>、二乗、標準偏差を削除
  
⑧旧テーブルを新テーブルにテーブル名変更
  
============================