2011|08|
2013|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2013-10-20 さくらインターネットで2つめのtDiaryを作る [長年日記]

1.注意

この方法は、ディスク容量を無駄に使うし、セキュリティ的にも危うい気もするので、あまりお薦めしない方法である。

しかし、私は技術メモ用に1つ、英語用に1つ、ログが欲しかったので、強行することにした。

2.前提

(1)さくらインターネットを使っていること。

→ http://www.sakura.ad.jp/

(2)1つめのtDiaryをインストールしていること

→ kobore.sakura.ne.jp/diary など

(3)SSHでシェルログインができる環境を作っていること。

→ http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/others/ssh.html

3.手順

# この方法が正しのかどうかは、よく分からんが、とりあえず動いている、ということで

(1)SSHでログインして、上記の"diary"のディレクトリを、まるごと別名でコピー

例:cp -r diary diary_en2

(2)diary_en2/tdiary.confの内容を変更

@data_path = '/home/kobore/www/diary/data'

@data_path = '/home/kobore/www/diary_en2/data'

(3)diary_en2/data/tdiary.confの内容を変更

'base_url' => "http://kobore.sakura.ne.jp/diary/",

'base_url' => "http://kobore.sakura.ne.jp/diary_en2/",

(4)diary_en2/data/に格納されている西暦4桁(e.g. "2013")のディレクトリは、消去して構わん(もちろん、残していても良いが)。

(5)http://kobore.sakura.ne.jp/diary_en2/update.rb の「設定」ボタンを押して、タイトルなどを適当に変え、OKボタンを押して設定を完了する。

4. あとがき

このように書くと、あたかも、一発で成功したように見えるが、休日の1日を丸々潰したことを記しておく。