2011|08|
2013|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2013-11-04 Windows7で"TCPTunnel for Win32"は動くか?

自作ソフト"TCPTunnel for Win32"は、WindowsNTで開発したものであり、これがWindows2000で動き、さらにWindowsXPで動いたときは「ラッキー」と思った。

さらに、Windows7でも動くものか、今日試していたが、どうにも上手く動かない。

tcptunnel4nts.exe NT/2000サービス版

の方を用いていたのであるが、なんとも調子悪い。トンネルができていない訳ではないようだが、なにせ「遅い」。

メールを一つ取得するのに、1分かかる。送信に至っては、タイムアウトしてしまう。

4時間ほど時間をかけても、どうにも上手くいかないので、試しに、

tcptunnel4win.exe 実行形式(exe)版

を、tcptunnel.cfgともども、ディスクトップにおいて、実行してみたら、あっさり動いた。

理由は不明だし、運用も不細工だけど「動けばなんでも良い」ので、サービスにするのは止めて、コマンドで使うことにする(スタートアップに放り込んでおけば良いだろう)。

-----

以下手順。

(1)tcptunnnel.cfgの内容の例

=========================

tcp 25 ovfchome 1110

tcp 110 ovfchome 2220

=========================

(2)[スタート]→[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[Windowsファイアウォール]→[ファイアウォールの状態の確認]→[詳細設定]→[受信の規則]

(3)ここで右クリック→[新しい規則]→規則の種類で[ポート]→TCP/UDP必要な方を選んで[TCP]→特定のローカルポート[1110,2220]→[接続を許可する]→チェックは、[ドメイン、プライベート、パブリック]の全部→名前に[TCPTUNNEL]

(4)ディスクトップ(でもどこでもいい)に、tcptunnel4win.exe と、tcptunnnel.cfgを置いて、Command prompt等から起動。

これで、取り敢えずは動くみたい。


2016-11-04 エクセル COUNTIFS関数で複数の条件を満たすセルを数える

=COUNTIFS(C3:C19,F3,A3:A19,"6月")
↓ 
セルC3からC19の中でセルF3の条件("A社")を、
セルA3からA19の中で、2つめの条件"6月"を探し、
両方の条件に一致するセルの数を数え上げる。

2019-11-04 ラズパイにFTPサーバを立てた時の、550 Permission denied対策

550 Permission denied.は、vsftpd が、書き込み禁止モードで動作している時のエラー

/etc/vsftpd.conf

を編集して、

write_enable=NO

write_enable=YES

に変更して、

systemctl restart vsftpd